Ryzen 7とCore i7の主な違いについて解説【デスクトップ用】

CPUの高性能モデルとして有名な「Ryzen 7」と「Core i7」の主な違いについての比較・説明をしています。(最終更新:2018/6/22)
本記事はデスクトップ用のモデルの話で、主流CPU内での話となりますので、ご了承ください。

注意

本記事の情報は、2018年6月22日時点のものになります。現在は異なる可能性があります。最新の情報は、お手数お掛けしますが下記をご覧ください。

はじめに

詳しい内容を見ていく前に、まず「Ryzen 7」と「Core i7」それぞれについて簡単な説明を入れておきます。大体知っているという方は、飛ばして貰って構いません。

Ryzen 7


Ryzen 7の特徴
  • 非常に高いマルチスレッド性能
  • GPUが未搭載(デスクトップ版・2018年6月時点)
  • 付属クーラーの性能が良い

「Ryzen 7」はAMDが販売している高性能CPUのモデル名の一つです。非常に高いマルチスレッド性能を持っているのが大きな魅力です。また、Intel製のCPUと比べて、付属のクーラーが良品質なものとなっていたりします。

欠点として、デスクトップ版のRyzen 7は内蔵GPUが搭載していないので、グラフィックボードの搭載が必須となる点などがあります。

Ryzenシリーズ

Ryzen 7Ryzenと呼ばれるシリーズの中のモデルの一つとなっています。参考にRyzenシリーズについて簡単に表にまとめました。

【Ryzenシリーズ(上から性能高い順)】
価格
Ryzen Threadripper 55,000円~
Ryzen 7 30,000円~42,000円程度
Ryzen 5 20,000円~26,000円程度
Ryzen 3 13,000円~15,000円程度
※価格は第1,2世代の2018年8月時点のもの
また、デスクトップPC向けの「Ryzen」は、末尾Gを除く全てのモデルでGPUを内蔵していない点も特徴の一つです(2018年6月時点)。
ただし、モバイル端末向けの「Ryzen」は全モデルがGPUを内蔵しており、こちらは逆に、内蔵GPUとしては高性能なグラフィック性能を持っています。

Core i7

Core i7の特徴
  • 高いシングルスレッド性能
  • 高いゲーミング性能
  • 付属クーラーが微妙

「Core i7」はIntelが販売している高性能CPUのモデル名の一つです。シングルスレッド性能とゲーミング性能の高さが魅力です。また、Core i7は付属クーラーがTDPが95W以上のものには基本的には付属しない上、付属しているモデルでも性能自体はかなり微妙だったりします。

ちなみに、Core i7には末尾Xものがありますが、これはCore Xというシリーズのもので、「主流のCPUシリーズ」とは言い難いので、今回の記事では別モデルとして除外しています。

Core iシリーズ
Core i7Core iと呼ばれるシリーズの一つとなっています。参考にCore iシリーズについて簡単に表にまとめました。
【Core iシリーズ(上から性能高い順)】
価格
Core X 40,000円~
Core i9 60,000円~
Core i7 35,000円~42,000円程度
Core i5 20,000円~26,000円程度
Core i3 13,000円~15,000円程度
※価格は第7,8世代の2018年8月時点のもの

Ryzen 7の方が優れている点

マルチスレッド性能

Ryzen 7はマルチスレッド性能がCore i7よりも大幅に高いです。参考に下記にベンチマークスコアを載せます。
【CineBench R15 マルチスレッド】
CPU名称
スコア
Ryzen 7 2700X
1768
Ryzen 7 1800X
1647
Ryzen 7 1700 1436
Core i7 8700K 1428
Ryzen 5 2600X 1366
Ryzen 5 1600X 1252
Core i5 8400 974
Ryzen シリーズがCore iシリーズを大きく離しています。マルチスレッド性能重視なら、Ryzen 7が圧倒的に優位です。

コスパ

2018年8月現在では、Passmarkスコアと価格でのコスパがRyzen 7が勝っているのに加え、付属クーラーでもRyzen 7の方が勝っているので、コスパ面はRyzen 7が上と言えます。
【コスパ比較】
CPU名称
ベンチマークスコア
(Passmark)
価格
コスパ
付属クーラー
Ryzen 7 2700X
17100
約36000円
0.475
有り(まぁまぁの性能)
Ryzen 7 2700
15600 約30000円 0.52 有り(まぁまぁの性能)
Core i7 8700K 16100 約41000円 0.393 無し
Core i7 8700 15250 約34500円 0.442 有り(性能は良くない)
※ベンチマークスコアは、2018年8月時点でのPASSMARKでの値。
※価格は、2018年8月時点での価格.comの最安値。
付属CPUクーラーでも差がついているのが大きいです。後述するCore i7の方が優れている点を考慮しても、Ryzenの方が総合的なコスパは上だと言って良いと思います。

