おすすめBTOパソコンショップ一覧・比較【2022年最新版】

2022年版の主要なBTOパソコンショップ・メーカーの一覧です。主にゲーミングPC購入目線で書いています。

注意
本記事の内容は記事更新時点のものであり、ご覧になっている際には異なっている可能性があるため注意してください。

ざっくり評価まとめ

まずは、各ショップの一覧と個人的な評価まとめです。あくまで主観なので、参考までにご覧いただければと思います。コスパに関しては時期によって大きく変わる可能性があります。また、サポートは個人での評価が難しいのであまり参考にならないと思います。一応客観的に見て良さそうなところは反映しています。

ショップ名 評価ポイント オススメ度 コスパ 知名度 カスタ
マイズ
サポート
※参考までに
ドスパラ 常に相場より少し安くて高コスパ。
安定したコスパの定番ショップ。
タワーケースが14cmファン3基標準搭載で良い。
4.5 4.0 5.0 3.0
マウスコンピューター コスパは他大手よりは若干劣る印象。
初期構成でスペック高めの構成。
電源が標準で結構良いのは好印象。
3.5 3.5 4.5 3.0
TSUKUMO(ツクモ) 高コスパ。Windowsが全部DSP版。
サポートの評判も比較的良い。
4.0 4.0 4.5 3.5
パソコン工房 高コスパ。Windowsは多くがDSP版。
ゲーミングのミドル以上のケースが以前より
良くなった。
4.5 4.0 4.5 3.5
FRONTIER 常時開催のセール品がコスパが非常に良い。
電源は日本製コンデンサ仕様。
コスパ重視の筆頭ショップ。
4.5 4.5 4.0 3.0
サイコム カスタマイズ性の高いショップ。価格は高め。
サポートに定評があり、水冷に力を入れている。
3.5 2.5 3.5 4.5
パソコンSHOPアーク(ark) 高めのカスタマイズ性のショップ。
価格は高めだけど、全部コスパは悪い訳でもない。
毎週開催のウィークリーセールが狙い目。
3.5 3.0 3.5 4.0
ストーム 隠れた?コスパの良いショップ。
カスタマイズ性は低い。在庫切れがやや目立つ。
4.0 4.0 2.5 2.5
パソコンショップSEVEN 日替わりセールとウィークリーセールが狙い目。
セール品のコスパは良好。通常価格は普通か少し高め。
3.5 3.5 3.0 4.5
PCワンズ PCはフルカスタマイズが基本のパーツショップ。
桁外れの自由度が魅力。
コスパは市場にもよるけど、ハイエンドなら大体良い。
3.5 3.5 2.5 5.0
アプライドネット PCパーツショップのBTO。コスパは悪くない。
パーツの細かい仕様とかは見れないけど、
カスタマイズ価格は比較的安い。
3.5 3.5 2.0 3.5
テイクワン カスタマイズ性の高いショップ。
価格はやや高めだけど、前より安くなっている。
構成や市場次第では大手よりコスパ良い可能性あり。
サイトのデザインがちょっと古臭くて見にくい。
OSは初期では無しとなっているので注意。
3.0 3.0 2.0 4.5
DELL 海外大手メーカー。
コスパは良いけど、サポートがやや難ありの印象。
2.5 4.0 5.0 2.0 ×

BTOパソコンショップ一覧

主要なBTOパソコンショップをそれぞれ紹介しています。各評価等についてはなるべく客観的な目線を意識していますが、あくまで主観なのでご了承くださいませ。オススメ度についてはコスパを重視しています。また、下記にショップリンクだけをまとめて載せておきます(別タブで開きます)。




ドスパラ


良い点

  • 大手ショップ
  • 常にコスパが良い(製品にはよるけど)
  • ゲーミングPCのタワーケースの品質がコスパ重視製品にしては良い
  • クリエイターモデルもおすすめ

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
  • サポートの評判は良くない
ドスパラの評価
コスパ
(4.0)
知名度
(5.0)
カスタマイズ性
(3.0)
サポート
(2.5)
オススメ度
(4.5)

ドスパラは特に知名度の高いBTOパソコンショップです。コスパは常に相場平均以上を維持しているのが基本のため、お得なショップや製品を探すのが面倒な人にはうってつけといえるショップです。

2020年7月にゲーミングデスクトップのケースが久しぶりにリニューアルされ、新ケースとなりました。タワーモデルは14cmファンを3基搭載しているため、エアフローに優れており、デザインもシンプルながらかっこいいです。高コスパ機にも採用されるケースとしては他のBTOよりも優れている印象です。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。また注意点として、ハイエンド製品の電源容量が少なめのものが多く、カスタマイズ推奨レベルのものも多いので注意が必要です。

