おすすめ主要CPUの性能比較・一覧表【2020年10月最新版】

2020年10月時点での主要CPU性能の比較一覧表です。新しめの主要CPUのみを掲載しているため、主にこれからPC購入を考えている人向けの比較表になります。
※価格は記事更新時点での主に価格.comやAmazonでの最安値価格となっています。
 
【例:デスクトップ向けCPU】
CPU名称 評価 性能スコア
コア
(スレッド)
TDP
クロック
定格 /最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i7 8700K 16100 6(12) 95W 3.7 / 4.7GHz 169.5 0.397 41,000円
【例:ノートPC・タブレットPC向けCPU】
CPU名称
性能スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Core i7 8750H 12100 6 / 12 1.9 / 4.1GHz 45W UHD 630
各項目の説明

CPU名称:CPUの名称。
評価、コスパ:評価は管理人の主観的評価です。基本的に総合コスパとワットパフォーマンス重視で評価しています。特にノートPC向けCPUは、端末によって大きく違うので参考程度に。
性能スコア :特に有名なベンチマークのPassMarkのスコア。総合スコアのようなタイプのベンチマーク。
コア:CPUのコアの総数。多いほど多数の処理を並行して行う場合に有利に働く他、コア数が多いほどマルチスレッド性能も高くなり易いので、そちらのメリットも享受できる可能性が高いです。ただし、多いほど消費電力や発熱も多い傾向があるので注意が必要です。
スレッド:CPUのスレッドの総数。スレッドはシステム上で認識するコア数みたいなものと思って貰えばOK。「1コアあたり1スレッド」のCPUと「1コアあたり2スレッド」のCPUがある。

定格クロック:CPUの定格の周波数。
最大クロック:CPUのターボーブースト(TB)時の最大周波数。それぞれのコアで最大周波数が設定されており、全コアが表記の数値まで上昇する訳ではないので注意。
TDP:熱設計電力のこと。大体の消費電力の目安となる。ただし、現状のCPU事情的においては「TDP=消費電力」とはなっておらず、実際の高負荷時の消費電力はTDPを大きく上回るので注意。
ワットパフォーマンス:1WあたりのPassMarkスコア。
コスパ:1円あたりのPassMarkスコア。ただし、モバイル端末向けのCPUは具体的なCPU価格が不明で評価が難しいため未評価としています。
価格:おおよその市場価格。記事更新時点での主に価格.comやAmazonの最安値価格。
内蔵GPU:内蔵GPU(iGPU)の名称です。幅の関係で略称にしています。

