ゲーミングモニターとは?【ざっくり解説】

ゲーミングモニターについてかなりざっくりめに解説をしています。

ゲーミングモニターとは?

そもそもゲーミングモニターとはどのような特徴を持つものなのか、「良い点」と「悪い点」とに分けて説明しています。


ゲーミングモニターの特長(メリット)

ゲーミングモニターの特長(メリット)について説明しています。
良い点をざっと下記に列挙しているので、まずこれを見てみましょう。

ゲーミングモニターの良い点

  • リフレッシュレート(垂直走査周波数)が高い※重要
  • 応答速度が速い
  • 表示の遅延が少ない
  • ゲーム用の機能があるものがある

リフレッシュレート(垂直走査周波数)が高い

リフレッシュレートは、簡単にいうと「紙芝居の枚数」です。パラパラ漫画などでも分かり易いかもしれません。リフレッシュレートは「Hz(ヘルツ)」という単位で表されます。たとえば、「リフレッシュレート144Hz」であれば、1秒間に144枚の画像を表示しますという意味です。この数値が高ければ高いほど滑らかな映像になります。
もしリフレッシュレートが低いと、ゲーム中に重要な場面が自分のディスプレイでは表示されていないなんて事も有り得る訳です。特に、細かい敵の動きやエイムが重要なFPS系のゲームでは、そのような可能性が高くなるため、リフレッシュレートの高さは重要です。ちなみに水平走査周波数はやや扱いが異なり、単位もkHz(キロヘルツ)と違うので、間違えないようにしましょう。

リフレッシュレートは何Hzが良い?
一般的なディスプレイでは60Hz~75Hz程度が主流となっているのに対し、ゲーミングモニターの主流は「144Hz~240Hz」です。
240Hzのものは、そのリフレッシュレートを活かすためには超高性能なゲーミングPCが必要となるので、敷居が高いです。また、価格も非常に高価です。そのため、予算に余裕がある訳でないなら、144Hzがおすすめです。
安価なゲーミングモニターはリフレッシュレートに注意
144Hz以上の高いリフレッシュレートは、ゲーミングモニターにおける最低条件と言って過言ではない部分です。ただし、実際にはリフレッシュレートが144Hzに満たないのに「ゲーミングモニター」を自称している製品も多くあります。応答速度が速かったり、ゲーム用の機能を搭載していたりなど、何らかのゲーム用の仕様を足しているため「ゲーミング」じゃないとは言い切れないですが、個人的にはおすすめしません。特に一般的なディスプレイとほとんど価格が変わらない製品に多いので、そういう製品のリフレッシュレートには気を付けましょう。

応答速度が速い

応答速度は文字通りの意味です。ディスプレイが描画する画像情報を受け取ってから、実際に表示されるまでの時間のことを言います。応答速度は「ms(ミリ秒)」という単位で表されます。一般的なディスプレイでは5~10msが主流ですが、ゲーミングモニターでは1ms以下のものも珍しくありません。

表示の遅延が少ない

表示の遅延というのは「GPUが処理をし、ディスプレイに画像が実際に表示されるまでの時間」の事を言います。応答速度は、「ディスプレイが画像を表示するのにかかる時間」なのに対し、表示の遅延は「GPU側で処理が発生してからディスプレイに画像が表示されるまでの時間の合計」となります。
しかし、表示の遅延はディスプレイ単体のスペックではないため、仕様表などにも基本記載がありません。正直知っていても役立てるのは難しい情報ですが、ディスプレイによる表示の遅延の差は存在しますし、検証している記事などがあるかもしれないので探してみると良いかもしれません。

ゲーム用の機能を搭載しているものがある

ゲーミングモニターには、メーカーによって独自の機能が搭載されている場合があります。例を挙げると、「映像のブレ(残像)を少なくする機能(ボヤけ低減)」「各色を強調表示させることで、オブジェクト同士の境界を分かり易くする機能」などがあります。もしかしたら現在使用しているディスプレイにも似たような機能が搭載されているかもしれないので、確認してみると良いかもしれませんね。


ゲーミングモニターの弱点(デメリット)

