Amazonプライムデーセール開催中

おすすめ主要CPUの性能比較・一覧表【2024年7月最新版】

2024年7月時点での主要CPU性能の比較一覧表です。新しめの主要CPUのみを掲載しているため、主にこれからPC購入を考えている人向けの比較表になります。
※価格は記事更新時点での主に価格.comやAmazonでの価格となっています。記事内の性能スコアはPassMarkのスコアです。

/ スクロールします \


CPU名称
文字通りCPUの名前です。
評価
評価は管理人の主観的評価です。基本的に総合コスパとワットパフォーマンス重視で評価しています。特にノートPC向けCPUは、端末によって大きく違うので参考程度に。
性能スコア
PassMarkという特に有名なベンチマークのスコアです。総合性能といった感じになっています。
コア
CPUのコアの数(合計)です。コアが多いほどCPU全体の処理性能が高くなり、重い処理への対応力が高まります。ただし、最近では小型な省電力コアが採用されることが多かったりして、合計コア数だけで性能を推し量るのは難しいので注意。
スレッド
スレッドはシステム上で認識するコアの数と思って貰えばOKです。「1コア:1スレッド」が基本ですが、「1コア:2スレッド」のものもあります(SMT・ハイパースレッディング採用コアの場合)。
クロック・周波数(定格/最大)
CPUのクロックは、ざっくり言うと処理の回数を表す数値です。クロックが高いほど、処理できる信号の数が多いことになるので、処理性能が高くなりますが、負荷が高くなるため、発熱や消費電力が多くなります。ただし、コアの性能や他の要素により性能は大きく変わるので、クロックだけで性能は測れない点に注意。
TDP
TDPは熱設計電力のことで、大体の消費電力の目安となります。表向きはベース電力、もしくはTDP PL1の値が表示されていることが多いですが、実質の最大消費電力はTDP PL2の値なので注意(2023年2月時点)。CPUによってはベース電力とTDP PL1が別に設定されていたりしてややこしいですが、その場合には低い方をPL1として扱っています。
内蔵GPU
CPUと同じチップに統合されているGPUの名称です。記載の名前は略称であり、名前が同じでも性能が異なる場合もあるため注意(アーキテクチャが同じ、もしくはわずかな改良には同じ名前が用いられることがあるため)。 
Ryzen 9 7950X3D:Core i9に匹敵するゲーミング性能で電力効率も圧倒的に良い。ただし、高すぎる価格がネック
「3D Va-Cache」を搭載したZen 4のRyzen 9の最上位モデルです。16コア32スレッドによる驚異的なマルチスレッド性能を持ちつつ、Core i9-13900Kに匹敵する2023年10月時点でトップクラスのゲーミング性能を持っています。第13,14世代のCore i9よりも電力効率が大幅に優れているため、総合性能的な意味ではトップのゲーミングCPUと呼べると思います。しかし、「3D V-Cache」搭載による、電力制限の上限値やクロックが7950Xよりもやや低くなっているため、マルチスレッド性能は若干劣ります(とはいえ実用性を左右するほではない)。ネックなのはやはり価格で、2023年10月時点では競合のCore i9よりも2万円前後も高価です。そのため、電力面を除く単純な性能コスパではCore i9の方が若干優れているため、Intelに対する信頼性も含めて意外と選ばれていない印象です。とはいえ、数万円の費用追加よりも効率を取りたい人用の最強クラスのゲーミングCPUです。
Core i7-14700(F):20コアで6万円台前半の高コスパCPU
20コア(8P+12E)28スレッドの第14世代のCore i7のK無しモデルです。K無しモデルよりも消費電力が抑えられており、価格も少し安いです。20コアによるマルチスレッド性能は非常に高いですが、標準設定ではベース電力の65Wで基本稼働する様になっており、消費電力がかなり抑えられているため、K付きよりはマルチスレッド性能が一段落ちてしまいます。ただ、電力制限を調整(解除)することでK付きに近い性能まで引き上げることも可能なので、そのあたりの調整が出来る人にはK付きと実用性は大差なかったりします。ただし、標準設定のままでも発熱が少ないメリットもあり、電力制限を引き上げるなら高性能なクーラーが必要になるので、必要に応じて運用しましょう。
Ryzen 9 7900:省電力な12コア高性能CPU
Ryzen 9 7900は、Zen 4 Ryzenの12コアの省電力モデルCPUです。値下がりが進み、2024年6月時点では6万円を切っているため、「Core i7-14700(F)」に対して十分な競争力を持てるようになっています。最大消費電力(PPT)は88Wに設定されているため非常に省電力ながら、小型コアを含まない12コア24スレッドによる優れたマルチスレッド性能が魅力です。また、付属クーラー「Wraith Prism RGB」が付属品の割には悪くない性能なので、そちらで運用すれば実質コストもやや削減できるのも強みです。電力制限を解除することも可能なので、高性能なクーラーを用意すれば性能をやや引き上げることも可能で、CoreのK無しモデルと違ってオーバークロックにも対応しており、調整幅も非常に広いCPUなので、色々と設定弄ってみたいという人には特に面白いCPUだとも思います。
Core i5-14500 / Core i5-13500:3万円台後半~で14コア。コア単価が非常に安いCPU
第13,14世代Core i5のK無しの上位モデルです。14コア(6P + 8E)で3万円台後半という価格となっており、価格は3.7万円~(2024年1月時点)と安く、コア単価が非常に安いのが魅力です。ミドルレンジCPUとしてはマルチスレッド性能コスパが非常に優れています。デメリットとして、オーバークロックには非対応で電力制限も厳しめなので性能の伸び代が小さい点や、ハイエンドGPU使用時のゲーミング性能はCore i7以降には劣る点などあるのは留意ですが、この価格帯ではあまり気にならない点です。そのため、安さを重視しつつ空冷で十分なCPUでマルチスレッドコスパを追求するなら非常に魅力的な高コスパCPUです。ただし、残念ながらBTOなどではほとんど見掛けないモデルなので、半ば自作専用CPUだと思います。
Core i5-14400(F) / Core i5-13400(F):10コアで3万円台前半~という安さで、低価格構成で非常に強力
10コア(6P + 4E)16スレッドの第13,14世代のCore i5(下位)です。上位CPUと比べるとマルチスレッド性能は劣るもののコスパ自体は良く、重い処理でもこなせる性能ではあるので、安さ重視や、性能を持て余して費用を無駄にしたくない場合に向いているCPUです。ハイエンドGPU使用時がゲーム性能がやや低いのも弱点ではありますが、ハイエンド未満のGPUなら大した差ではありません。そのため、この価格のCPUでハイエンドGPUを採用する人はほとんど居ないため、実質的にはそこまで気にする必要がありません。安さ特化CPUでは非常に強力な選択肢です。
Ryzen 5 7600X/7600:約3万円前後でCore i5-13400(F)と同等の性能・コスパで、AM5の長期サポートを得られる
Zen 4で6コアのRyzen 5です。発売当初は高価だったために低価格PC用のCPUとして機能していませんでしたが、その後値下がりが進んだことで、価格・性能ともに「Core i5-13400F」に近い低価格PCで非常に強力なCPUとなりました。しかし、13400(F)よりもソケットのAM5のサポートは長期化が期待できる面で優位性があり、Coreと違い、RyzenではX3Dモデルの追加による旧シリーズ強化なども見込める関係で、後にCPUを交換をする場合を考えると一段有利なのが魅力です。BTOではまだ13400(F)よりも若干高価なことが多いので難しいですが、自作や一部構成では13400(F)とほぼ同額で導入できることもあるので、その場合にはちょっとおすすめです。
Ryzen 7 8700G/Ryzen 5 8600G:高性能内蔵GPUモデル
RyzenのRDNA 3アーキテクチャ内蔵GPU搭載モデルです。グラボ無しでも重めの3Dゲームや動画編集に対応が可能という、ライトユーザーには非常に魅力的なCPU(APU)です。AI用の「Ryzen AI」を搭載しているのも地味に嬉しいです。コア構成は、「Ryzen 7 8700G」はCPUは8コア16スレッドで、GPUは12コア(Radoen 780M)で、「Ryzen 5 8600G」はCPUは6コア12スレッドで、GPUは8コア(Radeon 760M)となっています。
8700Gと8600Gの内蔵GPUのコア数差(12 / 8)が気になると思いますが、コア数差の1.5倍ほどの差はなく、おおよそ1.2~1.3倍くらいの差です。重めの処理でなければ実用性面での差は意外と小さいので、CPU性能を重視しないなら8600Gでも良いと覚えておくと良いかもしれません。
Ryzen 7 5700X:2万円台中盤で買える圧倒的マルチスレッド性能コスパの旧世代8コアCPU
旧世代ですが、その価格の安さによる圧倒的なマルチスレッド性能コスパで売り上げ上位に居続けるのが「Ryzen 7 5700X」です。2万円台前半~中盤という価格で、3万円ちょっとの「Core i5-14400(F)」や「Ryzen 5 7600(X)」に匹敵するマルチスレッド性能を持つため、非常に優れたコスパを持っています。旧世代のためシングルスレッド性能やゲーム性能はやや落ちるものの、ゲームにおいてはミドルハイくらいまでのGPUならほぼ問題にはならないレベルなので、費用を節約しつつコスパを最大化できる存在として重宝します。電力効率も非常に優れており、未だに高コスパCPUとして非常に強力な存在です。
Snapdragon X Plus / Elite
元は主にスマホ・タブレット向けのArmアーキテクチャのSnapdragonですが、Windows向けとして調整されて登場しました。優れた基本性能と、優れたアイドル時の省電力性を持ち、NPU性能もCopilot+のローカル動作要件を満たす45TOPSを備えているのが魅力です。ただし、発売時点の価格は最安機でも18万円程度からとなっており非常に高価。
Eliteの純粋な性能は「Core Ultra 7 155H」に近いものがあるようなので、重い処理にも対応できる高い性能を持ちます。ただし、Windowsの各ソフトへの最適化が万全ではない点に注意。特にDirectX対応ゲームでは本来よりかなり低い性能となっており、IntelやAMDの最新世代には大きく劣ります。ゲームに限らず、Armに対応していないソフトはエミュレーション動作となり性能が落ちますが、エミュレーション動作ということを考慮しても性能低下が大きすぎる印象なので、やはり最適化不足感が強いです。本来の性能はもっと優れているはずなので、今後のドライバーなどによる改善に期待したいところ。とはいえ、最適化不足による性能低下を考慮しても性能自体が特別低い訳では無く、旧世代のCoreやRyzenに対して性能は上回る他、電力面も優れていはいます。
Zen 3+ 以降のRyzen 7(Ryzen 7 8840U / Ryzen 7 7840U / Ryzen 7 7735U 等)
アーキテクチャに「Zen 3+ / Zen 4」が採用されているRyzen 6000~8000シリーズは、優れた電力効率と内蔵GPUを持っているのが魅力です。効率に優れるためバッテリー持続時間が長い傾向があり、最大の消費電力もCoreよりも低い設定となっているので、発熱が少なく静音性も期待できます。内蔵GPUには「Radeon 680M / 780M」という12CUのRDNA 2/3アーキテクチャのものが採用されており、内蔵GPUとしては高い性能を発揮します。ゲームでは「GeForce GTX 1050 Ti」に迫る性能を持つため、軽いゲームなら非常に快適で、重いゲームも大体のものは動作自体は可能なレベルとなっています(重いゲームを快適にとは言えないけど)。動画編集もFHD以下くらいの軽いものならある程度対応可能で、内蔵GPUながらグラフィック面でも優れた対応力を持ちます。また、2024年現在ではほぼ恩恵はないですが、Zen 4モデル(末尾40以降の一部を除くモデル)ではAI用のNPUである「Ryzen AI」も搭載されています。対抗となるのは「Core Ultra H(シリーズ1)」ですが、そちらよりも基本的にやや安価なので、コスパでは若干上な印象です。
Core Ultra シリーズ1(Core Ultra 7 155H / Core Ultra 5 125H 等)
ようやく7nmに到達した「Meteor Lake」アーキテクチャ採用のIntelの新ブランド「Core Ultra」の第1世代(シリーズ1)です。プロセスの微細化のみならず、タイル設計(チップレット)への移行、GPU性能の向上、NPU(AI用ユニット)やLP Eコア(省電力効率コア)の導入などの多くの変更点が含まれるシリーズとなっています。
特に、内蔵GPU「Arc(Xe-LPG)」の性能は飛躍的な向上となっており、最上位のArc 8コアGPUは対抗のRyzen 8000の最上位の内蔵GPU「Radeon 780M」を上回る非常に高い性能を持ちます。ゲーム性能は「GeForce GTX 1650」にも匹敵するレベルとなっており、軽いゲームなら非常に快適で、重いゲームも大体動作は可能、動画編集もFHD以下程度の軽めのものならある程度対応可能という高い対応力を持ちます。重量級のゲームや動画編集をしないなら、別途のビデオカードは不要なレベルです。
プロセス刷新により前世代までよりも効率も向上している他、LP Eコアのおかげで、特にアイドル時の消費電力削減に期待できるなど、前世代と比べると格段に向上しています。残念ながら、CPUとしての処理性能自体は前世代より良くなっている訳ではなく、効率も対抗のRyzenやApple Mシリーズを上回ると言えるほどではないですが、競争力は以前よりは高まっており、おすすめし易くなったと思います。
Core i5-1340P / Core i7-1360P 等(第12,13世代のCore i5 / i7の末尾P
第12,13世代のデフォルトTDPが28Wとやや高めに設定されている、Core i5 / i7のPモデルです。新しい「Core Ultra」が登場しましたが、在庫処分の値下がりに注目なモデルです。第12世代と第13世代はコア数は同じで性能差は小さいので、安い方でOKです。合計コア数が12~14(4P or 6P + 8E)と多くてマルチスレッド性能が高く、性能コスパに優れているのが魅力です。末尾U(例:Core i5-1335U)よりPコア(高性能コア)の数が多く、マルチスレッド性能が一段高いです。内蔵GPU性能や消費電力の多さでは対抗のRyzenにやや劣る点は注意ですが、採用製品が多くてお得な製品を探しやすいのが魅力です。
Core i5-1335U / Core i7-1355U 等(第12,13世代のCore i5 / i7の末尾U)
第12,13世代のデフォルトTDPが15Wと低めに設定されている、Core i5 / i7のUモデルです。比較的安価に軽作業には十分な処理性能を提供してくれるため、低価格高コスパPC用としておすすめのシリーズです。第12世代と第13世代でコア数は基本同じで処理性能差もわずかなので、安い方でOKです。ただし、コア数合計は10コアと多いものの、高性能コア(Pコア)は2つしかなく、8個が省電力さ重視のEコアな点に注意。コア数の見栄えほどは高性能ではなく、軽作業には十分すぎる性能だけど、重い処理は厳しめといった感じ。採用製品が非常に多く、お得な製品が探しやすいのが特に大きな強みです。
Apple Mシリーズ(M1~M4 の 無印 / Pro / Max)
Apple開発のSoC(CPU)です。非常に優れた電力効率と優れたCPU性能と内蔵GPU性能を持ちます。最下位のM1無印モデルですら、エントリーグラボレベルの優れた内蔵GPU性能を持つため、重めの動画編集なども可能な対応力の高さが魅力です。CPU性能もスレッド数が少ない割には非常に優れており、重い処理も可能です。また、非常に電力効率が良く、重い作業をしていても消費電力がそこまで多くなく、バッテリー利用時でもパフォーマンスが落ちたり駆動時間が短くなりにくいのも持ち運びを頻繁に行う人には嬉しいです。ノートPCとして重要な要素全てを高いレベルで兼ね備えている、非常に完成度の高いSoCです。
ただし、Macにしか搭載されない点は注意です。優れたGPU性能ながら、多くの人気PCゲームはDirectX(Windows用)に最適化されているためネイティブ環境でプレイすることができません。その他のMac用に作られていないソフトについても、基本エミュレーション動作となるためパフォーマンスの低下や予期しないトラブルが発生する可能性がある点も注意が必要です。また、AV1のデコードにもM3以降でしか対応していない点も注意です。

