Amazonプライムデーセール開催中

おすすめBTOパソコンショップ一覧・比較【2024年最新版】

2024年版の主要なBTOパソコンショップ・メーカーの一覧です。ざっくりとした評価もにゲーミングPC購入目線で載せています。

注意
本記事の内容は記事更新時点(2024年6月)のものであり、ご覧になっている際には異なっている可能性があるため注意してください。

各評価は筆者の主観的なものであるため、あくまで参考程度にしてください。

ざっくり評価まとめ

まずは、各ショップの一覧と個人的な評価まとめです。あくまで主観なので、参考までにご覧いただければと思います。コスパに関しては時期によって大きく変わる可能性があります。また、サポートは個人での評価が難しいのであまり参考にならないと思います。一応客観的に見て良さそうなところは反映しています。

ショップ名評価ポイント安さコスパカスタ
マイズ
サイト
見易さ
サポート
※参考まで
ドスパラ言わずと知れた大手ショップ。安定したコスパ
GALLERIAタワーケースが14cmファン搭載
優れたエアフローで見た目も良い。
4.25
4.25
3.0
4.0
パソコン工房高コスパの大手。全体的に安い。
ドスパラと並ぶコスパ重視の安定ショップ。
Radeon搭載製品も多めの印象。
4.25
4.25
3.0
3.75
TSUKUMO
(ツクモ)
高コスパの大手。標準電源がCWT製で嬉しい。
SSDも標準で質の良いものを採用している印象。
OSが全製品OEMでなくDSP版なのも〇。
サポートの評判も比較的良い。
レギュラーケース(69JD)が他大手より微妙
なのは惜しいが、2024年に新ケースが登場したので、
置き換えられていくことに期待。
4.0
4.25
3.5
4.0
マウス
コンピューター
平均コスパは他大手よりは劣る印象だけど、
専用リンク経由のシークレットモデルは良コスパな他、
2023年に新登場したNEXT GEARは全体的に良コスパ。
セール商品も狙い目
3.75
3.75
3.0
3.5
FRONTIER常時開催のセール品が格安。
コスパ重視なら必見のショップ。
電源は日本製コンデンサ仕様(OEMはEnhanceらしい)。
4.5
4.5
3.0
4.0
サイコムカスタマイズ性の高いショップ。価格は高め
パーツ毎の値下げキャンペーンが多いので、
それらを有効活用したい。
サポートに定評があり、水冷にも力を入れている。
3.25
3.5
4.5
4.25
パソコンSHOP
アーク(ark)
カスタマイズ性やや高めのショップ。
毎週開催のウィークリーセールを筆頭に、
セール品
が狙い目。
他BTOよりもケースの種類が豊富。
4.0
4.25
4.25
4.25
ストーム隠れた?高コスパショップ。
見た目の良い市販ケースを積極的に採用するので、
大手のケースの見た目が嫌な人には嬉しいかも。
白統一PCなども良コスパで販売。
ゲーミングPCは全てGold電源(2023年6月時点)。
ただし、カスタマイズ性は低く、
人気商品はやや在庫切れが目立つ。
4.25
4.25
2.5
4.0
パソコンショップ
SEVEN
日替わりセールとウィークリーセールが狙い目。
セール品のコスパは良いけど、通常価格は高め。
価格.com限定モデルも安い。
3.75
3.5
4.5
4.25
PCワンズフルカスタマイズが基本で、桁外れの自由度が魅力。
コスパは市場価格にもよるが、ハイエンドなら大体割安。
一応組み立て代行という形になるので、
パーツ毎の保証や購入キャンペーンも受けれる。
他BTOでカスタマイズてんこ盛りにするよりも、
PCワンズでフルカスタマイズした方が基本良い。
3.75
4.0
5.0
3.25
アプライドネットPCパーツショップのBTO。
コスパは悪くないし、たまに凄く安いものも。
ただし、ゴツい外観のケースばかりなのが気になる。
パーツの細かい仕様とかは見れないけど、
カスタマイズ価格は比較的安い。
4.0
4.25
1.75
3.25
駿河屋2023年に「駿河屋オリジナルPC」という名称で、
安さ重視の高コスパゲーミングPCの販売を開始した。
初登場時は非常に安かったが、その後はやや落ち付いた価格に。
それでも大手BTOと比べても十分安く魅力的
販売実績が少ないのが懸念点。
BTOだが、カスタマイズは別の「オリジナルPCオプション」
という商品を検索して探して同時に購入する必要があるという、
非常に面倒なシステム。元々PCショップではないので仕方ないが、
せめて商品ページにリンクを並べるくらいはして欲しかった。
OS無しモデルもあるので注意
4.25
4.25
3.0
2.0
テイクワンほぼフルカスタマイズに近い上級者向けのショップ
サイトデザインがシンプル過ぎる感が否めない。
以前はやや高価な印象だったが、今では実はコスパが良い。
構成や市場次第では大手よりコスパ良い可能性も十分ある。
OSは初期では無しとなっているので注意
3.75
4.0
4.75
2.75
Lenovo(レノボ)海外大手メーカー。
価格にばらつきがあるけど、安いものはかなり高コスパ。
良コスパ機は国内大手に負けないレベル
カスタマイズ性は低いけど、思ったより安い。
ケースファンや電源が標準では不十分な
ことが多いので要チェック。
4.25
4.0
3.0
3.75
×
HP海外大手メーカー。実質BTOではないけど、
レノボとDELL載せるなら載せておくことに。
週末限定セール、アウトレット、タイムセール
などのセール対象となったときには凄く安い
新品PCでは無類のコスパとなることも多い。
電源容量は全体的に少なめの印象で、
ケースは総じてやや小さめで、排熱も少し不安。
4.25
4.0
1.0
4.0
×
DELL海外大手メーカー。
ゲーミングモデルの基本価格は高め。
カスタマイズ価格も高い。
XPSモデルの方がコスパが良いのが基本。
電源や排熱に不安な機種が多い印象
3.75
3.5
2.25
3.5
×