また、ドスパラはクリエイターモデルのPCも販売しており、グラボ搭載モデルは普通にゲーミングPCとしても使える性能です。クリエイターモデルのケースも、2022年時点では14cmファンを複数採用した冷却性に優れるケースですし、コスパも結構良いものがあることも多いので、要チェックです。ただし、見た目は少し地味なので、PCの見た目を重視するには微妙かもしれません。

ドスパラはPCパーツショップとしても大手で、比較的安いです。カスタマイズするよりも、パーツを別途購入し増設した方が安い場合もあるので、チェックしてみると良いかもしれません。

サポートの評判は悪評がやや目立ちます。大手のサポートの評判はあまりアテにならないのが基本ですが、それを考慮してもやや悪評が目立つ気がします。非常に多い客数をしっかりと捌き切れていない感があります。ただし、電話は年中無休で対応しているので、連絡自体がつかないという事は無いかと思います。




マウスコンピューター


良い点

  • 大手ショップ
  • 限定モデルのコスパが良い
  • 問い合わせにLINEがある

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
  • 新パーツの導入が少し遅い
マウスコンピューターの評価
コスパ
(3.5)
知名度
(4.5)
カスタマイズ性
(3.0)
サポート
(3.0)
オススメ度
(3.5)

マウスコンピューターは知名度の高いBTOパソコンショップです。宣伝にアイドルを起用していた事があったり、Web広告でも非常に良く見掛けますし、宣伝に非常に力を入れている印象があります。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。

2022年時点では、コスパは悪くはないと思いますが、他の良コスパで有名な大手と比べるとやや劣る印象です。また、新パーツ採用PCの導入が遅い印象もあります。

電話の問い合わせは24時間年中無休で対応しています。LINEまで取り入れており、問い合わせはいつでも気軽にする事ができます。対応自体については悪評も見掛けられますが、利用客も多い大手なので頻発しているかは不明です。




TSUKUMO(ツクモ)


良い点

  • 大手ショップ
  • コスパが良い
  • Windowsのライセンスが全てDSP版
  • サポートの評判が良い

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
ツクモの評価
コスパ
(4.0)
知名度
(4.0)
カスタマイズ性
(3.5)
サポート
(4.0)
オススメ度
(4.0)

TSUKUMO(ツクモ)は、知名度の高いBTOパソコンショップの一つです。大手の中では比較的サポートの評判が良いです。コスパも悪くないので、欠点が少なく利用し易いショップだと思います。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。また、少し気になる点として、高額モデル以外のケースは見た目は全体的に地味で、冷却性(標準ケースファンの個数や大きさ)も他の大手よりやや微妙な印象があるので一応注意です。

2022年時点では、MSIやCrucialなどの大手PCパーツメーカーを積極採用したコラボモデルPCも販売しており、コスパも良いです。全体的に高品質なパーツで固められている事が多く、ケースも違うので、前述のようなケース面での弱点もありませんのでおすすめです。ただし、恐らくメーカー側とのすり合わせが必要なためか、最新パーツ採用品の登場が少し遅い印象がある点には注意です。

大手ショップにしては珍しく、全商品(デスクトップ)のWindowsがDSP版(2022年3月時点)となっているため、OEM版が基本の他大手よりも実質コスパがわずかに底上げされています(パーツ交換を視野に入れている人以外は恩恵はほぼ無いけど)。

また、PCパーツショップとしても大手で、比較的安いです。実はPCの周辺機器等のカスタマイズ項目がやや少ないのですが、それは同ショップ内で購入すれば良いという意味合いだと思います。




パソコン工房


良い点

  • 大手ショップ
  • コスパが良い

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
パソコン工房の評価
コスパ
(4.5)
知名度
(4.0)
カスタマイズ性
(3.5)
サポート
(3.0)
オススメ度
(4.0)

パソコン工房は知名度の高いBTOパソコンショップの一つです。AMDパーツ採用製品も多く、幅広い構成のコスパが良い製品が多いのが魅力です。セールやキャンペーン対象でないと安くないというショップも多いですが、そのような事に囚われずに利用し易いショップです。

カスタマイズは最低限で、価格はやや高めでした(2022年3月時点)。カスタマイズは項目が少ないだけでなく、パーツ名の明記も基本無いので、カスタマイズ性は低いです。

以前は標準ミドルケース(ゲーミング)のケースファンが12cmのものが1基だけなのが気になりましたが、2021年11月登場モデル頃から別ケースを採用するようになり、そちらでは冷却性を意識したケースを採用してするようになったのが好印象です。元々コスパは良いショップなので、PCケースが改善されたことで弱点が少なくなった印象です。

