【比較】格安SIM主要6社まとめ【楽天モバイル他】

格安SIMの現在主要な格安な6社についての比較記事です。

簡易比較表

基本プランの簡易比較表からです。2017年9月時点でシェアの高い6社についてまとめています。
上からシェアの高い順番になっています。
 金額は全て税抜
音声通話SIM
3G/月
データSIM(SMS)
3G/月
データ専用SIM
3G/月
端末の代金 備考
楽天モバイル
1600円 1020円 900円
無料通話セットプランあり
長期優待ボーナスあり
mineo 1600円 1020円 900円
OCN モバイル ONE
1800円 1220円 1100円
OCN光とセットの利用で
月額200円割引
IIJmio
1600円 1040円 900円
UQ mobile
1680円 980円 980円 ×
無料通話セットプランが主流
混雑時も通信速度が速い
BIGLOBEモバイル
1600円 1020円 900円
期間限定キャンペーンの
お得度高い
上記の料金とは別に、初期費用3394円(+税)が基本的に必要。
OCNモバイルONEのみ少し高く、他5社はほぼ同じくらいという結果になっていました。
ただ、OCNモバイルONEも端末料金が安いため明らかに劣っているという訳でもないので注意。
ただ、端末購入を伴わない場合はあまり向かなさそう。
次からは、各1社ずつ見ていきたいと思います

楽天モバイル

https://mobile.rakuten.co.jp/
2017年9月時点で格安SIMのシェア1位がこの楽天モバイルです。
親会社が有名な楽天という事もあり、安心感があるのも人気の要因の一つです。
基本プランと別に5分以内国内通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」というプランがあります。
この「スーパーホーダイ」の料金自体は実はそこまでお得なものでもないのですが、
「スーパーホーダイ」契約時に申し込む事が出来る「長期優待ボーナス」がお得です。
「長期優待ボーナス」は契約から2年もしくは3年の継続利用を条件にポイントを即時貰える(もしくは端末代から割引)ものです。
2年の継続利用で1万円分、3年で2万円分が貰えます。
大手キャリア等のいわゆる2年縛り等とは違い、最初の契約から条件の期間が終了した後はいつ解約しても解約金が発生しないのも手軽感があって良いです。
また、端末も最新の人気機種をいち早く取り入れています。
料金・キャンペーン共に他社以上のものがあり、楽天という安心感もあり、シェア1位も頷ける安定の格安SIMブランドです。

mineo

http://mineo.jp/
2年単位の契約や、2年目以降料金が高くなる等のプランが一切ないシンプルさが魅力なのがmineo
そのため、キャンペーンも当然複雑なものにならず単純に「月額〇円割引」とかなので分かり易いです。
また、通話が通常20円/30秒のところ専用アプリからの発信で10円/30秒とお得に利用できます。
物凄く安い!といった感じではないですが、シンプルで分かり易い安さが個人的に凄く好きですね。

OCN モバイル ONE

http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
光ネット回線事業が有名なOCNが運営するOCN モバイル ONEです。
基本プランの料金が他社と比べて約200円高く、端末代金が安いのが特徴です。
光回線との同時利用で基本プランが月額200円割引になって、他社と並ぶくらいの料金になります。
基本的にはOCNの光回線を利用している人向けという印象。
そうでない人にとっては、あえて選ぶ理由はないというのがぶっちゃけたところですね。

IIJmio

https://www.iijmio.jp/
耳慣れない人も多そうなIIJmioです。
キャンペーンや期間限定プランが多く、大手格安SIM系の会社よりも若干安く設定しているっぽい。
その常に最安値を目指している安い料金が魅力です。
また、通話料金が専用アプリからの発信で20円/30秒から10円/30秒と安くなります

UQ mobile

http://www.uqwimax.jp/
無料通話とのセットプランが主流のUQモバイルです。
格安SIMの中で速度が一番安定して速いと評判です。
ですが、料金は正直他社と比べて少し高い印象。端末の代金も高めです。
回線速度を気にせず利用したい人向けです。

BIGLOBEモバイル

http://join.biglobe.ne.jp/mobile/
キャッシュバックキャンペーンがお得なBIGLOBEモバイルです。
一応期間は設定されていますが、ほぼ常設でキャッシュバックキャンペーンを行っています。
各種プランの料金も他社とほぼ同じ感じなのでお得感があります
また、エンタメSIMというYoutubeなどの動画・音楽用の対象サイトへの通信は無制限という珍しいプランがあります。

まとめ

格安SIMの主要6社について見てきました。
どこも格安というだけあって安い上、基本の料金の差はほとんどありません。
そのため、一概にここが安い!とは言い辛いのが正直なところです。
なので、期間限定キャンペーンや特殊なプランでお得なものを提供しているところが良いという事になると思います。
その場で各社のサイトに見に行くのが最善ですね。
ただ、特殊なプランについてはしっかり見ないと逆に自分にとっては損だったりする場合もあるので注意です。
一応、現在の個人的なおすすめの順番を挙げておくと
楽天モバイル>mineo>IIjmio
という感じになるでしょうか。
では、記事はここで終了です。ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。