おすすめ主要GPU(グラボ)性能比較表【2022年8月最新版】

2022年8月時点での主要GPU性能一覧表です(ゲーム向け,DirectX用)。新しめの主要GPUのみを掲載しています。そのため主にこれからPC購入を考えている人向けの比較表になります。

注意

本記事の内容は記事更新時点(2022年8月時点)のものであり、ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。

総合評価
筆者が主観で判断した評価です。コスパと電力効率を重視しています。
性能スコア
ベンチマークテスト「3DMark Time Spy」の Graphics Scoreです。DirectX 12の1440p(2560×1440)のゲーミング性能です。
TDP
熱設計消費電力です。大体の消費電力の目安として見ます。
コスパ
1円あたりの性能スコアです。
電力効率
1Wあたりの性能スコアです。
参考価格
記事更新時点でのおおよその市場最安値価格です(筆者調べ)。
メモリ帯域幅
VRAMのバス帯域幅です。メモリが1秒間に転送できるデータ量を表します。

デスクトップ向け主要GPU性能比較表

デスクトップPC向けの主要GPU性能比較表です。同じGPU名でも各仕様はモデルによって多少異なる場合もあるので注意。GPU名はAmazonへの商品リンクとなっています。
 
GPU名称
総合
評価
性能
スコア
メモリー
容量
TDP
コスパ
電力
効率
参考価格
メモリ
帯域幅
GeForce RTX 3090 Ti 21,810 24GB 450W 219,000円 1008GB/s
Radeon RX 6950 XT 21,772 16GB 335W   159,800円 576GB/s
Radeon RX 6900 XT 20,336 16GB 300W   142,000円 512GB/s
GeForce RTX 3090 19,932 24GB 350W 188,000円 936GB/s
GeForce RTX 3080 Ti 19,608 12GB 350W 148,500円 912GB/s
Radeon RX 6800 XT 18,792 16GB 300W 117,500円 512GB/s
GeForce RTX 3080 12GB 18,579 12GB 350W 119,800円 912GB/s
GeForce RTX 3080 10GB 17,692 10GB 320W 100,000円 760GB/s
Radeon RX 6800 15,675 16GB 250W 104,980円 512GB/s
GeForce RTX 3070 Ti 14,774 8GB 290W 80,000円 608GB/s
GeForce RTX 2080 Ti 14,650 11GB 250W 616GB/s
GeForce RTX 3070 13,789 8GB 220W 73,800円 448GB/s
Radeon RX 6750 XT 13,532 12GB 250W 75,800円 432GB/s
Radeon RX 6700 XT 12,757 12GB 230W 67,000円 384GB/s
GeForce RTX 3060 Ti 11,893 8GB 200W 66,300円 448GB/s
GeForce RTX 2080 SUPER 11,642 8GB 250W 496GB/s
GeForce RTX 2080 11,118 8GB 215W 448GB/s
Radeon RX 6700 11,025 10GB 220W 59,800円 320GB/s
GeForce RTX 2070 SUPER 10,204 8GB 215W 448GB/s
GeForce GTX 1080 Ti 10,012 11GB 250W 484GB/s
Radeon RX 6650 XT 9,987 8GB 180W 54,800円 280GB/s
Radeon RX 6600 XT 9,698 8GB 160W 52,980円 256GB/s
Radeon RX 5700 XT 9,335 8GB 225W 448GB/s
GeForce RTX 2070 9,160 8GB 175W 448GB/s
GeForce RTX 3060 8,867 12GB 170W 49,800円 360GB/s
GeForce RTX 2060 SUPER 8,827 8GB 175W 448GB/s
Radeon RX 5700 8,248 8GB 180W 448GB/s