今度は逆に、ゲーミングモニターの弱点について見ていきたいと思います。
下記にざっと列挙しています。

ゲーミングモニターの悪い点

  • 価格が高い
  • TNパネルが主流
  • PC側(ゲーム側)のFPSが低いと恩恵が少ない(高性能なゲーミングPCが前提)
  • 消費電力がちょっと多い

価格が高い

平たくいえば、ゲーミングモニターは高性能なディスプレイなので、当然価格が高いです。

TNパネルが主流

各パネルについて詳しくは後述しますが、ゲーミングモニターの液晶パネルはTNが主流です。TNパネルは、安価だったり応答速度が速い点などにおいてゲーミングモニターと非常に相性が良いパネルです。その代わり、「映像のキレイさ」「色鮮やかさ」「視野角の広さ」といった点においては、主要な液晶パネルの中では最も劣っているため、映像のキレイさを重視したい人は残念かもしれません。
映像のキレイさが特徴のIPSというパネル採用のゲーミングモニターもありますが、非常に高価になってしまいます。

FPSが低いと恩恵が少ない(高性能なゲーミングPCが前提)

たとえば、リフレッシュレートが144Hzのゲーミングモニターを使用したとしても、ゲーム側のFPS(1秒間のフレーム数)が144に満たなければ、実際に表示される画像の枚数は144枚未満となります。そのため、リフレッシュレートが144Hz以上のようなゲーミングモニターを利用するときは、高性能なゲーミングPCを使用している事が前提となります。

消費電力がちょっと多い

ゲーミングモニターは、リフレッシュレートが高かったり、応答速度が速かったりするなど、色々な機能があります。そのため、一般的なディスプレイより消費電力が少し多いです。とはいえ、元々ディスプレイの消費電力自体が、他の家電等と比較すると大したものではないので、あまり問題視されません。

項目を一つ一つ見ていくとややこしく感じますが、リフレッシュレートを含む全体的な性能が高いけど、高価なディスプレイという認識でOKです

パネルの種類(駆動方式)

次に、液晶ディスプレイの駆動方式の各パネルの特徴と、ゲーミングモニターにおける各パネルについて触れています。2019年現在、PC用のディスプレイに使用される液晶パネルは、主にTN,VA,IPSの3種類となっています。ゲーミングモニターのパネルも同様となっています。実際に映像を表示する部分なので、ゲーミングモニターにおいても当然重要です。


TNパネル

良い点

  • 非常に低コスト
  • 応答速度が非常に速い

悪い点

  • 視野角が非常に狭い
  • 色の再現度が低い(色鮮やかさに欠ける)
最も低コストなのがこのTNパネルです。ゲーミングモニターの主流パネルです。コストが現在の主流の液晶パネルの中で最も低いながら、応答速度が非常に速いのが魅力のパネルです。高リフレッシュレートのゲーミングモニターはどうしてもコストが掛かるので、低コストなTNパネルはマーケティング的に相性が良いです。応答速度が速い点も都合が良いので、採用が多いという訳ですね。また、駆動電圧が低い事も特徴で、高いリフレッシュレート(更新頻度)による消費電力増加が懸念されるゲーミングモニター向きのパネルと言って過言ではありません。

対して弱点は「視野角が狭い」「色の再現度が低い」などがあります。これは主に見る角度によって透過する光量が異なることが原因です。ですが、ゲームではディスプレイを正面から見るのが基本なので視野角はあまり気にならない人が多いと思いますし、映像がキレイな方が有利という事もないので(むしろ淡泊で見易い方が好まれる)、ゲームでの使用という観点ではTNの弱点はある程度無視できるものとなっています。これもまたゲーミングモニターでの採用が多い要因になっています。

リフレッシュレート144Hz以上では手頃な2万円台のゲーミングモニターは、ほとんどがTNパネル採用となっています。(2019年時点)


VAパネル

良い点

  • 低コスト
  • 「黒」の表現に優れる

悪い点

  • 視野角がやや狭い
  • 応答速度がやや遅い
TNの次に低コストなのがVAパネルです。最大の特徴は「黒」の表現に優れる点です。「黒」という色は本来、光の反射がない…光の影響がない状態の色な訳ですから、バックライト光を利用する液晶パネルでは表現するのが難しいのです。しかしVAパネルではバックライト光をほぼ完全に遮断する事が可能で、コントラスト比を高くしやすいため、純粋な本来の「黒」を最も再現することができます。そのため、映画やドラマやアニメ等の映像作品を鑑賞するパネルとして最適です。