【デスクトップ】主要CPUまとめ

デスクトップPC向けの主要CPU性能比較表です。クロックについて、高性能コア(Pコア)+高効率コア(Eコア)のような混合コア仕様の場合はPコアのクロックを表記しています。また、TDP PL1について、ベース電力が別に設定されていたりすることもありますが、低い方をPL1として表記しているためご注意ください。CPU名はAmazonへのリンクとなっています。

参考:Passmark

【ノートPC・タブレットPC向け】主要CPUまとめ

ノートPC・タブレットPC向けの主要CPU性能比較表です。クロックについて、高性能コア(Pコア)+高効率コア(Eコア)のような、混合コア仕様の場合は高性能コア(Pコア)のクロックを表記しているので注意してください。

TDPは、左側がPL1の数値で右側がPL2もしくは最大値です。ただし、モバイル版CPUにでは必要に応じてTDPをベンダーが調整できるため、表記の数値とは異なる可能性もあります。


【省電力モデル:~28W】
TDP(PL1)が28W以下の省電力モデルです。
CPU名称コスパ
評価
性能
スコア
コア/
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Ryzen 7 8840U
25,646
8/16
3.3 / 5.1GHz28WRadeon 780M
Ryzen 7 7840U
25,394
8/16
3.3 / 5.1GHz28WRadeon 780M
Apple M4 10コア
25,325
10/10
4.41GHz22WApple M4 GPU
Core Ultra 7 155H
25,143
16/22
1.4 / 4.8GHz28W – 64W/115WIntel Iris Xe 8コア
Core Ultra 5 135H
24,276
14/18
1.7 / 4.6GHz28W – 64W/115WIntel Iris Xe 7コア
Snapdragon X Elite (X1E-84-100)
23,272
12/12
3.8 / 4.2GHz23W – 80WAdreno X1
Snapdragon X Plus (X1P-64-100)
22,814
10/10
3.4GHz23W – 80WAdreno X1
Snapdragon X Elite (X1E-80-100)
22,746
12/12
3.4 / 4.0GHz23W – 80WAdreno X1
Snapdragon X Elite (X1E-78-100)
22,741
12/12
3.4GHz23W – 80WAdreno X1
Apple M4 9コア
22,481
9/9
4.41GHz22WApple M4 GPU
Core i7-1370P
21,803
14/20
1.9 / 5.2GHz28W – 64WIris Xe G7 96EU
Core Ultra 5 125H
21,552
14/18
1.2 / 4.5GHz28W – 64W/115WIntel Iris Xe 7コア
Ryzen 5 8640U
6/12
3.5 / 4.9GHz28WRadeon 760M
Ryzen 5 7640U
21,592
6/12
3.5 / 4.9GHz28WRadeon 760M
Ryzen 7 7735U
21,172
8/16
2.7 / 4.8GHz28WRadeon 680M
Ryzen 7 6800U
20,604
8/16
2.7 / 4.7GHz15W – 28WRadeon 680M
Core i5-1340P
20,556
12/16
1.9 / 4.6GHz28W – 64WIris Xe G7 80EU
Core i7-1280P
20,442
14/20
1.8 / 4.8GHz28W – 64WIris Xe G7 96EU
Core i7-1360P
19,681
12/16
2.2 / 5.0GHz28W – 64WIris Xe G7 96EU
Ryzen 5 8540U
19,425
6/12
3.2 / 4.9GHz28WRadeon 740M
Ryzen 7 7730U
19,034
8/16
2.0 / 4.5GHz15WRadeon RX Vega 8
Apple M3
18,869
8/8
4.0GHz22WApple M3 GPU
Ryzen 7 5800U
18,860
8/16
1.9 / 4.4GHz15W – 25WRadeon RX Vega 8
Ryzen 7 5825U
18,714
8/16
2.0 / 4.5GHz15W – 25WRadeon RX Vega 8
Core i5-1250P
18,117
12/16
1.7 / 4.4GHz28W – 64WIris Xe G7 80EU
Core i7-1270P
17,648
12/16
2.2 / 4.8GHz28W – 64WIris Xe G7 96EU
Ryzen 5 7535U
17,419
6/12
2.9 / 4.6GHz28WRadeon 660M
Core i5-1240P
17,393
12/16
1.7 / 4.4GHz28W – 64WIris Xe G7 80EU
Core i7-1260P
17,378
12/16
2.1 / 4.7GHz28W – 64WIris Xe G7 96EU
Core 7 150U
17,369
10/12
1.8 / 5.4GHz15W – 55WIris Xe G7 96EU
Ryzen 5 6600U
17,221
6/12
2.9 / 4.5GHz15W – 28WRadeon 660M
Core Ultra 7 165U
16,756
12/14
1.7 / 4.9GHz15W – 57WIntel Iris Xe 4コア
Core Ultra 5 125U
16,594
12/14
1.3 / 4.3GHz15W – 57WIntel Iris Xe 4コア
Ryzen 5 7530U
16,519
6/12
2.0 / 4.5GHz15WRadeon RX Vega 7
Ryzen 7 5700U
15,825
8/16
1.8 / 4.3GHz15W – 25WRadeon RX Vega 8
Core i7-1355U
15,469
10/12
1.7 / 5.0GHz15W – 55WIris Xe G7 96EU
Ryzen 5 5600U
15,343
6/12
2.3 / 4.2GHz15W – 25WRadeon RX Vega 7
Apple M2
15,340
8/8
3.5GHz22WApple M2 GPU
Ryzen 5 5625U
15,266
6/12
2.3 / 4.3GHz15W – 25WRadeon RX Vega 7
Core i5-1335U
14,934
10/12
1.3 / 4.6GHz15W – 55WIris Xe G7 80EU
Core i3-1220P
14,420
10/12
1.5 / 4.4GHz28W – 64WUHD Xe 64EU
Apple M1
14,130
8/8
3.2GHz15W – 20WApple M1 GPU
Core i7-1255U
13,887
10/12
1.7 / 4.7GHz15W – 55WIris Xe G7 96EU
Core i5-1235U
13,655
10/12
1.3 / 4.4GHz15W – 55WIris Xe G7 80EU
Ryzen 7 4700U
13,482
8/8
2.0 / 4.1GHz15W – 25WRadeon RX Vega 7
Ryzen 5 5500U
13,280
6/12
2.1 / 4.0GHz15W – 25WRadeon RX Vega 7
Core i7-1265U
13,130
10/12
1.8 / 4.8GHz15W – 55WIris Xe G7 96EU
Core i3-1315U
12,632
6/8
1.2 / 4.5GHz15W – 55WUHD Xe 64EU
Core i3-1215U
11,185
6/8
1.2 / 4.4GHz15W – 55WUHD Xe 64EU
Core i7-1195G7
11,076
4/8
2.9 / 5.0GHz15W – 64WIris Xe G7 96EU
Core 3 100U
11,049
6/8
1.2 / 4.7GHz15W – 55WUHD Xe 64EU
Ryzen 5 4500U
11,015
6/6
2.3 / 4.0GHz15W – 25WRadeon RX Vega 6
Core i7-1185G7
10,577
4/8
3.0 / 4.8GHz15W – 64WIris Xe G7 96EU
Ryzen 3 5400U
11,540
4/8
2.6 / 4.0GHz15W – 25WRadeon RX Vega 6
Core i7-1165G7
10,375
4/8
2.8 / 4.7GHz15W – 64WIris Xe G7 96EU
Core i5-1135G7
9,923
4/8
2.4 / 4.2GHz15W – 28WIris Xe G7 80EU
Core i7-10710U
9,739
6/12
1.1 / 4.7GHz15W – 25WUHD 620
Ryzen 3 5300U
9,735
4/8
2.6 / 3.8GHz15W – 25WRadeon RX Vega 6
Core i7-1160G7
9,183
4/8
2.1 / 4.4GHz7W – 15WIris Xe G7 96EU
Core i7-1065G7
8,442
4/8
1.3 / 3.9GHz15W – 25WIris Plus G7
Core i3-N300
8,064
8/8
? / 3.8GHz7WUHD Xe 750 32EU
Core i5-1035G4
8,019
4/8
1.1 / 3.7GHz15W – 25WIris Plus G4
Ryzen 3 4300U
7,492
4/4
2.7 / 3.7GHz15W – 25WRadeon RX Vega 5
Core i5-1035G1
7,487
4/8
1.0 / 3.6GHz15W – 25WUHD G1
Core i7-10510U
6,687
4/8
1.8 / 4.9GHz15W – 25WUHD 620
Ryzen 7 3700U
7,193
4/8
2.3 / 4.0GHz15W – 35WRadeon RX Vega 10
Ryzen 5 3500U
7,001
4/8
2.1 / 3.7GHz15W – 35WRadeon RX Vega 8
Core i5-10210U
6,259
4/8
1.6 / 4.2GHz15W – 25WUHD 620
Core i3-1115G4
6,153
2/4
3.0 / 4.1GHz15W – 28WUHD Xe G4 48EU
Intel N100
5,630
4/4
1.0 / 3.4GHz6WUHD Xe 24EU
Intel N95
5,451
4/4
-3.4GHz15WUHD Xe 16EU
Core i7-10510Y
5,100
4/8
1.2 / 4.5GHz7W – 9WUHD 615
Core i3-1005G1
5,001
2/4
1.2 / 3.4GHz15W – 25WUHD G1
Core i5-10210Y
4,640
4/8
1.0 / 4/0GHz7W – 9WUHD 615
Athlon Gold 3150U
4,028
2/4
2.4 / 3.3GHz15W – 25WRadeon RX Vega 3
Core i3-10110U
3,943
2/4
2.1 / 4.1GHz15W – 25WUHD 620
Athlon 300U
3,933
2/4
2.4 / 3.3GHz15WRadeon RX Vega 3
Ryzen 3 3200U
3,829
2/4
2.6 / 3.5GHz15W – 25WRadeon RX Vega 3
Celeron N5100
3,357
4/4
1.1 / 2.8GHz6WUHD(24EU,Jasper Lake)
Pentium Silver N6000
3,078
4/4
1.1 / 3.0GHz6W – 20WUHD(32EU,Jasper Lake)
Pentium Gold 6500Y
3,016
2/4
1.1 / 3.4GHz5WUHD 615
Athlon Silver 3050U
3,002
2/2
2.3 / 3.2GHz15W – 25WRadeon RX Vega 2
Core i3-10100Y
2,955
2/4
1.0 / 4.0GHz7W – 9WUHD 615
Core m3-8100Y
2,893
2/4
1.1 / 3.4GHz5WUHD 615
Pentium Silver N5030
2,614
4/4
1.1 / 3.1GHz6WUHD 605
Pentium Silver N5000
2,588
4/4
1.1 / 2.7GHz6WUHD 605
Celeron N4120
2,548
4/4
1.1 / 2.6GHz6WUHD 600
Core i7-8500Y
2,484
2/4
1.5 / 4.2GHz5WUHD 615
Celeron N4100
2,442
4/4
1.1 / 2.4GHz6WUHD 600
Core i5-8200Y
2,270
2/4
1.3 / 3.9GHz5WUHD 615
Celeron N4500×
2,018
2/2
1.1 / 2.8GHz6WUHD(16EU,Jasper Lake)
Celeron N4020×
1,820
2/2
1.1 / 2.8GHz6WUHD 600
Pentium 4425Y
1,690
2/4
1.7GHz6WUHD 615
Pentium 4415Y
1,593
2/4
1.6GHz6WHD 615
参考:Passmark

