海外通販の格安な中国製スマホ・タブレット類を紹介【2019年10月版】

香港(中国)の海外通販 GearBest で購入できる格安の中国製スマホ・タブレットPC等を少しだけ紹介しています。Amazonなどでも中国製の商品は多数販売されていますが、地元の通販サイトで購入した方が基本的に数千円お得です。また、中国製というだけで敬遠されている方も多いと思いますし、自分もつい最近まではそうでしたが、品質も悪くなくお得な商品も数多いので、ぜひ参考までに見て欲しいと思います。

GearBest の詳細や利用方法などについては、下記でざっくりと解説しています。

海外通販「GearBest」紹介【ざっくり解説】

タブレットPC

Teclast T30 4GB/64GB

スペック表
OS Android 9.0
CPU MTK Helio P70(8コア/2.1GHz)
RAM 4GB
ストレージ 64GB
画面サイズ 10.1インチ
パネル IPS
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー容量 8000mAh
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
カメラ 背面:8.0MP 前面:5.0MP
サイズ  
重量 0.56 kg
Google Playストア
技適マーク
価格 セール価格:25,288円
通常価格:30,940円
(2019年9月30日時点)
   

格安のミドルレンジ(高性能寄り)タブレットです。基本スペックがCPU:Helio P70,RAM:4GB,ROM:64GBといった具合で、価格が2万円台中盤。CPU性能は最新のiPad等にはさすがに敵いませんが、この性能でこの価格は日本ではまずあり得ない安さです。また、バッテリー容量が8000mAhと非常に多く長持ちします。その分やや重量が重くなっている点は注意が必要かもしれません。

その他の性能は、特筆する事があまりなく、基本性能を高めつつ価格を抑えられている点が魅力のタブレットです。技適マークは本体裏面にあるので、使用するにあたって何か罰則を受けるような事はないと思いますが、本当に取得しているのかは怪しい部分もあるので、一応自己責任で。

総評としては、日本ではこのカタログスペックから2万円台はまずあり得ない安さでコスパが非常に良いです。かなり魅力的に感じました。しかも、この記事執筆時点ではクーポンがあり、約3000円引きとなるため更にお得です。

技適は、本体裏にマーク自体はあるものの番号が併記されていません。起動後のシステムから確認できる場合もあるので何とも言えないですが、ちょっと怪しいという事は触れておこうと思います。また、表にない仕様詳細については、商品販売ページをご覧ください。

クーポン番号:GBTDT30SF※約3,000円(30ドル)引き,枚数制限あり?

販売ページ(GearBest)


Teclast M30 4GB/128GB

スペック表
OS Android 8.0
CPU Helio X27(10コア)
RAM 4GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 10.1インチ
パネル IPS
解像度 2560×1600
バッテリー容量 7500mAh
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
カメラ 背面:5.0MP 前面:2.0MP
サイズ  
重量 0.61 kg
Google Playストア
技適マーク △?
価格 セール価格:18,691円
通常価格:28,231円
(2019年9月30日時点)
   

低価格な高解像度ミドルレンジタブレットです。2万円を切る低価格にしては高いスペックで、非常にお得感があります。特にRAM:4GB,ROM:128GBは、この価格は破格の安さです。解像度も高く、バッテリー容量も7500mAhと非常に多いので、映画やドラマやアニメ等の映像作品鑑賞に最適です。ただし、価格を考えれば仕方ないですが、CPU:Helio X27カメラやや低性能な点は留意しておきましょう。

ぶっちゃけRAM:4GB,ROM:128GBで2万円を切るという時点で魅力としては十分ですが、大容量バッテリーまで付いてきてお得感が非常にあります。CPU性能がやや低い点は、重めのゲームなどをしたい方には注意しなければならないですが、コスパはすさまじいものを持っているのは間違いないです。

技適は、本体裏にマーク自体はあるものの番号が併記されていません。起動後のシステムから確認できる場合もあるので何とも言えないですが、ちょっと怪しいという事は触れておこうと思います。また、表にない仕様詳細については、商品販売ページをご覧ください。

販売ページ(GearBest)

ノートPC

BMAX Y13 13.3インチ 8GB/256GB

スペック表
OS Windows 10
CPU Intel Celeron N4100 (4コア)
RAM 8GB LPDDR4(空き0)
ストレージ M.2 SSD:256GB
画面サイズ 13.3インチ
パネル IPS
タッチパネル
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー性能 不明
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
光学ドライブ 無し
グラフィック Intel UHD Graphics 600
その他機能 Bluetooth5.0、カメラ
インターフェース USB Type-C×2、Micro USB
サイズ 30.75×20.80×1.47 cm
重量 1.25 kg
技適マーク 恐らくなし
価格 セール価格:40,681円
通常価格:51,852円
(2019年9月30日時点)

