PCパーツ構成と費用シミュレーター試作版【2024年4月更新】

デスクトップPCのおおまかなPCパーツ構成と価格のシミュレーターです。各パーツ項目で現在主要なものを抜粋して選択できるようになっています。下に手動入力用も用意しているので、細かく自分でパーツ名や金額を入力したい方はそちらをご利用ください。一応試作版。

自作PCの構成を考える際の下地や、BTOパソコンをパーツ価格からコスパ評価したい場合にご活用頂けると幸いです。マザーボードなどの一部のパーツは、具体的な製品名を載せると数が膨大になってしまうので、大体の仕様と価格を載せています。その点はご容赦ください。

項目が多くて常に最新を維持するのが正直難しいので、月1更新くらいを想定しています。更新時期はタイトルに載せるので、そちらをご確認ください。

注意
  • 掲載の価格は、更新時点のおおよその市場価格です(主に価格.com参考)。最安値付近の価格を拾っているので、実際にはもう少し高くなる可能性も高いと思います。


PCパーツ構成シミュレーター
【Intel CPU】

【AMD CPU】

【NVIDIA GPU】

【AMD GPU】

【Intel GPU】

【DDR5】

【DDR4】

【NVMe M.2(2280)】
[キオクシア]

[ADATA]

[WESTERN DIGITAL]

[CFD]

[crucial]

[Samsung(サムスン)]

[Solidigm(ソリダイム:旧インテル)]

[その他]

【SATA 2.5インチ】

【NVMe M.2(2280)】
[キオクシア]

[ADATA]

[WESTERN DIGITAL]

[CFD]

[crucial]

[Samsung(サムスン)]

[Solidigm(ソリダイム:旧インテル)]

[その他]

【SATA 2.5インチ】

【HDD 3.5インチ】

【Intel 第12~14世代向け 600,700シリーズ DDR5対応】

【Intel 第12~14世代向け 600,700シリーズ DDR4対応】

【AMD Ryzen 7000/8000向け 600シリーズ】

【AMD Ryzen 3000~5000向け 500シリーズ】

【DEEPCOOL】

【サイズ】

【ProArtist】

【Corsair】

【noctua】

【COOLER MASTER】

【ASUS】

【MSI】

【Arctic】

【NZXT】

【玄人志向】

【Aentec】

【Corsair】

【SilverStone】

【DEEPCOOL】

【MSI】

【Thermaktake】

【Seasonic】

()内は最大の対応フォームファクタと付属ファン
【DEEPCOOL】

【Thermaltake】

【Antec】

【Fractal Design】

【COOLER MASTER】

【NZXT】

【LIAN LI】

【ZALMAN】

【その他】

※全タブが閉じます。パーツ合計:


PCパーツ構成シミュレーター

パーツ合計:

CPUの性能比較表(2024年4月版)

CPUはPCの頭脳に例えられる中心的な処理装置です。CPUの性能がPC全体のパフォーマンスに影響してくるため、PCの中でも特に重要なパーツの一つです。

CPUの良し悪しを知るには、ベンチマークスコアを見るのが手っ取り早いです。下記の表で更新時点での主要CPUのベンチマークスコア(PassMark)と主要な設定についてまとめていますので、参考までにご覧ください。ただし、下記のスコアは主にマルチスレッド性能(CPUの全コア稼働時の性能)であるため、1コアあたりの性能や高性能なGPUと併用する際のゲーミング性能においては、異なる結果となる可能性もあるため注意です。また、CPU名のリンクはAmazonのものです。