BTOパソコンショップ一覧

主要なBTOパソコンショップをそれぞれ紹介しています。各評価等についてはなるべく客観的な目線を意識していますが、あくまで主観なのでご了承くださいませ。オススメ度についてはコスパを重視しています。また、下記にショップリンクだけをまとめて載せておきます(別タブで開きます)。


ドスパラ

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(2.5)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • 大手ショップ
  • コスパが良い
  • ゲーミングPCのタワーケースが良い(14cmケースファン採用)
  • クリエイターモデルもおすすめ
  • カスタマイズ性は低め
  • サポートの評判は良くない

ドスパラは特に知名度の高いBTOパソコンショップです。コスパは常に相場平均以上を維持している印象があるため、お得なショップや製品を探すのが面倒な人にはうってつけといえるショップです。

「GALLERIA」というゲーミングブランドでゲーミングPCを販売しています。2020年7月に「GALLERIA」のデスクトップケースが久しぶりにリニューアルされ、新ケースとなりましたが、このケースが高コスパショップの標準ケースとしては質が良くて魅力的です。14cmファンを標準搭載しているため、エアフローに優れています。デザインもシンプルながらかっこいいです。高コスパ機にも採用されるケースとしては他のBTOよりも一段優れている印象です。

基本コスパ重視のショップなので、カスタマイズは最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。

また、ドスパラはクリエイターモデルのPC「raytrek」も展開しており、グラボ搭載モデルは普通にゲーミングPCとしても使える性能です。クリエイターモデルのケースも、14cmファンを複数採用した冷却性に優れるケースとなっており、コスパも結構良いものがあることも多いので、併せてチェックしてみると良いです。ただし、見た目は少し地味なので、PCの見た目を重視するには微妙かもしれません。

サポートの評判は悪評がやや目立つ印象です。大手のサポートの評判はあまりアテにならないのが基本ですが、それを考慮してもやや悪評が目立つ気がします。非常に多い客数をしっかりと捌き切れていない感があります。ただし、電話は年中無休で対応しているので、連絡自体がつかないという事は無いかと思います。

余談ですが、ドスパラはPCパーツショップとしても大手で、比較的安いです。特にCPUクーラーやメモリなどは、カスタマイズするよりもパーツを別途購入し増設した方が安い場合もありますので、そちらも検討してみると良いかもしれません。


TSUKUMO(ツクモ)

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(4.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • 大手ショップ
  • コスパが良い
  • 即納モデルが特にお得
  • 標準OSが全てOEMではないDPS版
  • 標準電源がCWT製のもの
  • 標準SSDが良いことが多い
  • 期間限定セールが安い
  • サポートの評判が良い
  • カスタマイズ性は低め
  • ミドルケースが他大手より微妙