タブレットとしても使える2 in 1タイプのノートPCです。タッチパネル対応でこれだけ薄型の2 in 1 ノートPCは、国内では安くても6万円台中盤はするので、それよりも1万円~2万円も安く同タイプのPCは貴重です。ただし、基本性能は低めです。この記事で紹介する他製品と違って、コスパに関して非常に優れたものを持っている訳ではなく、安さと希少性が最大の魅力となります。薄型タブレットとしても使える安いノートPCが欲しい、という方にうってつけの商品です。

技適は、恐らくありません。技適無しで使用しても悪用しない限りは、問題にならないとは思いますが、一応自己責任でお願いいたします。また、表にない仕様詳細については、商品販売ページをご覧ください。

販売ページ(GearBest)

スマートフォン

CUBOT X20 Pro 6GB/128GB

スペック表
キャリア SIMフリー
OS Android 9.0
CPU Helio P60(8コア)
RAM 6GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 6.3インチ
パネル IPS
解像度 2340×1080
バッテリー容量 4000mAh
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
カメラ(背面) 12.0MP+20.0MP+8.0MP トリプル
カメラ(前面) 13.0MP
サイズ 157.1×74.6×8.1  mm
重量 200g
防水・防塵 ×
生体認証 顔認証
おサイフケータイ ×
Google Playストア
技適マーク 恐らく無し
価格 セール価格:16,492円
通常価格:27,563円
(2019年9月30日時点)

3万円未満の高性能スマホです。中国製のスマホが安いのは知っていたのですが、それでも度肝を抜かれるほどのコスパでした。RAM:6GB,ROM:128GBは、共にハイエンドレベルで申し分なし。CPU:Helio P60は、ハイエンド機に比べると劣りますが、価格相応の性能はあります。

更にカメラの性能がめちゃくちゃ高いです。画素数が12MP+20MP+8MPの高画素数のトリプルカメラを搭載しており、8万円~クラスのハイエンドスマホと比べても遜色無いのではないでしょうか。地味に前面カメラの13MPも手を抜いていません。

この記事を書いている時点では長めのセール期間中で約16,492円で、異常な安さとなっていますが、通常価格の約27,593円でも非常に安いです。3万円を切る低価格としては到底信じられない性能です。

ただし、海外スマホという事もあって機能の数は少なめです。特に、おサイフケータイ(Felica)が使えないのと、防水に対応していないのは気になる人も多いかもしれません。他にも、認証機能が指紋認証に対応しておらず、顔認証しか対応していない点や、サイズが大きいため重量がやや重めな点なども注意です。

総評としては、機能面ではやや気になる点もあり、日常的に使うには割と致命的かなとも感じます。とはいえ、その基本スペックの高さと価格の安さによるコスパは破格で、非常に魅力的です。

技適は、恐らくありません。技適無しで使用しても悪用しない限りは、問題にならないとは思いますが、一応自己責任でお願いいたします。また、表にない仕様詳細については、商品販売ページをご覧ください。

販売ページ(GearBest)

注意事項

本記事では、香港の海外通販サイト「GearBest」で購入する事ができる中国製の商品を紹介しています。紹介するにあたって、技適日本語対応について軽く触れておこうと思います。ちなみに、サイトのシステム自体はよくある通販サイトとほぼ同じです。英語が基本言語という以外はそれほど利用には困らないと思うので、ここでは触れません。ご容赦ください。


技適について

技適(技術基準適合証明または技術基準適合認定)とは、日本国内での利用を許可された無線機器に付与される認証です。日本で使える無線機器は、この技適の認証を受け、技適マークを付与したものと法律で定められています。この技適は日本独自の制度であるため、中国を含めた海外製品には基本的には技適がありません。GearBestで取り扱っている中国製品も、多くが技適を受けていません。

しかし、実はこの技適は半ば形骸化しているというか、再整備が必要なレベルのものらしく、実際に個人のスマホ等の利用でこの技適が原因で逮捕や罰則を受けた例は存在しないようです。そのため、技適がない機器を利用したとしても、悪用でもしなければ罰則や逮捕等をされる確率は0と言って良い状況になっています。「総務省に違反してましたって電話してもお咎めなしだった」なんて報告もあります。ですが、一応法律違反には違いないので、自己責任でよろしくお願いいたします、と念のため触れておきます。


日本語対応について

Windows や Android は、標準では日本語に対応しているはずなので基本的には問題ありません。ただし、海外通販から購入する…要するに個人輸入をする商品は、ほとんどが日本向けに整備されたものではありません。スマホ・タブレット等ももちろんそうです。念のため、商品名にグローバルバージョンだったり、商品概要欄の言語のところに日本語が記載されているかは一応確認しておくと安心です。

余談ですが、中国国内ではGoogleが利用できないという特殊な状況もあってか、特にAndroidではショップ独自のカスタムROMを導入している場合も多いです。その機種ではGoogle関連サービスは使えないですし、日本語に標準では対応していない場合もあります。GearBestは、全世界向けの通販サイトなので、上記のようなケースはほとんど無いとは思いますが、頭の隅に置いておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。