Radeon RX 6600 8,149 8GB 132W 37,800円 224GB/s
GeForce RTX 2060 12GB 7,996 12GB 184W 37,800円 336GB/s
GeForce RTX 2060 6GB 7,661 6GB 160W 36,000円 336GB/s
GeForce GTX 1080 7,605 8GB 180W 320GB/s
Radeon RX 5600 XT(14Gbps) 7,532 6GB 150W 336GB/s
Radeon RX 5600 XT(12Gbps) 6,927 6GB 150W 288GB/s
GeForce GTX 1070 Ti 6,864 8GB 180W 256GB/s
GeForce GTX 1660 Ti 6,403 6GB 120W 33,800円 288GB/s
GeForce RTX 3050 6,275 8GB 130W 36,800円 224GB/s
GeForce GTX 1660 SUPER 6,122 6GB 125W 28,900円 336GB/s
GeForce GTX 1070 6,100 8GB 150W 256GB/s
GeForce GTX 1660 5,473 6GB 120W 192GB/s
Radeon RX 6500 XT 4,975 4GB 107W 24,400円 144GB/s
Radeon RX 5500 XT 8GB 4,830 8GB 130W 224GB/s
Radeon RX 5500 XT 4GB 4,819 4GB 130W 224GB/s
GeForce GTX 1650 SUPER 4,707 4GB 100W 192GB/s
Radeon RX 580 8GB 4,355 8GB 185W 256GB/s
Geforce GTX 1060 6GB 4,210 6GB 120W 192GB/s
GeForce GTX 1060 3GB 3,889 3GB 120W 192GB/s
Radeon RX 570 8GB 3,854 4GB 150W 224GB/s
GeForce GTX 1650 GDDR6 3,669 4GB 75W 19,980円 192GB/s
Radeon RX 6400 3,496 4GB 53W 19,980円 128GB/s
GeForce GTX 1650 GDDR5 3,428 4GB 75W 128GB/s
GeForce GTX 1050 Ti 2,363 4GB 75W 22,000円 112GB/s
GeForce GTX 1630 2,091 4GB 75W 21,000円 96GB/s
GeForce GTX 1050 1,884 2GB 75W   112GB/s
GeForce GT 1030 1,089 2GB 30W 10,000円 48GB/s
内蔵GPU
GPU名称
評価
性能スコア
搭載CPU(例)
Radeon RX Vega 8(Ryzen 5000)
1,570 Ryzen 7 5700G
Radeon RX Vega 7(Ryzen 5000)
1,403 Ryzen 5 5600G
Radeon RX Vega 8(Ryzen 4000)
1,402 Ryzen 7 PRO 4750G
Radeon RX Vega 7(Ryzen 4000)
1,288 Ryzen 5 PRO 4650G
Radeon RX Vega 11(Ryzen 2,3000)
1,193 Ryzen 5 2400G / 3400G
Radeon RX Vega 6(Ryzen 4,5000)
1,110 Ryzen 3 PRO 4350G,Ryzen 3 4300G
Radeon RX Vega 8(Ryzen 2,3000) 931 Ryzen 3 2200G / 3200G
Intel UHD Graphics 770
759 Intel第12世代Coreシリーズ
Intel UHD Graphics 750
663 Intel第11世代Coreシリーズ
Intel UHD Graphics 730 (第12世代)
643 Core i5-12400 等
Intel UHD Graphics 730 (第11世代)
561 Core i5-11400 等
Intel UHD Graphics 630
433 Intel第8~10世代Coreシリーズ
Intel HD Graphics 630 393 Intel第7世代Coreシリーズ

