サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

おすすめのPCパーツ構成【ハイエンド・2018年5月更新】

おすすめの(自作)PCのパーツ構成について考える記事です。今回の記事ではハイエンド構成にしたいと思います。
自作PCを作りたいという訳ではない人も、BTOパソコンのパーツ選びや、パソコンの選びの参考などになると幸いです
※参考価格は、2018年5月時点での価格.comでの最安値となっています。

全体のパーツ構成

まずは、とりあえず全体のパーツ構成と価格です。表にまとめました。
ハイエンドを意識しつつ、コスパ重視で選んでいます。
パーツ種類
パーツ名称(スペック)
参考価格(税込み)
CPU 約41,000円
メモリー 約47,000円
ストレージ
約15,000円
約6,500円
GPU(グラボ) GeForce GTX 1080 約67,000円
マザーボード Z370 GAMING PLUS 約15,000円
CPUクーラー 虎徹 MarkⅡ SCKTT-2000 約4,000円
電源ユニット ANTEC NeoECO Gold NE750G(750W 80PLUS Gold) 約12,500円
PCケース 約12,000円
OS Windows 10 Home 日本語(パッケージ版) 約15,000円
合計
約235,000円
税込・総額で約23万5000円程度です。
やはり価格だけを見ると非常に高いですが、ハイエンドPCなので仕方ないですね…。
全体的にコスパを重視しつつ、無難にまとめた感じの構成となっています。
グラフィックボードが「GTX 1080 Ti」でない点は妥協点とも見えるかもしれませんが、妥協した訳ではなく、諸々検討した結果「GTX 1080」の方が優れていると判断した結果です。詳しくは後述します。
その他の点も含めて、詳しくはこの後の各項目で詳しく説明していきます。

CPU

【選んだ製品】

Core i7 8700K 約41,000円
PCの中でも最も重要と言える部分です。
現在のハイエンドPC向けのCPUで候補になるものを表にまとめました。
CPU名称
ベンチマーク
 定格クロック
TB時
コア数 スレッド数 TDP 参考価格
Ryzen 7 2700X
17100
3.7GHz 4.3GHz 8 16 105W 約41,000円
Core i7 8700K
16100
3.7GHz 4.7GHz 6 12 95W 約41,000円
Ryzen 7 2700 15700 3.2GHz 4.1GHz 8 16 65W 約39,000円
Core i7 8700 15300 3.2GHz 4.6GHz 6 12 65W 約37,000円
ベンチマークはPassMarkのベンチマークスコアを参考にしたおおよその値。
TDPは熱設計消費電力のこと。
第2世代Ryzenの登場によって、ハイエンドPC向けのCPUは拮抗した状況となっています。
ぶっちゃけ、どれを選んでも正解というレベルでそれぞれ良さのあるCPUが並んでいます。
その中で今回選択したのは「Core i7 8700K」です。王道のCore i7の末尾Kモデルです。
決め手となったのは2点あり、「シングルスレッド性能」と「ゲーミング性能」です。
シングルスレッド性能は、言葉の通り1スレッド辺りの性能ですが、これがRyzenよりCore i7の方が高いです。
ゲーミング性能については、RyzenがCore i7よりグラフィックボードの性能を十分に発揮出来ないという問題があるため、Core i7の方が優位となっています。
上記の2点と、PCゲームが流行している点を考慮してCore i7の方が良いと判断しました。
Ryzen 7のマルチスレッド性能は非常に魅力的ですが、やはり安定という意味ではCore i7ですね。
「Core i7 8700」ではなく「Core i7 8700K」を選択したのは、CPUの性能はなるべく妥協したくというだけなので、そこまでのこだわりの無い人は「Core i7 8700」でも性能は十分なので問題無いです。

マザーボード

【選んだ製品】

Z370 GAMING PLUS 約15,000円
基盤となるマザーボード。ここも重要なポイントです。
ですが、今回選択したCPUの「Core i7 8700K」を使うのであれば、オーバークロック対応のチップセットを出来れば選びたいです。
その点を考慮すると、チップセットは「Z370」一択となるので、そこまで選択は多くなかったりします。
メーカーについては、主要なところのものであれば基本問題ないので、その中で出来るだけ安くコスパの良いものを選びます。
候補はいくつか存在しますが、今回は安くて評判の良いMSIのZ370 GAMING PLUSを選択しました。