【性能重視モデル:35W~】
TDP(PL1)が35W以上の消費電力が多い代わりに高性能なモデルです。IntelとAMD製では末尾に「H」が付いているのが特徴です。主にゲーミングノートPCなどビデオカード搭載機に採用されています。一部TDPが28W~35Wのモデルもこちらに記載しています。
CPU名称
コスパ
性能
スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Ryzen 9 7945HX
56,985
16/32
2.5 / 5.4GHz55W – 75WRadeon 610M
Core i9-13980HX
48,369
24/32
2.2 / 5.6GHz55W – 157WUHD Xe 32EU
Ryzen 9 7845HX
46,791
12/24
3.0 / 5.2GHz55W – 75WRadeon 610M
Core i9-13950HX
45,644
24/32
2.2 / 5.5GHz55W – 157WUHD 770
Core i9-13900HX
44,968
24/32
2.2 / 5.4GHz55W – 157WUHD Xe 32EU
Apple M3 Max 16コア
39,951
16/16
4.06GHz57WM3 Max 40コア GPU
Apple M3 Max 14コア
35,319
14/14
4.06GHz50WM3 Max 30コア GPU
Core i9-12900HX
34,989
16/24
2.3 / 5.0GHz55W – 157WUHD 770
Core i7-13700HX
34,463
16/24
2.0 / 5.0GHz55W – 157WUHD 770
Ryzen 7 7745HX
32,853
8/16
4.0 / 5.2GHz55W – 75WRadeon 610M
Core i7-12800HX
33,169
16/24
2.0 / 4.8GHz55W – 157WUHD 770
Core i9-12950HX
32,993
16/24
2.5 / 5.0GHz55W – 157WUHD 770
Ryzen 9 7940HS
31,041
8/16
4.0 / 5.0GHz35W – 54WRadeon 780M
Core i9-13900H
30,262
14/20
2.6 / 5.4GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Ryzen 7 8845HS
28,991
8/16
3.8 / 5.1GHz35W – 54WRadeon 780M
Ryzen 9 8945HS
28,913
8/16
4.0 / 5.2GHz35W – 54WRadeon 780M
Core i9-12900H
28,725
14/20
2.5 / 5.0GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Core i7-13700H
28,676
14/20
2.4 / 5.0GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Core Ultra 9 185H
28,225
16/22
2.3 / 5.1GHz45W – 115WIntel Iris Xe 8コア
Core i9-12900HK
28,152
14/20
2.5 / 5.0GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Apple M3 Pro 12コア
27,049
12/12
4.06GHz35WM3 Pro 18コア GPU
Core i7-12700H
26,547
14/20
2.3 / 4.7GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Apple M2 Pro 12コア
26,435
12/12
3.5GHz40WM2 Pro 19コア GPU
Apple M2 Max
26,177
12/12
3.7GHz40WM2 Max 38コア GPU
Core i7-12800H
24,959
14/20
2.4 / 4.8GHz45W – 115WIris Xe G7 96EU
Ryzen 9 6900HS
24,053
8/16
3.2 / 4.7GHz35W – 54WRadeon 680M
Apple M3 Pro 11コア
23,777
11/11
4.06GHz35WM3 Pro 14コア GPU
Core i7-12650H
23,683
10/16
2.3 / 4.7GHz45W – 115WUHD Xe 64EU
Ryzen 9 5980HX
23,584
8/16
3.3 / 4.8GHz45W – 54WRadeon RX Vega 8
Ryzen 7 6800H
23,518
8/16
3.2 / 4.7GHz45W – 54WRadeon 680M
Core i9-11980HK
23,470
8/16
2.6 / 5.0GHz45W – UHD Xe 32EU
Ryzen 5 7640HS
23,263
6/12
4.3 / 5.0GHz35W – 54WRadeon 760M
Ryzen 7 6800HS
22,995
8/16
3.2 / 4.7GHz35W – 54WRadeon 680M
Core i5-13500H
22,979
12/16
2.6 / 4.7GHz45W – 115WIris Xe G7 80EU
Ryzen 9 5900HX
22,780
8/16
3.3 / 4.6GHz45W – 54WRadeon RX Vega 8
Apple M1 Max
22,152
10/10
3.2GHz30WM1 Max 32/24コアGPU
Apple M2 Pro 10コア
21,980
10/10
3.7GHz45WM2 Pro 16コア GPU
Ryzen 9 5900HS
21,907
8/16
3.3 / 4.6GHz35W – 54WRadeon RX Vega 8
Apple M1 Pro 10コア
21,690
10/10
3.2GHz30WM1 Pro 16コア GPU
Core i5-12500H
21,681
12/16
2.8 / 4.5GHz45W – 115WIris Xe G7 80EU
Ryzen 9 5980HS
21,232
8/16
3.0 / 4.8GHz35W – 54WRadeon RX Vega 8
Ryzen 7 5800H
21,197
8/16
3.2 / 4.4GHz45W – 54WRadeon RX Vega 8
Core i9-11900H
21,011
8/16
2.5 / 4.9GHz45W – UHD Xe 32EU
Core i7-11800H
20,834
8/16
2.3 / 4.6GHz45W – UHD Xe 32EU
Core i7-11850H
20,812
8/16
2.5 / 4.8GHz45W – UHD Xe 32EU
Ryzen 7 5800HS
20,502
8/16
2.8 / 4.4GHz35W – 54WRadeon RX Vega 8
Ryzen 9 4900H
19,289
8/16
3.3 / 4.4GHz45W – 54WRadeon RX Vega 8
Ryzen 7 4800H
19,155
8/16
3.0 / 4.2GHz45W – 54WRadeon RX Vega 7
Ryzen 9 4900HS
19,136
8/16
3.0 / 4.3GHz35W – 54WRadeon RX Vega 8
Ryzen 7 4800HS
18,945
8/16
2.9 / 4.2GHz35W – 54WRadeon RX Vega 7
Core i5-12450H
18,032
8/12
2.0 / 4.4GHz45W – 115WUHD Xe G4 48EU
Ryzen 5 5600H
17,439
6/12
3.3 / 4.2GHz45W – 54WRadeon RX Vega 6
Apple M1 Pro 8コア
17,360
8/8
3.2GHz30WM1 Pro 14コア GPU
Core i5-11400H
15,975
6/12
2.7 / 4.5GHz45W – UHD Xe 750
Core i9-10980HK
15,794
8/16
2.4 / 5.3GHz45W – UHD 630
Core i7-10875H
15,585
8/16
2.3 / 5.1GHz45W – UHD 630
Ryzen 5 4600H
14,793
6/12
3.0 / 4.3GHz45W – 54WRadeon RX Vega 6
Ryzen 5 4600HS
14,666
6/12
3.0 / 4.0GHz35W – 54WRadeon RX Vega 6
Core i7-10750H
12,063
6/12
2.6 / 5.0GHz45W – UHD 630
Core i7-11375H
12,049
4/8
3.3 / 5.0GHz35W – Iris Xe G7 96EU
Core i7-11370H
11,790
4/8
3.3 / 4.8GHz35W – Iris Xe G7 96EU
参考:Passmark