CPU名称評価性能
スコア
コア/
スレッド
TDP
PL1※
TDP
PL2
クロック
定格 / 最大
電力
効率
コスパ参考価格
Ryzen 9 7950X
63,300
16/32
170W230W4.5 / 5.7GHz79,840円
Ryzen 9 7950X3D
62,630
16/32
120W162W4.2 / 5.7GHz91,120円
Core i9-14900K
60,820
24/32
125W253W3.2 / 6.0GHz89,980円
Core i9-14900KF
60,820
24/32
125W253W3.2 / 6.0GHz86,600円
Core i9-13900K
59,700
24/32
125W253W3.0 / 5.8GHz89,480円
Core i9-13900KF
59,700
24/32
125W253W3.0 / 5.8GHz86,700円
Core i7-14700K
53,500
20/28
125W253W3.4 / 5.6GHz66,030円
Core i7-14700KF
53,500
20/28
125W253W3.4 / 5.6GHz62,080円
Ryzen 9 7900X
52,500
12/24
170W230W4.7 / 5.6GHz61,980円
Ryzen 9 7900X3D
51,300
12/24
120W162W4.4 / 5.6GHz67,980円
Core i9-14900
50,530
24/32
65W219W2.0 / 5.8GHz88,000円
Core i9-14900F
50,530
24/32
65W219W2.0 / 5.8GHz83,560円
Ryzen 9 7900
49,340
12/24
65W88W3.7 / 5.4GHz58,440円
Core i9-13900
47,970
24/32
65W219W2.0 / 5.6GHz88,980円
Core i9-13900F
47,970
24/32
65W219W2.0 / 5.6GHz83,980円
Core i7-14700
47,150
20/28
65W219W2.1 / 5.4GHz60,980円
Core i7-14700F
47,150
20/28
65W219W2.1 / 5.4GHz57,830円
Core i7-13700K
46,900
16/24
125W253W3.4 / 5.4GHz61,800円
Core i7-13700KF
46,900
16/24
125W253W3.4 / 5.4GHz60,480円
Ryzen 9 5950X
46,000
16/32
105W142W3.4 / 4.9GHz74,480円
Core i7-13700
41,770
16/24
65W219W2.1 / 5.2GHz60,980円
Core i7-13700F
41,770
16/24
65W219W2.1 / 5.2GHz57,250円
Core i9-12900K
41,180
16/24
125W241W3.2 / 5.2GHz61,800円
Core i9-12900KF
41,180
16/24
125W241W3.2 / 5.2GHz57,980円
Ryzen 9 5900X
39,700
12/24
105W142W3.7 / 4.8GHz49,980円
Ryzen 9 3950X
39,300
16/32
105W142W3.5 / 4.7GHz
Core i5-14600K
39,000
14/20
125W181W3.5 / 5.3GHz48,950円
Core i5-14600KF
39,000
14/20
125W181W3.5 / 5.3GHz44,480円
Core i5-13600K
38,300
14/20
125W181W3.5 / 5.1GHz48,480円
Core i5-13600KF
38,300
14/20
125W181W3.5 / 5.1GHz44,980円
Core i9-12900
37,500
16/24
65W202W2.4 / 5.1GHz74,800円
Core i9-12900F
37,500
16/24
65W202W2.4 / 5.1GHz59,800円
Ryzen 7 7700X
36,400
8/16
105W142W4.5 / 5.4GHz49,980円
Ryzen 7 7700
35,500
8/16
65W88W3.8 / 5.3GHz46,970円
Ryzen 7 7800X3D
35,150
8/16
120W162W4.2 / 5.0GHz57,780円
Core i7-12700K
34,300
12/20
125W190W3.6 / 5.0GHz49,450円
Core i7-12700KF
34,300
12/20
125W190W3.6 / 5.0GHz46,280円
Ryzen 9 3900X
32,850
12/24
105W142W3.8 / 4.6GHz
Core i5-14500
32,820
14/20
65W154W2.6 / 5.0GHz37,970円
Core i5-13500
32,280
14/20
65W154W2.5 / 4.8GHz37,580円
Core i7-12700
32,220
12/20
65W180W2.1 / 4.9GHz45,780円
Core i7-12700F
32,220
12/20
65W180W2.1 / 4.9GHz42,580円
Ryzen 7 8700G
31,650
8/16
65W88W4.2 / 5.1GHz55,420円
Ryzen 5 7600X
28,800
6/12
105W142W4.7 / 5.3GHz33,380円
Ryzen 7 5800X
28,400
8/16
105W142W3.8 / 4.7GHz32,600円
Ryzen 7 5800X3D
28,275
8/16
105W142W3.4 / 4.5GHz45,980円
Ryzen 5 7600
28,200
6/12
65W88W3.8 / 5.1GHz31,160円
Core i5-12600K
27,000
10/16
125W150W3.7 / 4.9GHz37,200円
Core i5-12600KF
27,000
10/16
125W150W3.7 / 4.9GHz34,000円
Ryzen 5 7500F
26,910
6/12
65W88W3.7 / 5.0GHz
Ryzen 7 5700X
26,700
8/16
65W76W3.4 / 4.6GHz23,000円
Ryzen 7 5700X3D
26,530
8/16
105W142W3.0 / 4.1GHz37,770円
Core i5-14400
26,290
10/16
65W154W2.5 / 4.7GHz35,850円
Core i5-14400F
26,290
10/16
65W154W2.5 / 4.7GHz32,120円
Core i5-13400
25,300
10/16
65W154W2.5 / 4.6GHz35,480円
Core i5-13400F
25,300
10/16
65W148W2.5 / 4.6GHz31,770円
Ryzen 5 8600G
25,150
6/12
65W88W4.3 / 5.0GHz34,800円
Ryzen 7 5700G
24,700
8/16
65W88W3.8 / 4.6GHz25,300円
Ryzen 7 5700
24,200
8/16
65W76W3.7 / 4.6GHz27,400円
Ryzen 7 3700X
22,700
8/16
65W88W3.6 / 4.4GHz
Ryzen 5 5600X
22,100
6/12
65W76W3.7 / 4.6GHz20,300円
Ryzen 5 8500G
21,800
6/12
65W88W3.5 / 5.0GHz24,980円
Core i5-12600
21,800
6/12
65W117W3.3 / 4.8GHz
Ryzen 5 5600
21,300
6/12
65W78W3.5 / 4.4GHz20,980円
Core i5-12500
20,900
6/12
65W117W3.0 / 4.6GHz
Ryzen 7 PRO 4750G
20,700
8/16
65W88W3.6 / 4.4GHz
Ryzen 5 5600G
20,300
6/12
65W88W3.9 / 4.4GHz19,800円
Ryzen 5 5500
20,000
6/12
65W88W?3.6 / 4.2GHz13,800円
Core i5-12400
19,700
6/12
65W117W2.5 / 4.4GHz25,000円
Core i5-12400F
19,700
6/12
65W117W2.5 / 4.4GHz21,780円
Core i9-9900K
18,900
8/16
95W118W3.6 / 5.0GHz
Core i9-9900KF
18,900
8/16
95W118W3.6 / 5.0GHz
Ryzen 5 3600X
18,300
6/12
95W128W3.8 / 4.4GHz
Ryzen 5 3600
17,780
6/12
65W88W3.6 / 4.2GHz
Ryzen 5 PRO 4650G
17,100
6/12
65W88W3.7 / 4.2GHz
Ryzen 5 4500
15,600
6/12
65W88W3.6 / 4.1GHz10,000円
Core i3-14100
15,080
4/8
60W89W3.5 / 4.7GHz22,200円
Core i3-14100F
15,080
4/8
58W89W3.5 / 4.7GHz18,300円
Core i3-13100
14,700
4/8
60W89W3.4 / 4.5GHz22,340円
Core i3-13100F
14,700
4/8
58W89W3.4 / 4.5GHz17,820円
Core i3-12100
14,300
4/8
60W89W3.3 / 4.3GHz17,900円
Core i3-12100F
14,300
4/8
58W89W3.3 / 4.3GHz14,280円
Ryzen 5 3500
12,600
6/6
65W88W3.6 / 4.1GHz
Ryzen 3 4100
11,300
4/8
65W88W3.8 / 4.0GHz6,980円
Intel 300
2/4
46W3.7GHz16,800円
Pentium G7400
6,900
2/4
46W3.7GHz12,980円
参考:Passmark

GPUの性能比較表(2024年4月版)

GPUは画像処理に特化したプロセッサです。PCの中心的な処理を担うのはCPUですが、画像に関する処理(ゲーム、動画再生、動画編集 etc.)の主役は基本的にGPUとなります。重いゲームや動画編集をしないならCPUに統合されているGPU(内蔵GPU)でも十分なケースが多いですが、重い処理を想定する場合にはグラフィックボード・ビデオカード(単体のGPUを搭載したパーツのこと。通称グラボ)が必要となります。

CPUと同様に、性能の良し悪しを知るにはベンチーマークスコアを調べるのが手っ取り早いです。下記に更新時点での主要GPUのベンチマークスコア(3D Mark Time Spy Graphics)と主要な仕様についてまとめているので、参考までにご覧ください。ただし、下記はDirectX 12における2560×1440時のスコアであるため、1080pや4K、レイトレーシング時には異なる結果になる可能性もある点に注意です。また、GPU名のリンクはAmazonのものです。