弱点として、TNパネル同様「視野角が狭い」点がよく挙げられますが、最近ではこれを大幅に改善する仕組みが一般化されてきており、TNほどは気になりません。後述するIPSよりは狭いですが、弱点として挙げれるかは微妙な線まで改善されています。

ゲーミングモニターとしては、TN同様コストが低いのでマーケティング的には相性は良いです。ただし、応答速度にやや課題を残しており、関連してリフレッシュレート240Hzの製品が非常に少ないです。視野角の狭さや色の再現度がTNより改善されているけど、240Hzは厳しいので、そこを挫折できるかという感じになりますね。


IPSパネル

良い点

  • 視野角が広い
  • 色の再現度が高い(色鮮やかでキレイ)

悪い点

  • 高コスト
  • 「黒」の再現度が悪い
  • 応答速度を速くしにくい(上げれるがコストが掛かる)
主要な液晶パネルの中では最も高コストなのがこのIPSパネルです。発色性能に優れ、主要パネルの中で最もキレイな映像を描写できます。また、視野角が非常に広く、見る角度の違いによる色変化が少ないです。ただし、遮光性が低くバックライト光の漏れが大きいという特性があるため、「黒」に関してはどうしても白っぽくなり、再現度が低いと言わざる得ない感じになっています。

また、パネル特性として「応答速度を速くしにくい」点があります。VAと違うのは、速くはできるもののコストが更に掛かるところで、IPSパネルはリフレッシュレート240Hzの製品も多数あります。ただし、非常に高いという感じです。

ゲーミングモニターとしては、応答速度を速くすると価格が高くなるというコスパ面の欠点が、消費者側としてはかなりネック。ただし、予算さえ確保できるのなら明確な欠点はゲームプレイにはあまり影響しないコントラスト比を高くし難い点(「黒」の表現が苦手)ぐらいなので、上位パネルといっても良いかもしれません。

その他の機能等

最後に、その他のディスプレイの他機能等についてもざっくり触れています。気になる方は参考までにご覧ください。

画面の縦(垂直)の角度を調節できる機能です。ゲーミングモニターは視野角の狭いTNパネル採用製品が多いので重要です。
文字通り高さを調節する機能です。ゲーミングモニターは視野角の狭いTNパネル採用製品が多いので重要です。
ディスプレイの画面の表面にはグレア(光沢)タイプとノングレア(非光沢)タイプがあります。グレア(光沢)は色がハッキリと見えキレイですが、照明などの光源がハッキリと映り込む他、周囲のものも映り込みが発生しやすく、ゲーム中では気が散る原因となり兼ねません。ノングレア(非光沢)は、光沢タイプと比べると色のハッキリさは劣ってしまいますが、映り込みが発生しにくく、画面内に集中しやすいため、ゲーミングモニターにはノングレア(非光沢)がおすすめです。
肉眼での視認は難しいですが、ディスプレイ画面では「フリッカー」と呼ばれるチラつきが発生しています。これは眼精疲労の原因になると言われています。その「フリッカー」を抑える技術が「フリッカーフリー」です。あって損はない機能です。
画面を回転させて横長の画面を縦長の画面として使える機能です。長い文章などを読む際にはスクロールの回数を減らせるため、より集中して読むことができます。
画面の横(水平)の角度を調節できる機能です。近くの別の人に画面を見せたい場合などには重宝します。ただ、一人での使用の場合は、本体の角度を変えればいいだけなので、恩恵はあまりないです。
NVIDIAが開発した同期技術です。リフレッシュレートをリアルタイムでFPSと同じになるように調整することで、画面のズレや引き裂けなどと呼ばれる「テアリング」を防止します。また、画面のカクつき(スタッタリング)も防止します。G-SYNCは専用のモジュールがディスプレイに組み込まれていないと利用できないため、搭載製品は少し高くなります。また、GPUがNVIDIA製のものでないと利用できません。
NVIDIAが開発した同期技術です。G-SYNCと同様に、リフレッシュレートをリアルタイムでFPSと同じになるように調整することで、画面のズレや引き裂けなどと呼ばれる「テアリング」を防止します。また、画面のカクつき(スタッタリング)も防止します。G-SYNCと異なり、専用のモジュールなどの必要がなく、AMD製とNVIDIA製のGPUどちらでも利用可能で汎用性が高いです。現状ではG-SYNCの純粋な上位互換と言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。