【比較】Vega搭載のRyzenのAPU「Raven Ridge」が発売!競合製品との比較

2018年2月13日、待望のRyzen初のAPU「Raven Ridge」が発売されました。
今回発売されたのは、「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」の2モデル。
この2モデルについて見ていきます。

CPUの性能比較

まずはCPUとしての性能について見ていきます。
主要スペックについて、下記の表にまとめました。また、同価格帯のIntelの競合製品も一緒に載せています。
CPU名称
ベンチマー
 定格クロック
TB時
コア数 スレッド数 TDP 参考価格
Ryzen 5 2400G
9400
3.6GHz 3.9GHz 4 8 65W 約21,500円
Ryzen 3 2200G 7700 3.5GHz 3.7GHz 4 4 65W 約14,000円
Core i5 8400 11500 2.8GHz 4.0GHz 6 6 65W 約21,500円
Core i3 8100 7900 3.6GHz 不可 4 4 65W 約14,000円
ベンチマークスコアはPASSMARKの値を参考にした大体の値。
TDPは熱設計消費電力の略称。大体の消費電力の目安。
発売当初は、「AMDではやはりintelに対抗出来ないのでは…」と思われた第8世代のIntelCPUですが、十分に張り合っているという印象です。
次から、2モデルそれぞれについて競合製品との比較をしていきます。

「Ryzen 5 2400G」 VS 「Core i5 8400」

単純なベンチマークスコアの比較ではやはり「Core i5 8400」に軍配が上がりました。
RyzenはAPUという事もありますし、何より「Core i5 8400」のコスパが異常なのでこれは仕方ないかなという印象。
ですが、「Ryzen 5 2400G」も十分に高性能です。
更に、「Ryzen 5 2400G」はAPUという事を考慮すれば、技術的には同等以上のものを見せてくれました。
いよいよIntel1強時代も終わりが近いかもしれません。

「Ryzen 3 2200G」 VS 「Core i3 8100」

ベンチマークスコアも価格もほぼ同じという結果になりました。
この結果には正直驚きました。
「Ryzen 3 2200G」はAPUという事を考慮すると、この性能帯のCPUについてはAMDが上回ったと言っても過言でないと思います。
ミドルスペック帯のデスクトップPCのスタンダードCPUになる素質が十分にある製品だと思いました。

GPUの性能比較

「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」にはそれぞれ、
「Radeon Vega 11 Graphics」「Radeon Vega 8 graphics」というGPUが統合(内蔵)されています。
上記の二つのGPUと、Intelの競合CPU製品の内蔵GPUおよび、増設用のグラフィック製品を一緒の表にまとめました。
※「Radeon Vega 11 Graphics」と「Radeon Vega 8 graphics」のグラフィック性能についてはまだ情報が少なく暫定の情報という事になりますがご了承ください。
GPU名称
ベンチマークスコア
参考価格
備考
Radeon Vega 11 Graphics
3540
Ryzen 5 2400Gに内蔵
Radeon Vega 8 Graphics 3190 Ryzen 3 2200Gに内蔵
Intel UHD Graphics 630 860 Core i5 8400等に内蔵
Geforce GT 1030 3650 10,000円
ベンチマークスコアはFUTUREMARKの値を参考にしたおおよその値。
競合のIntel製CPUの内蔵GPUには、圧倒的な差をつけて上回っているという結果でした。
CPUの性能が圧倒的に劣る訳でもないので、このグラフィック性能の差は非常に大きな差です。
今までのライトユーザーへの障害だった内蔵GPUが無いという部分をしっかり解消しています。
増設用のGPUと比較すると「Geforce GT 1030」を若干下回るくらいでした。
流行りの3Dゲーム等をプレイするにはさすがに性能不足ですが、約1万円のグラボと同等の性能というのはCPUの内蔵GPUとしては破格のスペックです。
高画質の動画や、2Dゲーム、そこまで要求スペックの高くない3Dゲーム等は快適に行えます。
高価なグラボを購入するのはためらいがあるライトユーザーには非常にお得感を感じる性能ですし、かなり良い仕上がりだと思いました。

まとめ

ライトユーザーにとって非常にコスパの良いCPU

今まで、RyzenはCPUとしてのコスパは良いものの、最適化不足(相性問題)や内蔵GPUが無い事によってヘビーユーザー・ライトユーザーどちらにとっても少し手の出しにくいCPUでした。
ですが、今回登場したAPUのRyzenは、CPUとしてのコスパの良さを保ったまま内蔵GPUとしては破格のグラフィック性能を見せてくれました。
このグラフィック性能は、1万程度のグラボと同等の性能です。
ヘビーユーザーにとってはあまり魅力を感じない性能でも、ライトユーザーにとっては嬉しい層も居ると思いますし、お得感が凄いです。
良い感じにIntelの製品と差別化の出来る製品だと思いました。
Ryzenシリーズは出る度にワクワクさせてくれますし、今後にも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。