おすすめのゲーミングマウスまとめ【2018年11月版】

おすすめのゲーミングマウスのまとめ記事です。(最終更新 2018/11/21)
コスパ重視で選んだ結果、安めの製品中心となりました。
価格は記事更新時点での価格.comでの最安値価格となっています。
一般のマウスとゲーミングマウスとの違いが知りたい方は、良ければ下記リンクを参考にしてください

有線 FPS/TPS向け

G300s Optical Gaming Mouse [ロジクール]

マウス
G300s
価格 約1700円
有線・無線 有線
読み取り方式 光学式
ボタン数 9
インターフェイス USB
カウント 2500dpi(変更可能)
重さ 112g
ケーブル長 2.05m
商品購入ページ
ゲーミングデバイスとしては破格の2000円以下で買える安いゲーミングマウスです。
安いながら品質は良く、2015年2月の発売以来高い人気を保ち続けているマウスです。
ボタンは9と多めで主流の7ボタン製品では少し足りないと思う人にとっては、むしろこちらの方が良いまであります。
誰でも使える様にと、形状は左右対称になっており、かつボタンは全て上面に集まっています。
ゲーミングデバイスは右利き専用の仕様になっているものが非常に多いので、左利きの人には非常に嬉しいです。
ボタン配置についてはサイドボタンの方が良いという人も多いかもしれないですが、
サイドボタン配置は結構当たり外れもある部分なので、失敗しないという意味ではG300sの配置も悪くないと思います。
その価格の安さから、普段使い用のマウスとしてもおすすめできる万能ゲーミングマウスです。

Rival 110 [SteelSeries]

マウス Rival 110
価格 約4200円
有線・無線 有線
読み取り方式 光学式
ボタン数 6
インターフェイス USB
カウント 7200dpi(変更可能)
重さ 87.5g
ケーブル長 2m
商品購入ページ
SteelSeriesのシンプルな軽量ゲーミングマウスです。
重量が87.5gという軽さが特に魅力です。また、幅・高さが控えめに作られている事もあり、「つかみ持ち」「つまみ持ち」の人も使い易いです。
幅・高さは控えめですが、奥行き(長さ)はそこまで小さくないので「かぶせ持ち」でも違和感なく使える形になっています。
「かぶせ持ちだけど軽いマウスが良い」という人にもおすすめできます。
価格も4000円台前半とリーズナブルで使い易いゲーミングマウスです。

G502 RGB Tunable Gaming Mouse [ロジクール]

マウス G502 RGB
価格 約7500円
有線・無線 有線
読み取り方式 光学式
ボタン数 12
インターフェイス USB
カウント 12000dpi(変更可能)
重さ 168g(ケーブル含む,ウエイト無し)
ケーブル長 2m
その他の機能 取り外し可能なウエイト3.6g×5付属
商品購入ページ
非常に高機能でかつカスタマイズ可能なゲーミングマウスです。
その機能性の高さが評価され、価格.comのPRODUCT AWRD 2016にてマウス部門で金賞も受賞しました。
ボタン数は12個と多く、当然それぞれのボタンに自由に割り当てが可能です。
また、取り外し可能なウエイト(重り)が5個付属しており、重さやバランスを調整する事が可能です。
あと、個人的にはさほど重要だと思わないですが、イルミネーションで好きな色を設定して光ります。
自分好みにカスタマイズ出来る汎用性の高いマウスです。
ただ、マウス本体自体が大きい点とウエイトを付けない状態でも重量は重めの点は注意が必要です。
つまみ型の持ち方をする人や、手の小さい人、軽いマウスが好きな人は少し向かないかもしれません。
しかし、慣れで解決できない手の小さい人以外は、使ってみて損はない非常に高機能なゲーミングマウスです。

PAWN RM-3360[Ray]