メモリー

【選んだ製品】

DDR4 PC4-21300 16GB 2枚組 約47,000円

マザーボード・CPUに対応したものを選びます
今回選んだCPUとマザーボードだと、DDR4を選びます。
容量は、高性能PCなら最低でも16GB以上は欲しいところです。今回はハイエンド構成なので、少し負担が大きいですが32GBにします。
速度も出来れば速い方が良いですが、メモリー速度は少ししか変わらなくても値段が跳ね上がったりするので、その時の相場を考慮して選びます。
今回は、PC4-21300ですが、ハイエンドPCなら最低限と言った速度です。
メーカーは主要なところならどこでも大差ありません。「Corsair」「crucial」「CFD」などが知名度・人気共にあるのでこの辺りから選ぶのが無難です。

ビデオカード・グラフィックボード(GPU)

ゲームをする人は特にこだわりたいところです。
ハイエンドクラスの主要なGPUを下記の表にまとめました。
GPU名称
3DMark
TDP
価格
Geforce GTX1080 Ti
28100
250W 約100,000円
Geforce GTX1080 22000 180W 約67,000円
Geforce GTX 1070 Ti 19800 180W 約57,000円
Geforce GTX1070 18000 150W 約52,000円
3DMarkはFUTUREMARKのFire strikeスコアを参考にしたおおよその値。
TDPは熱設計消費電力のこと。
価格は2018年5月時点での最安値価格を載せています。メーカーによって価格が大きく違うので注意です。
表のGPUは全て十分な性能を持っていますが、ハイエンドPC感を出すのであれば「GTX 1080」か「GTX 1080 Ti」の二択です。
ですが、コスパ的に見て「Geforce GTX 1080」が最適だと思います。
性能自体は1080 Tiの方が結構大きく上回っていますが、1080でも非常に高性能で困る事はほぼなく、
1080 Tiなら出来る事の幅が広がるという事も無いのであえて選ぶ必要は薄いと感じます。

ストレージ

【選んだ製品】

SSD 500GB+ HDD 2TB 約15,000円+約6,500円=約21,500円

その人の用途によってかなり差が出る部分です。
万が一故障してしまうとバックアップを取っていたり保証が受けれても面倒なので、メーカーは故障率の低い有名メーカーを選ぶようにしましょう。
参考価格としては、2018年5月時点では
SSDなら240~275GBで1万円前後、500GB前後で1万7000円前後くらいで、
HDDなら1TB5000~6000円、2TB6500円前後、3TB8000円前後くらいです。
ハイエンドPCの一般的なストレージの容量はSSD250GB~500GB+HDD1GB~3GB程度と幅広いです
ストレージは容量が多い方が割安の傾向があるという事も考慮して、
本記事ではとりあえず、SSDはハイエンドらしさを出す為に500GBにする事にしました。
HHDに関しても容量が多い方が割安ですが、無駄に多くても意味が無いので2TBにしています。
今回はオススメ構成という事で一応具体的な容量を出していますが、自分に合った容量を選択して選ぶのが一般的なので注意しましょう。
価格としては、SSD500GBの方は、SANDISKの「MX500 CT500MX500SSD1/JP」を、
HDD2TBの方は、SEAGATEの「ST2000DM006」を想定しています。

電源ユニット

【選んだ製品】

性能に直結しないため、PC初級者には重要度がイマイチわからない部分だと思います。ですが、
PCの心臓部にあたる非常に重要なパーツです。
電源ユニットに故障等の問題が発生してしまうと、最悪PC全てがダメになってしまいます。
慎重に選ぶ事が大切です。
少し長くなりますが、下記に電源ユニット選びについてまとめています。
電源ユニットの選び方(電源容量)

電源ユニットを選ぶ際は、まず電源容量を決めてから選びます。
基本的に、特に消費電力の多いCPUとビデオカードのTDPを足して2倍にした数字に少し足すくらいが目安です。
これは、消費電力が電源容量の50%くらいが電源にとって最も良いとされているためです。
単純に多ければ良いというものでもないのが難しいところ。
たとえば、選んだCPUのTDPが95Wで、ビデオカードのTDPが180Wとすると、
両者を足すと275Wで2倍にすると550Wになります。
なので、大体600W~800W程度の電源容量を持つユニットが最適かなという感じ。
ただ変換効率の低い(後述の80PLUS認証を参考)のものを選ぶ場合は容量を多少多めに見積もっていた方が安心です。
この変換効率については次の項目で説明します。
電源ユニットの選び方(変換効率・80PLUS認証)

