サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

おすすめ主要CPUの性能比較・一覧表【2019年4月最新版】

2019年3月時点での主要CPU性能一覧表です。新しめの主要CPUのみを掲載しています。
そのため、主にこれからPC購入を考えている人向けの比較表になります。
(2018/6/7:見易くなるようにレイアウトを少し変更)
【例:デスクトップ向けCPU】
CPU名称 評価 性能スコア 定格クロック(TB時) TDP
コア
(スレッド)
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i7 8700K 16100 3.7GHz(4.7GHz) 95W 6(12) 169.5 0.397 41,000円
【例:ノートPC・タブレットPC向けCPU】
CPU名称
性能スコア
定格クロック
TB時最大
TDP
コア
スレッド
Core i7 8750H 12100 1.9GHz 4.1GHz 45W 6 12
【各項目の説明】
性能スコアPASSMARKのベンチマークスコアを参考にした目安の値。CPU等の性能を示す指標の値。
TDP熱設計消費電力の事で、消費電力の目安。
ワットパフォーマンス1Wあたり(W単位)での性能スコア値。 
コスパ1円あたりの(円単位)での性能スコア値。
※モバイル端末向けのCPUは、単体価格が不明で、CPU単体での評価が難しいため未評価としています。
ベンチマークスコア:PassMarkを参考にした目安の値。
TDP:熱設計消費電力の事で、大体の消費電力の目安。
価格:更新時点での価格.comの最安値価格。
Core i5 9400F
2018年に最強コスパCPUとして支持され続けた「Core i5 8400」の後継「Core i5 9400」の内蔵グラフィックス無し版。
内蔵グラフィックス以外の仕様は「Core i5 8400」の動作クロックを0.1GHz(100MHz)だけ引き上げたシンプルなもの。
2万円台前半という格安価格で「Core i5 8400」をほんの少し上回る性能の高コスパCPU。
CPU単体としても優れた性能・コスパだが、従来より大幅な向上ではない。ただ、増設用グラフィックボードを使用する前提なら圧倒的すぎるコスパとなる。
ゲーミング性能も「Core i5 8400」とほぼ同じで、Core i7 8700Kに迫るという非常に高い数値を記録している。
マルチタスク時の処理はCore i7と比べるとやはり不安は残るが、Core i5ながらハイエンドCPU向けの用途にも十分使える性能。
Ryzen 5 2600
第2世代のRyzen 5。2019年2月時点で約21,000円という価格の安さながらハイエンド級のマルチスレッド性能を発揮する。
圧倒的すぎるコスパで人気のCPU。ただし、ゲーミング性能がIntel製CPUと比べると若干低い点と、メモリーの速度・容量にパフォーマンスが影響されやすい点は注意が必要。
Ryzen 7 2700X
Core i7 8700Kを上回る非常に高いマルチスレッド性能・コスパを持つ。
この性能帯では価格がズバ抜けて安く、手を出し易い。
Intel製CPUと違い、静音性・冷却性共にそこそこ良いCPUクーラーが標準付属している点も嬉しい。
ただし、ゲーミング性能がIntel製CPUと比べると若干低い点と、メモリーの速度・容量にパフォーマンスが影響されやすい点は注意が必要。
Core i7 8750H
ノートPC向けのCPUとしては破格の性能を持つ。現状ではノートPC向けトップ層のCPUの一つ。
ベンチマークスコアは第7世代のデスクトップ向けCore i7を上回る性能を持つ。
Core i5 8250U
2016年以前のデスクトップ向けのCore i5同等以上の性能持っている。
ノートPC向けのCPUとしては高い処理性能に加え、消費電力の少なさ・発熱の少なさも併せ持つ。
価格もリーズナブルで、ノートパソコンだけでなく2in1等のタブレットにも採用が多い。コスパが魅力かつ万能な人気CPU。
Ryzen 3 2300U/Ryzen 5 2500U
高性能GPUを内蔵しているAPUモデルのRyzen。内蔵GPUとしては非常に高いグラフィック性能(ゲーミング性能)を持つ。
別途費用や手間を掛けずに、軽めのゲームも楽しみたいという人に最適。
CPU自体の性能も高性能で、Core i5 8250Uと同じか若干劣る程度。

