サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

自作PCについて(パーツ選び)

自作PCのパーツ選びについて書いています。
正直ここが自作PCで一番楽しい時間だと思います。

自作PCに必要なパーツ

まずは、PCを自作する際に最低限必要なパーツを列挙していきます。
自作PCの必要パーツ
  • CPU(クーラー)
  • ストレージ(HDD/SSD)
  • メモリー
  • マザーボード
  • 電源ユニット
  • PCケース
  • OSソフト(オペレーティングシステム)
  • 光学ドライブ[必須ではない]
  • グラフィックボード[必須ではない]
上記のような感じになっています。
また、実際にPCを使用するにはモニタ・キーボード・マウス等の周辺機器も必要となります。
次の項目でパーツ選びの順序について触れていきます。

失敗しないパーツ選び順序とポイント

パーツ選びの効率の良い順序やポイントについて書いています。
STEP.1
用途・予算の確認
自作するPCの用途・予算を改めて確認しておきます。
PCパーツを選びを行っていると、「より良い性能のものを」という気持ちが先行してしまい、用途に見合わない高性能で高価格な構成になってしまう事があります。
そのような事が無い様に、今一度用途を確認して、それを念頭に置いてパーツ選びを行っていくことを意識しましょう。
STEP.2
CPU選び
PCの頭脳とも呼ばれるCPUは特に重要なパーツです。
用途への要求スペックを満たしているかどうかはもちろんですが、長期利用を視野に入れるのであれば、PCUに関しては少しオーバースペック気味に選んでも良い思います。
また、CPUの中にはCPUクーラーを付属していないものがあります。
CPUクーラーを付属していない製品を選ぶ場合は、別売りのCPUクーラーをここで一緒に選んでおきましょう。
ソケット形状を確認して対応したものを選ぶことになります。
STEP.3
マザーボード選び
マザーボードはPCのほぼ全てのパーツを接続する基盤となるパーツです。
PCの性能に直結はあまりしないパーツですが、重要なパーツです。
とはいえ、PC自体の性能を大きく上げる事はあまりない部分なので
予算を抑えたい場合には安いマザーボードを選ぶ事も全然アリです。(用途を満たすかは確認しましょう)
ただ、最低でも、マザーボードのソケット形状とチップセットを見て、CPUが対応してるかどうかは必ず確認しましょう。
その他、メモリースロット数など拡張性に関わる部分もマザーボードに依存するので、パーツ増設などを視野に入れる人は見ておきましょう。
また、倍率ロックフリー(オーバークロック可能)のCPUを選んだ場合で、オーバークロックをしたい人は、オーバークロックに対応したマザーボードを選ぶ必要があります。
ただ、倍率ロックフリーのCPUでも、オーバークロック使用不可マザーボードでもオーバークロックが使用出来ないだけで普通に動作するのでこだわりがない場合は気にしなくても大丈夫です。
STEP.4
グラフィックボード(グラボ)選び
グラフィックボードを選びます。PCのグラフィック性能に最も大きく関わる部分です。
恐らくほとんどの人は増設用グラフィックボードを選ぶ事になると思いますが、各場合に分けて説明しています。

CPUに内蔵GPUがある場合

まずは内蔵GPUの性能を調べて、用途を満たすスペックかどうかの確認をします。
満たしていれば、とりあえずグラフィックボードは選択しないでも大丈夫です。後からでも増設は可能です。
ただ、内蔵GPUは基本低性能なため、グラフィック性能を求める事が用途に含まれていれば大体必要となります。
必要な場合は、用途をしっかりこなせるグラフィックボードを選択します。

CPUに内蔵GPUがない場合

CPUに内蔵GPUがない場合は、増設用のグラフィックボードが必須となります。
用途をしっかりこなせる性能を持つグラフィックボードを選びましょう。
ただ、高いグラフィック性能を必要としない場合は、内蔵GPUのあるCPU選び直しても良いです。
※参考 GPUを内臓していないCPU例
【intel】
・Core i シリーズの末尾F、X、P(一部)など
【AMD】
・FXシリーズ
・Ryzenシリーズ(末尾Gを除く)
STEP.5
メモリー・ストレージ(HDD・SSD)選び
決めたマザーボードに対応したものを間違えないように選びます。