主流CPUの全体的な話

デスクトップ用

総合ざっくり評価
CPU名
マルチ
スレッド
シングル
スレッド
ゲーミング
消費電力
発熱
Core i9(第13,14世代)
24コア(8P+16E)
32スレッド
4.75
4.75
4.75
1.5(第14世代)
1.25(第13世代)
Ryzen 9(7000)
16コア32スレッド
12コア24スレッド
4.75(16コア)
4.25(12コア)
4.5
4.75(X3D)
4.5(X3D以外)
1.75(16コア)
2.5(12コア)
Core i7(第14世代)
20コア(8P+12E)
28スレッド
4.5(K)
4.75
4.75
1.5(K)
Core i7(第13世代)
16コア(8P+8E)
20スレッド
4.25(K付き)
4.0(無印)
4.5
4.75
1.75(K付き)
3.75(無印)
Ryzen 7(7000)
8コア16スレッド
3.75
4.5
4.75(X3D)
4.5(X3D以外)
3.5
Core i5 K(第13,14世代)
14コア(6P+8E)
20スレッド
4.0
4.25
4.5
2.75
Ryzen 5(7000)
6コア12スレッド
3.25
4.25
4.5
4.0
Core i5 無印(第13世代)
10~14コア(6P + 4-8E)
16~20スレッド
3.75(14コア)
3.25(10コア)
4.0
4.0
4.0
※ゲーム性能はハイエンドGPUと併用した場合
ざっくり評価まとめ(デスクトップ用CPU)
第13,14世代Core と Ryzen 7000
※良い方が左
シングルスレッドCore > Ryzen
マルチスレッド9:Core Ryzen
その他:Core > Ryzen
ゲーミングCoreRyzen(X3D)Ryzen(その他)Core(i5無印以下)
消費電力と効率RyzenCore
総合コスパCore > Ryzen

デスクトップ用CPUは、Intelの「Core」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流となっており、「Core i7 VS Ryzen 7」のように、同じモデルナンバーの製品が対抗製品となっています。

2023年10月時点での最新モデルは「第13,14世代Coreシリーズ」と「Ryzen 7000シリーズ」です。Coreシリーズが2世代対象になっているのは、第14世代が第13世代のリフレッシュ版であり、ハードウェアの基盤のシステム面での変更が無かったためです(アーキテクチャとダイが同じ)。

第13,14世代のCoreシリーズとRyzen 7000シリーズの比較ですが、まず基本的に性能コスパでは第13,14世代Coreが有利です。

これは、第13,14世代Coreの方がEコアを採用しているためコア数が多く、マルチスレッド性能で上回るケースが多いためです。Ryzen 9とCore i9に関してはほぼ同等なものの、7および5モデルではCoreの方がマルチスレッド性能が基本的に高いです。ゲーミング性能についても、Ryzen「3D V-Cache」搭載のX3Dモデルを除けば、Coreの方が少し上なので、性能だけ見れば競合モデル同士の比較でCoreの方が下回るケースはほぼ無いため、コスパ重視ならCoreを選択する方が無難です。

Ryzenは前述の「X3Dモデル」に関してはゲーミング性能ではCoreに匹敵するものの、該当モデルは価格がやや高くなっているため、やはり性能コスパだけ見ればCoreの方がやや有利という状況です。

ただし、Ryzen 7000シリーズの方が電力効率や消費電力の少なさでは有利なので、効率も重視したい場合にはRyzenも優れた選択肢です。特に、X3Dモデルの最上位の「Ryzen 9 7950X3D」に関しては、「Core i9-13900K」の匹敵するゲーミング性能を持ちつつも消費電力は圧倒的に少なく、電力効率が非常に優れているため、予算を気にしない場合の最強のゲーミングCPUが欲しいなら最適です。

先にも触れた通り、Core i7 / Ryzen 7以下については、Coreの方が有利です。理由は、7以下のモデルでは、Pコア(高性能コア)の数は両者同じですが、第13,14世代CoreではEコア(高効率コア)が4~8コア搭載されており、その分マルチスレッド性能で有利なためです。

ただし、2023年10月時点ではCoreの価格がやや高くなっているのに対し、Ryzenは発売時よりも価格が下がってきているため、市場のその時の価格次第ではある点に注意です。

※基本的にゲームのパフォーマンスを高めるのに最も重要なのはCPUではなくGPUであり、ゲーミング性能は高性能なグラッフィクボードと併用した場合なのでご注意ください。

ノートPC用

ノートPCを含むモバイル端末のCPUでは、デスクトップPC用よりもより省電力性が重視される傾向がある点に注目です。また、ライトユーザーが多い事もあり、性能は最低限あればOKという見方の人も多いので、純粋な性能の高さよりも価格の安さとコスパを重視する人が多いのも特徴です(軽作業が快適にできるくらいの性能がある前提ではあるけど)。

WindowsノートPC用のCPUもデスクトップPC用と同様に、Intelの「Core」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流のCPUとなっています。2024年2月時点の最新モデルは、「Core Ultra シリーズ1」と「Ryzen 8000」シリーズです。ただし、この文章を書いている時点では登場してから日が浅く、価格も非常に高価で製品数も少ないため、前世代がまだメイン世代という感じです。それぞれの特徴についてざっくりと説明しています。対象はTDP(PL1)が28W以下の省電力モデルです。

「Ryzen 7000」シリーズは同じシリーズながらアーキテクチャの異なるモデルが多数存在するため、複雑化している点に要注意です。

総合ざっくり評価
CPU名
マルチ
スレッド
シングル
スレッド
内蔵GPU
省電力
Core Ultra 7シリーズ1
16コア(6P+8E+2LPE)
22スレッド
155H 等
4.5
4.5
4.75
3.5
Ryzen 7(Zen 4)
8コア16スレッド
7840U、8840U 等
4.5
4.5
4.5
4.0
Core Ultra 5シリーズ1
14コア(4P+8E+2LPE)
18スレッド
125H 等
4.25
4.5
4.5
3.5
Core i7-P(第13世代)
12コア(4P+8E)
16スレッド
※12コアモデルのみ評価
1360P 等
4.25
4.5
3.75
3.5
Core 7 シリーズ1
Core i7-U(第13世代)

10コア(2P+8E)
12スレッド
150U、1355U 等
4.0
4.5
3.75
3.75
Ryzen 7(Zen 3+)
8コア16スレッド
7735U、6800U 等
4.25
4.25
4.25
4.0
Ryzen 7(Zen 3)
8コア16スレッド
7730U、5825U 等
4.25
4.0
3.5
4.0
Core i5-P(第13世代)
12コア(4P+8E)
16スレッド
1340P 等
4.25
4.25
3.75
3.5
Core 5 シリーズ1
Core i5-U(第13世代)

10コア(2P+8E)
12スレッド
130U、1335U 等
4.0
4.25
3.75
3.75
Ryzen 5(Zen 3+)
6コア12スレッド
7535U 等
4.0
4.25
4.0
4.0
Ryzen 5(Zen 3)
6コア12スレッド
7530U、5625U 等
4.0
4.0
3.25
4.0
Ryzen 5 7520U(Zen 2)
4コア8スレッド
3.25
3.25
3.25
4.25

ざっくり評価(ノートPC用CPU)
Core Ultra/第13世代と Ryzen 8000/7000 の性能評価
マルチスレッドCore Ultra、Core(P)14コアRyzen(40) Ryzen(35/30) > Core(P)12コア > Core(U) >> Ryzen(20)
シングルスレッドCore(Ultra/P/U)Ryzen(40) Ryzen(35/30) >> Ryzen(20)
内蔵GPUCore Ultra > Ryzen(40) > Ryzen(35) >> Core(P/U) > Ryzen(30) > Ryzen(20)
省電力性能(電力効率)Ryzen(40/35) > Core UltraCore(U) , Ryzen(30)Core(P) , Ryzen(20)

Ryzen 8000/7000(モバイル)の評価

※Zen 4モデル(Ryzen 8040 / 7040 等)が既に登場し一応最新モデルではありますが、2024年2月時点ではまだ製品数が少ない上に、ほとんどが非常に高価で主流モデルというほど流通していないため、Zen 3+以下のRyzen 7000シリーズを主要モデルとして以下では触れています。

ノートPC版のRyzen 7000シリーズはやや複雑になったので注意です。複数のアーキテクチャが混在しています。CPUに関しては、下2桁の番号による命名規則があるので見分けることは出来るので、憶えておくと便利です。

たとえば、Ryzen 7 7730Uの場合は下2桁が「30」なので「Zen 3」モデルとなります。ただし、「Zen 3+」モデルもあり、こちらは下2桁が「35」のRyzen 7735Uなどです。Zen 3とZen 3+は特にGPU性能に大きな差があるので注意です。このように、CPUの見分けは名前から推測することができますが、GPU性能やその他の特徴はそれぞれ異なるので複雑で、正直かなり分かりにくいです。

ただし、どのモデルも高負荷時の省電力性(電力効率)が優れている点は共通の強みです。そのため、基本的にバッテリーの実際の使用時間の長さを重視するなら、CoreよりRyzenの方が少し優秀です(バッテリー容量やディスプレイなどにもよるので一概には言えないけど)。他の点についてはモデル(アーキテクチャ)別に触れていきます。

まず、まだ普及が進んでいないZen 4モデルを除いた場合の2024年2月現在で実質的に最も良いのは、下2桁が35の「Zen 3+」モデル(例:Ryzen 7 7735U)です。CPU自体の性能が優れているのはもちろん、電力効率の良さとGPU性能の高さが魅力です。特に、Ryzen 7搭載の「Radeon 680M」GPUは「GTX 1050 Ti(モバイル版)」に匹敵する性能となっており、軽いゲームなら非常に快適で、動画編集などもFHD以下のものなら対応できるレベルです。専用のVRAMがないこともあり、まだデータ量の多い処理は単体のビデオカードにはさすがに敵わないものの、ライトユーザーなら十分と思える性能だと思います。価格は、Ryzen 7(Zen 3+)の高コスパ製品の場合、おおよそ10万円台~13万円程度となっており高価ではあるものの、Zen 4 RyzenやCore Ultra 7は安くても15万円~16万円は現状することを考えると、実用コスパは上回っていると思います。

一つ下のモデルが、下2桁が30の「Zen 3」モデル(例:Ryzen 5 7530U)です。こちらのモデルは、安価でCPU性能は高くて省電力性も優れるのが非常に魅力的ですが、CPUが古い「Vega」な点に注意が必要です。Vegaは性能が最新ものよりもやや劣る上に、将来性が期待される映像コーデック「AV1」へのハードウェア対応が無い点が大きいです。2024年時点ではそこまで問題にはならないものの、今後は大きなネックとなる可能性もある部分なので、長く使っていきたいPCであれば避けたいというのが個人的な意見です。とはいえ、GPUは割り切って、CPU性能コスパ特化なら良い選択肢なので考えた方次第ではあります。

最後に一番下のモデルが、下2桁が20の「Zen 2」モデル(例:Ryzen 5 7520U)です。こちらのモデルの問題は、最高でも4コアしかないことです。他の Core i5 / Ryzen 5 は6コア以上ですから、マルチスレッド性能が圧倒的に劣ります。

ただし、TDPが8W~15Wと低消費電力で、メモリもLPDDR5対応となっているため、省電力性に優れている点はメリットです。また、内蔵GPUは「Radeon 610M」という「RDNA 2」アーキテクチャ採用のものが搭載されており、性能は低いですが、Vegaとは異なりAV1デコードに対応している点は嬉しいです。そのため、性能にこだわらず、安さと省電力性に特化するなら一応無しではないです。ただし、性能コスパは明らかに悪いので、基本的にはおすすめしません。

第13世代Core(モバイル)の評価

※2024年2月時点ではCore Ultra シリーズ1が既に登場し、そちらが最新モデルとはなりますが、搭載製品がまだ非常に少なく高価であり、主流モデルと言えるほどは市場に出回っていないので、まだ第13世代Coreが主要モデルとして下記では触れています。