デスクトップ向け主要CPU性能比較表

デスクトップPC向けの主要CPU性能比較表です。
また、AMDのRyzenは、NVIDIA製のGPU使用時のグラフィック性能がIntel製CPUよりも少し低いです。
これを考慮して評価を少し低めにしています。
【Intel】
CPU名称 評価 性能スコア 定格クロック(TB時) TDP
コア
(スレッド)
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i9 9900K 20500 3.3GHz(5.0GHz) 95W 8(16) 215.8 0.325 63,000円
Core i7 9700K 17400 3.6GHz(4.9GHz) 95W 8(8) 183.2 0.370 47,000円
Core i7 8700K 16100 3.7GHz(4.7GHz) 95W 6(12) 169.5 0.358 45,000円
Core i7 8700 15250 3.2GHz(4.6GHz) 65W 6(12) 234.6 0.391 39,000円
Core i5 9600K 13500 3.7GHz(4.6GHz) 95W 6(6) 142.1 0.397 34,000円
Core i5 8600K 12800 3.6GHz(4.3GHz) 95W 6(6) 134.7 0.376 34,000円
Core i5 8600
12400 3.1GHz(4.3GHz) 65W 6(6) 190.8 0.400 31,000円
Core i5 8500 12100 3.0GHz(4.1GHz) 65W 6(6) 186.2 0.410 29,500円
Core i7 7700K 12100 4.2GHz(4.5GHz) 95W 4(8) 127.4 0.252 48,000円
Core i5 9400F 12050 2.9GHz(4.1GHz) 65W 6(6) 185.4 0.502 24,000円
Core i5 8400 11700 2.8GHz(4.0GHz) 65W 6(6) 180 0.418 28,000円
Core i7 7700 10800 3.6GHz(4.2GHz) 65W 4(8) 166.2 0.263 41,000円
Core i3 8350K 9200 4.0GHz 91W 4(4) 101.1 0.438 21,000円
Core i3 8300 8860 3.7GHz 62W 4(4) 142.9 0.521 17,000円
Core i3 8100 8100 3.6GHz 65W 4(4) 124.6 0.506 16,000円
Core i5 7500 8000 3.4GHz(3.8GHz) 65W 4(4) 123.1 0.348 23,000円
Core i3 7100 5800 3.9GHz 51W 2(4) 113.7 0.414 14,000円
Pentium G4560 5100 3.5GHz 54W 2(4) 94.4 0.785 6,500円
【AMD】
CPU名称 評価 性能スコア 定格クロック(TB時) TDP
コア
(スレッド)
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Ryzen 7 2700X 17100 3.7GHz(4.3GHz) 105W 8(16) 162.9 0.552 31,000円
Ryzen 7 2700 15450 3.2GHz(4.1GHz) 65W 8(16) 237.7 0.533 29,000円
Ryzen 7 1800X 15400 3.6GHz(4.0GHz) 95W 8(16) 162.1 0.44 35,000円
Ryzen 7 1700X 14600 3.4GHz(3.8GHz) 95W 8(16) 153.7 0.521 28,000円
Ryzen 5 2600X 14300 3.6GHz(4.2GHz) 95W 6(12) 150.5 0.622 23,000円
Ryzen 7 1700 13700 3.0GHz(3.7GHz) 65W 8(16) 210.8 0.571 24,000円
Ryzen 5 2600 13500 3.4GHz(3.9GHz) 65W 6(12) 207.7 0.711 19,000円
Ryzen 5 1600X 13300 3.6GHz(4.0GHz) 95W 6(12) 140 0.665 20,000円
Ryzen 5 1600 12400 3.2GHz(3.6GHz) 65W 6(12) 190.8 0.689 18,000円
Ryzen 5 1500X 10300 3.5GHz(3.7GHz) 65W 4(8) 158.5 0.736 14,000円
Ryzen 5 2400G 9400 3.6GHz(3.9GHz) 65W 4(8) 144.6 0.553 17,000円
Ryzen 5 1400 8500 3.2GHz(3.4GHz) 65W 4(8) 130.8 0.567 15,000円
Ryzen 3 2200G 7600 3.5GHz(3.7GHz) 65W 4(4) 116.9 0.633 12,000円
Ryzen 3 1300X 7500 3.5GHz(3.7GHz) 65W 4(4) 115.4 0.5 15,000円
Ryzen 3 1200 7200 3.1GHz(3.4GHz) 65W 4(4) 110.8 0.514 14,000円
Athlon 200GE 4900 3.2GHz 35W 2(4) 140 0.7 7,000円