ノートPC・タブレット向け主要GPU性能比較表

ノートPC・タブレット等のモバイル端末向けの主要GPU性能比較表です。同じGPU名でも各仕様はモデルにより多少異なることもあるので注意。モバイル版の単体のGPUはTDPを一定幅からベンダー側が設定することが可能となっており、製品により大きく異なります。スコアとTDPの値が一致しているとは限らないので注意してください。
また、モバイル端末向けのGPUはデスクトップ向けと同じ名前でも性能が低下しているのが基本なため注意してください(主にTDPやクロック低下などの影響)。代わりに、発熱や消費電力はデスクトップ用のものよりも削減されています。
GPU名称
性能
スコア
メモリー
容量
TDP
※一部は予測値
GeForce RTX 3080 Ti 12,384 16GB 80W – 150W+
GeForce RTX 3080 11,758 8GB / 16GB 80W – 150W
Radeon RX 6800M 11,719 12GB ?W – 145W
GeForce RTX 3070 Ti 11,271 8GB 80W – 125W
GeForce RTX 3070 10,464 8GB 80W – 125W
GeForce RTX 2080 9,947 8GB 150W
Radeon RX 6700M 9,316 10GB ?W – 135W
Radeon RX 6800S 8,788 8GB 100W
GeForce RTX 2080 Super Max-Q 8,539 8GB 80W
GeForce RTX 3060 8,260 6GB 60W – 115W
Radeon RX 6600M 8,158 8GB 50W – 100W
GeForce RTX 2080 Max-Q 7,947 8GB 80W
Radeon RX 6700S 7,878 10GB 80W
GeForce RTX 2070 7,563 8GB 115W
GeForce RTX 2070 Super Max-Q 7,554 8GB 80W
GeForce RTX 2070 Max-Q 6,911 8GB 80W
GeForce GTX 1080 Max-Q 6,039 8GB 90W – 110W
GeForce RTX 2060 5,963 6GB 80W
GeForce GTX 1660 Ti 5,610 6GB 80W
GeForce RTX 2060 Max-Q 5,649 6GB 65W
GeForce RTX 3050 Ti 5,120 4GB 35W – 80W
GeForce GTX 1660 Ti Max-Q 4,986 6GB 60W
GeForce GTX 1070 Max-Q 4,872 8GB 80W
GeForce RTX 3050 4,839 4GB 35W – 80W
Radeon RX 5500M 4,285 4GB 85W
GeForce GTX 1060 3,704 6GB 80W
GeForce GTX 1650 Ti 3,679 4GB 50W
GeForce GTX 1060 Max-Q 3,469 6GB 60W – 70W
GeForce GTX 1650 3,453 4GB 50W
Radeon Pro 5500M 4GB 3,426 4GB 50W
Radeon RX 5300M   3GB 65W
GeForce GTX 1650 Ti Max-Q 3,140 4GB 35W
GeForce GTX 1650 Max-Q 2,930 4GB 35W
GeForce GTX 1050 Ti Max-Q 2,382 4GB 40W
GeForce GTX 1050 Ti 2,347 4GB 75W
GeForce GTX 1050 Max-Q 2,232 2GB 40W
GeForce GTX 1050 2,111 2GB 75W
GeForce MX 450 (25W) 1,897 2GB 25W
Radeon RX 560X 1,864 4GB 60W – 80W
GeForce MX 450 (12W) 1,682 2GB 12W
Radeon Pro 560X  1,614 4GB 35W
GeForce MX 350 (25W) 1,326 2GB 25W
GeForce MX 250 (25W) 1,096 2GB 25W
Radeon Pro 555 1,078 2GB 25W
内蔵GPU
GPU名称
性能
スコア
搭載CPUやPC(例)
Radeon 680M 2,332 Ryzen 7 6800U,6800H / Ryzen 9 6900HS
Iris Xe Graphics G7(96EU) 1,581 Core i7-1165G7,1185G7
Radeon RX Vega 8 (Ryzen 4,5000) 1,173 Ryzen 7 4800U,5700U
Iris Xe Graphics G7(80EU) 1,131 Core i5-1135G7
Radeon RX Vega 7 (Ryzen 4,5000) 1,045 Ryzen 7 4700U/Ryzen 5 5500U
Iris Plus Graphics G7 789 Core i7-1065G7
Radeon RX Vega 6 (Ryzen 4,5000) 854 Ryzen 5 4500U/Ryzen 3 5300U
Radeon RX Vega 5 (Ryzen 4,5000) 844 Ryzen 3 4300U
Iris Plus Graphics G4 646 Core i5-1035G4
Radeon RX Vega 10 (Ryzen 2,3000) 761 Ryzen 7 2700U/3700U
Radeon RX Vega 8 (Ryzen 2,3000) 716 Ryzen 5 2500U/3500U
Iris Plus Graphics 655 632 MacBook Pro 13.3 touch bar(2019)
Radeon RX Vega 6 (Ryzen 2,3000) 662 Ryzen 3 2300U/3300U
Iris Plus Graphics 645 550 MacBook Pro 13.3(2019)
Iris Plus Graphics 650 548 MacBook Pro 13.3 touch bar(2017)
UHD Graphics G1 446 Core i3-1005G1
Iris Plus Graphics 640 526 MacBook Pro 13.3(2017)
Radeon RX Vega 3 (Ryzen 2,3000) 397 Ryzen 3 2200U/3200U
Intel UHD Graphics 630 394 Intel第8~10世代CPU(末尾H)
Intel UHD Graphics 620 356 Intel第8~10世代CPU
Intel UHD Graphics 617 293 Core i5-8210Y,Core i7-10510Y
Intel HD Graphics 620 329 Intel第7世代CPU
Intel UHD Graphics 615 272 Intel第8~10世代CPU(末尾Y)
Intel HD Graphics 615 261 Intel第7世代CPU(Y)
Intel HD Graphics 610 196 Intel第7~8世代頃のCeleron,Pentium(末尾U)
Intel HD Graphics 510 154 Intel第6世代頃のCPU
Intel UHD Graphics 605 125 Pentium Silver N5000シリーズ
Intel UHD Graphics 600 110 Celeron 4000シリーズ(末尾N,J)
Intel HD Graphics 505 101  
Intel HD Graphics 500 94 Celeron 3000シリーズ(末尾N,J)