主要GPU性能比較(デスクトップ向け)
GPU名称
総合
評価
性能スコア
メモリ容量
TDP
コスパ
電力効率
参考価格
メモリ帯域
GeForce RTX 4090
36,340
24GB450W299,800円1008GB/s
Radeon RX 7900 XTX
30,226
24GB355W156,000円960GB/s
GeForce RTX 4080 SUPER
28,531
16GB320W168,800円736GB/s
GeForce RTX 4080
28,127
16GB320W169,800円716.8GB/s
Radeon RX 7900 XT
26,331
20GB315W119,800円800GB/s
GeForce RTX 4070 Ti SUPER
24,399
16GB285W128,480円672GB/s
GeForce RTX 4070 Ti
22,742
12GB285W113,000円504GB/s
GeForce RTX 3090 Ti
21,810
24GB450W1008GB/s
Radeon RX 6950 XT
21,772
16GB335W99,800円576GB/s
Radeon RX 7900 GRE
21,594
16GB260W92,800円576GB/s
GeForce RTX 4070 SUPER
21,130
12GB220W96,980円504GB/s
Radeon RX 6900 XT
20,710
16GB300W89,800円512GB/s
GeForce RTX 3090
19,932
24GB350W936GB/s
Radeon RX 7800 XT
19,893
16GB263W79,800円624GB/s
GeForce RTX 3080 Ti
19,608
12GB350W119,800円912GB/s
Radeon RX 6800 XT
19,271
16GB300W75,000円512GB/s
GeForce RTX 3080 12GB
18,579
12GB350W912GB/s
GeForce RTX 4070
17,944
12GB200W83,800円504GB/s
GeForce RTX 3080 10GB
17,692
10GB320W89,800円760GB/s
Radeon RX 7700 XT
17,043
12GB245W67,800円432GB/s
Radeon RX 6800
16,154
16GB250W512GB/s
GeForce RTX 3070 Ti
14,774
8GB290W59,800円608GB/s
GeForce RTX 2080 Ti
14,650
11GB250W616GB/s
GeForce RTX 3070
13,789
8GB220W59,800円448GB/s
Radeon RX 6750 XT
13,532
12GB250W62,800円432GB/s
GeForce RTX 4060 Ti 8GB
13,473
8GB160W57,800円288GB/s
Arc A770 16GB
13,422
16GB225W46,800円560GB/s
Arc A770 8GB
13,409
8GB225W46,800円512GB/s
GeForce RTX 4060 Ti 16GB
13,339
16GB165W68,800円288GB/s
Radeon RX 6700 XT
12,757
12GB230W52,800円384GB/s
Arc A750
12,476
8GB225W31,800円512GB/s
GeForce RTX 3060 Ti GDDR6X
12,210
8GB225W58,800円608GB/s
GeForce RTX 3060 Ti
11,893
8GB200W58,800円448GB/s
GeForce RTX 2080 SUPER
11,642
8GB250W496GB/s
Radeon RX 6700
11,381
10GB220W320GB/s
GeForce RTX 2080
11,118
8GB215W448GB/s
Radeon RX 7600 XT
11,270
16GB190W52,800円288GB/s
Radeon RX 7600
10,836
8GB165W37,800円288GB/s
GeForce RTX 4060
10,665
8GB115W42,800円272GB/s
Arc A580
10,656
8GB185W25,980円512GB/s
GeForce RTX 2070 SUPER
10,204
8GB215W448GB/s
GeForce GTX 1080 Ti
10,012
11GB250W484GB/s
Radeon RX 6650 XT
9,987
8GB180W39,800円280.3GB/s
Radeon RX 6600 XT
9,698
8GB160W37,800円256GB/s
Radeon RX 5700 XT
9,335
8GB225W448GB/s
GeForce RTX 2070
9,160
8GB175W448GB/s
GeForce RTX 3060 12GB
8,867
12GB170W42800円360GB/s
GeForce RTX 2060 SUPER
8,827
8GB175W448GB/s
Radeon RX 5700
8,248
8GB180W448GB/s
Radeon RX 6600
8,149
8GB132W29,800円224GB/s
GeForce RTX 2060 12GB
7,996
12GB184W336GB/s
GeForce RTX 2060 6GB
7,661
6GB160W336GB/s
GeForce GTX 1080
7,605
8GB180W320GB/s
Radeon RX 5600 XT(14Gbps)
7,532
6GB150W336GB/s
GeForce RTX 3060 8GB
7,343
8GB170W37800円240GB/s
Radeon RX 5600 XT(12Gbps)
6,927
6GB150W288GB/s
GeForce GTX 1070 Ti
6,864
8GB180W256GB/s
GeForce GTX 1660 Ti
6,403
6GB120W288GB/s
GeForce RTX 3050 8GB
6,275
8GB130W35,780円224GB/s
GeForce GTX 1660 SUPER
6,122
6GB125W336GB/s
GeForce GTX 1070
6,100
8GB150W256GB/s
GeForce GTX 1660
5,473
6GB120W192GB/s
Radeon RX 6500 XT
4,975
4GB107W19,980円144GB/s
GeForce RTX 3050 6GB
4,869
6GB70W26,980円168GB/s
Radeon RX 5500 XT 8GB
4,830
8GB130W224GB/s
Radeon RX 5500 XT 4GB
4,819
4GB130W224GB/s
GeForce GTX 1650 SUPER
4,707
4GB100W192GB/s
Arc A380
4,454
6GB75W18,800円186GB/s
Radeon RX 580 8GB
4,355
8GB185W256GB/s
Geforce GTX 1060 6GB
4,210
6GB120W192GB/s
GeForce GTX 1060 3GB
3,889
3GB120W192GB/s
Radeon RX 570 8GB
3,854
4GB150W224GB/s
GeForce GTX 1650 GDDR6
3,669
4GB75W21,800円192GB/s
Radeon RX 6400
3,496
4GB53W19,800円128GB/s
GeForce GTX 1650 GDDR5
3,428
4GB75W128GB/s
GeForce GTX 1050 Ti
2,363
4GB75W112GB/s
GeForce GTX 1630
2,091
4GB75W16,800円96GB/s
GeForce GTX 1050
1,884
2GB75W112GB/s
Radeon RX 560
1,866
4GB80W9,980円112GB/s
Radeon RX 550
1,196
4GB50W9,980円112GB/s
GeForce GT 1030
1,089
2GB30W9,980円48GB/s
参考:3DMark

その他の各パーツの要点など

CPUとGPU以外のパーツの要点についても下記にざっくりとまとめているので興味があればご覧ください。

CPUは小さなパーツで膨大な処理を行うため、高負荷時には大きく発熱します。そのため、高性能なCPUで高負荷時にも安定したパフォーマンスを発揮するためにはCPUクーラーの性能も重要です。CPUの発熱(TDP)に合わせたものを選択することが大切です。

CPUクーラーのファンと冷却性能の高さの傾向(ざっくり)
冷却性能クーラーのファンTDP(参考)
120mm×3(360mm水冷)、140mm×2(280mm水冷)300W~
140mm×2(空冷)、120mm×2(240mm水冷)250W~
120mm×2(空冷)、140mm×1(空冷)200W~
120mm×1(空冷)150W~
92mm×1(空冷)、付属クーラー(空冷、Ryzen高性能)120W~
付属クーラー(空冷)~90W