TSUKUMO(ツクモ)は、知名度の高いBTOパソコンショップの一つです。大手の中では比較的サポートの評判が良いです。欠点が少なく利用し易いショップだと思います。

TSUKUMOはゲーミングブランド「G-GEAR」を展開しています。こちらの魅力的な点は、比較的安価なPCでも、電源には品質の定評のあるCWT製のものが標準採用されているのが嬉しい他、SSDは速度が明記されていることが基本で、標準でも品質が良いものが採用されている印象です。長期利用において特に重要な電源とSSDの質が高めなのは好印象です。

また、TSUKUMOは即納モデルを多数用意しており、こちらの方がコスパが良い傾向があります。カスタマイズは出来ないものの、SSDと電源は総じて高品質な印象ですし、コスパ重視ならまずそちらをチェックしてみると良いかもしれません。

また、大手ショップにしては珍しく、OSはゲーミングデスクトップでは全商品でWindowsがOEMではないDSP版(2023年6月時点)となっているため、OEM版が基本の他大手よりも実質コスパがわずかに底上げされています(パーツ交換を視野に入れている人以外は恩恵はほぼ無いけど)。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。価格は平均的ですし、主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。ただ、全体的に標準で高品質パーツを採用しているので、他ショップよりも必要性は感じにくいと思います。

このように、コスパ重視の大手ながら標準で高品質パーツを多めに採用しているのが魅力的なツクモですが、気になるのはミドルケースです。TSUKUMOは「G-GEAR」ミドルケース「69JD」が恐らく最も製品数が多いですが、このケースが他大手よりも正直微妙です。これだけは本当にもったいなく感じてしまいます。

TSUKUMOで採用率の高い「69JD」

見た目はお世辞にも良いとは言えないと思うデザインです。更に、裏面配線にも対応しておらず、標準のケースファンも12cmファンが2基(前面1+背面1)となっており最低限です。エアフローや機能性も良くないです。

ドスパラのGALLERIAタワーケースは14cmファンを標準3基搭載し、裏面配線にも対応し、見た目もかっこいいので、明らかに差があります。パソコン工房も2022年頃からケースの入れ替えが進んでおり、タワーモデルでは12cmファン3基以上が基本となっています。絶対ダメというほど悪い訳ではなく、最低限は確保しているとは思いますが、ドスパラやパソコン工房などの競合他社と比べると相対的に劣る印象が強いです。

他のパーツの標準の品質(特に電源とSSD)ではドスパラやパソコン工房よりも良い印象があるので、総合コスパ的にはマイナス評価ではありませんが、それだけに惜しい部分と思って触れておきます。

TSUKUMOでは標準モデル以外にも、MSIやCrucialなどの大手PCパーツメーカーを積極採用したコラボモデルPCも販売しています。よくあるRGBの色をセッティングしたり色を変えたりするだけでなく、パーツ構成やケースも変わるコラボPCとなっており、そちらのコスパも比較的良いです。全体的に高品質なパーツで固められている事が多く、ぱっと見の価格以上にコスパが良いことも多いのでおすすめです。ただし、恐らくメーカー側とのすり合わせが必要なためか、最新パーツ採用品の登場が少し遅い印象がある点には注意です。

余談ですが、ツクモはPCパーツショップとしても大手で、比較的安いです。特にCPUクーラーやメモリなどは、カスタマイズするよりもパーツを別途購入し増設した方が安い場合もありますし結構簡単なので、そちらも検討してみると良いかもしれません。

総評として


パソコン工房

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • 大手ショップ
  • コスパが良い
  • ミドルタワー以上のケースが良い
  • ラインナップが豊富
  • 価格に応じてptが貰えるキャンペーンがほぼ常時開催
  • カスタマイズ性は低め

パソコン工房は知名度の高いBTOパソコンショップの一つです。全体的にコスパが良い他、AMDパーツ採用製品も多く、幅広い構成のコスパが良い製品が多いのが魅力です。安いのは基本セールやキャンペーン対象品のみというショップも結構ありますが、そのような事に囚われずともコスパが良い製品が多いので、利用し易いショップです。ドスパラと並び、ゲーミングPCの相場を知りたいならまず覗くことをおすすめできるショップです。