GPUのざっくり性能目安表

この記事で紹介しているGPUの「性能スコア」についての簡単目安表です(3DMarkのTime Spyのグラフィックスコア)。用途に足り得る性能かどうかの参考程度にはなるかもしれません。
性能スコア 用途・説明
15,000~ いわゆるハイエンドと呼ばれる超高性能帯です。1080pなら重量級のゲームや高設定でも非常に高いパフォーマンスを発揮することが可能で、144fps以上はもちろん、240fpsも普通に出せるレベルです。1440pの高設定でも、大体のタイトルで平均144fpsは出せるくらい高性能です。
4Kでも高いパフォーマンスを発揮することができ、高設定でも60fps以上は余裕で出せる性能を持ちますが、4Kだとモニター側がリフレッシュレート60Hzを超えるもの少ないかつ非常に高価(2022年2月時点)なため、4Kで最大限性能を発揮させるには更なる大幅な追加費用が必要となります。
14,999
10,000~
高性能帯です。ハイエンド帯よりは若干低い性能なものの、十分に高い性能を持ち、1080pなら重量級のゲームや高設定でも非常に高いパフォーマンスを発揮することが可能です。平均144fpsはもちろん、タイトルによっては240fpsにも到達できます。また、1440pにも十分対応可能な性能があります。
また、4Kでも高いパフォーマンスを発揮することができ、高設定でも60fps以上は出せる性能を持ちます。
9,999
8,000~
ミドルレンジ上位(中の上)くらいの性能帯です。重い3Dゲームも1080pなら高設定で基本平均144fps以上でプレイ可能です。十分高性能と言える性能帯です。
1440pでも高いパフォーマンスを期待でき、高設定でも大体のタイトルで平均100fpsを超えます。
4Kでも使える性能がありますが、上位クラスよりメモリ性能も低くなっているモデルが多いこともあり、高fpsとは言えないことが基本です。フレームレートが重要でない(もしくは重視しない)場合前提の運用になると思います。
7,999
6,000~
ミドルレンジの中~下くらいの性能帯です。重い3Dゲームも1080pなら大体平均144fps以上でプレイ可能です。
1440pでも使える性能があり、基本100fps以上を出せる性能です。1440pで快適にプレイしたいなら出来れば欲しいラインです。
5,999
4000~
エントリークラス~ミドルレンジ下位くらいの性能帯です。重い3Dゲームも1080p低~中設定ならで基本平均100fps以上でプレイ可能です。
1440pでも使える性能がありますが、高fpsとは言えないレベルのタイトルもあるので注意です。プレイ自体は快適(60fps以上は基本出る)なので、フレームレートにこだわらなければ問題ないレベルです。
3,999
2000~
重い3Dゲームを1080pでそれなりに動作できる最低ラインです。このクラス内でも下位のもの(2,000台)のものはfpsは低いので注意です(60fps出るか怪しい)。性能は高くないですが、小型で省電力なものが多いのは魅力です。
また、近年は内蔵GPUの性能向上がめざましいため、そろそろここに食い込んでくる内蔵GPUがあるかもしれません(2022年2月時点では無し)。
1,999
1000~
エントリー下位レベルのGPUや、新しめの高性能な内蔵GPUが中心の性能帯です。古いGPUも多く含まれます。性能は高くはなく、軽いゲームを快適にプレイするか、重い3Dゲームを低fpsで一応動かせるレベルです。
999
500~
古いGPUや内蔵GPUが中心の性能帯です。軽いゲームを快適に動かせる程度の性能で、重い3Dゲームは厳しいです。
500未満 軽いゲームならプレイ可能といった性能帯です。内蔵GPUも含め、古いGPUが中心です。今ではこの性能帯のGPUは、下位グレードのCPUの内蔵GPUくらいでしか追加がありません。

26 COMMENTS

gafa

コメント失礼します
ゲーミングノートパソコンのrtx3060 ryzen7 5800hか
デスクトップのrtx2060 ryzen5 5600xどちらの方がfpsゲームをする時より良いですか?