CPUクーラーの要点
  • CPUの発熱に合わせて選ぶ
    CPUクーラーはCPUの発熱に応じて選択します。基本的にCPUのTDP(熱設計電力)という値を参考に選びますが、CPUによっては電力設定が異なるため中々難しいです。詳細レビューなどを参考にすると安心ですが、よくわからない場合は上述の表のTDPの最大値でも大丈夫なクーラーにしておけば安心です(費用はかさむ可能性あるけど)。ざっくりとですが、上の表でCPUのTDPと選ぶクーラーの目安を載せているので、そちらも参考までにご覧いただくと良いかもしれません。
  • 空冷よりも水冷の方が冷却性能が高い
    CPUクーラーは、基本的に空冷よりも水冷の方が冷却性能が高いです。主な理由は、空冷はケース内部や排熱した後に、その熱をケース外へまた排熱する必要がありますが、水冷は直接ケース外へ排熱出来る点や、ファンの個数を増やし易いためです。ただし、空冷の方が安価なのでコスパ的にはさほど変わらないと思う他、水冷は継続使用で性能が低下したり、故障や寿命を迎える可能性があるのに対し、空冷はそのようなリスクが無いのがメリットです。
  • ファンの数が多くて大きいほど冷却性能が高い
    水冷も空冷も冷却に用いるのはファンなので、その性能が非常に重要です。具体的にはファンの個数が多くて大きいほど冷却性能が高まります。ただし、冷却性能が高い製品ほど部品が大きかったり増えたりする訳なので、価格も高くなります。一応、熱を伝導する金属(ベースやヒートパイプやヒートシンク)などによっても差はでますが、基本的にはファンの性能が非常に重要です。
  • ケースの排熱も重要(特に空冷)
    CPUの冷却にはクーラーだけでなくケースの排熱も重要なのは忘れてはいけません。水冷は仕組み上物凄く重要という訳ではありませんが、空冷ではケースのエアフローはめちゃくちゃ重要なので注意しておきましょう。

メモリはCPUの作業スペースとなるパーツです。2023年5月時点ではDDR4とDDR5の二つが混在しているため、CPUとマザーボードの対応に注意です。

メモリの要点
  • 最低16GBは欲しい(出来れば32GB)
    説明するまでもなさそうですが、メモリ容量は重い処理も想定するなら最低でも16GBは欲しいです。出来れば32GB欲しい。コスパ的には32GBの方が少し良いことが多いので、自作では32GBが基本だと思います。
  • デュアルチャネルは必須
    メモリは同じ規格・容量のメモリを同時に2枚1組で使用することで、2枚のメモリで並列を処理行い転送速度を向上させる「デュアルチャネル(デュアルチャンネル)」技術というものがあります。デスクトップではデメリットがほぼないのに恩恵が大きいので、必ず利用できるようにしておくようにしましょう。BTOや既製品では基本的に始めから対応していると思うので、特に気にする必要はありません。
  • DDR4とDDR5について
    2024年3月時点だと、DDR4とDDR5の二つの規格が混在しています。CPUに対応しているものを選ぶことに注意です。価格については、DDR5の方がまだ1.4倍~くらい高価なので、予算を節約したいならDDR4もアリです。ただし、帯域幅は格段に向上している上に電力効率も良くなっていますし、今後の出てくるCPUではDDR5対応が主流になってくると思われるので、一応の流用の可能性も考えると、出来ればDDR5を導入しておくことをおすすめしたいです。ただし、実はミドルレンジ以下のGPU使用時におけるゲーム性能差はわずかです。
  • DDR5メモリは別製品と混ぜて利用するのは危ないので注意
    DDR4メモリでは別製品と混ぜて利用するのは推奨はされないものの、特に問題のある行為でもありませんでしたが、DDR5では危ないので注意です。後から増設などを考える際には特に注意が必要です。これは、DDR4までは電源IC(PMIC)というものがマザーボードに搭載されていたのに対し、DDR5からはメモリに直接搭載することになったためです。この仕様変更によって電力効率向上に貢献しているようなので仕方ないですが、やや不便な仕様にはなりました。
  • 4枚挿しは上級者向け
    ATX以上のマザーのほぼ全て、MicroATXでも多くの製品がメモリスロットを4つ備えていますが、実際にメモリを4枚で利用するのは上級者向けです。これには基本的に2枚利用時よりも使える帯域が低下するため、場合によっては状況に応じて速度や電圧を調整しないと安定しなかったり、メモリには実はランクという仕様があり(使用するメモリコントローラの数)、これによっても状況が変わったり、DDR5の場合はPMICがメモリ側に実装される影響で他製品と混在させるのがあまり好ましくなかったりなど、色々とややこしい問題が発生するためです。自作PCにおけるメモリは特に問題が発生しやすい部分であり、そこのリスクを上げるのは特に初級者の方には避けた方が良いとは思います。

ストレージはデータの保存場所です。必要な容量は個人の利用方法によって異なるため語ることはないですが、その他の仕様での注意点などを少し触れています。また、HDDについては、アクセス頻度の低いけど保存しておきたいデータが膨大にある場合には良いですが、現在ではSSDがかなり安価になっていてそれ以外ではあまりおすすめではないので、下記では特に触れていません。