以前は標準ミドルケース(ゲーミング)のケースファンが12cmのものが1基だけなのが気になりましたが、2021年11月登場モデル頃から別ケースを採用するようになり、そちらでは12cmファンを3基搭載する冷却性を意識したケースなのが好印象です。元々コスパは良いショップなので、PCケースが改善されたことで弱点が少なくなった印象です。

基本コスパ重視のショップなので、カスタマイズは最低限という感じです。価格もやや高めなので、基本的には標準構成での注文になると思います(2023年6月時点)。

サポートについては、まず初期不良の対応期間が2週間と短めなので、その点は気にしておいた方が良いかと思います。大手なので評判はあまりアテにならないですし、情報があまりなかったので判断が難しいです。ただ、電話の問い合わせは24時間年中無休で対応しているため、繋がらないということが無さそうなのは良いです。

余談ですが、パソコン工房はPCパーツショップとしても大手で、比較的安いです。特にCPUクーラーやメモリなどは、カスタマイズするよりもパーツを別途購入し増設した方が安い場合もありますし結構簡単なので、そちらも検討してみると良いかもしれません。


マウスコンピューター

ざっくり評価
コスパ
(3.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(3.5)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • 大手ショップ
  • 限定モデルやセール品のコスパが良い
  • 電源が標準でも良いことが多い
  • 問い合わせにLINEがある
  • カスタマイズ性は低め
  • 新パーツの導入がやや遅い

マウスコンピューターは知名度の高いBTOパソコンショップです。宣伝にアイドルを起用していた事があったり、Web広告でも非常に良く見掛けますし、宣伝に非常に力を入れている印象があります。

カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。

価格やコスパ面については、常設品の平均価格は他大手より少し劣る印象ですが、専用リンクのシークレットモデル(リンク)や、2023年に登場した「NEXT GEAR」というコスパ重視のミニタワーモデルに関してはコスパが全体的に良いのでおすすめです。

その他については、良コスパ品を求めるならセール・キャンペーン品を狙うのが基本になりそうです。

電話の問い合わせは24時間年中無休で対応しています。LINEまで取り入れており、問い合わせはいつでも気軽にする事ができます。対応自体については悪評も見掛けられますが、利用客も多い大手なので頻発しているかは不明です。


FRONTIER(フロンティア)

ざっくり評価
コスパ
(5.0)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(4.5)

評価の要点

  • 大手ショップ
  • 常時開催のセール品が非常に安い
  • 電源が日本製コンデンサ仕様で容量も良い
  • カスタマイズ性は低め

フロンティアは格安セール品が魅力のBTOパソコンショップです。常に何らかのセールを行っており、そのセール品のコスパが非常に良いです。コスパはBTOパソコンショップで1位といっても過言ではないと思います。SNSや掲示板等で「安すぎるけど大丈夫か?」という質問もたまに見掛けるレベルです。

セール前提とはいえ、常時開催な上に対象商品数も多いので、利用し辛さはあまり感じないです。むしろ、今安い商品が見易く並べられているのが初級者にとっては分かり易いのではないかと思います。

他大手の特に安いセール品レベルのコスパ製品を常に出しているような感じで、安さ特化なら真っ先に見ておく価値があるショップだと思います。安いながら、電源には高品質な日本製のコンデンサ仕様のものをほとんどの製品で採用しており、容量も十分な量が確保されている印象なのも嬉しいです。

基本コスパ重視ショップなので、カスタマイズは主要パーツのみの最低限という感じです。主要パーツは大体揃っているので困る事は少ないかと思いますが、カスタマイズ性はやや低めと考えた方が良いです。

サポートに関して、電話対応が10時~19時と日中に限られるため、日中に時間を取ることが難しい人は注意が必要かもしれません。

2023年現在、とにかくコスパ重視でパソコンを買うならまず確認しておくべきショップだと思います。


サイコム


ざっくり評価
コスパ
(3.0)
カスタマイズ
(4.5)
サイトの見易さ
(4.5)
サポート・保証
(4.5)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • カスタマイズ性が高い
  • サポートの評判が良い
  • パーツ毎に大幅値引きキャンペーンを行うことがあり、時期や構成によってお得
  • 水冷クーラーに力を入れている(水冷グラボPCなどもある)
  • 価格が高く、ややコスパが悪い