ノートPC・タブレットPC向け主要CPU性能比較表

ノートPC・タブレット向けの主要CPU性能比較表です。
【Intel】
CPU名称
性能スコア
定格クロック
TB時最大
TDP
コア
スレッド
Core i7 8750H 12600 1.9GHz 4.1GHz 45W 6 12
Core i7 8650U 9280 1.9GHz 4.2GHz 15W 4 8
Core i7 7700HQ 8950 2.8GHz 3.8GHz 45W 4 8
Core i7 8565U 8840 1.8GHz 4.6GHz 15W 4 8
Core i7 8550U 8300 1.8GHz 4.0GHz 15W 4 8
Core i5 8350U 8200 1.7GHz 3.6GHz 15W 4 8
Core i5 8265U 8100 1.6GHz 3.9GHz 15W 4 8
Core i5 8250U 7600 1.6GHz 3.4GHz 15W 4 8
Core i3 8145U 5720 2.1GHz 3.9GHz 15W 2 4
Core i7 7500U 5240 2.7GHz 3.5GHz 15W 2 4
Core i3 8130U 5080 2.2GHz 3.4GHz 15W 2 4
Core i5 7200U 4720 2.5GHz 3.1GHz 15W 2 4
Core i7 7Y75 3950 1.3GHz 3.6GHz 4.5W 2 4
Core i3 7100U 3870 2.4GHz 15W 2 4
Core i5 7Y54 3520 1.2GHz 3.2GHz 4.5W 2 4
Core m3 7Y30 3380 1GHz 2.6GHz 4.5W 2 4
Core i3 6006U 3160 2GHz 15W 2 4
Celeron 3865U 1950 1.8GHz 15W 2 2
Celeron N3450 1820 1.1GHz 2.2GHz 17W 2 4
Celeron 3965Y 1620 1.5GHz 6W 2 2
Atom x5-Z8350 1260 1.44GHz 1.9GHz 4W 4 4
Celeron N3350 1140 1.1GHz 2.4GHz 6W 2 2
Celeron N3060 960 1.6GHz 6W 2 2
【AMD】
CPU名称
性能スコア
 定格クロック
TB時最大
TDP
コア
スレッド
Ryzen 7 2700U 7600 2.2GHz 3.8GHz 15W 4 8
Ryzen 5 2500U 7600 2.0GHz 3.6GHz 15W 4 8
Ryzen 3 2300U 7100 2.0GHz 3.4GHz 15W 4 4
Ryzen 3 2200U 4400 2.5GHz 3.4GHz 15W 2 4
A9-9420 2320 3.0GHz 3.4GHz 15W 2 2
E2-9000 1820 1.8GHz 2.2GHz 10W 2 2
A6-9220e 1560 1.6GHz 2.4GHz ? 2 2
E2-9000e 1300 1.5GHz 2.0GHz 6W 2 2

主流CPUの全体的な話

デスクトップ用CPUは「Core iシリーズ」と「Ryzenシリーズ」が主力のCPUとなっている。
ノートPC用CPUにおいても、これからそうなるであろうと思われる。
今回の比較表では性能指標にPassMarkの数値のみを用いているため分かり辛いが、双方特徴がある。
「Core i7」と「Ryzen 7」を比較すると、
Ryzen 7 >> Core i7(マルチスレッド性能)
Core i7 > Ryzen 7(シングルスレッド性能)
といった感じになっている。
これだけを見るとRyzen側が有利に見えるが、Ryzen側はGPUが高性能であるほどその性能を発揮しきれないという問題点がある。
また、Core i7のマルチスレッド性能も十二分に高性能である点があるため、実利的にCore i7が安定の選択となっている。
ただし、マルチスレッド性能に関してはRyzen 7がCore i7を大きく上回っている点も大きな魅力ではあるため、用途によってはRyzen 7の方が合っている事もある。

3 COMMENTS

東原K

質問させてください。
i7 8700を使用しているノートPCがありますが、デメリットとしては、どう思われますか?
例えば、熱が高くなる、熱の発生が早い等々。何かあるのでしょうか?
比較対象としては、i7 8750Hです。
よろしくお願いします。

返信する
とねりん

危惧していらっしゃる通り、主に発熱が問題になるかと思います。消費電力や発熱に関わる指標のTDPを比較すると、「Core i7 8750H」が45Wなのに対し「Core i7 8700」は65Wです。ノートPC用の現在一般的なCPUのTDPは15W程度ですので、「Core i7 8750H」の45Wでも高いです。
発熱(消費電力)が多いことによる問題を、細かい事を抜きにしてざっと挙げてみると、「故障リスクの増大」「他パーツも熱にさらされる事により、パーツが寿命が短くなる可能性」「筐体の肥大化および重量の増加」「バッテリー駆動時間が短くなる」などがあるかと思います。

返信する
東原K

とねりんさん、ありがとうございます。
全く詳しくないので、あれやこれや考えると複雑すぎて困っています。
ノートにはノート向けのパーツで作られているのが良いということですね。
勉強になります。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。