サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

YouTubeとニコニコの収益化(広告収入)について比較

「YouTuber」が世間に認知し始められ、動画や配信の収益化に興味を持つ人も多くなっています。
本記事では、日本で特に有名な動画投稿サイト「YouTube」と「ニコニコ動画」で動画を投稿して収益化する際についての比較をしています。
ざっくりとなるべく分かり易くを意識していますので、詳しくはリンクなどをご覧ください。(最終更新:2019/1/11)

簡易比較表

細かい事を抜きにして要点だけまとめた簡易比較表です。投稿動画による収益化を対象としています。
重要なところは後述します。
項目
利用するシステム YouTubeパートナープログラム クリエイター奨励プログラム
月額費用 無料 540円(税込)/月※必須ではない
収益金額(推定・目安)
0.1円~/1再生
0.3円前後/1再生
収益化の条件
チャンネル登録者1,000人以上
過去12か月の総再生時間4,000時間以上
無し
ユーザー数(視聴者) 非常に多い 少ない(減少傾向)
ユーザー数(投稿者) 非常に多い(上昇傾向) 少ない(減少傾向)

YouTube

YouTubeでの動画による広告収入を得る際は「YouTubeパートナープログラム(YPP)」というプログラムを利用します。

YouTubeパートナープログラム

YouTubeパートーナープログラムを利用すると、Googleが提供するオンライン広告システム「Google AdSense」の広告を動画内などに表示する事が出来る様になります。そして、表示した広告が表示されたりする事によって収入を得る事が出来ます。
収益の金額はおおよそ1再生あたり0.1円程度と一般的に言われていますが、これはあくまで目安でバラつきがあります。
主に動画広告であれば再生時間、画像広告であればクリック数が収入額に多く関わります。
収益は収益残高が8,000円以上となった場合に受け取る事が出来ます。
利用資格
YouTubeパートナープログラムを利用するには利用資格が必要となります。審査を受け資格を満たしていれば該当チャンネルで利用資格が得られ、利用が可能となる形ですね。
その資格の条件が、2018年2月に大幅に引き上げられました。具体的に主なものを挙げると、
「チャンネル登録者1,000人以上」「過去12か月の投稿動画の総再生時間4,000時間以上」です。
新規の人にとっては非常に厳しいものとなっています。

YouTubeのメリット・デメリット(収益化関連)

良いところ

  • ユーザー数が非常に多い(将来性がある)
  • 無料でも不便なく利用できる

悪いところ

  • 収益化の資格取得条件が厳しい(特にチャンネル登録者1,000人)
  • 新規投稿者の作品は目につきにくい
  • 再生数あたりの収益額は少なめ(1再生あたり0.1円程度)
  • UIやコメントが使いにくい
「YouTuber」という職業の代名詞にすらなったYouTubeですが、意外と悪い点も多いです。
ただ動画サイトとして凄く重要なのが「ユーザー数」で、その1点に関しては他と比べて圧倒的なものを持っているのがめちゃくちゃ大きいです。
稼ぐのが目的にしろそうでないにしろ、動画投稿者が最も求めているのは「動画を多くの人に見て貰う事」です。
この最大の目的を果たすのに最も適しているのが、ユーザー数が多い「YouTube」なため「投稿者」が集まり、結果的に「視聴者」も増えるという状況になっている訳ですね。
再生数あたりの収益が少ないと言われていますが、ユーザー数が非常に多いYouTubeでは一度人気を獲得すれば再生数はぐんぐん伸びるので、ユーザー数の少ないサイトよりは最終的な収益はYouTubeの方が多くなります。
ただ、ユーザー数以外の点では正直あまり良くない点も多いです。
投稿者視点でいえば「収益化の資格条件が厳しい」「新規投稿者の作品は目につきにくい」この2点は辛い点です。
YouTubeは投稿動画もかなりの数になるので、新規投稿者の作品は目につきにくいです。そもそも視聴者側が「視聴するか」という判断をするところさえ辿り着けない場合もある訳です。スタートラインにすら立てないのでは話になりません。
視聴者視点ではいえば、UIの使いにくさ(動画の探しにくさ)やコメントの見辛さもよく問題視されている点です。