電源ユニットは表記の電源容量がそのまま供給できるわけではありません。
これは、電力をPCで使える様に変換する際に多少のロスが生じるためです。
この変換効率の良し悪しによって「80PLUS認証」というものでランク分けされています。
80PLUS認証のランク分けは下記の様になっています。
TITANIUM>PLATINUM>GOLD>SILVER>BRONZE>STANDARD
詳しい変換効率については書きませんが、高スペPCなら最低でもBRONZEが欲しいところです。
電源ユニットの選び方(メーカー)

最後にメーカー選びですが、結構たくさんのメーカーがあります。
ですが、実は電源は実際に製造をしているメーカーは非常に少なく、販売だけ行っているメーカーがたくさんある状況になっています。
上記の理由で、電源は販売メーカーではなく製造メーカーが重要になってくる訳ですが、これの特定が非常に困難です。
そのため確実に良質なものを手に入れる事が出来る、信頼のあるメーカーで自社で製造及び販売しているものは非常に高価です。
電源は非常に重要なパーツなのでそのような電源を買うのもアリですが、正直コスパは良くありません。
難しいところですが、基本的には有名なメーカーでコスパ・評判の良いものを選んでおくのが無難だというのが個人的な結論です。
ただ、そういうのをオススメせず確実に良質な電源を購入するべきという意見も多く、その意見に対して自分も間違ってはいないと思うので正直好みとしか言えないですね…。
ただ、有名なところであればメーカー側も自社の評判を下げたくないはずなので、明らかな粗悪品は提供はしないはずというのは間違いないです。
もしそのような製品があればネット上で調べれば悪評が出ると思いますので、購入前に調べる事を徹底さえしていればコスパの良いものを選ぶのが正解だと自分は思っています。
長くなりましたが、今回はANTECの750Wの80PLUSGold認証電源を選択。
比較的新しい製品でGold認証製品の中ではコスパが非常に良いです。
新しい製品のためレビューも少ないですが、日本製コンデンサ仕様で、同モデルの前製品の評判が良かったので欠陥のある製品の可能性は低いはずです。

PCケース・CPUクーラー・OS

PCケース

【選んだ製品】

Define R5 FD-CA-DEF-R5 約12,000円
PCケースはどちらかというと好みで選ぶ人が多い部分です。
なので、今回はPCケースの選び方の基本についてのみ下記に示しておきます。
ハイエンドPCケースの選び方の基本

PCケース選びは、まず確実にマザーボードとビデオカードのサイズを考えてちゃんと収まるものから選ぶ様にしましょう。
光学ドライブを搭載したい人は、搭載出来ないケースもあるので注意です。
また、ハイエンドPCにとって絶対に忘れてはいけないのは
フロントファンが付属しているもの選ぶことです。
          (冷却性に大きく関わるため)
PCケースのフロントファンはPC全体のエアフロー面に加え特にビデオカードの冷却に大きく影響します。
PCパーツにとって熱や埃等は大敵です。
ですが、PCケースは他のパーツに比べ、実際に目にしたりある程度長い時間使用しないとよくわからない部分なのが困ったところ。
スペック表示だけであてに出来る部分は、ファンの個数とサイズくらいです。
12cmが小型ファン・14cmが中型ファン・20cmが大型ファンという事は把握しておきましょう。
他の使用感などについては、レビューなどを参考にするしかありません。
ただ、PCの中でも特にコアな部分ですので、サクラ的なレビューは少なく感じるので比較的見易く信ぴょう性が高いと思います。
本記事では、Define R5 FD-CA-DEF-R5を選択。
シンプルながらかっこいい見た目のPCケースです。
また、フロントと背面に14cmのファンを2基標準搭載し、エアフローと冷却性能にも気配りが見られるのがポイントが高いです。

CPUクーラー

【選んだ製品】

定番の虎徹にします。ハイエンドPCなら迷わずこれ一択だと思います。
水冷式クーラーも最近よく耳にしますが、やはりコストが高いです。
また、以前から問題視されていた継続使用していると冷却性能が落ちていくという問題が解決されているのか不安という事もあります。
虎徹の価格4000円程度は少し高めの部類にはなりますが、非常に高い冷却性能と信頼があります。
また、虎徹はサイズが大きめなので、ケースに収まるかの確認は事前に行いましょう。

OSソフト

【選んだ製品】

OSはWindows10Homeほぼ一択なので特筆することはなし。
PC上級者の人ならタダのLinuxという選択もあるのだと思いますが、そういう人はこの記事を見ていないのであまり関係ないでしょうね。
記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。