電話の問い合わせは24時間年中無休で対応しています。対応自体にはついては情報が少なくてよくわかりませんでしたが、初期不良の対応期間が2週間と短めなので、その点は気にしておいた方が良いかと思います。


FRONTIER(フロンティア)


良い点

  • 常にセールをやっており非常に安い
  • 電源が日本製コンデンサ仕様で容量も十分

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
  • 常駐モデルはやや高め
フロンティアの評価
コスパ
(4.5)
知名度
(3.0)
カスタマイズ性
(3.0)
サポート
(3.5)
オススメ度
(4.5)

フロンティアは、格安セール品が魅力のBTOパソコンショップです。常に何らかのセールを行っており、そのセール品のコスパが非常に良いです。セール前提とはいえ、コスパはBTOパソコンショップで1位といっても過言ではないと思います。また、電源には高品質な日本製のコンデンサ仕様のものをほとんどの製品で採用しており、品質面でのこだわりも見られます。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。

電話の問い合わせの時間は、休日は行っていないのがやや気になりました。サポート対応自体についてはあまり情報がありませんでしたが、目立った悪評は無さそうでした。

2022年現在、とにかくコスパ重視でパソコンを買うならまず確認しておくべきショップです。




サイコム


良い点

  • サポートの評判が良い
  • カスタマイズ性が高い
  • 水冷クーラーに力を入れている(GPUも水冷にできる)
  • パーツ毎に大幅値引きキャンペーンをやることがある

悪い点

  • 価格が高い
サイコムの評価
コスパ
(2.5)
知名度
(3.0)
カスタマイズ性
(4.5)
サポート
(5.0)
オススメ度
(3.5)

@Sycom(サイコム)は、サポートの評判が良くカスタマイズ性の高いBTOパソコンショップです。カスタマイズ前提のショップなので、上級者向けに見えると思いますが、実はPC初心者でも使い易いようなショップになっています。カスタマイズ画面から各パーツの商品説明をすぐに見ることができる他、電源容量が足りなかったり規格的に合わないパーツを選択した際には注意のダイアログが表示されます。購入前も後もサポートを受けることができ、評判も良いので、初心者には嬉しい要素のつまったショップとなっています。

その代わり、価格は他のBTOパソコンショップより比較的高めです。予算を減らしたい場合には、たまにパーツ毎に大幅値引きキャンペーンをやったりしているので、それらを有効活用できると良いです。

また、サイコムは水冷クーラーを推していることも特徴の一つです。特に、CPUだけでなくGPUも水冷モデルがある点は大手のBTOショップではほとんど無いと思います。その力の入れ具合は、サイコムオリジナルの水冷クーラーシステムまで開発しているほどです。BTOだと水冷の選択肢は少なくなりがちなので、必要としている人にとっては嬉しいです。

価格の高さ以外は、初心者から上級者まで対応範囲の広くて非常に良いBTOパソコンショップです。




パソコンSHOPアーク(ark)


良い点

  • 選べるPCケースが多い
  • カスタマイズ性が比較的高い
  • 週替わりセールがお得

悪い点

  • 価格はやや高め
  • ミドル以下のスペック帯がやや薄め
  • 初期不良・標準メーカー保証期間が短め
arkの評価
コスパ
(3.0)
知名度
(3.0)
カスタマイズ性
(4.0)
サポート
(2.5)
オススメ度
(3.5)

パソコンSHOPアーク(ark)はカスタマイズ性が高めのBTOパソコンショップです。特に、ケースは市販品を利用しており種類が豊富です。また、単体のPCパーツショップでもあり、価格は比較的安いです。

通常価格は大手よりはやや高めの印象です。ただし、毎週ウィークリーセールを開催しているので、お得なモデルで有効活用することが出来れば大手並みのコスパになる可能性もあります。

カスタマイズ性は大手と比べれば比較的高いです。大手では固定されていて変更できない部分も出来る場合がある点は留意です。特に、ダウングレードカスタマイズを利用すれば安くできる点は覚えておくと良いかもしれません。たとえば、CPUを省電力モデルにする(K付きをK無しにする)SSDをPCIe 4.0から3.0にするなどのダウングレードは、コスパ重視なら覚えておいて損は無いかなと思います。用途によってはほとんど変わらない実用性で費用を抑えることができます。

標準選択パーツは品質や性能重視という感じで、他ショップよりも電源の認証が高めだったり、メモリーの容量や速度も上のものを標準選択にしているケースも見られました。その影響か、ラインナップはハイエンド商品が多く、ミドル以下のスペックは数が少ない印象です(2022年3月時点)。

