サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

自作PCとは?【初心者向け】

自作PCの基本的な事について解説しています。

自作PCとは?

自作PCは、市販されているPCパーツを買い集めて、自分で組み立てて完成させるPCの事です。
自分でパーツ自体を作成するような事は一切ないので、特別な技術は一切必要ありません。
組み立てもパーツの数自体はあまり多くないので、そこまで難しくありません。
最も気を付けるべきなのは「パーツの選択」です。また、ここが自作PCの一番の醍醐味でもあります。

メリット・デメリット

自作PCについて具体的な事を知る前に、まず自作PCを作る事の「メリット・デメリット」を知っておくことが重要です。

自作PCのメリット

良いところ

  • 用途に合ったPCを作る事ができる
  • 既製品を買うより安くなる場合がある
  • パソコンの知識が得られる(パーツ交換や修理対応が自分で出来る様になるかも)
自分の用途に合ったPCを作る事ができる
既製品のPCでは、中々自分の用途にぴったり合うPCが見つからない事もあります。
自作PCであれば、非常に幅広いパーツの選択肢があるため、ほぼ確実に用途に合うPCを作る事が可能です。
既製品のPCを買うより安くなる場合がある
既製品を購入する費用と自作する費用を比較したとき、自作した時の方が安くなる場合があります(同程度のスペックの時)。
ただ、逆に既製品を購入する費用の方が安い場合もあります。時によってはデメリットにもなり得る部分です。
パソコンの構造の知識を得られる(パーツ交換や修理対応が自分で出来る)
自作PCを作るにあたって、当然PCの構造を知る事になります。どのようなパーツが使われているかも知る事になります。
そうなると、パーツ交換や、故障した場合の対応などの際に役立ちます。

自作PCのデメリット

悪いところ

  • 故障やトラブルへの対応を自分でする必要がある
  • 既製品を買うよりも高くなる場合がある
故障やトラブルへの対応を自分でする必要がある
既製品PCでは、初期不良対応や1年間程度の無償保証が付く場合が一般的ですが、自作PCではそのようなものはありません。
また、不具合相談等の問い合わせ先もありません。
自作PCでも、パーツ毎の保証はありますが、原因の特定は自分でする必要があります。
既製品のPCを買うよりも高くなる場合がある
既製品を購入する費用と自作する費用を比較したとき、自作した時の方が高くなる場合があります(同程度のスペックの時)。
ただ、逆に既製品を購入する費用の方が高い場合もあります。時によってはメリットにもなり得る部分です。

自作PCに必要なパーツ一覧

自作PCに最低限必要なパーツ一覧を列挙しています。
この一覧を見るだけでも、なんとなくのPCの構造が思い浮かんでくるかも?
PCパーツ一覧
  • CPU(クーラー)
  • ストレージ(HDD/SSD)
  • メモリ
  • マザーボード
  • 電源ユニット
  • PCケース
  • OSソフト
  • グラフィックボード(必須ではないが、CPUに内臓GPUがない場合や、ゲーミング用途なら必須)
  • 光学ドライブ(必須ではない。DSP版Windowsとの紐づけ用に便利)
  • ※その他周辺機器(液晶モニタ・ディスプレイ、キーボード、マウス など)
※PCパーツではないですが、PCを利用するのに必須なので一応載せています。

自作PCの費用について

自作PCって高いんでしょ?っていうイメージを持っている人は多いと思います。
実際どうなのかというと、自作PCの平均費用は高いです。
ただそれは、高性能なPCにする人が多いからで、自作PCだから高いと言う訳ではありません。
そこまで性能の高くないPCにしようとすれば、特別高くなりません。かなり大まかな目安ですが、価格表的なのを載せておきます。
実際には、CPUとGPU以外のパーツのスペックも関わってくるため、目安程度に見てください。
【価格の目安】
高性能CPU
中性能CPU
低性能CPU
高性能グラフィックボード
17万円~ 15万円~ 非推奨
中性能グラフィックボード
13万円~15万円 10万円~13万円 非推奨
グラフィックボード無し
(内蔵GPU・低性能)
9万円~11万円 6万円~9万円 ~6万円
※2018年7月時点でのかなりざっくりとしたもの。時期によっても変動する。

BTOパソコン

自作PCではありませんが、BTOパソコンというものがあります。BTOは[Build To Order]の略で受注生産を意味します。
簡単にいうと、PCパーツを購入者側が選択し、販売側がそのパーツを使ったPCを生産するものになります。
組み立てという面倒そうな作業を省いて、自作PC本体のみを手に入れられるような感じですね。
当然料金はパーツ総額より高くなります。ただ、ショップによりますがそこまで高くならないショップも多いです。
本来自作PCでは発生しない保証もPC本体に付いていますし、PC初級者にも手が出し易くなっているため、近年人気となっています。

BTOパソコンのカスタマイズの形

BTOパソコンのカスタマイズの形式は、多きく分けて2種類あります。
「基本構成品があり、そこから変更するタイプ」と「フルカスタマイズ」になります。
基本構成品があり、そこから変更
あらかじめ全てのパーツが選択してあって、そこから変更したいポイントだけ変更していくタイプです。
多くの基本構成モデルが大体用意してあり、最初に自分の希望に近い基本構成品を元にする事が想定されています。
こうすることにより、パーツ変更の手間を最小限に抑える事が出来ます。
ほとんどのBTOパソコンショップはこのタイプを採用しています。ただし、パーツ選択の幅は狭いところもあるため注意が必要です。
BTOパソコンショップとして知名度の高いドスパラやマウスコンピューターもこのタイプです。
フルカスタマイズ
名前の通り、全てのパーツを自分で選択するタイプです。
パーツ選択の幅が非常に広い点が魅力です。相性問題や規格に関してもショップ側に聞けるため、安心感がある。
ショップによっては、組み立てやセットアップを含まない「自作PC一式セット」のような感じでパーツのみまとめて購入する事もできる。
現在は非常に数が少ないです。知名度が高いショップはPCワンズなどがあります。
それでは、記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。