返信する
寒河江

どっちがオススメですかね?上が(i7)rtx3060laptopで下が(i5)rtx3060ですhttps://joshinweb.jp/pc/21164/4526541191015.html
とhttps://joshinweb.jp/pc/21164/4526541191183.html

返信する
とねりん:管理人

遅くなって申し訳ありません。
GPU名の後ろにLaptopと付いているものと付いていないものの違いは恐らくただの表記の揺れで、どちらも同じGPUだと思います。
なので、価格が同じならi7の方が良いです。相場からするとかなりお得だと思います。

返信する
匿名

大学で建築デザインを学ぶため、ノートパソコンの購入を予定しています。
条件は、CPUはCPUスコア10000相当
3D系に強い方がよいので、GPUが GTX1660〜RTX2070
ただ、購入候補のものは
CPUスコア 10069 GPU GeForce GTX 1650 Max-Q Design で
GPUが低いのが少し気になっています。
GTX1660とGTX 1650はどの程度違うのでしょうか。
パソコン素人でぼんやりとした質問ですみません。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。検討中の機種は多分MSIのPrestigeでしょうか。薄くて軽くて見た目も良くて魅力的な機種ですよね。

元々GTX 1650自体も外部GPUとしては性能は低めですし、Max-Qデサインは通常より小型した上に発熱や消費電力を減らしたモデルになるので、処理性能は更に少し低くなります。
モバイル版だと確かGTX 1660と1660 Superが無かったと思うのでGTX 1660 Tiと比較しますが、1660 Ti以降ではビデオメモリにバス幅が広い高速なメモリが採用されている点もあり、1650との比較だと処理性能は1.5倍~2倍は違うと思われます。
ただ、検討中の機種ほど軽くて薄くて見た目も良いものはほとんど無いですし、ディスプレイも色域の広い品質の良いものが採用されていたと思います。そこを魅力的に感じれば…という感じになると思います。

返信する
とねりん:管理人

ゲーミング性能での比較ということもありますし、現在は掲載の予定はありません。申し訳ありません。

返信する
こう

失礼します、
core i3 9100FとGTX1650、B360の組みあわせが6万円くらい、
RYZEN3 3200GとRadeonVega8、B450の組み合わせが5万円くらい、
フォートナイトやるにはどちらが適してますか?

返信する
とねりん:管理人

その二つならRyzen 3 3200GのVega 8ではFPSも大して出ないと思いますので、9100FとGTX1650の方が良いと思います。
ただ、Fortniteはやや軽いゲームなので大丈夫かもしれませんが、他の重めのゲームだと9100F+GTX1650ではやや頼りないものも多いので、長く使いたいのならもう少し高くても性能が高いものを選ぶのをおすすめしたいです。

返信する
のーとPC購入予定

はじめまして。
現在ノートPCを購入を考えていまして、RTX2060搭載とRTX2070SUPERmaxQのどちらにしようかと考えています。もちろん性能は2070の方が良いと思いますが、価格に6万円ぐらい差があり、踏み切れずいます。
気持ちは金額にまけて2060を考えていますが
かなり違うものなんでしょうか?現在はLAPTOPのGTX1060を使用しております。
何かアドバイス頂けると幸いです。

返信する
とねりん:管理人

用途は多分ゲーム?でしょうか。GPU以外の違いもあるかもしれないので何とも言えませんが、6万円の価格差は大きいですね。

RTX 2060とRTX 2070 SUPER Max-Qではベンチマークスコアで1.4倍程度の差がありますから、FPSの違いもそれなりに大きいと思います。
とはいえ、ゲーミングノートなら画面はFHD(1080p)でリフレッシュレートも最大144Hzになると思いますから、RTX 2060でも重めのゲームで高設定にでもしなければ必要十分な性能ではないかと思います
予算が潤沢という訳でなければ、自分ならRTX 2060で妥協してしまう気がします。

返信する
のーとPC購入予定

返信ありがとうございます。
目的はゲーム(割合多)及び素人CGと素人動画編集(adobe)です。
予算はあまりないので…。

2060と1660tiでも悩んでいるのですが。
RTXとGTXの違いは大きいでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