今おすすめのCPU(デスクトップ用)
  • Ryzen 3 3300X
    遅れて登場したZen2搭載の第3世代のRyzen 3。約1万5000円低価格の4コア8スレッドCPU。Ryzen 5 3500の下位モデルのような印象を受けるが、内部的には結構違っていて、シングルスレッド性能とゲーミング性能が高い。低価格ゲーミングPCに適したCPU。
  • Ryzen 5 3600
    第3世代のRyzen 5。2万円台中盤という価格で第9世代の Core i9 並みのマルチスレッド性能を発揮する怪物コスパCPU。シングルスレッド性能も大幅に向上し、Core i5を超えました。ゲーミング性能は従来通りCore iシリーズより低めなのが玉に瑕ですが、そもそも安いし、そんなの些細な事だと言えるくらいコスパが良いです。2020年1月時点で文句無しの最強コスパCPU。
  • Ryzen 7 3700X
    第3世代のRyzen 7。第3世代Ryzenはコスパだけでなくワットパフォーマンスも全体的に優れていますが、その中でも特に優れたワットパフォーマンスを発揮するのがこの「Ryzen 7 3700X」です。価格は一般的なCore i7と同じくらいで、Ryzen 5よりもゲーミング性能も良くバランスが良いです。ハイエンド最強CPU最有力です。
  • Ryzen 9 3900X
    圧倒的すぎるマルチスレッド性能を持つ第3世代のRyzen 9。そのマルチスレッド性能はCore i9 9900K すらも軽々と上回ります。マルチスレッド性能に関してはあらゆる高性能CPUを過去のものにした代物です。シングルスレッド性能もCore iシリーズと同水準レベルまで向上しています。ただし、ゲーミング性能はCore i9より少し低めなので、「最高のゲーミングCPU」とは言えない点は注意が必要です。とはいえ、異常ともいえるマルチスレッド性能の高さを備えつつ、コスパも素晴らしいという逸品。
  • Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 7 PRO 4750G
    第3世代Ryzen APU。グラボ無しでも重いゲームやデータ量の多い動画や画像編集をしないなら十分な性能の内蔵GPUを備えている。ライトユーザーなら物凄くコスパの良いCPU。PRO版なのは、消費者向けの通常版の方が発売が遅いという特殊事情のため。通常版が発売後に差し替え予定。
  • Core i7-10700(F)
    8コア16スレッドとなった第10世代のCore i7。マルチスレッド性能が大幅に強化されました。定格クロックが低めに設定されてるため「Core i7-10700K」よりも性能はやや落ちますが、その分「Core i7-10700K」だと多すぎる消費電力と発熱がかなり抑えられており、扱いやすいです。ゲーミング性能も非常に高いです。
  • Core i5-10400(F)
    6コア12スレッドとなった第10世代のCore i5。マルチスレッド性能が大幅に強化され、弱点が補強されました。コア数やスレッド数が重要なエンコードやレンダリング用途でも選びやすくなり、対応力がかなり上がりました。従来から高かった、ゲーミング性能コスパは更に良くなり、ゲーミング最強コスパ候補CPUでもあります。Core i5の下位モデルながら、あらゆる用途でコスパ上位に食い込むコスパ特化CPUです。
今おすすめのCPU(ノートPC用)
  • Ryzen 4000シリーズ
    7nmプロセス採用で性能と省電力性が爆発的に向上したモバイル版の第3世代Ryzen。第10世代のIntelのCPUの対抗モデル同士(例:Ryzen 5とCore i5)で性能は大きく上回りつつ、価格も同程度なのでコスパがめちゃくちゃ良いです。内蔵GPUにしては高めのグラフィック性能も持っており、こちらも第10世代のIntelCPUよりも上です。ただし、外部GPU(グラボ)利用時のゲームパフォーマンスはCore iシリーズに若干劣る点は注意です。
  • Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7
    第11世代のIntel CPU「Tiger Lake」です。前世代から内蔵グラフィックの性能が爆発的に向上し、FPS数を重視しないなら重めのゲームですらある程度動作させる事ができるレベルになりました。当然その他のグラフィック関連処理性能も上がっています。また、シングルスレッド性能も向上しました。マルチスレッド性能は依然としてRyzen 4000シリーズに負けるものの、汎用性の非常に高いTiger Lakeは魅力的です。
  • 第10世代のCore i5
    順調に進化を続けている安定CPUです。2020年9月時点の主流モデルは「Core i5-10210U」「Core i5-1035G1」「Core i5-1035G4」などですが、どれも消費電力の少なさとワットパフォーマンスの良さが光る素晴らしいCPUです。

