今選ぶおすすめゲーミングPC【コスパ重視/2019年7月更新】

今選ぶおすすめゲーミングPC

今コスパ重視で選ぶおすすめのゲーミングPCまとめです。
価格は全て税込み表記で、記事更新時点での価格となっています。最新の3Dゲームを快適にプレイしたいのであればハイスペック以上から選ぶのがおすすめです。

ハイエンド(超高性能)

ZEFT P9K2 価格.com限定[パソコンショップSEVEN]


スペック
価格 237,384円(税込・送料別)
CPU Ryzen 9 3900X
メモリー DDR4 PC4-21300 32GB(16GBx2)
GPU GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ容量
HDD:2TB SSD:500GB
チップセット AsRock X570 Phantom Gaming4
電源 SilverStone製 750W 80PLUS Gold
OS Windows 10 Pro 64bit
光学ドライブ DVD±R/±RW/RAM/±RDL
商品リンク 価格.com
「Core i9 9900K」を軽々と上回る異常なマルチスレッド性能を発揮する「Ryzen 9 3900X」と、「RTX 2070 Super」を搭載したゲーミングPC。ケースは冷却性と拡張性に優れたもので、その他も無難にまとめた構成となっています。

GALLERIA ZV K/08504-10a[ドスパラ]


スペック
価格 194,184円(税込・送料別)
CPU Ryzen 7 3700X
メモリー DDR4 PC4-21300 16GB(8GBx2)
GPU Radeon RX 5700 XT
ストレージ容量
HDD:2TB SSD:500GB
チップセット ASRock X570 Steel Legend
電源 CWT製 700W (定格 650W) 80PLUS BRONZE対応
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
商品リンク 公式
「Ryzen 7 3700X」+「Radeon 5700 XT」といった、ハイエンドの中でコスパの良い構成。

ハイスペック(高性能)

GALLERIA ZV K/08504-10a[ドスパラ]


スペック
価格 161,978円(税込・送料別)
CPU Core i7 9700K
メモリー DDR4 PC4-21300 16GB(8GBx2)
GPU GeForce RTX 2060
ストレージ容量
HDD:2TB SSD:512GB
チップセット インテル Z390
電源 650W 80PLUS BRONZE
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
商品リンク 価格.com
ハイエンドと言っても良いクラスの高性能構成。

LUV MACHINES AG400X2N-M2S5[マウスコンピューター]


スペック
価格 134,784円(税込・送料別)
CPU Ryzen 7 3700X
メモリー DDR4 PC4-19200 16GB(8GBx2)
GPU GeForce GTX 1660Ti
ストレージ容量
M.2 SSD:512GB
チップセット AMD B450 チップセット
電源 500W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® BRONZE】
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ なし
商品リンク 価格.com
非常にコスパの良い「Ryzen 3700X」と「GTX 1660 Ti」を搭載し、価格も安い高コスパ構成。ただし、HDDが無かったり、Micro-ATXのマザーボードだったり、価格を抑えるための粗も若干目立つので、構成確認を忘れずに。

ミドルスペック(中~高性能)

LG-R515X2SG60-DX (NTT-X Store限定)[マウスコンピューター]


スペック
価格 89,800円(税込・送料無料)
CPU Ryzen 5 1500X
メモリー DDR4 PC4-19200 16GB(8GBx2)
GPU GeForce GTX 1060 3GB
ストレージ容量
SSD:240GB
チップセット AMD B350
電源 500W(80PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
商品リンク NTT-X Store
初代Ryzen搭載の今では珍しい構成です。正直最新のハイクラス以上CPUと比較すると性能自体は低めですが、安くてコスパがめちゃくちゃ良い。メモリー16GBに「GTX 1060」というだけで10万円以上は当たり前の中、約9万円で実現している製品です。ストレージがSSDだけなのでそこは増設必須かと思いますが、今はストレージ関連が凄く安いのでそこまで痛い部分ではないです。10万円未満でゲーミングPCが欲しいというのであれば、今はこれ一択レベルのコスパです。

FRGXH370/KD71 価格.com限定[FRONTIER]


スペック
価格 123,500円(税込・送料別)
CPU Core i5 9400F
メモリー DDR4 PC4-21300 8GB(8GBx1)
GPU GeForce RTX 2060
ストレージ容量
HDD:1TB SSD:250GB
チップセット H370
電源 600W 80PLUS BRONZE
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ なし
商品リンク 価格.com
「Core i5 9400F」と「RTX 2060」を搭載した構成です。RTX 2060はGTX 1070と同等以上の性能を持つハイエンドGPUなので、この価格帯で手に入るのは破格です。ただし、メモリーが標準では8GBなので、快適な環境を望むなら16GB以上へ増設は必須な点は注意が必要です。

GALLERIA RT5 K/08611-10a[ドスパラ]


スペック
価格 107,978円(税込・送料別)
CPU Ryzen 5 2600
メモリー DDR4 PC4-21300 8GB(4GBx2)
GPU GeForce GTX 1660 Ti
ストレージ容量
HDD:1TB SSD:240GB
チップセット B350
電源 600W 80PLUS BRONZE
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ なし
商品リンク 公式
「Ryzen 5 2600」と「GTX 1660 Ti」を搭載したコスパ特化構成です。2019年4月現在では最強コスパ構成といっても過言ではないと思う構成です。ただし、メモリーが標準では8GBなので、快適な環境を望むなら16GB以上へ増設は必須な点は注意が必要です。

GALLERIA RT5 K/08611-10a[ドスパラ]


スペック
価格 118,778円(税込・送料別)
CPU Core i5 9400F
メモリー DDR4 PC4-21300 8GB(4GBx2)
GPU GeForce GTX 1660 Ti
ストレージ容量
HDD:1TB SSD:240GB
チップセット B350
電源 600W 80PLUS BRONZE
OS Windows 10 Home 64bit
光学ドライブ なし
商品リンク 公式
「Core i5 9400F」と「GTX 1660」を搭載したゲーミングコスパ特化構成です。マルチスレッド性能はRyzen 5に劣るもののゲーミング性能はこちらが上です。「Core i5 9400F」のゲーミング性能はCore i7と比べても大きな差はないほど優秀でゲーミング性能比のコスパでは群を抜いています。ただし、メモリーが標準では8GBなので、快適な環境を望むなら16GB以上へ増設は必須な点は注意が必要です。

セール品

ゲーミングPCは、期間限定や台数限定で本来の相場よりも安く売っている事があります。
本体価格が高い分値引き額も大きいので、まずはセール品で目当ての性能のPCがないか探しましょう。
2019年2月現在では、特に「TSUKUMO(ツクモ)」「パソコン工房(iiyama)」「FRONTIER(フロンティア)」辺りは、セール・キャンペーン頻度が高くお得になっている事が多いので、こまめにチェックすると良いかもしれません。
中でも「FRONTIER」はほぼ常に何かしらのセールをやっている上に安いです。
セール品がお得なショップ【ゲーミングPC】
FRONTIER(フロンティア)特にオススメ。常に何かしらセールをやっている上に格安。
TSUKUMO(ツクモ) – アフターサポートの評判も良い。
パソコン工房(iiyama) – 最近サイトレイアウトが少し変わり、見辛くなったのが難点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。