サイト自体は、明るめの配色でフラットな仕上がりのサイトです(2022年3月時点)。個人的には見易いと思います。

保証については、初期不良の期間が14日(申告は10日以内)と短いので、届いてすぐに不良が無いか確認することを怠らない様にする必要があります。また、基本のメーカー保証も6ヶ月間と他ショップより短めです。サポートも正直悪評の方が目立つ印象もありますし、そこは留意しておいた方が良いかもしれません。




ストーム(STORM)


良い点

  • コスパが良い
  • 電源が全てGOLD認証以上(2021年7月時点)
  • カスタマイズ価格が安い

悪い点

  • カスタマイズ性は低め
ストームの評価
コスパ
(4.0)
知名度
(1.5)
カスタマイズ性
(2.5)
サポート
(2.5)
オススメ度
(4.0)

ストームはコスパの良いBTOパソコンショップです。知名度こそ高くはないと思いますが、コスパ重視製品の標準構成でもケースと電源は高品質で価格の高いものが採用されている、隠れた良コスパショップだと思います。

カスタマイズ性は低いですが、カスタマイズ価格は平均よりやや安い印象です。また、ケースと電源については始めから高品質なものが採用されているため、カスタマイズの必要性はあまりないと思います。

注意点として、保証は基本の無償メーカー保証は1年間と標準ですが、初期不良の期間は14日と短いので、届いてすぐに動作確認をするのを怠らない様にする必要があります。




パソコンショップSEVEN


良い点

  • 毎日の日替わりセール開催
  • カスタマイズの種類が多く、説明も見易い

悪い点

  • セール品以外は高め
  • セール品のコスパも特別良いわけではない
パソコンショップSEVENの評価
コスパ
(3.5)
知名度
(2.0)
カスタマイズ性
(4.5)
サポート
(3.5)
オススメ度
(3.5)

パソコンショップSEVENは、毎日開催の日替わりセールと毎週開催のウィークリーセールが狙い目のBTOパソコンショップです。セール品以外はやや高めの印象なので、出来ればセール品から選んだ方が良いと思います。頻繁に入れ替わるセール品限定ということで、利用しにくい印象もあると思いますが、日替わりとウィークリーの両方のセール品を合わせると結構な数になるので、目当ての構成がある可能性も高くはなっていると思います。とはいえ、目当ての構成が安くなるまでこまめに確認するのが手間なのも事実なので、総合的にはやはり少し利用しづらい印象もあるショップです。

カスタマイズ関連は良いです。種類は豊富で、商品説明もカスタマイズ画面からそのまま確認できるため分かり易いです。セール前提ショップとするとやや利用し辛い印象にはなりますが、コスパが良くてカスタマイズ性も高いショップは貴重なので、上手く使えればかなり良いショップになると思います。




PCワンズ


良い点

  • 価格が高いほど割安(組み立て+セットアップ料金が一律なため)
  • カスタマイズ性が非常に高い
  • サポートが良い

悪い点

  • ほぼフルカスタマイズ専門(自分で全てのパーツを選択しなければならない)
  • 価格が安いほど割高(組立+セットアップ料金が一律なため)
PCワンズの評価
コスパ
(3.5)
知名度
(2.5)
カスタマイズ性
(5.0)
サポート
(5.0)
オススメ度
(3.5)

PCワンズは、ほぼフルカスタマイズ専門(組み立て代行)のショップです。飛び抜けたカスタマイズ性の高さが魅力です。ちなみに、パーツが全て選択済みのBTOパソコンもありますが、基本的にフルカスタマイズした方が少し安めな印象です。

仕組みとしては、PCパーツショップでもあるPCワンズから、自作PCに必要なパーツを全て選び、組み立てを代行してもらうという形になっています。選んだパーツ構成に問題が無いかは確認してくれるので、初心者でも安心です。

価格は、フルカスタマイズだと「部品代合計+組み立てセットアップ料金が1万円程度」と一律なため、価格が高くなるほど割安で、安くなるほど割高となります。総合的に見ると、大手よりもやや高めという印象です。

サポートの評判は良く、フルカスタマイズPCを日常的に組み立てているという事もあり、正確かつ有益なアドバイスを得られる可能性も高いのでかなり安心感があります。フルカスタマイズということで上級者向け感はやはり強いですが、パーツの組み合わせや相性などは専門の方のアドバイスも得られるので初心者でも利用できる、意外と利用しやすいおすすめのショップです。