【デスクトップPC向け】主要CPUまとめ

デスクトップPC向けの主要CPU性能比較表です。

【Intel】
※Intelの末尾Fのモデルは内蔵GPUが廃止されているので注意。
CPU名称 評価 性能スコア コア
(スレッド)
TDP クロック
定格 / 最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i9 10900K 24000 10(20) 125W 3.7 / 5.3GHz 192 0.364 66,000円
Core i9 10900KF 23700 10(20) 125W 3.7 / 5.3GHz 189.6 0.395 60,000円
Core i9 10850K 22900 10(20) 125W 3.6 / 5.1GHz 183.2 0.395 58,000円
Core i9 10900 21400 10(20) 65W 2.8 / 5.2GHz 329.2 0.404 53,000円
Core i9 10900F 21400 10(20) 65W 2.8 / 5.2GHz 329.2 0.389 55,000円
Core i7 10700K 19800 8(16) 125W 3.8 / 5.1GHz 158.4 0.421 47,000円
Core i7 10700KF 19800 8(16) 125W 3.8 / 5.1GHz 158.4 0.45 44,000円
Core i9 9900K 18900 8(16) 95W 3.6 / 5.0GHz 198.9 0.378 50,000円
Core i9 9900KF 18900 8(16) 95W 3.6 / 5.0GHz 198.9 0.394 48,000円
Core i7 10700
18100 8(16) 65W 2.9 / 4.8GHz 278.5 0.453 40,000円
Core i7 10700F
18100 8(16) 65W 2.9 / 4.8GHz 278.5 0.453 40,000円
Core i9 9900 17200 8(16) 65W 3.1 / 5.0GHz 264.6 0.374 46,000円
Core i5 10600K 15200 6(12) 125W 4.1 / 4.8GHz 121.6 0.475 32,000円
Core i5 10600KF 15200 6(12) 125W 4.1 / 4.8GHz 121.6 0.498 30,500円
Core i7 9700K 14700 8(8) 95W 3.6 / 4.9GHz 154.7 0.368 40,000円
Core i7 9700KF 14700 8(8) 95W 3.6 / 4.9GHz 154.7 0.377 39,000円
Core i7 9700 14000 8(8) 65W 3.0 / 4.7GHz 215.4 0.368 36,000円
Core i7 9700F 14000 8(8) 65W 3.0 / 4.7GHz 215.4 0.368 36,000円
Core i5 10600
14000 6(12) 65W 3.3 / 4.8GHz 215.4 0.5 28,000円
Core i7 8700K 13900 6(12) 95W 3.7 / 4.7GHz 146.3 品薄
Core i5 10500 13350 6(12) 65W 3.1 / 4.5GHz 205.4 0.534 25,000円
Core i7 8700 13300 6(12) 65W 3.2 / 4.6GHz 204.6 品薄
Core i5 10400 13100 6(12) 65W 2.9 / 4.3GHz 201.5 0.595 22,000円
Core i5 10400F 13100 6(12) 65W 2.9 / 4.3GHz 201.5 0.655 20,000円
Core i5 9600K 10900 6(6) 95W 3.7 / 4.6GHz 114.7 0.363 26,000円
Core i5 9600KF 10900 6(6) 95W 3.7 / 4.6GHz 114.7 0.376 23,000円
Core i5 8600K 10200 6(6) 95W 3.6 / 4.3GHz 107.4 品薄
Core i5 9400F
9600 6(6) 65W 2.9 / 4.1GHz 147.7 0.565 17,000円
Core i5 8400
9260 6(6) 65W 2.8 / 4.0GHz 142.5 品薄
Core i3 10100
8800 4(8) 65W 3.6 / 4.3GHz 135.4 0.629 14,000円
Core i3 9100F 6800 4(4) 65W 3.6 / 4.2GHz 104.6 0.68 9,400円
Pentium G6400 4270 2(4) 58W 4.0GHz 73.6 0.628 6,800円
Pentium G5420 3800 2(4) 54W 3.8GHz 70.4 0.543 7,000円
Pentium G5400 3700 2(4) 54W 3.7GHz 68.5 0.529 7,000円