ストレージ(SSD)の要点
  • QLCは耐久性が低いため出来れば避けたい(TBWが低いものを避ける)
    SSDを選ぶ際に最も気を付けて欲しいのが、耐久性です。具体的には、QLCというレベルセル構造を用いているSSDは耐久性が低いため、出来れば避けることをおすすめします。ただし、QLCなどのレベルセル構造は記載されていない場合もあります。その場合にはTBWという推定寿命を表した数値なら大体記載されているので、そちらを確認しましょう。これが他製品と比べて明らかに低いものはQLCである可能性が高いので、避けることをおすすめします。2023年現在では、1TBあたり600TB以上くらいなら大体TLC以上なので、これを基準にしても良いです。
    一応レベルセルについてもう少し詳しく触れておくと、SSDではセルと呼ばれる場所にデータを保存しますが、一つのセルに複数ビットを保存する仕組みがあります。4つの構造が存在し、それぞれ1セルで1ビットがSLC(シングルレベルセル)1セル2ビットがMLC(マルチレベルセル)1セル3ビットがTLC(トリプルレベルセル)1セル4ビットがQLC(クアッドレベルセル)という感じになっています。一つのセルで多くのビットを保存するほど単価が安くなるので大容量かつ安価なSSDにすることができますが、セルあたりの負荷が増えるため耐久性が大幅に落ちてしまうというデメリットがあります。そのため、QLCは一番安価だけど耐久性が低いという感じになっています。どうしても安くしたいなら無しの選択肢ではないと思いますが、一つ上のTLCの良コスパ品なら、耐久性は倍で価格も1~2割しか違わないことが基本なので、コスパはQLCの方が基本圧倒的に悪いです。
  • SSDの接続方式は NVMe(PCIe)と SATA の二種類があり、NVMeの方が高速
    SSDの接続方式についてです。主にM.2のPCI-Expressを用いた「NVMe接続」と、HDDや光学ドライブなどにも使われる「SATA接続」の二種類があります。NVMe接続の方が圧倒的に高速となっていて、最新のものだと10倍以上の速度差があります。SATA接続のものの方が容量単価が若干安いというメリットがあったものの、その差も最近ではかなり小さくなっており、製品数もかなり減ってしまったので、NVMe接続のものを選ぶことが基本です。
  • PCIeの Gen3 や Gen4 はあんまり気にしなくてOK(Gen3でも十分高速)
    NVMe接続のSSDは基本的にPCI-Expressというものを用いて利用しますが、大体Gen3とかGen4とかが併記されています。この対応バージョンが新しいほど、速度が向上したり、電力効率が良くなったりします。新しいバージョンの方がもちろん良いは良いのですが、現状ではGen3でも一般利用ならまず困らないレベルの高速さなので、正直あまり気にしなくても構わないと思います(ストレージ速度が非常に重要な処理をする場合は例外ですが)。
  • DRAMレス製品
    2023年現在の主流のSSDの多くは、DRAMキャッシュを用いて性能を向上させる仕組みが取り入れられています。しかし、このDRAMキャッシュを採用しないSSDもあり、最近ではこのDRAMレスのSSDが少しずつ増えてきています。DRAMレス製品ではDRAMありの製品と比べて速度(特にランダムリードライト)が落ちてしまう傾向があるものの、DRAMキャッシュありのモデルよりも安価となっているのが魅力です。近年ではPCIeのバージョンアップやSSDの質の向上などによって、速度が底上げされたおかげで、一般的な使い方なら以前よりはデメリットが薄れている(もしくはほぼない)可能性があるという考えもあり、コスパの良さが注目されて製品数も増えているという感じです。頻繁なアクセスが必要な処理における安定性を重視するなら避けたくはありますし、効率や寿命面でも悪影響があるのではないかという懸念があるものの、DRAMありの製品との実用性が変わらない人も多いと思われるので、安さは非常に魅力的です。また、DRAMレスの製品の性能が総じて明らかに低いという訳ではなく、2023年6月時点なら「WD SN770」など、DRAMありの製品と遜色ない性能を持つSSDもあります。QLCのDRAMレス製品は避けることを推奨しますが、TLC以上で優れた性能を持つ製品なら、DRAMレスも今では普通に有力な選択肢だと思います。
  • やや上級者向け:システムストレージや領域(OSを入れるSSD)を小容量にして、他のストレージや領域をデータ保存用にするのがおすすめ
    「このSSDはこのPC限りで終わりにする」と決めている人は気にする必要がないので、飛ばしてもらって大丈夫です。一つのSSDを長期間、もしくは別PCでも使いたい人向けです。
    おすすめ構成は、システムストレージや領域(OSが入っているところ)とは別に、データ用のストレージや領域を用意しておくという形です。主な理由は、単純にシステムデータとメインのデータが隔離されるため管理が楽、他PCへの移行が楽になる、システムストレージでのトラブルを想定した時のリスク回避、などのためです。
    たとえば、SSD一つのPCでパーティション分割もせずに利用している場合、そのまま他PCでデータ保存用ストレージとして使うのが難しくなります。一旦別の場所へデータを移動して、再フォーマットした後にデータを入れ直すというのは可能ですが、非常に面倒な上、無駄に残りの耐久性を削られてしまうのも好ましくありません。
    そのため、始めから二つのSSDを用意して、システムストレージとデータ保存用のストレージとして利用し始めるか、パーティション分割を行ってデータ保存用のパーティションを別に用意しておくと、後々楽になる可能性があります。システムストレージの容量は、Windows 11なら25GB~35GB程度と言われており、上述の様な分け方を行う際には少し余裕を持って120GB程度は用意しておくのが一般的です。
    ただし、冒頭で触れた通り、SSDとPCを基本同一のタイミングで変えるタイプの人は基本気にしなくても大丈夫なので、深く考えなくてもOKです。

マザーボードはPCの基盤となるパーツです。詳しく触れていくと長くなるので特に重要かなと思う部分だけ触れていきます。

マザーボードの要点
  • 高性能CPUの場合、電源回路(VRMフェーズ)の数と質が重要
    たくさんの電力を使う高性能CPUの場合には、マザーボードのCPUに電力を供給する部品の「電源回路(VRMフェーズ)」が重要です。このCPUの電源回路の仕様によって、同じCPUでも性能や発熱が変わってきます。そのため、元々発熱が多いCPUの場合には出来るだけ優れた電源回路を備えたマザーボードを使うことが好ましいです。ただし、CPUの電源回路が高性能であるほど結構分かり易く高価になる傾向があるため、予算との相談になります。
    見るのは数と質です。まず数ですが、VRMフェーズは数が多いほど安定して電力を供給できるため良いと言われているため、出来れば数が多いものを選びたいです。次に質ですが、VRMではMOSFETやドライバーなどの複数のものが必要となりますが、これが一つのモジュールとして統合されている方が、特に効率の面において良いとされています。このようなモジュールの代表的なものには「DrMOS」や「SPS」と言ったものがあります。特に覚えなくても、公式のCPU回路部分の製品紹介で、こんな感じの固有名詞っぽい名前が発見できれば大体OKという認識で良いかなと思います。また、基本記載はないので気にしてもしょうがない部分かもしれませんが、最大出力電流(A)が高い方が良いです。
  • チップセット
    マザーボードには各パーツへデータを受け渡して管理する、チップセットと呼ばれる集積回路が搭載されています。マザーボードの核とも言える重要な部分です。世代などによって性能が異なるため全般的な説明は上記くらいしかできないですが、高性能なパーツを多く採用する場合にはやはり良いチップセットが搭載されたマザーボードの方が好ましいです。グレード別の頭文字のアルファベットを下記の載せておくので、参考までにご覧ください。高性能なCPUであるほど出来れば良いものが良いかなくらいで見ておくと良いです。
    Intelチップセット:Z > H > B(例:Z790、H770、B760)
    AMDチップセット:X > B > A(例:X670E、B650、A620)
    また、一般の方ではほとんど居ないと思いますが、高速なSSDを二つ以上同時に負荷を掛けたり、グラボを二枚で運用したるする場合にはPCIeのレーン数も重要なので、最上位のものが良いです。あと余談ですが、デスクトップPCにおいてはチップセットはマザーボードに統合されているのが基本ですが、ノートPCなどのモバイル端末向けの場合、CPUなどと同じパッケージ内に実装されていることもあります。
  • フォームファクタ
    フォームファクタはマザーボードの寸法の規格です。現在主流なのは4種類で大きい順に「Extended ATX > ATX > MicroATX > Mini ITX」という感じになっています。ですが、対応のPCケースの幅や実用性的に、基本はATXかMicroATXのどちらかです。シンプルに大きい方が高性能かつ拡張性が高いけど、高価になる傾向があります。何を選ぶかは個人次第ですが、予算との兼ね合いや、使うケースが対応しているかの確認は忘れないようにしましょう。
  • 対応メモリ(DDR4とDDR5)
    メモリについてです。2023年現在ではDDR4とDDR5の二つが市場に混在していますが、DDR4とDDR5は互換性がないため注意が必要です。マザーボードと対応メモリが異なることのないように注意しましょう。特に、第12世代Coreと第13世代CoreはDDR4とDDR5の両方に対応しているため、事前にどちらのメモリにするかを決めてから、マザーボードを選択するようにしましょう。