@Sycom(サイコム)は、サポートの評判が良くカスタマイズ性の高いBTOパソコンショップです。カスタマイズ前提のショップなので上級者向けに見えると思いますが、実はPC初心者でも使い易いようなショップになっています。カスタマイズ画面から各パーツの商品説明をすぐに見ることができる他、電源容量が足りなかったり規格的に合わないパーツを選択した際には注意のダイアログが表示されます。購入前も後もサポートを受けることができ、評判も良いので、初心者には嬉しい要素のつまったショップとなっています。

その代わり、大手BTOパソコンショップよりコスパは悪めです。予算を減らしたい場合には、たまにパーツ毎に大幅値引きキャンペーンをやったりしているので、それらを有効活用できると良いです。

また、サイコムは水冷クーラーを推していることも特徴の一つです。その力の入れ具合は、サイコムオリジナルの水冷クーラーシステムまで開発しているほどです。CPUだけでなくGPUも水冷モデルもあり、大手BTOショップではあまり見ないこだわりの超ハイエンドPCなども購入できるのも魅力です。

価格の高さはやはり気になりますが、初心者から上級者まで対応範囲の広いBTOパソコンショップです。


パソコンSHOPアーク(ark)

ざっくり評価
コスパ
(3.5)
カスタマイズ
(4.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • PCケースの種類が多い
  • 比較的高いカスタマイズ性
  • 毎週開催のウィークリーセール品がお得
  • 製品によるけどセール品以外のコスパはやや悪めの印象
  • 高性能構成が多く、ミドルレンジ以下が手薄
  • 初期不良・メーカー保証期間が短い

パソコンSHOPアーク(ark)はカスタマイズ性が高めのBTOパソコンショップです。ケースも市販品を利用しており種類が豊富です。また、単体のPCパーツショップでもあり、価格は比較的安いです。

セール外の通常価格は大手よりは少し高めなものの、毎週開催のウィークリーセールがお得となっており、該当商品のコスパは比較的良いです。

カスタマイズ性は大手と比べれば比較的高いです。セール品ならコスパも大手と比べて悪くないので、カスタマイズ性の高いショップでコスパも出来るだけ良くしたいという場合には魅力的なショップだと思います。

また、コスパ重視ならカスタマイズではダウングレードで安くできる可能性がある点は覚えておくと良いかもしれません。たとえば、CPUを省電力モデルにする(K付きをK無しにする)SSDをPCIe 4.0から3.0にするなどのダウングレードは、コスパ重視なら覚えておいて損は無いかなと思います。用途によってはほとんど変わらない実用性で費用を抑えることができます。

標準選択パーツは品質や性能重視という感じで、他ショップよりも電源の認証が高めだったり、メモリーの容量や速度も上のものを標準選択にしているケースも見られました。その影響か、ラインナップはハイエンド商品が多く、ミドル以下のスペックは数が少ない印象です(2022年3月時点)。

サイト自体は、明るめの配色でフラットな仕上がりのサイトです(2022年3月時点)。個人的には見易いと思います。

保証については、初期不良の期間が14日(申告は10日以内)と短いので、届いてすぐに不良が無いか確認することを怠らない様にする必要があります。また、基本のメーカー保証も6ヶ月間と他ショップより短めです。サポートも正直悪評の方が目立つ印象もありますし、そこは留意しておいた方が良いかもしれません。


ストーム(STORM)

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(3.5)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • コスパが良い
  • ミドルタワー以上のケースが良い
  • ゲーミングPCは全てGOLD電源
  • カスタマイズ性は低い
  • 人気商品は在庫切れが目立つ印象
  • 初期不良期間が短い

ストームはコスパの良いBTOパソコンショップです。知名度こそあまり高くはないと思いますが、コスパ重視製品の標準構成でもケースと電源は高品質で価格の高いものが採用されているのが基本の、隠れた良コスパショップだと思います。

2023年11月現在では白統一PCも多くラインナップされており、白統一のようなコンセプトPCは大体少し割高な傾向がある中、普通にコスパも悪くないです。見た目にもこだわった美しい見た目のPCをコスパ良く導入したい場合には非常に魅力的なショップだと思います。