【AMD】
※AMDのRyzenは、グラボ利用時のゲーミング性能がIntel製CPUよりも若干低いため注意。
CPU名称 評価 性能スコア
コア
(スレッド)
TDP
クロック
定格 / 最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Ryzen 9 3950X 39300 16(32) 105W 3.5 / 4.7GHz 374.3 0.418 94,000円
Ryzen 9 3900XT 33350 12(24) 105W 3.8 / 4.7GHz 317.6 0.505 66,000円
Ryzen 9 3900X 32850 12(24) 105W 3.8 / 4.6GHz 312.9 0.538 61,000円
Ryzen 9 3900 30950 12(24) 65W 3.1 / 4.3GHz 476.2 0.525 59,000円
Ryzen 7 3800XT 24300 8(16) 105W 3.9 / 4.7GHz 231.4 0.467 52,000円
Ryzen 7 3800X 23340 8(16) 105W 3.9 / 4.5GHz 222.3 0.458 45,000円
Ryzen 7 3700X 22700 8(16) 65W 3.6 / 4.4GHz 349.2 0.528 40,000円
Ryzen 7 PRO 4750G 20700 8(16) 65W 3.6 / 4.4GHz 318.5 0.470 44,000円
Ryzen 5 3600XT
19000 6(12) 95W 3.8 / 4.5GHz 200 0.576 33,000円
Ryzen 5 3600X
18300 6(12) 95W 3.8 / 4.4GHz 192.6 0.572 30,000円
Ryzen 5 3600
17780 6(12) 65W 3.6 / 4.2GHz 273.5 0.684 25,000円
Ryzen 7 2700X 17600 8(16) 105W 3.7 / 4.3GHz 167.6 0.607 29,000円
Ryzen 5 PRO 4650G
17100 6(12) 65W 3.7 / 4.2GHz 263.1 0.57 30,000円
Ryzen 7 2700 15700 8(16) 65W 3.2 / 4.1GHz 241.5 0.628 25,000円
Ryzen 5 2600X 14100 6(12) 95W 3.6 / 4.2GHz 148.4 0.671 21,000円
Ryzen 5 2600 13300 6(12) 65W 3.4 / 3.9GHz 204.6 0.782 17,000円
Ryzen 3 3300X
13100 4(8) 65W 3.8 / 4.3GHz 201.5 0.845 15,500円
Ryzen 5 1600AF
13000? 6(12) 65W 3.2 / 3.6GHz 200 1.08 12,000円
Ryzen 5 3500
12600 6(6) 65W 3.6 / 4.1GHz 193.8 0.788 16,000円
Ryzen 3 3100
11750 4(8) 65W 3.6 / 3.9GHz 180.8 0.904 13,000円
Ryzen 5 3400G 10200 4(8) 65W 3.7 / 4.2GHz 156.9 0.498 20,500円
Ryzen 3 3200G 7270 4(4) 65W 3.6 / 4.0GHz 111.8 0.559 13,000円
Athlon 240GE 4750 2(4) 35W 3.5GHz 135.7 0.660 9,000円
Athlon 3000G 4620 2(4) 35W 3.5GHz 132 0.592 7,800円
Athlon 220GE 4470 2(4) 35W 3.4GHz 127.7 0.657 8,400円
Athlon 200GE 4130 2(4) 35W 3.2GHz 118 0.688 7,000円