メモリー

CPUの作業スペースと表現される事が多いのが、メモリーです。
最低限、DDR3やDDR4等の規格および、DIMMやS.O.DIMM等のインターフェースの両方が選択したマザーボード(チップセット)に対応しているものから選びます。
2018年5月現在であれば、デスクトップPCはDDR4でDIMMのものが一般的です。
容量と速度に関しては用途に合わせて選択していく形となります。
決められない場合の安定択としては、現在は8GBx2の16GBです。

ストレージ

データ保存用のストレージ(記憶容量)を選びます。HDDとSSDから選びます。

簡単に双方の価格と性能について見ていきましょう。
HDDは単価が安いけど、低速
SSDは単価が高いけど、高速
用途に合わせて選択していきますが、現在はHDDとSSD両方を搭載するのが一般的です。
これは、起動用のデータ(OSやアプリケーションソフト)はSSDに保存し、保存用のデータ(写真等の画像や音楽ファイル)はHHDに保存するという形が効率的なためです。
SSDが故障率がHHDと比べて高いという点もあります。
現在一般的な構成としては、SSD 240GB~500GB+HDD 1TB~3TBという感じになっています。
STEP.6
PCケース選び
PC初級者の方にはあまりピンとこないと思いますが、PCパーツは熱に弱いため、PC内部のエアフローに直結するPCケースはパーツの寿命に関わるので重要です。
また、PCケースは数少ないPCパーツの中で比較的長く使い回しが可能な部分なので、良いものを選んでおくと後に助かる場合もあります。
最低限必要な事としては、マザーボードのファームファクタという規格を確認して、対応したものから選びます。ファームファクタは、ATXとかMicro-ATXとかいうやつです。
また、増設用のグラフィックボードを搭載する場合は、そちらもスロットの余裕と設置スペースに余裕があるかの確認が必要です。
肝心の冷却性や通気性の問題ですが、一番影響するのは冷却ファンです。
特に、消費電力の多いグラボを選んだ場合は、フロントファンを搭載したPCケースを選ぶことは必須です。
一般的なPCケースであれば、フロントファンの風は直接グラボに当たるようになっており、それが動作の安定化と長寿命化に繋がります。
また、単純にPC内部全体の温度が下がる事により他パーツの長寿命化も期待できます。
サイズの大きい冷却ファンを使用する事は冷却性を飛躍的に向上させますが、動作音がうるさくなる事もあるため使用環境に注意が必要です。
STEP.7
電源ユニット選び
電源ユニットはPCにおける心臓です。全てのパーツへの電力供給を行います。
まずは、作ろうとしている自作PC全体の最大の消費電力を計算します。
「CPUのTDP+GPUのTDP+α」ぐらいが目安になります。(電源容量計算機(MSI)←ここで詳しく計算できます。)
それから、最低でも上記の計算で出た消費電力よりも大きい容量を持った電源を選びます。
ただ、電源ユニット的に最大出力の半分ぐらいの出力で動作する事が一番良いと言われているため、基本的に上記で述べたPCの最大の消費電力の2倍程度の容量のものを搭載する事が基本となっています。
上の計算式で300Wと出たなら、600W程度のものが良いという訳です。
電源は性能に直結するものではありませんが、ここが故障すると、最悪PC全部がダメになる事もあり得ます。慎重に選びましょう。
STEP.8
OS選び
基本的には最新版のWindowsが一番安心です。何かあっても、ネット上でたくさんの情報が得られます。
Windows10に関しては、「自動度の高いパッケージ版」と「特定パーツとの同時使用が条件のDSP版」との価格差がほとんどないため、パッケージ版を選ぶのがおすすめです。
Mac OSの利用は不可能ではないようですが、相性問題や導入が複雑なのでトラブル回避のためおすすめしません。
また、Linuxなど無料のOSも存在しますが、上級者向けのOSなため、使用したことが無い人や事前知識のない人には、こちらもおすすめしません。
STEP.9
最終確認・調整
モニター・マウス・キーボード等の周辺機器を除く、自作PCに必要なパーツを一通り選び終えました。残るは最終確認・調整です。
選んだパーツ構成が用途・予算に見合っているかと、相性問題がないかの確認です。
END
おしまい
問題が無ければ、パーツ選びは終了です。お疲れ様でした。
パーツ選びの順序・ポイント解説は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。