電源ユニットはPCへ電力を供給するパーツです。最低でもPC全体の最大消費電力以上の容量を備えておく必要があります。

電源ユニットの要点
  • 容量の全てが利用できる訳ではないので注意
    始めに触れておきたいのは、電源の仕様の容量の全てが利用出来る訳ではない点です。電源ユニットがPCで使えるように電力を変換する際にいくらかロスが生じてしまうためです。電源によって変換効率が少し違うので、そこも少し意識します(後述)。
  • CPUとGPUの最大TDP合計値に、少し余裕を持たせた容量を意識
    PCで電力を非常に多く使うのはCPUとGPU(グラボ)なので、この二つの最大TDPの合計値を基準として考えます。その基準値に、他パーツの電力や前述のロス分を考慮して余裕を持たせた数値を推奨の最低容量とします。例として「Core i9-13900K」と「GeForce RTX 4080」を利用する場合には以下のような感じで考えます。
    【容量の計算(例)】
    Core i9-13900K:253W(TDP PL2)
    RTX 4080:320W(TDP)
    他パーツやロス分考慮:286W(253W + 320W / 2)
    容量目安:859W以上
    ざっくりとですが、上記のような感じで私の場合は算出しています。ただし、実際にはCPUとGPUの両方が同時にフル稼働することは一般的にはまずないので、少し足りなくても十分使えはしますし、CPUやGPUの消費電力を設定で軽減したりも可能なので、その辺りは個人の考え方次第でもあるのかなと思います。
  • 80PLUS認証
    前述のように、電源ユニットが電力をPCで使えるように変換する際にロスが生じますが、そのロスが少ない(変換効率が良い)方が部品への負荷も少なく発熱も減るため良いとされています。その変換効率の良し悪しを判断するための材料として「80PLUS認証」という称号のようなものが存在します。ランクは下記のような感じで分けられています。
    TITANIUM > PLATINUM > GOLD > SILVER > BRONZE > STANDARD
    良い認証ほど高価になりますが、発熱が少なく長寿命も期待できるので、ハイエンドPCや長期間利用したいPCの場合にはGOLD以上くらいを目安に選びたいところです。
  • 12VHPWR
    12VHPWRは1つで最大600Wまで供給できる新しいコネクタです。従来の8/6pinケーブルだと、年々増大化するGPUの消費電力増加によって本数が多くなってしまっており、安全性や効率面での懸念もありましたが、それを解消するのに役立ちます。グラボが12VHPWR端子採用だとしても、基本的に従来端子への変換アダプタが付属するので注意しないと使えないことはありませんが、無駄な接続が多くなり安定性や効率への懸念が少し生まれますし、グラボが12VHPWRの場合は電源も対応のものを選ぶのが好ましくはあります。また、12VHPWRケーブルはしっかりと差し込まれておらずに融解する事例が登場時に報告されており問題になったことがあるので、使用の際にはしっかりと差し込むことを十分に注意してください。
  • 販売メーカーで選ぶのは難しい(製造が大体別メーカー)
    電源は重要だから信頼性のあるメーカーのものが良いと考える人も多いと思いますが、電源ユニットの販売メーカーの多くが製造は別企業(OEM)に頼っているため、メーカーで良し悪しを判断するのが難しいです。同じ販売メーカーでも、製品によって製造メーカーが異なるというのも普通にあります。しかも、仕様表でOEMを記載することもほぼないので、過去のレビューなどを参考するしかないです。
    一応、高品質と言われている主要OEMは、コスパもそこまで悪くない割に高品質なのが「CWT」「Enhance」など、非常に高価だけど信頼性が高く高品質なのが「Seasonic」や「Flextronics」などが2023年現在では挙げられるところだと思うので、こだわるならこの辺りのOEMかどうかを確認すると良いかもしれません。他にもたくさんありますし、評価も諸説ある部分なので気になる方は各々調べてみてください。
  • 【自作&カスタマイズ】ファンの種類も考慮
    電源ユニットにも冷却用のファンが搭載されていますが、そのファンにもいくつか種類があります。電源ユニットでは主に3種類が使われており、安価で静音性に優れるけど熱にも弱くPC用電源のようなメンテナンス無しでの長期使用には向かない「スリーブベアリング」、熱に強く長寿命だけどやや高コストで状況によって騒音もやや気になる「ボールベアリング」、コストが高いけど長寿命かつ静音性にも優れる「流体動圧軸受(FDB)」の3つが主流です。性能だけを考えるならFDBが最も良いですが、高価なのがデメリットです。また、他にもハイドロダイナミックベアリングなど別の名称のものが採用されていることがありますが、他のものは基本的にはスリーブベアリングとボールベアリングよりは良さそうものが多いようです(特許の関係でFDBの名が使えないため別の名称を使用しているが、仕組み的には同類のものが多いらしい)。
  • 【自作&カスタマイズ】プラグイン対応だと便利
    直接性能には関係しないですが、プラグイン対応だと各ケーブルが独立し着脱可能なので配線しやすく便利です。ただし、高価になるのが欠点です。性能に大きく関わる訳ではないので、重視するかは各々で判断という感じ。

PCケースはその名の通り、PCの各パーツを収めるケースです。BTO等では相性問題は特に気にする必要がありませんし、ケースは固定のショップが多いので、基本的には自作用の要点になります。