Core i7の方が優れている点

ゲーミング性能

Core i7はRyzen 7よりもゲーミング性能が高いです。これは「Ryzen」側がGPUの性能を100%引き出せていないという原因によるものです。参考に20種のゲームでの平均FPS(フレームレート数)の比較を載せます。

【20種のゲームでのテスト】
CPU名称
平均FPS
Core i7 8700K
110.1
Core i5 8400
108.1
Ryzen 7 2700X 100.3
Ryzen 5 2600X 97.8
Ryzen 7 1800X 95.1
Ryzen 5 1600X 92.7
Ryzen 7 1700 90.9
Core iシリーズががRyzen シリーズを大きく引き離しているのがわかります。最近は「PUBG」や「Fortnite」等のゲームの影響でゲーミング性能が重視される事が多いため、この差が特に注目されています。ただ、Ryzen 7も「Core i7」と比較すれば低いという話で、数値自体が低い訳じゃないのでその点は覚えておきましょう。

シングルスレッド性能

シングルスレッド性能は、Core i7の方が上です。Core iシリーズの中でも、Core i7以上のシングルスレッド性能は特に高いです。ベンチマークスコア比較を見ていきます。
【Cinebench R15 シングルスレッド】
CPU名称
スコア
Core i7 8700K
191
Ryzen 7 2700X
179
Ryzen 5 2600X 176
Core i5 8400 176
Ryzen 5 1600X 164
Ryzen 7 1800X 164
Ryzen 7 1700 147
「Core i7」の方が高い数値を出しているのがわかります。シングルスレッド性能が高いと、低負荷な処理に対して優位になる他、ほとんどの処理において有利に働きます。体感もしやすい部分であるため、特に重要視される事が多いです。

内蔵GPUの有無

Core i7では基本的に内蔵GPUが搭載されているのに対し、Ryzen 7はデスクトップ向けのモデルのほとんどがGPUを内蔵していません(末尾Gのみ搭載)。Ryzen 7ではグラフィックボードがほぼ必須となっています。ただ、このクラスの高性能CPUであれば、別途グラフィックボードを搭載するケースが多いので、大きな差ではないとも言えます。ただ、GPUが故障した場合や内蔵GPUによるエンコードがしたい場合を考えると、柔軟性では上なので優位な部分です。

Ryzen 7 VS Core i7

まず、ここまでの内容をざっくりまとめました。
【簡易勝敗表】
CPU
Ryzen 7
Core i7
マルチスレッド性能 大勝 大敗
シングルスレッド性能
ゲーミング性能
内蔵GPU
大体無し 大体有り
付属クーラー
基本付属
(性能も悪くない)
付属しない場合も多い
(性能も微妙)
※負となっている側も十分高い性能を発揮しています。
【イメージ画像】第8世代Core i7 と第2世代Ryzen の比較
「Ryzen 7」はマルチスレッド性能では大きく勝っているものの、その他の面では「Core i7」に基本劣っているという事がわかります。ただし、唯一勝っているマルチスレッド性能差が非常に大きいので魅力的です。ぶっちゃけあまりに高すぎるその性能を一般の人は活かせる機会が多くはないと思われるものの、あって困るものでもありません。
対して、「Core i7」はシングルスレッド性能および、ゲーミング性能で勝っています。差はマルチスレッド性能ほどは大きくないものの、どちらも非常に需要のある項目なのが大きいです。マルチスレッド性能がRyzen 7ほど要らないという人にとってはCore i7の方が魅力的です。

それぞれに適した用途

ゲーミング用途ならCore i7

ゲームがメインの用途なら、Ryzen 7より高いゲーミング性能を持っているCore i7の方が向いています。マルチスレッド性能ではRyzen 7に大敗しているものの、数値自体は決して悪い訳ではなく、十分な性能を備えています。

コスパ・マルチスレッド性能重視ならRyzen 7

Core i7を大きく上回るマルチスレッド性能を備えつつ、付属の割には高性能なクーラーもあるRyzen 7の方がコスパ的には上です。コスパ重視だったり、マルチスレッド性能が重要な処理(エンコードやマルチタスクなど)を想定するなら、Ryzen 7の方が向いています。

まとめ

Rnzen 7 × Core i7 まとめ
  • どちらも非常に優秀なCPU(前提)
  • ゲーミング性能・シングルスレッド性能ではCore i7が有利
  • ゲーミング用途ならCore i7
  • コスパ・マルチスレッド性能ではRyzen 7が有利
  • コスパ重視ならRyzen 7
ただ、一般ユーザー的には「悩んだらCore i7」という事になるかとは思いますし、自分もそれが安定択だとは思います。
それでは、記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。