ニコニコ動画

ニコニコ動画での動画による広告収入を得る際は「クリエイター奨励プログラム(クリ奨)」というプログラムを利用します。

クリエイター奨励プログラム

クリエイター奨励プログラムは、該当作品をプログラムへ登録する事で、その作品の人気度に応じてクリエイター奨励スコアというものが付与され、それを現金化する事が出来るというシステムです。利用に必要な条件等はありません。
クリエイター奨励スコアは10,000点から1点=1円で現金化する事が可能となっています。
クリエイター奨励スコアは、動画の再生数・コメント数・マイリスト数が主に関わっているといわれていますが、具体的な算出方法は公開されていません。
動画による収益金額は、おおよそ1再生あたり0.3円程度と言われています。当然バラつきはあるかと思いますが、平均額はYotubeよりも多いと言われているようです。
ただ、これは2014年の総支払額と登録作品の再生数から算出したものです。
クリエイター奨励プログラムの原資は、プレミアム会員収入の一部と原資としているらしいので、会員減少傾向にある今はもっと少なくなっている可能性も高いです。留意しておきましょう。

ニコニコのメリット・デメリット(収益化関連)

良いところ

  • 流れるコメント機能
  • 新規投稿された作品が目につきやすい
  • 収益化利用に条件がない
  • 再生数あたりの収益額がYouTubeより高かった(1再生あたり0.3~0.4円くらい。今はわからない)

悪いところ

  • ユーザー数が少ない(しかも減少傾向)
  • 無料会員はいろいろ不便(基本低画質,読み込み遅い,シークバー利用制限 等)
最近ではユーザーの流出が多く、プレミアム会員も大幅な減少傾向にあるニコニコですが、システム的な環境は意外と悪くないです。
特にニコニコ独自のコメント機能「流れるコメント」は非常に良いです。特にラグの非常に少ない「ニコニコ生放送」での流れるコメント機能は本当に素晴らしいです。
以前はあまり高画質な動画を投稿できませんでしたが、これも最近では改善されてきています。運営のやる気は感じます。
再生数あたりの収益の金額も2014年時点ではYouTubeよりも多かったようです。
ただ、やはりユーザー数が少ないのは動画サイトとしては致命的と言わざるを得ないです。収益に重点を置くのであれば厳しいです。特に動画投稿や配信を「職業」として継続的にやっていきたいのであればオススメできません。
ただ、ユーザー数が少ないというのは悪い事ばかりではありません。
ユーザー数が少ないニコニコでは、新規投稿作品も比較的ユーザーの目につきやすいです。
ユーザー数が多すぎるあまり、表示さえされるか怪しいYouTubeで始めるよりはマシという考え方が出来ます。
最後に、割と大きい欠点の一つとして、無料会員はいろいろと制限がついてしまい快適な利用ができないというのがあります。
無料会員では動画の読み込みも遅いし、視聴する動画が低画質になってしまう事も多いです。
その他にもいろいろと不便な事があり利用する目的に関わらず、メインで利用するならプレミアム(有料会員)会員登録はほぼ必須といえます。料金は「540円(税込)/月」と多くはないですが、YouTubeが無料なので明らかに劣っている点です。
YouTubeの様な圧倒的なユーザーを抱えるサイトに今からするのはどう頑張っても厳しいと思うので仕方ないですが、利用する側からしたらただただ欠点です。

結局利用するならどっちが良い?

新規で始めるならまずはニコニコがおすすめ

「それで結局利用するならどっちが良いんだ?」という事ですが、新規に動画投稿を始めるのであれば「ニコニコ動画」が良いのではないかと思います。
「YouTube」のユーザー数の圧倒的な多さは魅力的ですが、新規投稿者の作品は本当に表示すらほとんどされないレベルです。どんなに良いコンテンツを作っても誰の目にも留まらず埋もれるだけになる可能性もあります。
その点「ニコニコ動画」はユーザー数が少ないおかげで新規投稿作品でも目につきやすいため、観てくれる人が意外と居ます。
まずはニコニコで活動を始めてみて、そこで莫大な人気が獲得出来ればそのまま「ニコニコ動画」で活動を続けて良いですし、ある程度人気を獲得した後に「YouTube」に移行するという形でも良いと思います。
それでは記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。