PCケースの要点
  • 各パーツとの対応に注意(CPUクーラー、マザーボード、グラボ、電源など)
    最低限、各パーツがちゃんと収まるかのチェックは事前にやっておきましょう。特に、大型のCPUクーラーを利用する際には注意です。その他、マザーボードのフォームファクタの対応、グラボのサイズ、電源なども一通り目を通しておきましょう。
  • ケースファンの数やサイズをチェック。エアフロー(排熱)が重要
    高性能なPCを利用する際にケースで特に心掛けて欲しいのは、エアフロー(排熱)です。昨今ではCPUクーラーは水冷が多くなりましたが、グラボはまだ内排気も行う空冷が基本ですから、エアフローはまだ重要です。
    PCケースの排熱で特に重要なのはケースファンです。大きいものほど風量が強く、数が多いほど良いです。ただし、ケースファンのサイズが大きいほど音も大きくなる傾向があるのでその点は留意です(回転数次第だけど)。また、ケースによっては付属のファンが明らかに少なく、必要に応じて自分で用意する前提のものもあるので、付属ケースファンも事前に確認しておきましょう。
    ケースファンの構成はケースの通気性や利用するCPUとGPUのTDP次第ですが、低性能なゲーミングPCでも12cmファン×2(吸気1排気1)は必須で、発熱多めのゲーミングPCの場合には12cmファン×3以上は欲しいかなという印象です。また、14cm以上のファンの場合には風量がグッと上がりますので、エアフロー重視ならファンのサイズも意識してみると良いです。
  • 静音タイプのケースは排熱が難しいので注意
    PCケースの中には、ファンの通気口以外は密閉し、吸音材などを内部に貼り付けた静音タイプのケースもあります。静音性の向上を期待できますが、当然ながら熱がこもりやすいです。個人的な見解ですが、一定の効果はもちろんありますが、通気口を完全には防げないですし、ケースファンも回りますから、当然無音にはなりません。低負荷時の静音効果を求めるなら全然アリですが、高負荷時には静かになって欲しい場合にはそこまでかなという印象なので、その辺りは用途などと見比べて検討すると良いと思います。

109 COMMENTS

masu

自作PCを作ろう考えているのですが、構成の確認と意見が聞きたいです
構成は
CPUがintel core i7 14700F
GPUがmsi RTX4070
マザボはASRock マザーボード B760 Pro RS/D4
メモリはTeam DDR4 3200Mhz PC4-25600 16GBx2枚
電源は玄人志向 80Plus GOLD 850W ATX 電源 ユニット フルプラグイン セミファンレス KRPW-GA850W/90+
簡易水冷にDeepcool 240mm水冷クーラー [ LE520 ]
SSDはADATA ALEG-800-2000GCS-DP (M.2 2280 2TB) ドスパラ限定モデル
ケースはMSI PCケース ATX ミドルタワー 初心者向け MAG FORGE 110R CS8337
ケースファンはIN WIN アドレッサブル RGB ライティング対応 120mm ケースファン Sirius Loop ASL120 3個パック [ASL120FAN-3PK]
OSはwindow10
一応CPU曲がらないように ElecGear LGA1700曲げ防止フレーム
追加でSATA SSDはSamsung SSD 750 EVO 250GB
PCケースに直置きで光学ドライブ「DVD」を1つ置こうと思います。
マザボにwifiがないのでtp-link pci express network adapter tg-3468
これで合わない部品や電源が足りない、CPUが冷え切らないなど色々あれば教えてください
変えたほうがいい部品などもあれば教えてくれるとありがたいです。
よろしくお願いします!!

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。気になった点だけ項目別に触れていきますね。

【CPUとクーラー】
14700Fは240mm簡易水冷なら十分な冷却能力です。むしろ、標準設定ならクーラーの性能が勿体ないので、少し電力制限を引き上げて使うと良いと思います。

【電源ユニット】
構成的には750Wでも十分だと思います。ただ、750Wと850Wの価格が大して変わらないことも結構あるので、そういう意味で選択してるなら無視してくださって構いません。

【Wi-Fiについて】
「TP-Link TG-3468」は有線用のLANカードで、wifiには対応していないです。wifi対応のPCIeカードは安くても3000円くらいはするのではないかと思います。コスパ的には始めからwifi対応があるマザーボードを選んだ方が若干良いと思います。

【ケース、光学ドライブ】
PCケースに直置きで光学ドライブを置くというのは、SATA接続の内蔵型の光学ドライブを内部に雑に置くみたいな話ですか…?
よく使うなら尚更不便だと思うので、素直に内蔵ドライブを搭載できるケースにするか、普通にUSB接続のものを用意した方が良いかなと思います。

またケースファンは別途に用意する必要はないです。MAG FORGE 110Rは標準で3基付属していて、水冷クーラーを使うならこれで240mm分使うことになるので、追加で設置する場所はないです。
ただ、光らせたいから標準付属のファンを外して付けるというなら意味が無い訳ではないので、そういう意味で記載しているなら申し訳ありません。

【SSD】
SSDが250GB+2TBというのは問題ないですが、OSを入れるのを250GBの方にして、2TBの方を追加のメインストレージという形で使うのが良いと思います。

とりあえずは、以上のような感じで回答しておきます。

返信する
masu

返信ありがとうございます!
水冷は制限を変えれたら変えようと思います。
電源はM.2を増やしたりする可能性があるのや、拡張性を考えて850wにしようと思います。
wifiは有線LAN接続にしようと思います。
光学ドライブはSATA接続であまり使わないので、使う時につけてケース外に置こうと思っています。
ケースファンはMAG FORGE 110Rのリアに1つしかファンがついてないモデルを買おうと思うのでフロントに3つつけようと思います。
SSDは250GBの方に既にOSを入れてるので、2TBを追加のメインストレージとして使います。
丁寧な回答ありがとうございます!!

返信する
とねりん:管理人

【wifiについて】
wifiは無線なので有線LANのみ対応のものでは使えないのですが、wifiは諦めるという意味でしょうか。

【ケースについて】
ごめんなさい。スペック表を見間違えていました…。MAG FORGE 110Rは付属ファンが1基だけなので、追加ファンが基本必要ですね。ファンコントローラー等無しだと配線がちょっとゴチャつくことになる点は一応留意かもです。
光学ドライブについては不可能ではないですが…。SATAケーブルだけじゃなくて電源ケーブルなども接続する必要がありますし、そういう運用は聞いたことないですね…。

【OSについて】
念のための確認なのですが、もし今のPCのWindowsを流用されようとしているなら、BTOなどのメーカー品だとOEMやDSP版が主流なので、新しくライセンス購入が必要となりますが大丈夫でしょうか。

返信する
masu

言葉足らずですみませんwifiは諦めて、有線LANだけでいこうと思います。多分置く場所固定なので、有線だけで十分なので。
PCケースはもしかしたらファンが前に3つついてる方のmsi pcケース atx ミドルタワー 初心者向け mag forge 110r cs8337にするかもです。
OSはBTOなどのメーカーではないのでライセンスの再認証をして使おうと思っています。

返信する
とねりん:管理人

MAG FORGE 110Rには前面ファンが3基付いているモデルがあるということでしょうか?(自分が見た限りは無かった)MAG FORGE M100RとかMPG GUNGNIR 110Rということでしょうか。
何にせよ、サイズ的には小さくなることは無さそうなので、特に問題はないと思います。

Windowsについては状況がよくわかりませんが、自分で購入した単体のライセンスでない場合でマザーボードが変わるなら、基本的に新たに購入する必要が出ますよ。
認証は後からでも良いので組み立て時に困ることはないですが、一応確認しておいた方が良いかもです。

返信する
masu

ケースはMAG FORGE M100Rのことです 
Windowsは単体で購入したものです。大丈夫だと思います。
回答ありがとうございました!