カスタマイズは選べる項目は少ないものの、カスタマイズ価格は平均よりやや安い印象です。

その他サポートの注意点として、保証は基本の無償メーカー保証は1年間と標準ですが、初期不良の期間は14日と短い点があります。届いてすぐに動作確認をするのを怠らない様にする必要があります。また、人気構成やケースの商品は在庫切れが目立つ上に納期がやや遅めなのも、すぐに手元に届いて欲しい場合にはデメリットとなるかもしれません。


パソコンショップSEVEN

ざっくり評価
コスパ
(3.5)
カスタマイズ
(3.5)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • 日替わりセールとウィークリーセールがお得
  • セール品以外はやや高め

パソコンショップSEVENは、毎日開催の日替わりセールと毎週開催のウィークリーセールが狙い目のBTOパソコンショップです。セール品以外はやや高めの印象なので、出来ればセール品から選んだ方が良いと思います。

頻繁に入れ替わるセール品限定ということで、利用しにくい印象もあると思いますが、日替わりとウィークリーの両方のセール品を合わせると結構な数になるので、目当ての構成がある可能性も高くはなっていると思います。とはいえ、目当ての構成が安くなるまでこまめに確認するのが手間なのも事実なので、総合的にはやはり少し利用しづらい印象もあるショップです。

カスタマイズは選べる種類は比較的豊富で、商品説明もカスタマイズ画面からそのまま確認できるため分かり易いです。価格は割高なものもありますが、大手と比べると総合的には良いと思います。

総評として、セール前提ショップなのでやや利用し辛い印象ですが、コスパが良くてカスタマイズ性も高いショップは貴重なので、セール品次第では大手よりもお得になる可能性のある魅力があります。


PCワンズ

ざっくり評価
コスパ
(4.0)
カスタマイズ
(5.0)
サイトの見易さ
(3.0)
サポート・保証
(4.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • 非常に高いカスタマイズ性(フルカスタマイズが基本)
  • サポートが良い
  • 高価格構成だと割安なことが多い(セットアップ料金が一律なため)
  • 自分で全てのパーツを選ぶ必要があり、上級者向け
  • 低価格構成だと割高なことが多い(セットアップ料金が一律なため)

PCワンズは、ほぼフルカスタマイズ専門(自作一式購入および組み立て代行)のショップです。飛び抜けたカスタマイズ性の高さが魅力です。既製品のパソコンも販売していますが、基本的にフルカスタマイズした方が少し安めな印象ですし、PCワンズの良さを活かすならやはりフルカスタマイズだと思います。

フルカスタマイズPCの仕組みとしては、PCパーツショップでもあるPCワンズから、自作PCに必要なパーツを全て選び、組み立てを代行してもらうという形になっています。選んだパーツ構成に問題が無いかは確認してくれるので、初心者でも安心です。

価格は、フルカスタマイズだと「部品代合計+組み立てセットアップ料金が1万円程度」と一律なため、価格が高くなるほど割安で、安くなるほど割高となる傾向があります。使用するパーツ次第ですが、ミドルレンジだと大手の高コスパ製品よりはやや高く、ミドルレンジより上の構成ならやや安いという印象です。

サポートの評判は良く、フルカスタマイズPCを日常的に組み立てているという事もあり、正確かつ有益なアドバイスを得られる可能性も高いのでかなり安心感があります。

フルカスタマイズということで上級者向け感は強いですが、パーツの組み合わせや相性などは専門の方のアドバイスも得られるので初心者でも利用でき、コスパも大きく悪くなることは基本ないので、意外と利用しやすいおすすめのショップです。


アプライドネット

ざっくり評価
コスパ
(4.0)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(3.0)
サポート・保証
(3.5)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • コスパが良い
  • カスタマイズ価格が安い
  • カスタマイズ性は低め
  • 初期不良期間が短い
  • 商品をやや探し辛い

アプライドネットはコスパの良さとカスタマイズ価格の安さが魅力のBTOパソコンショップです。

ただし、カスタマイズ価格は安めなものの、カスタマイズパーツの詳細が見れないのがちょっと残念です。シンプルな表記は初心者には逆に分かりやすいかもしれませんが、こだわりたい人には気になると思います。

やや気になる点としては、サイトが目当ての商品を探し辛い印象なのと、初期不良期間が到着から7日以内の連絡と短い点です。通常の1年保証に加え3年のセンドバッグ保証があるので総合的に見れば悪くはないですが、届いてすぐ動作を確認する必要がある点には一応注意が必要です。


