サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

オンラインゲーム(ネトゲ)のラグについて

オンラインゲーム(ネットゲーム)のラグについて簡単に解説します。

ラグとは

「ラグ」とはネットワークの遅延のことです。ここではオンラインゲーム(ネットゲーム)における「ラグ」を扱います。
オンラインゲームをしていると、別のプレイヤーが突然ワープしたりカクカク動く等の不自然な動きをすることや、自分の動きがマップに反映されるのが遅かったりすることがあります。これらを総称して一般的に「ラグ」と呼ばれています。前者が主に個人が原因の「ラグ」で、後者がゲームのサーバー側が原因の「ラグ」です。
特にFPS等の一瞬が大事なゲームにおいてこれがないことが重要視されています。

一般的にいわれるオンラインゲームでの「ラグ」とは少し別ですが、ディスプレイ・モニタ表示のラグ(表示の遅延)や、プレイヤー同士が同画面に居た時の同期ズレ等もラグと呼ばれることがあります。
これについては本記事では取り扱いません。

原因

「ラグ」の原因は大きく二つに分けられます。一つ目は「個人の問題」二つ目は「サーバー(運営)側の問題」です。
「個人的原因」だった場合は環境を改善することで状況が良くなることがあるため、個人の問題ついて取り上げられることが多いです。

個人の問題

個人の問題も大きく2つに分けられます。「無線によるもの」と「プロバイダによるもの」です。
無線によるもの
個人的な要因で最も多いと言われているのが、このネットの無線接続(wi-fi)によるパケットロスです。
よく勘違いしている人が居ますが、ラグの原因が無線といった場合に重要なのは通信速度ではありません。
通信速度も無関係ではないですが、求められる敷居は実は低く最大の原因となることは現在はほとんどありません。
これは、実際に通信しているのはユニットの座標やアクション等の状況を伝えるデータで、直接の描画のデータにネット通信を用いている訳ではないためです。
パケットロス

データの通信は、一定の量のデータを一まとめにして小分けした「パケット」という単位で行われます。
この「パケット」ですが、回線の負荷や電波干渉などの理由で、途中で消失してしまうことがあります。これを「パケットロス」と言います。
「パケットロス」が発生した場合、再度同じデータを送らなければなりません。この際にネットワークの遅延が発生します。
この「パケットロス」が「ラグ」の個人的原因の主だと言われています。
ただのWeb閲覧等では「パケットロス」が発生しても、表示が少し遅くなる程度でさほど大きな影響はありません。
しかし、いわゆるオンラインゲームでは、プレイヤーの位置やアクション等のデータを常に(かなり短い間隔で)やり取りしているため、少しの遅延が目に見える影響になります。
無線接続の場合このパケットロスが生じやすいために、ラグの原因となることが多いです。
プロバイダによるもの
そして、2番目に多い原因は、プロバイダが原因によるものです。
プロバイダの提供している回線が混雑しており、回線速度の低下や不安定をもたらしている場合です。
個人の原因というのも変かもしれませんが、その人(個人)が使用している回線が原因ということで個人的原因に分類しました。
こちらはプロバイダが改善してくれるか、自分がプロバイダを変えるしかないため気軽に対処は出来ません。

ラグの確認方法・対処法

確認方法

ネットゲームにおける「ラグ」は一般的に[ping]と呼ばれるコマンドを用いた際の応答時間で確認します。
http://www.speedtest.net/
こちらのサイトで測るのが主流のようです。msの単位で表示されます。
Windowsではコマンドプロンプトから[ping ホスト名/IPアドレス]を実行することによっても確認することが出来ます。
例:[ping www.google.com]
画像のmsとついてる部分が応答時間ですね。
大体30ms以下ならプレイに大きな支障はないと言われていますが、FPS等のラグの有無が重要なゲームでは平均10ms以下が望ましいです。(ホストとの距離によっても若干の影響があるのであくまで目安)
ping

元々[ping]はある特定のIPアドレスやホストに対してネットワークの疎通が出来るかどうかを確認するためのコマンドです。
通信の可・不可を確認するための返信を求めるデータを送り、その返信の有無によって相手先がネットワークに接続されているかを確認します。
この際に応答速度も一緒に表示されるためこれをラグ確認の指標としています。
データ量としては物凄く少ないため、基本的に物凄く短い応答時間です。しかし、少しでもパケットロスが生じていた場合それを破棄してもう一度送り直し、という仕組みのため、パケットロスが発生している場合に分かり易く応答時間が遅くなります。

対処法

ラグで悩んでいる人のほとんどは無線接続によるものだと思うので、一番手っ取り早いのは有線接続にすることです
環境によっては少し手間が掛かるかもしれませんが、それだけで通信関係の悩み全てが解決するといっても良いです。
ただ、どうしてもLANケーブルで直接繋ぐのは難しいという人は、あまりおすすめは出来ませんがPLCというものがあります
PLCは、家の電力線を用いてLANケーブル等を使わずにコンセントに挿すだけで有線接続が可能になるというものです。
ただ、家の状況によっては使えなかったり、有線と比べると通信速度が大分遅いです。しかし、無線LANと比べれば安定はしており速度も速いというレビューをいくつか見かけました。
必要な機器自体が安くないので気軽にはおすすめ出来ませんが、選択肢には入れても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。