返信する
デスクトップ初心者

自作PCの作成をかんがえており、とても良いサイトに出会えたので参考にさせていただきたいです!

自作PC概要
予算30万程度
CPU:Core i7-14700KF [20コア(8P+12E)/28スレッド/125W-253W]
13700fでも良かったのですが自作するならBTOにない少し性能をあげてkつきにと。
GPU:GeForce RTX 4070 SUPER(220W/12GB/504GB/s)
新作なので3月くらいまで待ってお祝い価格から落ち着いてから買おうかと。在庫がなければ4070でも。
メモリ:TMXPL1660836WWK [DDR5 PC5-48000 16GB 2枚組]
SSD:LEGEND 800 1TB(Gen4 Read:3500MB/s,Write:2200MB/s)
後々1TB増設する予定です。
マザボ:B760 ATX 下位モデル
無線環境では使わないのでwifiが必要ないかと思いましたが下位モデルだと何か足りない部分があればグレードアップさせるつもりです。microATXとの違いも分かってなく、USB端子などの接続口が減る?のでしょうか。
CPUクーラー:Kraken 280 RGB(水冷 140mm×2)
できれば寿命等を鑑みると空冷でいきたいところですが、この性能だと意見が分かれているので余裕を持って水冷280mmと。価格的にはAssassin4やAK620の方がかなり控えめなのでできるのであれば空冷にしたくはあります。
電源ユニット:KRPW-GR1000W/90+(1000W 80PLUS GOLD)
PCケース:NZXT H7 FLOW(ATX/12cmファン2基)
ファンが入って、LANカード、SSDなどの増設が行えるサイズでしょうか。
OS:windows 11 home 64bit パッケージ版
グリス:ナノダイヤモンドのものを適当に。
できるだけ白で光らせたかったんですが、知識がなく選べば良いものが分からなかったので、もし宜しければ値段が上がっても白いものを教えて頂きたいです。
長文申し訳ないです。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。
質問いただいた部分や気になった部分だけ抜き出して答えていこうと思います。

【マザーボード】
下位と上位のマザボの違いは色々あると思いますが、最も大きいのはCPUのVRMという電圧制御に関する部品の数と質の違いだと思います。
VRMの質が良く数が多いほど、CPUは安定して効率良く稼働することが出来ると言われているため、特に消費電力が多いCPUの場合はVRMが強力な上位製品と組み合わせることが望ましいです。
他にも、チップセットやSSDのヒートシンクが安価なマザーボード簡素なものだったりなどの違いもあります。
また、一部が光る仕様のマザーボードもありますが、こちらも下位製品では少ないので、今回はそのあたりも少し意識してみると良いかもです。詳しく話すと長いので、その他の差については今回は割愛させていただきます。

MicroATXについて、ATXよりも下の部分が短いので、USBではなくPCIeスロットやM.2ソケットの数の差が主な違いになります。
ただ、MicroATXの方が全体的に安価で、上位グレード製品の数もATX以上より少ない傾向があるかと思うので、その他の面で差が出るケースも多いかもしれません。

【CPUクーラー】
大型(240mm以上)の簡易水冷が推奨されるのは、あくまで「K付きを標準設定のまま(最大253W)で使う場合」なので、電力設定等を自分で引き下げて使うならAK620などの空冷でも運用は可能ですよ。
電力設定を下げると性能は下がるのでそこの考え方次第ですが、発熱は減り、基本効率も向上するというメリットもあるので、「効率や発熱面が悪くても少しでも性能を高く保ちたい」という訳でなければ検討するのもアリかと思います。

【電源ユニット】
白系統一でいきたいなら、ケーブルも白いものが基本付属している白い電源にしておく方がおすすめです。

【PCケース】
H7 FLOWは大きめのケースなので、増設等はそこまで気にしなくても大丈夫だと思います。ファンもリアで14cmまで入ります。
どちらかというと、付属ファンが12cm2基と最低限で、ライティングにも対応していないものな点に注意です。
出来るだけ光らせつつエアフローを強化したいなら、始めから14cmのRGBファンとRGBコントローラーが付属している「H7 Elite」の方が楽なのではないかと思いますし、
H7 FLOWにRGBファン&コントローラーを買い足す費用を考えれば、最終的な費用も意外と差は小さいと思います。

といった感じで、とりあえずの回答としたいと思います。
何か気になる点があれば、お気軽にお聞きください。

返信する
デスクトップ初心者

お早い返信ありがとうございます!!
マザボはB760M gamlng plusあたりにしようと思います。
CpUクーラーに関してですが、PCの使用用途がゲーム配信で、ホグワーツレガシー等の重めのゲームも考えているので、電力設定を下げた状態で問題なく稼働できるのであれば空冷を使いたいですが、やはり基本的には水冷がおすすめでしょうか。
電源ユニットは白コードのものが少なそうなので、一旦、NeoECO Gold NE1000G M WHITE ATX 3.0あたりでお茶を濁しておきます。
PCケースは教えていただいた通り、H7eliteの方に変更したいと思います!
メモリのMHz数ですが、大きいものの方が性能が上がるのでしょうか。
他にも自作ならではのBTOと違うこだわれる点があれば教えていただいきたいです!

返信する
とねりん:管理人

電力設定を下げる前提なら、用意したクーラーに応じて調整すれば良いので大丈夫ですよ。
あまり低性能なクーラーだと微妙ですがAK620なら普通に高性能ですし、メーカー説明では一応はTDP260Wまで対応しているので、物凄く下げる必要もないかと思います。

電源ユニットは、最近人気のものだと「MAG A850GL PCIE5 WHITE」などがありますね。触れるのを忘れていましたが、構成的には1000Wも必要ないので、850Wあたりで良いかと思います。

メモリの帯域幅が影響するかは処理次第ですね。増えた帯域幅分が活かされない用途ならほぼ変わらないです。
ただ、たとえばDDR5-4800とDDR5-5600程度の場合だと、ゲームを含め一般的な方の用途ではほとんど差はないと思います。

自作でこだわれる点はたくさんあると思いますが、やはり一番は見た目かなと思います。
他も一部を挙げると、BTOや既製品だとやはりCPUはCore採用のものが多く、Ryzenは割高なことが多くて選択肢に挙げにくい印象ですが、自作ならそこも自由に選べるのは良いかなと思いますし、
SSDを始めからシステムストレージとデータ容量のものを用意しておくみたいなことも簡単なのも、こだわりってほどではないですが管理が楽で良いかなと思います。

返信する
デスクトップ初心者

ありがとうございます!
電源ユニットはそちらのものを使わせて頂きます!
CPUクーラーは少し思案して見ようと思います。AK620やassassin4でも動かせそうですし、迷います。
たくさん質問に答えていただいてありがとうございました!

返信する
デスクトップ初心者

自作PCの作成をかんがえており、とても良いサイトに出会えたので参考にさせていただきたいです!

自作PC概要
予算30万程度

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です