駿河屋

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(3.0)
サイトの見易さ
(2.0)
サポート・保証
(3.5)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • 非常にコスパが良い
  • メモリ32GB標準が多い
  • カスタマイズ性は低い
  • 商品を探しづらい
  • カスタマイズのシステムが面倒

駿河屋は安くてコスパの良いPCを多数用意しているのが魅力のショップです。自社のゲーミングPC販売開始は2023年に開始した、新しく参入したショップとなっています。

安さ重視の高コスパPCを重点的に販売しており、安い商品でもほとんどが32GBメモリが標準となっているのは良い点です。大手BTOだと安いPCでは16GBが標準で、カスタマイズ費用が割高なことが多いのがネックだったりしますが、その心配が無いのは嬉しいです。

価格は大手BTOと比べても安く、コスパは良くて魅力的です。コスト削減感を感じることも多くはありますが、メモリは32GBが多く、SSDや電源に関しては手を抜かれていない印象です。ゲーミングPCの販売実績が少なく、サポートなどの評判がわからないのが懸念点ですが、安さ&コスパ重視なら見て置いて損は無いコスパの良さだと思います。

気になる点としては、駿河屋は「PC関連製品専門のショップ」ではなく、他の多数のジャンルの商品と並べて販売されているため、PCを探すのが面倒な点があります。「駿河屋オリジナルPC」をカテゴリなどから探して選択しないと、PCのみで表示することができません。

カスタマイズに関しても、「オリジナルPCオプション」と称される別商品ページがあるので、そこでカスタマイズ先のパーツのオプション商品を同時に購入する必要があるという、中々に面倒でわかりにくいシステムなのもネックです。


テイクワン

ざっくり評価
コスパ
(4.0)
カスタマイズ
(4.5)
サイトの見易さ
(2.5)
サポート・保証
(3.0)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • 高いカスタマイズ性
  • ケースの種類が豊富
  • パーツを全て自分で選択する必要があり、上級者向け
  • サイトがシンプルすぎて少し見辛い
  • 標準だとOS無しの点に注意

テイクワンはカスタマイズ性の高さが特徴のBTOパソコンショップです。take oneのローマ字読みで「タケオネ」と呼ばれたりもします。選べるパーツの種類が豊富さはさすがで、様々な構成に対応する事が可能です。ケースもコスパが良く人気のものが積極的に採用されているのも嬉しいです。

カスタマイズが基本なのに、パーツ選択画面から各パーツの細かい仕様などを確認することができないため、自分で調べる必要があります。その上で全体のパーツ構成を自分でしっかり考える必要があるため、上級者向けのショップと言えます。そのため、購入する人が基本PC上級者だと思われ、初期不良以外のサポートが必要無いケースが多いせいか、サポートについては情報はほぼありません。

価格は大手ショップよりやや高めですが、以前よりやや良化している印象です。構成や市場状況によっては意外とお得かもしれません。PC選びに行き詰った場合に見てみると良いかもしれません。

また、標準だとOSが無しになっているため注意が必要です(2022年3月時点)。


Lenovo(レノボ)

ざっくり評価
コスパ
(4.0)
カスタマイズ
(3.5)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(1.5)
オススメ度
(3.5)

評価の要点

  • 価格にバラつきがあるが、高コスパ機種もある
  • カスタマイズ価格が割と安い
  • 海外メーカーのため、サポートにやや難がある可能性あり
  • カスタマイズ性は低い
  • 標準電源の容量が少ないことが多い

レノボは中国(北京)に本社を置く世界でも大手のPCメーカーです。コスパの良いPCを多数販売しています。

本社は中国ですが、オペレーションセンターはアメリカとシンガポールがメインとなる他、日本でもPC部門はNECと事業統合されていたりなど、中国企業っぽさは他メーカーよりは薄い印象で、グローバルな印象を受けます。

PCゲームが流行して以降は、ゲーミングPCにも力を入れており「Legion」ゲーミングブランドで販売しています。最新のCPUやGPUが出る度に新機種をすぐに投入しています。

コスパは製品によってバラつきがある印象ですが、高コスパ機は日本の大手ショップにも劣りません。ただし、大手BTOショップと比べると製品数はやはり少なめで選択肢は少ないです。

また、意外なのはカスタマイズ価格が思ったより安かったことです。特に、2023年6月時点ではケースファンの増設が安くて気軽に行えるのが好印象でした。カスタマイズ性自体は低いですが、ケースファンの少なさで困ることは無さそうなのは地味に嬉しいです。