第13世代Coreの魅力は、高効率コアを搭載していることによるコア数の多さと、全モデル内蔵GPUにAV1デコード対応があることです。

まずコア面ですが、第13世代Coreでは、コアに小型で低消費電力に特化したコア「Eコア」を多数搭載し、マルチスレッド性能を底上げしています。Eコアはコア自体の性能はメインの高性能コア(Pコア)には劣るので、総合的なマルチスレッド性能はRyzenに対して有利ではない点には注意が必要ですが、小型で低消費電力かつ低コストなので、特に高負荷前提ではない一般用途向けのモバイル向けのCPUとしてはメリットが大きく、実用コスパに優れます。

また、コア数が末尾U(15W~)と末尾P(28W~)で異なる点に注意です。Eコアの数は基本どちらも同じですが、Core i5およびCore i7を基準に見てみると、末尾Uでは10コア(2P + 8E)の12スレッドなのに対し、末尾PモデルはPコアの数が2コア多い合計12コア(4P+8E)16スレッドとなっているため、最大性能に差が出ます(1370Pのみ6Pコアで14コア20スレッド)。性能重視ならもちろん末尾Pモデルの方が良いですが、第13世代Coreは高負荷時の効率があまり良くないため、Pコアを増やしても電力制限のせいで思ったほどは性能が伸びなかったりもするので、性能重視でない場合には気にしなくて良いかと思います。

次に内蔵GPUです。ユニット数(EU)に違いはあるものの、全モデルでAV1デコード機能を持つXeグラフィックスが採用されている点が大きいです。Ryzen 7000で最もコスパが良くて採用数が多いと思われる「Zen 3」の30モデル(例:Ryzen 7 7730U)の内蔵GPU「Vega」にはAV1対応がないので、Coreの方が優位です。ただし、Zen 3+モデルではAV1対応があり、性能でも負けるので、必ず優位という訳ではない点には注意です。とはいえ、重いグラフィック性能を重視しない場合に、初心者の人が手を出すなら失敗の可能性が低いという点でCoreの方がおすすめかなと思います。

電力面については、高負荷時の効率についてはRyzenに劣る傾向があるため、重い処理を頻繁に行う予定がある場合にはRyzenの方が適しています。ただし、前世代と比べると若干改善しており、元々良かったけど向上が無かったRyzenとの差は少し縮まった印象です。バッテリー容量やその他の面次第ではCoreの方が良いケースもあり得るので、機種ごとに確認することをおすすめします。

111 COMMENTS

至急PCが必要になり相談させて下さい!

ネットショップ運営でPCが必要となりました。
他は画像編集、Word、Excelするくらいなのですが、CPU性能比較一覧を見させて頂くと候補のPCのCPUがかなり下のような。。。
不安になりコメントさせて頂きました。

検討中のPCは
ASUS Zenbook Pro 15 OLED UM535QA (UM535QA-KY244W)です。 

大丈夫でしょうか。
機械に弱くざっくりとした質問になりすみません。

とねりん:管理人

Ryzen 7 5800HSは軽作業には十分すぎる性能を持つ高性能CPUなので、性能については安心して大丈夫です。

早速の返信有難うございます。

安心大丈夫とお墨付きを頂き安心しました。
明日買いに行きます!

困っていたで大変助かりました。
有難うございます。

とねりん:管理人

お節介かもしれませんが、挙げられた機種のオフィスは互換品でMicrosoftのものではないですが、その点は大丈夫でしょうか?

ご心配頂き有難うございます。

難しい作業がないので大丈夫だと思います!

とねりん:管理人

大丈夫そうなら良かったです。余計な事を言ってしまいました。

とでもないです!
お心遣い感謝します。

緊急事態にこんな良いサイトと良い管理人様を発見出来て本当に助かりました。

けん

はじめまして。
いつかパソコンを買う時にと思い、面白く見させて頂いています。
と、思っておりましたところ妻のノートパソコン(ACER)の液晶が壊れてきたため買い替えることになりました。
宜しければご助言頂けますでしょうか。

普段はテレワークでTEAMS、Zoomとpowerpoint、Word、Excelを使用。
その他は動画鑑賞とゲーム(妻は地球防衛軍シリーズが大好き)を行うことを考えています。

要求機能
予算 15万円まで
モニターサイズ 15インチ以上
メモリは16GB
テンキー付
Officeは不要
持ち運びは考慮不要
グラフィックボードは出来ればつけたくない(騒音と温度の観点で)
優先度は低いが出来ればUSBで充電したい。

このページを見てAMDのRadeon 680Mが付いているCPUであれば良いのかなと考えておりますが、お勧めの機種がありましたらご教示頂けますと嬉しく思います。
急ぎませんのでお時間ありましたら
よろしくお願い致します。

とねりん:管理人

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。コメント励みになります。

該当の条件で少し探してみましたが、
現状販売されているものだとRyzen 7 7735U搭載のASUS「Zenbook 15 / Zenbook 15 OLED」
https://kakaku.com/item/K0001533169/
https://kakaku.com/item/K0001533167/
くらいしか選択肢が無さそうです。

悪い機種ではないと思いますが、薄型軽量のモバイル性に特化した機種で、現在約14.4~15万円と高価なので、
持ち運びを考慮しない場合のコスパは悪い部類の機種となっています。
また、地球防衛軍の推奨スペックを見ると「Radeon 680M」では届かないのも気になります。

ビデオカードは騒音と温度の観点から出来れば搭載したくないとのことで、気持ちはわかります。ただ、好きなゲームが快適にできないのは本末転倒感もあります。
中にはビデオカードを搭載していても比較的消費電力を抑えたモデルもありますし、省電力モードなどで運用すれば発熱や騒音のネックも少しは軽減されるかと思います(性能は多少犠牲になりますが)ので、一応候補機を見ておいても良いのではないかと思います。
重量やバッテリー持続時間の多少の悪化は避けられませんが、持ち運びを意識しないなら大きなネックにはならなそうですし、割と無難な選択肢になる気もします。
少し探した候補機を下記にいくつか挙げておきます。

・ASUS Vivobook Pro 15 OLED M6500シリーズ(3モデル)
Ryzen 5 5600H/16GB/512GB/RTX 3050/15.6 2.8K 120HZ 有機EL 109,800円
https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5655335600

Ryzen 7 5800H/16GB/512GB/RTX 3050/15.6 2.8K 120HZ 有機EL 119,800円
https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5655335600

Ryzen 7 5800H/16GB/1TB/RTX 3050 Ti/15.6 2.8K 120HZ 有機EL 129,800円
https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5655335600

・Summit E16 Flip(第12世代Core i5モデル)
Core i5-1240P/16GB/512GB/RTX 3050/16 2560×1600 165Hz タッチ/MSIペン付属 ¥139,800
https://www.amazon.co.jp/dp/B0C1YZ9JHM/

もっと良い機種あるかもしれませんが、ぱっと目についたのは上記などでした。
詳細なスペックは省いていますが、いずれもUSB PDにも対応しているはずです。

けん

早速のご返信ありがとうございます。
なるほど、省電力モードで運用ということは考慮に入れていなかったです。
妻はWord作業などがメインなので無駄に発熱、騒音(電気も)はちょっと…と思い、Lenovoなど探しておりました。
おすすめいただいたPCは先日ピケさんにご案内されていた機種ですね!
地球防衛軍ができると妻も喜んでおります(笑)
お忙しいところ、分かりやすい説明とアドバイス大変助かりました。

とねりん:管理人

おそらくWord等のOffice作業中にはGPUはほとんど使われないと思うので、Office作業中のGPUによる発熱を懸念していたらならその点は大丈夫だと思います。
ビデオカードのアイドル消費電力は発生するかと思いますが、熱やファンの回転について大きなネックになるほどではないと思います。
ただ、重めのゲーム中はある程度省電力な設定にしても、さすがに熱やファンの回転音はそれなりに発生してしまうと思うので、その点は留意ですね。
少し底面を浮かすだけでも排熱には結構効果があるらしいので、導入していなかったらスタンド等を導入してみるのも良いかもです。

候補機については、仰る通りASUS Vivobook Pro 15 OLEDは他の方にも先日おすすめしたものです。
現在多少グラフィック性能が欲しい場合の高コスパ機種としては凄く魅力的な一台だと思いますので、またおすすめさせていただきました。

また、後者のMSI Summit E16 Flipも、ディスプレイが16:10で縦範囲が少し広く、オフィス作業などはしやすいかと思いますので、ビジネスユースならおすすめです。
価格はやや高価にはなりますが、タッチ対応でペンも付属しているのも地味に嬉しいかもしれませんし、ASUSのVivobookはプラスチック素材ですがこちらはアルミ製で質感も上質なので、こちらも良ければチェックしてみてください。

けん

Summit E16 FlipのThunderbolt4や、「MIL-STD 810G」準拠(長持ちすると期待)に惹かれたのですが妻にフリップ・ペンタッチ対応がいらないということを言われましたので、ASUSに…と考えておりました。
が、モニター領域が少し広いことを伝えた所、Summit E16 Flipが良いと一転しました。
本当に相談させて頂いて良かったです。ありがとうございました。

とねりん:管理人

ビジネス用途だと縦が少し広い方が便利、という話は実は自分ではよくわからなかったんですが(普段ほぼデスクトップでしか作業しないので)、実際に利用する方が一転するレベルならやっぱり結構重要なんだなと私も認識を深めることができました。
何にせよ、お役に立てたなら幸いです。
こちらこそ何度もお礼を頂きありがとうございます。

Marukru

くだらない質問なのですが評価順に並べた際に〇の下に◎が来るようになっていたのですが、これは管理人さん的に〇のほうが評価が高いという意味なのでしょうか?
些細な事ですが教えていただけるとありがたいです。

とねりん:管理人

いえ、そういう訳ではないのです。普通に◎の方が評価が高いです。
実装しているソート機能が標準設定では記号を思い通りにソートさせることが難しいので、現在のような状況になっています。
更新のたびにちょっと面倒くさいことをすれば出来ないこともないんですが、頻繁に更新するページなので弊害が大きいかなと思って放置しちゃってます…。
紛らわしくて申し訳ありません。

ちょこ

◎〇△×のたかだか4階級でソートする意味もあまりないので、評価でのソートを無効にしてしまえば余計な混乱も生じなくていいのかなと思いました。

とねりん:管理人

そうですね…。とりあえず無効にしておくことにしました。
意見ありがとうございます。

miho

はじめまして。いきなりで申し訳ありません。
ノートパソコンの買い換えについて相談いたしたく、ご連絡させていただきました。
現在使用しているPCはFMV LIFEBOOKでCorei7 7700HQ メモリ8GBですが、起動が遅くなり、たまにキーボード入力の反応がおかしくなり、末期症状かなと思っております。
用途は、Word,Excel,PowerPointとWeb閲覧ですが、複数のファイルを開くのと、買ったばかりのころもメールを立ち上げると長年のメール(添付付き)が溜まっているせいか、かなり重く感じました。ゲームは時々やる位です。
検討中のPCは、
LIFEBOOKのAH WA1/G3 Corei5 1135G7 8GB 99800円
LIFEBOOK のAH50/G2 AMD Ryzen7 5700U 8GB 127000円 です。
以前のコメントのhanaさんと用途は似ており、Corei5でも以前のCorei7よりベンチマークテストの結果は良いようので、問題はないかと思うのですが、Windows11になると必要なスペックが上がると聞いたことがあります。余裕を持って使用するのであれば、どの位のスペックが必要でしょうか。また、Corei5とRyzen7で27000円の差がありますが、コストパフォーマンスとしてはどうなのでしょうか。
お忙しいところ、申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

とねりん:管理人

はじめまして。

キーボードの不具合は、特定のキー以外にも発生している場合には内部的に破損していることが疑われ、修理なども高額になってしまうため、買い替えが基本路線になってしまうかと思います。
用途的にはスペックは今の機種でも十分そうですが、メモリが8GBなので複数のソフトやブラウザのタブをたくさん開いたりするとちょっと処理がモタつく可能性はあると思います。

