予算別おすすめゲーミングPC【13万円~18万円】

税込み13万円~18万円のおすすめゲーミングPCについての記事です。価格は、2018年11月12日時点での参考価格になります。
最新記事はこちら
今選ぶおすすめゲーミングPC今選ぶおすすめゲーミングPC【コスパ重視/2019年10月更新】
※おすすめゲーミングPCは、上記の記事に統合しました。良ければ参照ください。

スペックについて

ゲーム用途で重要なスペックについて、今回の予算内で買えるPCのスペックを基準にして最初に軽く触れています。
基本的にコスパを最重要視という形です。
その他のパーツについては、この価格帯ではCPUおよびGPUを重要視すると余裕が無いため、多くは考慮しません。

CPUについて

第8世代以降のCore i7が最も狙いたいところ。コスパのみで考えるならCore i5もかなり良いので、構成によってはアリ。
第2世代以降のRyzen 5/7もコスパは良いものの、ゲーミング性能が若干低いため優先度は低めです。
ただ、価格自体が安い上コスパが良いものについてはCPUにこだわらず載せていきたい。

GPUについて

ゲーミングPCとして用途を考慮するなら、最低でも「Geforce GTX 1050 Ti」以上の性能は欲しいです。
今回の13~15万円という予算なら「Geforce GTX 1060」が十分に狙えるので、最低でも「Geforce GTX 1060」以上として見ていきたいと思います。
GTX 1060には搭載メモリーが3GBのものと6GBのものがありますが、ベンチマークスコア的には大差が無いので、価格差がほぼ無い場合に限り3GBを選択しています。
「Geforce GTX 1060」の上位モデル「Geforce GTX 1070」以上も、コスパは悪くなく高性能ですが、予算的に厳しいので選択肢が少ないです。

メモリー

主観ですが、現在の最新ゲームを快適にプレイする最低ラインが16GBだと思っているので、16GB以上を基準とします。
というか、最低16GBとは言っているものの、32GBだと価格が跳ね上がるので実質16GB一択です。
標準で8GB以下が載っている場合は、カスタマイズ込みの値段で評価しています。

ストレージ

SSDの方がゲーム起動時や、ゲーム開始時の読み込みは速いです。
ゲーム用途以外でも、PC起動時間なども大幅に短縮出来るためあって損はない部分です。
なので、SSDは240GB以上はほぼ必須として見ていますが、正直実際のゲームプレイ自体にはほとんど影響は無いので、無くても困るという事はあまりありません。
HDDのみでも他に良い点があればそちらを優先する場合があります。

Core i7 8700 + GTX 1060 3GB

マウスコンピューター NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SH2-KK 価格.com限定 145,800円(税込・送料別)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i7 8700
GPU:Geforce GTX 1060 3GB
メモリー:DDR4 PC4-19200 16GB(8GB×2)
ストレージ:【HDD】2TB 【SSD】240GB
チップセット:Intel B360
電源:500W 80PLUS BRONZE認証
光学ドライブ:なし

Legion Y520 Tower 90JB000AJM 132,192円(税込・送料無料)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i7 8700
GPU:Geforce GTX 1060 3GB
メモリー:DDR4 PC4-21300 16GB
ストレージ:【HDD】1TB 【M.2 SSD】256GB
チップセット:Intel Z370 Express
無線LAN:IEE802.11 a/b/g/n/ac
電源:450W 80PLUS BRONZE
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
その他:Bluetooth 4.1
「Core i7 8700」に「GTX 1060 3GB」搭載のLenovoのゲーミングPCです。
税込・送料無料で13万円とちょっとで買える安さが最大の魅力です。
安いですが、CPU・GPU・メモリーと十分に最新のゲームを快適にプレイ出来る性能を備えています。
そして、なぜか無線LANとBluetooth機能まで搭載しています。
無線LANは人によっては嬉しいですし、Bluetoothは今や誰でも嬉しい機能です。
気になるのは安さの理由ですが、恐らく最大の理由は恐らくマザーボード。
詳しい表記は見当たらないですが、メモリーの最大スロット数(2)となっているので安価なものを使用していると思われます。
後から色々増設したい人は要注意です。

Core i7 8700 + GTX 1060 6GB

ドスパラ GALLERIA XT K/07737-10a 157,658円(税込・送料別)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i7 8700
GPU:Geforce GTX 1060 6GB
メモリー:DDR4 PC4-21300 8GB(4GBx2)
ストレージ:【HDD】1TB  【SSD】640GB
チップセット:Intel H370
電源:500W 80PLUS BRONZE
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ

Core i5 8400 + GTX 1060 6GB

フロンティア FRGRH370/KD5 価格.com限定 130,800円(税込・送料別)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i5 8400
GPU:Geforce GTX 1060 6GB
メモリー:DDR4 PC4-21300 16GB(8GB×2)
ストレージ:【HDD】2TB 【SSD】256GB
チップセット:Intel H370
電源:600W 80PLUS BRONZE認証
光学ドライブ:なし

Core i7 8700 + GTX 1070 8GB

DELL Inspiron ゲーミング デスクトップ スプレマシー 150,642円(税込・送料別)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i7 8700
GPU:Geforce GTX 1070 8GB
メモリー:DDR4 PC4-21300 16GB
ストレージ:【HDD】2TB 【SSD】240GB
チップセット:Intel Z370 Express
電源:460W 80PLUS BRONZE認証
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ

Ryzen 5 2600 + RX 580

HP Pavilion Gaming Desltop 690-0023jp モデレート 価格.com限定モデル 132,840円(税込・送料無料)

筐体:タワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:AMD Ryzen 5 2600
GPU:Radeon RX 580 8GB
メモリー:DDR4 PC4-21300 16GB(8GB×2)
ストレージ:【HDD】2TB 【SSD】256GB
チップセット:Intel Z370 Express
電源:内蔵PSU電源 400W PLATINUM相当
無線:IEEE802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.2
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ

まとめ

13~18万円のゲーミングPCについてまとめました。
少し前まではこの価格帯は非常に色んな構成が良コスパで存在していたのですが、第9世代IntelCPUとRTX 20シリーズのGPUの登場以後、微妙な感じになっています。
正直、今この価格帯でゲーミングPCを買うなら、13,4万円のコスパの良いシンプルな構成のものを買っておくのが正解な気がしました。
また、少し敷居が高く感じるかもしれませんが、今なら自作した方が基本コスパが良いと思います。Ryzenがびっくりするほど安いですし、GTX1080も安いです。
どうしてもこの価格帯でハイエンドPCを購入したいなら、セールを細かくチェックするか、もう少し待つのが賢明かもしれないというのが正直な意見です。
では記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。