マウス RM-3360
価格 約4500円
有線・無線 有線
読み取り方式 光学式
ボタン数 7
インターフェイス USB
カウント 12000dpi(変更可能)
重さ 106g
ケーブル長 1.8m
商品購入ページ
Ray製の低価格で高コスパゲーミングマウスです。
4000円台中盤という価格ながら、最高12000dpiという高感度設定が可能になっています。
更にセンサーには、ハイエンド製品にも利用される高品質なセンサーが搭載されています。
基本性能は4000円台中盤とは思えない程高性能になっています。
ただ、そこまで有名ではない「Ray」というメーカーという事もあってか、キーバインド(マクロ)等を登録するソフトウェアが存在しません。
そのため、当然マウス自体にオンボードメモリもなく、その分も他のマウスと比べてコストカットに繋がっています。
しかし、個人的には上記はデメリットになるとは思っていません。
キー登録などは基本ゲーム側でも設定できますし、そうなると「オンボードメモリー」や「専用ソフトウェア」は蛇足に近いです。
その分コストカットされるなら、その方が良いです。

ワイヤレス(無線) FPS/TPS向け

G603 LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse [ロジクール]

マウス
G603
価格 約5200円
有線・無線 ワイヤレス
読み取り方式 光学式
ボタン数 6
インターフェイス
USB
Bluetooth
カウント 12000dpi(変更可能)
重さ
88.9g(マウスのみ)
112.3g(単三形乾電池×1含む)
135.7g(単三形乾電池×2含む)
電池 単三乾電池×2もしくは1
商品購入ページ
ロジクール製のシンプルながら高品質のワイヤレスゲーミングマウスです。
非常に遅延の少ないワイヤレス接続を実現し、USBまたはBluetoothで複数デバイスでの接続が可能となっています。
左右ボタンには金属バネを採用しており、クリックに必要な力を減らすとともに、歯切れの良いクリック感とボタンの戻りの速さを実現しています。通常使用はもちろん、ゲームでは多用する連打にも良い影響があると考えられます。
動作に使う電池は1本と2本どちらでも利用可能で、電池の重さで重量を調整できるという面白い仕様になっています。
価格は5000円台前半と、ワイヤレスならゲーミング用でなくとも特別高い価格ではないです。
ワイヤレスゲーミングマウス入門用としてはうってつけの高品質な製品です。

G304 LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse [ロジクール]

マウス G304
価格 約5700円
有線・無線 ワイヤレス
読み取り方式 光学式
ボタン数 6
インターフェイス USB
カウント 12000dpi(変更可能)
重さ 99g(バッテリー重量込)
電池 単三乾電池×1
商品購入ページ
ロジクール製のコンパクトで軽いワイヤレスゲーミングマウスです。
仕様としては、G603の機能をちょこっと削って小型・軽量化した製品です。歯切れの良いクリック感・動作精度はそのままにコンパクトになっています。
Bluetoothは使えなくなっていますが、ゲーミング用でBluetoothを利用する人は多くないと思うのでそこまで痛くは無さそうです。
ゲーミングマウスは、大きめの製品が多いのでこのG304のようなコンパクトなものは珍しく需要が高いです。
重さも電池重量分込みで99gと(ワイヤレスにしては)軽量です。
小型で軽量なワイヤレスゲーミングマウスを求める人にとっては、現状ほぼ一択ともいえる製品です。

MMO RPG用

MMO Gaming Mouse G600 G600t [ロジクール]

マウス G600 G600t
価格 約5000円
有線・無線 有線
読み取り方式 レーザー
ボタン数 20
インターフェイス USB
カウント 8200dpi(変更可能)
重さ 133g
ケーブル長 2m
商品購入ページ
ボタン数20の超多ボタンゲーミングマウスです。主にMMORPG用の設計となっています。
多彩なスキルやアイテムを即座に使用する「MMO RPG」での使用に特化した仕様となっています。
親指付近になんと12個のボタンを集約しています。
正直慣れるまで少し時間が掛かりそうですが、慣れれば非常に素早い操作が可能となります。
読み取り方式には、感度の良いレーザーを採用しており、マウスパッドが無い場所でも使えます。
「MMO RPG」をプレイしている方で、興味のある人は使用してみると世界が変わるかもしれません。
それでは、記事はここまでです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。