動画編集等メインなら無理に上を目指す必要もないと思いますが、ゲームではちょっとでも高い性能が欲しいですよね。

ラップトップ向けのRTX 2060とGTX 1660 Tiなら、ベンチマークスコア的には基本1割以下の差となっています。大きい差ではないと思います。
ただし、機能面で少し違いがあります。RTXではRTコアによるレイトレーシングアクセラレーションと、TensorコアによるDLSSが利用できますが、GTXシリーズでは利用できません(申し訳ないですが、各機能についての説明は省略します)。
これらについては最近出てきた機能(技術)なので将来的にどうなるかわかりませんが、現状では対応タイトルが少ないため正直まだ実用的とはいえないレベルです。
上記をどう捉えるかといったところと、予算との相談になるかなと思います。

返信する
匿名

pc初心者の質問で申し訳ないのですが。
初めてゲーミングノートpcを買おうと思っているのですがGTX 1650 Ti GDDRでは、今後出るゲームタイトルでは不便かもしれないという情報を多くみたのですが実際のところどうなのでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

元情報を見てみないと断言はできないですが、
恐らくはGTXシリーズではRTXシリーズには搭載されている「Tensorコア」や「RTコア」が無く、「DLSS」や「レイトレーシングアクセラレーション」といった機能を利用することができないのでそう表現しているのかもしれません。どちらの機能も2020年8月現在では実用性は低いものの、将来重要になるかも…と言われているような機能です。各機能については申し訳ないですがご自分でお調べになってみてくださいませ。
また、上記の機能面を考えないにしても、1660 Tiは重いゲームを高設定や1080pより高い解像度でプレイするのはやや厳しめの性能です。FPS系のゲームであれば低設定でプレイするのが一般的かと思いますし、映像の鮮明さという部分は大きくは重要視しない部分だと思うので問題ないかと思いますが、映像美が重要なゲームだと不満が出るかもしれません。
ただし、結局ところ各自がプレイするゲームおよび設定や将来性に関する部分なので、一概にこうとは言えない部分だと思います。

返信する
匿名

質問いいでしょうか。
初めてゲーミングPCを買おうかと思っているのですが、他の記事でRadeonはゲーミングには向かないと見ました。
だとするとRadeon RX5700XTとGeForce RTX2070SUPERではスコアはRX5700XTの方が上ですが、やはりRTX2700SUPERのほうが良いのでしょうか?
また、その場合どの程度の差があるものなのでしょうか?
あともう一つ伺いたいのですが、いまハイエンド層にあるCPUやGPUといったものは大体どくらいの期間で新しいゲームについていけなくなるものなのでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

RadeonがGeForceより実際のゲーミングパフォーマンスが少し劣るのは、現状は事実です。
挙げられているRadeon RX 5700 XTとGeForce RTX 2070 SUPERの例でも、ベンチマークスコアでは大体5700 XTの方が若干上ですが、実際の平均FPS数はRTX 2070の方がやや上となる事が多いです。

その差については、その他の仕様・環境やゲームタイトルにもよるので一概には言えないですが、ベンチマークスコアが同程度のスコアなら基本的に大きな差にはなりません。ただ、たとえばRTX 2070 SUPERなら平均144FPS出るとして、RX 5700 XTは5%だけ劣っていたとしても、実数値としては7~8FPS違うことになり、FPS数が重要なゲームではこの差は割と大きいです。ゲーマーの方は少しの差でも気にする傾向が強いのでGeForceの方が好まれます。

>いまハイエンド層にあるCPUやGPUといったものは大体どくらいの期間で新しいゲームについていけなくなるものなのでしょうか?
ついていけなくなるというのが曖昧なので何とも言えないですが、現在のハイエンドGPUは総じて非常に高性能なので、FHD低設定で144FPSくらいの敷居で良いなら気にする必要が無いくらいには長く使えると思いますよ。

返信する
とねりん:管理人

>その差については、その他の仕様・環境やゲームタイトルにもよるので一概には言えない
ご指摘はその通りですが、元々コメント内で触れています。

返信する
とねりん:管理人

掲載が遅れてしまっていました。申し訳ありません。
追加いたしましたのでご確認いただければ幸いです。

返信する

寒河江 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。