検討中の機種についてですが、その二つなら後者の「AH50/G2 AMD Ryzen7 5700U」一択です。
前者はディスプレイの解像度が1366×768となっており、2023年現在で15.6型のノートPCのディスプレイとしては正直論外レベルの低さなのでおすすめしないです。

OSについて、Windows 11の方が10より大きく要求スペックが上がるかというと、そんなことはないので安心して大丈夫です。Windows 11の基盤設計は10と概ね同じになっており(Windows 11登場時の公式のFAQでも説明されています)、セキュリティ要件の強化(TPM)やUI面や各最新規格への最適化などが主な変更です。
最小スペック要件が10と比較すると上がっているから要求スペックが上がっていると紹介しているサイトもありますが、そのシステム要件も内容を見れば非常に緩いものとなっており、2023年現在では非常に安価な機種でも十分満たせるレベルのものです。

余裕を持ったスペックについては、Core i5/Ryzen 5以上で6コア以上のCPUという感じが分かり易いかなと思います。ただ、用途的にCPUだけでなくメモリ容量もできれば16GB欲しいかなと思います。
Core i5-1135G7とRyzen 7 5700Uと約27000円の価格差についてですが、ディスプレイなどその他の仕様もややRyzen 7 5700Uの方が良いので、価格差とCPUだけで単純比較はできないです。
ただ、オフィス搭載とはいえ、Ryzen 7 5700Uに8GBメモリで13万円近くというのは高くてコスパは良くない印象です。

最後に検討機種について私からも少し聞きたいのですが、サイズは15インチクラスで、光学ドライブとMicrosoft Office標準搭載が条件という感じでしょうか?
また、メーカーは現在お使いの機種と同じ富士通が候補となっていますが、これは固定したい感じでしょうか?

miho

回答ありがとうございます。
サイズですが、特にこだわりはありませんが余り小さいと見にくいかなと思っています。自宅で使用しているのでデスクトップでも良いのですが、Webミーティングの際に部屋を移動することがあるので、できればノートが良いと思っています。officeはPowerPoint必須で標準搭載を考えています。
メーカーについてですが、以前利用したメーカーは富士通の他には、エプソン、Dynabook(東芝時代)、NEC、Lenovo(ThinkPad)、職場ではHPを使用しています。NECのPCはたまたまなのか熱がこもって使い物にならなかったことで選択肢から外しました。ThinkPadはダウングレード版を購入しアップグレードしましたが、解説書がなくセーフモード(というのでしょうか?真っ黒い画面)の設定をサポートに教えてもらったのですが、間違っていて難儀しました。そのような経験とあまりパソコンは詳しくないため、できれば日本製で安心してサポートが受けられるほうがよいと思い富士通で検討しました。ただ、いくら高いパソコンを購入しても3年~5年で買い換える必要が出てくるので、あまりにも値段が異なり、サポートもまあまあならば他のメーカーも検討したいと思っています。
よろしくお願い致します。

とねりん:管理人

詳細な情報をありがとうございます。

今検討中の機種がコスパ重視なら正直有力とは言えないので、別のおすすめ機種を考えてみたいのですが、光学ドライブとテンキーの必要性についてはいかがでしょうか?
特に最近では光学ドライブ搭載機が少ないので、選択肢の幅が大きく変わります。

miho

おすすめ機種を考えて下さるとのこと、ありがとうございます。
テンキーは不要です。光学ドライブは外付けでもかまわないと思っております。
よろしくお願いします。

とねりん:管理人

ざっと調べてみましたが、国内メーカーではDynabookがおすすめです。オフィス標準搭載モデルは海外メーカーと比べてもコスパは悪くないです。
光学ドライブ搭載モデルもあるので、重量や価格面と相談して判断されると良いと思います。その他の仕様はほとんど同じです。
【光学ドライブあり】
Dynabook BZ/MV
・Core i5-1235U/8GB/256GB ¥117,480
・Core i5-1235U/16GB/512GB ¥127,380

【光学ドライブなし】
Dynabook PZ/MV
・Core i5-1235U/8GB/256GB ¥108,680
・Core i5-1235U/16GB/512GB ¥120,780

上記あたりが構成としてはおすすめになります。ただし、メモリは16GBでも1枚のためシングルチャネルという接続方式となっており、速度は一般的な16GBより少し遅い点に一応注意です。
また、上記価格は、公式ストアでシークレットIDとパスワードを経由した際の価格となっています。ここで書いて良いのかわからないので、記載のメールアドレスに載せておきます(アフィリエイト用のやつとかではなく、全員共通のやつです)。
併せて、価格.comで上記機種のスペックをまとめて表示できるURLも貼っておきますので、良ければご覧ください。一応コスパ特化の海外メーカー機種もいくつか参考に載せていますので、そちらも良ければご覧ください。

miho

先ほどお礼を送信したつもりが、新たにコメントを立ててしまいました。
すみません。
いろいろありがとうございました。

とねりん:管理人

コメント欄が見にくいので…こちらこそお気遣いさせてしまい申し訳ないです。
一応、前のコメントの方はこちらで消しておきますね。
わざわざありがとうございます。励みになります。

ぶん太

こんにちは。楽しく拝見させて頂きました。
恐れ入りますが質問させてください。

長年使ってきたDELL XPS13を引退させて、新しいノートパソコンを購入することを検討しております。

利用用途としましては、ネットサーフィン、簡単なレベルなExcel、一眼レフカメラで撮影した画像の簡単な加工、家庭用ホームビデオ(4KではなくFHD)で撮影した映像の簡単な加工程度なのですが、長く使うものなので出来る限り良い物を買おうかなと思い、予算はオーバースペック目に約25万円程度を用意しております。

最近購入したLGの34インチ(3440×1440)ウルトラワイドモニター 34WP85C-Bへの出力、およびモニターからのUSB type c給電(96w)を前提としてtype cポートを持つノートパソコンを調べているうちにCORE i9またはi7搭載のHP ENVY 15が候補に上がってきたのですが、CPUを選ぶにあたり気をつけることがあればご教授頂けませんでしょうか?(例 core i9やシリーズHだと消費電力が多いため、96wの給電じゃ間に合わないなど。)

よろしくお願いいたします。

とねりん:管理人

はじめまして。

確かに末尾HモデルのCPUは消費電力が多いですし、GPUも単体のもの(GeForceなど)を利用するとなると消費電力が多いです。
ただ、高負荷時には基本96W以上を消費してしまうとは思いますが、常に高負荷で運用する訳でないなら、間の時間に充電されるので恐らく問題ないのではと思います。また、基本バッテリー残量が少なくなったり温度が高くなったりするとパフォーマンスを下げるといった仕組みがありますし、PC上で電源モードも手動で変更できると思いますので対応はできると思います。

おそらく「消費電力のせい(気になって)結局フルパワーで使わないとなったら宝の持ち腐れになるのでは?」という懸念があると思いますが、確かに高負荷で頻繁に運用するならそうなる可能性もあると思いますし、利用者の性格によっては気になって常に標準やエコモード運用になったりする可能性はあるのかなと思います。

>CPUを選ぶにあたり気をつけること
今は第12世代のCoreシリーズがわずかに登場しているので、そちらの方が性能自体は高いことがまずあります(まだ数は少なく高額機ばかりだけど)。

検討中のモデルは恐らく第11世代Core搭載の「HP ENVY 15-ep」だと思いますが、正直第11世代のCoreシリーズは、対抗のRyzen 5000シリーズよりも電力効率が大幅に悪いです。省電力モデルやACアダプター運用ならそこまで気にする必要はありませんが、今回のようなCore Hモデルを単体GPUも込みで100W程度のUSB PDで常に運用したい場合には、やや問題になってくると思います。
Ryzenは今のところThunderboltに対応していない点と、LightroomのRAW現像時間がCoreより若干長かったりする点はあるため、クリエイターソフト使用前提ならCoreが一般的ではありますが、今回のケースでは注意点が特に問題にならないなら選択肢に入れても良いのかなと思います。

ぶん太

とねりん様

早速のご回答ありがとうございます!大変参考になりました、

常に高負荷で運用する訳ではないので対応できそうではあるものの、
第11世代のIntel CPUはRyzenに比べて電力効率が大幅に悪く、
また、すでに一部ではあるもののIntel第12世代のCPUシリーズが登場しているようですので、
もうしばらく待った上で、第12世代のIntel Core i9かi7搭載のノートパソコンを購入しようかと思います。
(現行PCの特価セールをしていたので、思わず飛びつくところでした(汗))

ありがとうございました。

ぶん太

追記です。

その後、別サイトや動画でCPUと消費電力について研究しましたところ、ACアダプターによる電源供給を前提にしない私のようなケースの場合、Intel第12世代を待ったところでCPUのフルスペックを使い切れないため、それならもともと消費電力が低いRYZEN7 5700Gを検討した方が良いのかなとも思ってきました。

ただその場合、Thunderbolt問題があるのですよね、、、 CPU選びは難しいですね。

とねりん:管理人

第12世代でフルスペックを使い切れないにしても第11世代よりはパフォーマンスは多少は向上するとは思いますが、確かにフルスペック運用はするとしても長時間は厳しそうだとは思います。

Ryzen 7 5700Gはデスクトップ向けのものですが、デスクトップを検討しているということでしょうか。また、Ryzen 7 5700Gはデスクトップ向けのCPUとしては省電力ですが、ノートPC向けのCPUと比べると多い方です(Core i9-11900Hとかよりはやや少ないと思いますが)。96WだとCPUだけで結構かつかつで単体のGPUを搭載する余裕はないと思いますが、内蔵GPUでの利用を検討しているということなのでしょうか。

Thunrdoltはどうしようもない問題ですね…。ただ、ご存知だったら申し訳ないですが、機能的には活かせる方は限られていると思うので、必須という訳ではないならそこまで重視しなくても良いかなとも思います。

hana

初めまして、Windowsのノートパソコンを購入したく迷っています。
パソコンでやりたいのは、オフィスを使うのと会計ソフトを入れての作業。
あとはネットサーフィンくらいです。
AMD Ryzen 3 5300U ( 2.60GHz 2MB )か
AMD Ryzen 5 5500U ( 2.10GHz 3MB )でメモリは8GBくらいで考えてます。
どれくらいのスペックがあればストレスなく作業できるのか教えていただけると幸いです。

とねりん:管理人

はじめまして。
挙げられた用途はどれも軽い処理になりますので、Ryzen 3 5300Uでも十分快適に作業できると思います。

オフィス作業やWeb閲覧等の軽作業は、新しめのCPUなら低いグレードのものでも基本普通にこなせますが、ある程度余裕を持ったスペックということであれば、
ノートPC向けCPUなら、RyzenはRyzen 3以上(4000,5000番台)、インテルのCoreシリーズならCore i5以上あたりを基準にされるのが良いと思います。

hana

早速返信、ありがとうございます!
参考にさせてもらいます。

rin

すみません、変なところから書き込んだようで違う方のとこに書いてしまいました…
改めて新規投稿失礼いたします。
下記一度投稿してしまったところからコピペしました!場を荒らして申し訳ありません。。

ゲーム実況や動画編集をしたく初めてゲーミングPCを買おうと思っています。
今フロンティアでセール中の
i7 11700Fの3070ti 234,800円
を買うかhpでセール中の
i7-10700F 3060ti 179,801円
i7-10700F 3060ti 228,800円
を買うか迷っています。
全て16GBですがhpは空冷クーラーなのとストレージが512GB SSD+2TB HDDです。(フロンティアは1TB)

hpは無線機能の欄にIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0という記載もあり便利そうだなという印象です。
CPUとグラボはフロンティアの方が良いのですが比較すべき部分が有りすぎてパンクしそうなのでどうかお助け頂ければと思い書き込ませて頂きました。

実況はAPEXなどではなく、フリーゲームや自作ゲーム、家庭用ゲーム中心にやりたいと思っています。
大きな買いものでセールを見ては尻込みしてしまいます…お時間許す時がありましたらどうかよろしくお願いいたします!