このレベルの大企業だとサポートの評判も判断しにくいですが、やはり海外の方が対応されることも多いことが想定されるため、国内ショップよりは下の評価になる可能性が高いと思います。PCやパーツの保管も基本海外なので、対応にもやや時間が掛かることが想定されると思います。

HP(ヒューレットパッカード)

ざっくり評価
コスパ
(4.5)
カスタマイズ
(1.0)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(1.5)
オススメ度
(4.0)

評価の要点

  • セール対象のときのコスパが非常に良い
  • 海外メーカーのため、サポートにやや難がある可能性あり
  • カスタマイズは基本不可能(BTOじゃない)
  • 標準電源の容量が少ないことが多い

HPは本社をアメリカにおく世界でも大手のPCメーカーです。コスパの良いPCを多数販売しています。

カスタマイズは基本できない(カスタマイズ画面はあるけど、ほぼOffice等のオプション選択のみ)ため、実はBTOではないですが、人気ですしレノボとDELLを載せるので載せています。

グラボを搭載するゲーミングPCやクリエイターPCは、セール対象となった場合に非常に安価になります。頻度も結構高いので、そのコスパを基本として計算しても良いレベルとなっており、高コスパゲーミングPCとしては魅力的な選択です。

ただし、全体的に電源容量が少なめのものが多く、ケースも小さめのものが多くて排熱に不安がある機種が多い印象です。上述のようにショップ側でのカスタマイズにも基本的に対応していないので、自分で対応できる人におすすめのショップだと思います。

このレベルの大企業だとサポートの評判も判断しにくいですが、やはり海外の方が対応されることも多いことが想定されるため、国内ショップよりは下の評価になる可能性が高いと思います。PCやパーツの保管も基本海外なので、対応にもやや時間が掛かることが想定されると思います。

DELL

ざっくり評価
コスパ
(3.5)
カスタマイズ
(2.5)
サイトの見易さ
(4.0)
サポート・保証
(1.5)
オススメ度
(3.0)

評価の要点

  • バラつきがあるが、コスパは比較的良い
  • 海外メーカーのため、サポートにやや難がある可能性あり
  • カスタマイズ性は低い
  • 標準電源の容量が少ないことが多い

DELLは本社をアメリカにおく大手BTOパソコンショップです。

一応BTOパソコンショップですが、カスマイズ性は低く、価格も割高なことが多いので、基本構成のままでの購入が基本のショップになると思います。また、電源容量が他のBTOパソコンショップと比べると少ないのが気になります。問題が頻発しているという噂は聞きませんが、高性能PCでの長期使用にはやや不安はあります。

グラボ搭載PCのコスパは製品によってバラつきがある印象ですが、良いことも多いです。ただし、ゲーミングPCに関しては種類が少なく、特にハイエンドモデルはほとんどありません。

このレベルの大企業だとサポートの評判も判断しにくいですが、やはり海外の方が対応されることも多いことが想定されるため、国内ショップよりは下の評価になる可能性が高いと思います。PCやパーツの保管も基本海外なので、対応にもやや時間が掛かることが想定されると思います。

また、その他のサポートについては初期不良以外は基本的に有料です。どちらかというと法人向けの印象もあるDELLで、日本のメーカーでない事もあるので、サポート面はあまり期待しない方が良いかもしれません。

備考:Windowsのライセンス(標準選択)

標準選択のWindowsのライセンスがショップや製品によって異なります。ショップ購入品はほぼOEM版かDSP版の二択となっており、どちらも制限のあるライセンスですが、DSP版の方がやや自由度が高いです。パーツ変更などを視野に入れている方は考慮しておくと良いかもしれません。

初期選択のWindowsのライセンス

ゲーミングモデルが対象で、2022年3月8日のサイト巡回時の情報です。同ショップでも製品によって違う場合もあるので注意。ノートPCや小型PC等では基本OEMです(パーツ交換とか基本できないので当然だけど)。

ショップライセンス
ドスパラOEM
マウスコンピューターOEM or DSP
ツクモDSP
パソコン工房DSP
フロンティアOEM
パソコンショップSEVENDSP
サイコムDSP
テイクワン無し
DELLOEM

それでは、記事は以上になります。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です