アプライドネット


良い点

  • カスタマイズ価格が安め
  • ゲーミングPCは全モデル水冷クーラー標準採用

悪い点

  • カスタマイズパーツの詳細がわからない
アプライドネットの評価
コスパ
(3.5)
知名度
(2.0)
カスタマイズ性
(3.5)
サポート
(3.5)
オススメ度
(3.5)

アプライドネットはカスタマイズ価格の安さが魅力のBTOパソコンショップです。価格は大手ショップよりは若干高めの印象ですが、そこまで悪くもないです。

ただし、カスタマイズ価格は安めなものの、カスタマイズパーツの詳細が見れないのがちょっと残念です。シンプルな表記は初心者には逆に分かりやすいかもしれませんが、こだわりたい人には気になると思います。

また、2021年11月の時点ではゲーミングPCは全てが水冷クーラーが標準採用となっています。ハイエンド未満のモデルでは他ショップは標準が水冷でない場合も多いと思うので、そういう場合にはやや優位性を得られるかもしれません。


テイクワン


良い点

  • カスタマイズ性が高い
  • ケースの種類が多い(市販のコスパの良い物が多い)

悪い点

  • サイトレイアウト(デザイン)が微妙
  • パーツの性能などを自分で確認して選択する必要がある
  • 標準だとOSが無しになっている点に注意
テイクワンの評価
コスパ
(3.5)
知名度
(2.0)
カスタマイズ性
(4.5)
サポート
(3.5)
オススメ度
(3.0)

テイクワンはカスタマイズ性の高さが特徴のBTOパソコンショップです。take oneのローマ字読みで「タケオネ」と呼ばれたりもします。選べるパーツの種類が豊富さはさすがで、様々な構成に対応する事が可能です。ケースもコスパが良く人気のものが積極的に採用されているのも嬉しいです。

カスタマイズが基本なのに、パーツ選択画面から各パーツの細かい仕様などを確認することができないため、自分で調べる必要があります。その上で全体のパーツ構成を自分でしっかり考える必要があるため、上級者向けのショップと言えます。そのため、購入する人が基本PC上級者だと思われ、初期不良以外のサポートが必要無いケースが多いせいか、サポートについては情報はほぼありません。

価格は大手ショップよりやや高めですが、以前よりやや良化している印象です。2022年3月現在ではGPU高騰の影響で、大手ショップも軒並み値上げしていることもあるので、構成や市場状況によっては意外とお得かもしれません。PC選びに行き詰った場合に見てみると良いかもしれません。

また、標準だとOSが無しになっているため注意が必要です(2022年3月時点)。


DELL


良い点

  • コスパが良い

悪い点

  • サポートは期待できない
  • カスタマイズ性はほぼ皆無
  • 電源容量が少ない
DELLの評価
コスパ
(4.0)
知名度
(5.0)
カスタマイズ性
(2.0)
サポート
(1.0)
オススメ度
(2.5)

DELLは本社をアメリカにおく大手BTOパソコンショップです。

一応BTOパソコンショップですが、カスマイズ性は低く、標準ストレージとメモリ以外は、基本構成のままでの購入が基本のショップになると思います。また、電源容量が他のBTOパソコンショップと比べると少ないです。問題が頻発しているという噂は聞きませんが、長期使用にはやや不安はあります。

全体的にコスパは良いです。ただし、ゲーミングPCに関しては種類が少なく、特にハイエンドモデルはほとんどありません。ショップ自体が、どちらかというと低価格高コスパを主路線としているので、仕方ありません。余談として、かなり稀にですが、異常な安さのセール品が登場する事があります。

サポートについては初期不良以外は基本的に有料です。日本のメーカーでない事もあるので、サポート面はあまり期待しない方が良いでしょう。オフィス用や事務作業用のPCを購入するには良いですが、個人のゲーミングPC用のショップとしては使い勝手の悪さが目立つショップという印象です。

備考:Windowsのライセンス

初期導入のWindowsのライセンスがショップや製品によって異なります。ショップ購入品はほぼOEM版かDSP版の二択となっており、どちらも制限のあるライセンスですが、DSP版の方がやや自由度が高いです。パーツ変更などを視野に入れている方は考慮しておくと良いかもしれません。

初期選択Windowsのライセンス

ゲーミングモデルが対象で、2022年3月8日のサイト巡回時の情報です。同ショップでも製品によって違う場合もあるので注意。ノートPCや小型PC等では基本OEMです(パーツ交換とか基本できないので当然だけど)。

ショップ ライセンス
ドスパラ OEM
マウスコンピューター OEM or DSP
ツクモ DSP
パソコン工房 DSP
フロンティア OEM
パソコンショップSEVEN DSP
サイコム DSP
テイクワン 無し
DELL OEM

それでは、記事は以上になります。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。