とねりん:管理人

はじめまして。一つ前のコメントは削除しておきますね。結構よく間違える方が居るので、多分コメント欄自体が見にくいのが悪いです。申し訳ありません。
HP OMENのRTX 3060 Tiモデルは安くて非常にコスパが良いですね。ずっと在庫切れだったと思いますが、復活していたんですね。一応ざっくり下記から要点だけ比較してみます。

CPU:11700Fの方が性能が少し(1~2割くらい)高いです。
GPU:RTX 3070 Tiの方が高いです。ただ、RTX 3060 Tiの方が電力効率は優れていますし、重いゲームで200fps以上とか高いレベルを求めない限りはでも十分な性能だと思います。
CPUクーラー:フロンティアは標準クーラー(多分CPU付属品)は正直微妙です。今ならカスタマイズでETS-T40F-TBに3300円で変更できるので、変更するのがおすすめです。HPはCoolerMaster製の92mmのRGBクーラーが採用されているようなので、付属クーラーよりは良いと思います。
ストレージ:用途にもよると思いますが、増設は簡単なのでSSD:1TBの方が嬉しいとは思います。コスパ的にはどちらも大して変わらないと思います。
無線機能:Wi-FiやBluetoothを利用するなら標準で付いているのは嬉しいですが、一応対応パーツを購入して増設するのも簡単です(4,000円~9,000円くらい)。
電源:HPは500WのBRONZE認証で、FRONTIERは日本製コンデンサ仕様の850WのGOLD電源なので、FRONTIERの方が明らかに優れています。正直RTX 3060 Tiで500WのBRONZEはぎりぎりだと思います。
ケース:HPはやや省スペース気味の静音性も重視している感じのケースで、FRONTIERのGHシリーズはハイエンドモデル用のケースなのでエアフローに優れています(前面に多分14cmの大きめファンが2基搭載)。価値でいえばFRONTIERの方が高いと思いますが、14cm以上のファンを前面に配置するとややファンの動作音が気になると思うので、そこは注意かと思います。

どちらもコスパは非常に良いと思うので、上記や価格差から判断することになるのかなと思います。また、大体案として下記モデルなども良さそうなので一応参考までに載せておきます。
ドスパラ raytrek XF 11700F搭載モデル Core i7-11700F/32GB/SSD:512GB/RTX 3070

rin

お返事ありがとうございます!
大変参考になりました。どちらもスペック相応にコスパ良しとのことで悩んでしまいますね…ご提示頂いたガレリアも見てきました!
hpとフロンティアの丁度中間価格、あったら良いなと思っていたドライブが付いていたりhp不安点の電源がGOLDだったりで魅力的でした!

これのために買うといっても過言ではないゲーム実況でPCが5年くらいは最低頑張って動いてくれたらと思うのですがhpのお値段でも可能ですかね?
価格的に一番買い替えが早いのかなと…BRONZE電源はお話を聞いて可能なら調べて自分で交換かなと思いました。
寿命や実況編集の重さに耐えうるPCだと三者とも大きな変わりはないのか、1~2年後ネックになってくるのかお聞きしたいです。
普通に考えればフロンティアが一番スペック高いので価格度外視にすれば一択ですが私のしたいことがhpやガレリアでも問題なく可能ならコスト的にはそちらにすがりたい気持ちです。
ちなみにVTuberではありません。

重ね重ねすみません、よろしくお願いいたします!

とねりん:管理人

寿命や不調などは環境や運の部分もありますし、何年とか具体的なことは正直言えないです。ただ、HPのモデルは今回候補に挙がっている他モデルより電源や排熱性能では劣るため、確率は高くなるとは思います。問題が発生する確率自体は低いと思いますが、リスクが多少高くなること承知の上で安さを取るかという感じになると思います。とはいえ、最低限の動作確認はメーカー側で行われているはずですから、少なくとも1~2年で問題になることはあまり無いとは思います(1年以内なら保証期間ですし)。

また、フロンティアのメリットは高いGPU性能(RTX 3070 Ti)ですが、少しでも高いfpsを出したいとか設定を高くしたいという訳じゃないなら、大きなメリットにはならないと思います。ゲームパフォーマンスよりも実況や動画編集の安定性に重点を置くなら、どちらかというとCPUパフォーマンスの方が重要だと思うので、メモリが32GBあって安いドスパラの方がコスパ的にも用途的にも合っているような気がします(ちなみに、ガレリアじゃなくてクリエイターモデルのraytrekの方を提案させていただきました)。

あと、HPのような海外メーカーで良いなら、LenovoのLegion T550でRyzen 7 5700Gの搭載モデルが最近増えていて、RTX 3070モデルなら約20万円となっていてドスパラやフロンティアよりは安く済みます(今探して気付いたので後出しになってすみません)。電源は650W GOLDとなっているようでHPよりは良いですし、AMDなのでちょっと異なりますがCPU性能自体は10700Fよりは高いので、RTX 3070以上搭載で出来るだけコスパ良く安くしたいというならこちらも悪くないかもしれません。

rin

とねりんさん大変お世話になりました!ここで訪ねて良かったです、本当にありがとうございました。

結果ドスパラのクリエイターモデルraytrexを購入しました!レノボも見て確かに安くスペックも良いものでした~!
日本製にこだわりは無かったので悩みましたが最初ということでいざとなれば秋葉原に行って店員さんに聞いたり出来るメリットや初期不良の保証も1ヶ月あって安心そうだったので決めました。あと納品が早そうで!
スペックも仰って頂いたグラボの優先順位とドスパラのメモリの利点に確かに!と思いました。
カスタマイズでssdを1TB・HDDを2TBに、 冷却を無限五、ファン前部に14cm 静音FAN、電源を750→850にしました。
初めてのPCに過剰なものになったかもしれませんが後々自分で交換したりはリスクがありそうなのでこうなりました…!結果個人的には妥協した箇所がないのでとても良い買い物ができたと思っています。
これからガンガン使っていきたいと思ってます!

ちょっとチャレンジになったかもですが設置設定を自分でやることにしたのでYouTubeや検索でなんとか頑張りたいと思ってます。
まだモニターとスピーカーを買っていないのでまだまだ悩みはつきそうにありません笑
もしまたどうしようもなくなったら頼らせて頂けたら嬉しいです…!

ありがとうございました!

とねりん:管理人

直接アドバイスを聞いたりできるのは大きなメリットですよね。
設定等は基本面倒なだけで、元々Windowsを利用されているなら大して困ることは無いと思います(大体の設定は後で変更することができますし)。
モニターは、高fpsに対応するなら高リフレッシュレート対応のゲーミングモニターということになりますね。PCよりは要点も少ないしそこまで悩む事も無いのかなと思います。
役に立てるかどうかはわかりませんが、また何かあれば気軽に聞いてくださいませ。

ファル

コメント失礼します。初めてなので書き方間違っていましたら申し訳ございません。
ゲーミングノートpcの購入を検討しており、候補がryzen5RTX3060のガレリアで139000円とASUSのZephyrsのryzen9hsRTX3060で169000円の二つです。コスパなど踏まえた上でどちらの方がおすすめか教えて頂けると幸いです。
主にプレイする、したいと思っているゲームはapexやBF2042などFPSがメインです。
よろしくお願いいたします。

とねりん:管理人

はじめまして。気負わずに気軽にコメントしてください。

挙げられたような重いPCゲームはGPU性能が特に重要なので、同じGPUなら安い方が基本ゲーミングコスパは良いです。なので、ゲーミングコスパ単体ならドスパラの方が良いです。
CPUでも差は出ますが、同世代CPUなら3万円差を埋めるほどのfpsの差は基本的に出ないと思います。
また、ASUSの方が Ryzen 9 5900HS + RTX 3060 搭載のROG Zephyrus G14だったら、画面が14インチと少し小さめなので、ゲームメインでガンガン使うならちょっと微妙かもしれないです。

ただ、14インチモデルだと解像度が恐らく2560×1440で少し高いので、映像は少し精細です(ただしリフレッシュレートは120Hzなので少し低い)。それに、CPU性能も大きく高いので、ゲーム以外のCPU性能が重要な処理もするなら魅力的だと思います。

以上のことと、価格差を考慮して選んだら良いのではないかと思います。

ファル

ご返信ありがとうございます。
ゲーム以外にも動画編集などにも興味があり、購入店のポイント還元もあり実質的な金額差は一万円程なのでZephyerの方を購入することにしました。
ZephyerはG15の方だったのでモニターのサイズも良さげでしたw
今後、デスクトップなど購入することになる際にも参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

とねりん:管理人

私も価格を完全に把握している訳ではないのですが、ROG Zephyrus G15のRyzen 9 5900HS + RTX 3060 は今確認したら相場20万円~くらいなので、ちょっと信じられないくらい安いですね…。
ポイントもそれだけ付くならROG Zephyrusの方がお得なので、良い選択だったと思います。

green

はじめまして。

他の方のコメントなども読ませていただき、私程の者が質問させていただくのも申し訳ないようにも思うのですが、どうかよろしくお願いします。

今、PCの買い替えを考えています。(起動や動きが遅いため)
普段はネットを見たり、メール機能、簡単なWordやExcel、ゲーム(お遊びの)、写真の保存(家族写真)をするぐらいです。
日本製のものより少し安価な海外ブランドはどうかと考えています。
その中で、
ASUS VivoBook S15 M533IA M533IA-EC0
を検討していますが、よろしければアドバイスをお願いいたします。
予算は10万ぐらいまででと思っています。

他にお勧めなどがありますでしょうか。

とねりん:管理人

はじめまして。そんなにかしこまらなくても、気軽にコメントして頂いて大丈夫ですよ。

用途的にはゲームが重いものでなければ比較的ライトなので、最新のCore i5/Ryzen 5なら問題無さそうな感じですね。
ASUS VivoBook S15はコスパが良く、見た目も良くて悪くない選択肢だと思います。
メモリが8GBな点がちょっと頼りなくはあるので、今買える似た候補を挙げるなら、
DELLのInspiron 15(5515) や、LenovoのThinkBook 15 Gen 2(AMD)などの方が、Ryzen 7機はメモリが16GB標準なので、少し高くはなりますがコスパは良いのかなと思います。
後者はディスプレイの色域も広いものが採用されているので、キレイな画像が好きならおすすめです。
追記:ThinkBook 15 Gen 2 AMDについては色域の狭いパネルが採用されるのが基本なようです。間違いをお伝えしてしまい、誠に申し訳ございません。お詫びして訂正いたします。

green

早速にお返事が来て、ビックリです!!
本当にありがとうございます。

教えていただいた機種を調べてみます!
何よりきれいな画像には惹かれます、動画もよく見るので。。。

詳しくないけども、私ぐらいの感じでパソコンを使うという方も多いと思うので頂いたお返事はそういう方にとってすごく参考になると思います。

ありがとうございました。

rin

はじめまして、ゲーム実況や動画編集をしたく初めてゲーミングPCを買おうと思っています。
今フロンティアでセール中の
i7 11700Fの3070ti 234,800円
を買うかhpでセール中の
i7-10700F 3060ti 179,801円
i7-10700F 3060ti 228,800円
を買うか迷っています。
全て16GBですがhpは空冷クーラーなのとストレージが512GB SSD+2TB HDDです。(フロンティアは1TB)

hpは無線機能の欄にIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0という記載もあり便利そうだなという印象です。
CPUとグラボはフロンティアの方が良いのですが比較すべき部分が有りすぎてパンクしそうなのでどうかお助け頂ければと思い書き込ませて頂きました。

実況はAPEXなどではなく、フリーゲームや自作ゲーム、家庭用ゲーム中心にやりたいと思っています。
大きな買いものでセールを見ては尻込みしてしまいます…お時間許す時がありましたらどうかよろしくお願いいたします!

ぴの

はじめまして。
Adobeを使用しての動画編集を行っていきたいと考えておりノートパソコンの購入を考えてます。
家電量販店では、できるだけ価格を抑えたいといったところ
ASUSのCore i7 1165G7と Ryzen7 4700U を進められたのですがどちらがよいとおもわれますか?
動画編集にはシングルとマルチスレッドどちらがいい方がいいのでしょうか。
AdobeはIntelのほうが相性がいいとの記事をみたのですがどうでしょう。
また4Kとかを編集するわけではないからそこまでGPUも関係ないとか聞いたのですが
やはりBTOとかのほうがいいのかな…とかも考えています。
BTOは見に行ってないのでお店だったらどのくらいの価格かもわからないですし
初心者がBTOを使いこなせるのか不安です。
また、出来ればWordExcelも入れたいのでこれらを踏まえてどの選択がよいのかアドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

とねりん:管理人

はじめまして。

Adobe Premiereで外部GPU無しだと、4KだとRyzen APUは書き出し速度が遅くなる傾向があったと思います(CPUの問題なのか内蔵GPUの最適化の問題なのかはわかりませんが)。そのため、一応4Kも視野に入れるならCore i7-1165G7の方が適していると思います。ただ、4Kだと外部GPU搭載でないと処理が遅く辛いと思います。FHDなら基本的に気にするほどの差はなく、ソフトウェアエンコードならRyzen 7 4700Uの方が高速なくらいだと思います。

シングルスレッド性能とマルチスレッド性能については、動画編集ソフトでは処理によってGPUによる支援を受けるものもあるため、一概に判断するのは難しいかもしれません。一般的にはCPUによる書き出し(レンダリング)、エンコード等の高負荷な処理ではマルチスレッド性能が重要で、その他の主に負荷の小さい処理等ではシングルスレッド性能が重要という感じだと思います。ただ、内蔵GPU使用だとAdobe Premiereでは書き出しはIntel CPUの方が有利な傾向があります。

BTOの敷居を高く感じているようですが、そこまで気負うほどのものではないです。ただ、ノートPCだと外部GPU搭載品でもほとんどは既製品だと思います。Officeソフトについては、一部標準搭載で安いものもありますが、基本的には単純にOffice費用が加算されているだけの形になるので、深く気にする必要はありません。ただ、後から導入しようとするとやや高く付くのでその点は注意が必要だと思います。

ぴの

返信ありがとうございます。
色々と調べてCore i7-1165G7のほうが動画編集にはよさそうだったのでこの2択ならこちらにしたいなと思いました。
因みにソフトウェアエンコードとはどのようなことでしょうか…?

BTOも普通の感覚でいいのですね!笑
どうもゲーマーとかのイメージだったので(;・∀・)

そして色々と調べているうちにAdobeを使うなら外部GPUがあるほうがいいとか
音声を付けたり今後4Kをすることになるなら外部GPUが必要と言っている方が多く、BTOのGPUがついているもののほうがいいのかなとだんだん迷ってきました、、、
家電量販店の方でもビジネスパソコンでも編集をしている人はいるしできますという人もいれば
上記のように仰る方もいて、実際ソフトを使用して何がどの程度変わるのかが分からないから素人には難しいですね。。。
まだ私は実際にどのようなことまで行うのかはちゃんと分かっていないから迷うというのもありますが…

きっとGPUがあるにこしたことはないと思いますが自分がどの程度までお金をかけれるかなんでしょうね(>_<)

とねりん:管理人

そうですね。内蔵GPU利用ならCore i7-1165G7の方が上だと思うので良いと思います。
ソフトウェアエンコードというのはCPUによるエンコードのことになります。GPUも利用するハードウェアエンコードに比べて速度はかなり遅くなりますが、圧縮率や画質面では少しだけ有利とされているので、特に質を優先したい場合にはソフトウェアエンコードにする人も居るという感じになります。

実際FHDくらいまでなら最新CPUなら外部GPU無しでも十分対応可能だと思いますし、今後は4K等の高解像度が主流になるからという意見もわかります。仰る通り予算次第という感じになりますね…。
ただ、やはり4Kだと外部GPUが無いと処理時間的に辛いので、ある程度継続して動画制作を行っていく予定なら外部GPU搭載機の方が良いとは思います。

ぴの

ありがとうございます!
そして何度もすみません。

おすすめ主要GPU性能比較表というページも見させていただきました。
Core i7-1165G7はGeForceMX350(スコア1326)と同程度と認識していますが外部GPUPCを購入する場合
どの程度の記載があるものを選んだら価値があるでしょうか?

また、今は価格が高騰しているとのことですが数か月以内でBTO商品が安くなることは考えられますか?

とねりん:管理人

該当ページ記載のスコアは主にゲーミング性能に焦点を当てたものですが、MX350とCore i7-1165G7のXe G7は確かにチップの性能自体は近いと考えられます。
ただし、動画編集等においては「専用のビデオメモリがある」ということが結構重要なので、チップ性能自体は近くても専用のビデオメモリを持たないXe G7では動画編集面では比較になりません。
基本的に内蔵でない単体のGPU(外部)に搭載されるビデオメモリは、CPUが利用するメインメモリよりも圧倒的に高速なため、動画編集のような大量のデータを扱う処理の場合にはこれが非常に役に立ちます。

GPUの高騰が落ち着く時期についてですが、正直検討がつきません。ただ、外部GPU搭載のゲーミングノートやクリエイター向けノートではデスクトップほどは影響を受けていない印象なので、必要なら購入を検討しても良いと思います。

ゆんまる

インテルとADMのどちらがいいのかわからなくてコメントさせて頂きます。
Lenovo IdeaPad Slim550を購入しようかとおもうのですが、スペックで悩んでいます。
用途は基本的なネットサーフィンやオフィス利用と動画編集です。
動画編集は動画をつないでテロップを入れる程度です。

・ADM
CPU AMD Ryzen 5 5500U ( 2.10GHz 3MB ) 
メモリ 8.0GB DDR4-3200 DDR4 オンボード 3200MHz
ストレージ 256GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
AMD Radeonグラフィックス
価格 66462円

・インテル
CPU インテル Core i5-1135G7 プロセッサー ( 2.40GHz 8MB )
メモリ 8.0GB DDR4-3200 DDR4 オンボード 3200MHz
ストレージ 256GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
CPU内蔵 (インテル Iris Xe グラフィックス)
価格 72072円

もしかしたらこの性能すらいらない用途なのかもしれませんが、見解をお伺いできれば幸いです。

とねりん:管理人

用途的にはどちらも十分な性能だと思います。4Kなどの高解像度の動画だと少し処理に時間が掛かってしまうかもしれないくらいだと思います。

個人的には価格の安くてマルチスレッド性能の高いRyzen 5 5500Uの方がコスパは良いと思います。バッテリー持ちも少し良いです。
ただし、Core i5-1135G7の方がシングルスレッド性能と内蔵グラフィック性能は少し高いので、グラフィック関連処理を重視するならCore i5-1135G7も悪くないと思います。

また、余談ですが、レノボ・ショッピングはWeb広告経由だと少し安くなることが多いです。URLの「ja/」の後ろに「jpad/」と付け足してみると該当ページになると思うので、良ければ確認してみてください。

ゆんまる

有益な情報ありがとうございます。
参考に購入したいとおもいます。
ありがとうございました。

コナンパパ

初めて、Inspiron 15 3000 プレミアム Ryzen 5 3500UとInspiron 15 3000 プラチナ Ryzen 7 3700UとInspiron 15 5000 プラチナ Ryzen 7 4700U
迷っています。
仕事では使用せず、写真を保存するぐらいで私用にて使用するだけです。
嫁がネットを見て動画を見ています。
何方か教えてください。

とねりん:管理人

はじめまして。
写真を保存したりネットで動画を視聴する程度の用途でしたら、挙げられた機種のどれでも性能は十分すぎるほどです。
ただし、Ryzen 4000番台の方が新しいCPUで、性能は大幅に高くて電力効率が良いためおすすめです。挙げられた中だとRyzen 7 4700Uのモデルですね。
予算を抑えることも視野に入れるのでしたら、Ryzen 5 4500UというCPUの機種も恐らくあるかと思うので、そちらも検討されるとよろしいかと思います。

ダンディ

大変参考になる回答ありがとうございました。入学に間に合わなければ意味がないので現行機でなるべく良いものを探してみようと思います。

ダンディ

はじめまして、ノートpcの事を調べていたらこのサイトに辿りつきました。少しご教示お願いします。子供が来年4月から3Dゲームプログラマーの専門学校に進学予定でノートpcが必要なのですがtiger like hシリーズは入学式までに発売されると思いますか?また、dgpuにRTX3000シリーズも選択可能になるものでしょうか?もし、間に合うのなら待って見ようと思うのですが。宜しくお願いします。

とねりん:管理人

はじめまして。
正直なところ、現時点ではどちらも具体的な登場時期についてはほとんど情報がないため何とも言えない、というのが本音です。申し訳ありません。

一応参考までに自分の意見を述べておくと、「RTX 30シリーズ」についてはもしかしたら一部製品の発売が間に合うかもしれません。ただし「Tiger Lake-H」については、過去の例を見る限りでは省電力モデルの登場から約半年後に登場する傾向があるという事を踏まえると、少なくとも4月までに手元に届くということは厳しい気がします。従来通りなら、搭載PCの発売が4月頃になるという感じだと思います。
また余談ですが、4月までという事ならRyzen 5000シリーズ(モバイル)の方がまだ望みがあるのではと思います。
最後にまた改めて言っておきますが、これらのことは何の確証もない予想ですので、あくまで参考までにしてくださいませ。

ダンディ

回答ありがとうございます。では、Ryzen5000シリーズでもRTX3000シリーズの搭載機種はでてくるものでしょうか?また、予想で構わないのでRyzen5000シリーズとtiger lake hシリーズとはどちらの方がcpu性能が上になると予想されます?

とねりん:管理人

「Ryzen 5000」+「RTX3000」機種自体はその内出てくると思いますが、デスクトップと違いノートPCは発表から実際の発売まで多少ラグがあるケースが多いので、4月に間に合うかは微妙なところだと思います。特に今は情勢も特殊なので、手元に届くまでにどれだけの期間を要するかが見当が付かないです。

「Ryzen 5000」はリークではZen2とZen3アーキテクチャが混合された紛らわしいラインナップになるとされています。奇数番台(5700U等)はZen2、偶数番台(5800U等)はZen3といった感じです。
「Zen2」搭載分に関しては現行の4000シリーズと同じアーキテクチャなので、シングルスレッド性能は大幅に「Tiger Lake-H」の方が有利で、同コア数ならマルチスレッド性能もやや「Tiger lake-H」の方がやや有利か同等程度になるのではないかと予想します(現在登場している4コアのTiger Lake性能から想像して)。
「Zen3」搭載分に関してはデスクトップ版の性能を見る限り、「Tiger Lake-H」よりも「Zen3」の方がほぼ全面的に有利になると予想します。内蔵GPUについては96EUのXe Graphics採用モデルならTiger Lake側が若干有利となる気もしますが、dGPU搭載機を検討中ならあまり関係ないですね。

といった感じで、かなり雑な予想にはなりますが参考になれば…。

現在コメントは受け付けておりません。