【ノートPC・タブレットPC向け】主要CPUまとめ

ノートPC・タブレットPC向けの主要CPU性能比較表です。


【~15W】
TDPが15W以下の省電力モデルです。
CPU名称 コスパ
性能
スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Ryzen 7 4800U 17600 8/16 1.8 / 4.2GHz 15W Radeon RX Vega 7
Ryzen 5 4600U 14560 6/12 2.1 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 6
Ryzen 7 4700U 13900 8/8 2.0 / 4.1GHz 15W Radeon RX Vega 7
Ryzen 5 4500U 11100 6/6 2.3 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 6
Core i7 1165G7
10840 4/8 2.8 / 4.7GHz 15W Xe Graphics G7(96EU)
Core i7 10710U 10650 6/12 1.1 / 4.7GHz 15W UHD 620
Core i7 1065G7 8980 4/8 1.3 / 3.9GHz 15W Iris Plus G7
Core i5 1135G7
8360 4/8 2.4 / 4.2GHz 15W Xe Graphics G7(80EU)
Core i5 1035G4 8360 4/8 1.1 / 3.7GHz 15W Iris Plus G4
Ryzen 3 4300U 8150 4/4 2.7 / 3.7GHz 15W Radeon RX Vega 5
Core i5 1035G1 7800 4/8 1.0 / 3.6GHz 15W UHD G1
Core i7 10510U 7400 4/8 1.8 / 4.9GHz 15W UHD 620
Ryzen 7 3700U 7400 4/8 2.3 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 10
Ryzen 5 3500U 7200 4/8 2.1 / 3.7GHz 15W Radeon RX Vega 8
Core i7 8565U 6700 4/8 1.8 / 4.6GHz 15W UHD 620
Core i7 8650U 6600 4/8 1.9 / 4.2GHz 15W UHD 620
Core i7 8550U 6600 4/8 1.8 / 4.0GHz 15W UHD 620
Core i5 8350U 6500 4/8 1.7 / 3.6GHz 15W UHD 620
Core i5 10210U 6430 4/8 1.6 / 4.2GHz 15W UHD 620
Core i5 8265U 6340 4/8 1.6 / 3.9GHz 15W UHD 620
Core i5 8250U 6210 4/8 1.6 / 3.4GHz 15W UHD 620
Core i7 10510Y
5520 4/8 1.2 / 4.5GHz 7W UHD 615
Core i3 1005G1 5280 2/4 1.2 / 3.4GHz 15W UHD G1
Core i5 10210Y
4930 4/8 1.0 / 4/0GHz 7W UHD 615
Core i3 10110U 4200 2/4 2.1 / 4.1GHz 15W UHD 620
Athlon Gold 3150U 4190 2/4 2.4 / 3.3GHz 15W Radeon RX Vega 3
Ryzen 3 3200U 4160 2/4 2.6 / 3.5GHz 15W Radeon RX Vega 3
Athlon 300U 3960 2/4 2.4 / 3.3GHz 15W Radeon RX Vega 3
Core i3 8145U 3800 2/4 2.1 / 3.9GHz 15W UHD 620
Core i3 8130U 3800 2/4 2.2 / 3.4GHz 15W UHD 620
Core i3 10110Y
3640 2/4 1.0 / 4.0GHz 7W UHD 615
Athlon Silver 3050U 3260 2/2 2.3 / 3.2GHz 15W Radeon RX Vega 2
Core i7 8500Y 3140 2/4 1.5 / 4.2GHz 5W UHD 615
Core i5 8200Y 3070 2/4 1.3 / 3.9GHz 5W UHD 615
Core m3 8100Y 2900 2/4 1.1 / 3.4GHz 5W UHD 615
Core i5 7Y54 2750 2/4 1.2 / 3.2GHz 4.5W HD 615
Core i7 7Y75 2730 2/4 1.3 / 3.6GHz 4.5W HD 615
Core m3 7Y30 2700 2/4 1.0 / 2.6GHz 4.5W HD 615
Pentium Silver N5030
2700 4/4 1.1 / 3.1GHz 6W UHD 605
Pentium Silver N5000
2600 4/4 1.1 / 2.7GHz 6W UHD 605
Celeron N4120 2480 4/4 1.1 / 2.6GHz 6W UHD 600
Celeron N4100 2460 4/4 1.1 / 2.4GHz 6W UHD 600
Celeron N4020 1820 2/2 1.1 / 2.8GHz 6W UHD 600
Pentium 4425Y 1640 2/4 1.7GHz 6W UHD 615
Pentium 4415Y 1620 2/4 1.6GHz 6W HD 615
A9-9420 1520 2/2 3.0 / 3.4GHz 15W Radeon R5
Celeron 5205U
1450 2/2 1.9GHz 15W UHD(620?)
Celeron 3865U 1240 2/2 1.8GHz 15W HD 610
Celeron 3965Y 1200 2/2 1.5GHz 6W HD 615
Celeron N3350 1110 2/2 1.1 / 2.4GHz 6W HD 500
A6-9220e 1030 2/2 1.6 / 2.4GHz 6W Radeon R5
Atom x5-Z8350 950 4/4 1.44 / 1.9GHz 4W HD (Cherry Trail)
E2-9000e 790 2/2 1.5 / 2.0GHz 6W Radeon R2
E2-9000 770 2/2 1.8 / 2.2GHz 10W Radeon R2
Celeron N3060 700 2/2 1.6GHz 6W HD 400

【35W~】
TDPが35W以上モデルです。消費電力が多い代わりに高性能なモデルです。末尾に「H」が付いています。主にゲーミングノートPCなどビデオカード搭載機に採用されています。
CPU名称
コスパ
性能
スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Ryzen 9 4900H 20500 8/16 3.3 / 4.4GHz 45W Radeon RX Vega 8
Ryzen 9 4900HS 19870 8/16 3.0 / 4.3GHz 35W Radeon RX Vega 8
Ryzen 7 4800H 19030 8/16 3.0 / 4.2GHz 45W Radeon RX Vega 7
Ryzen 7 4800HS 18800 8/16 2.9 / 4.2GHz 35W Radeon RX Vega 7
Core i9 10980HK 17250 8/16 2.4 / 5.3GHz 45W UHD 630
Core i9 9980HK 15940 8/16 2.4 / 5.0GHz 45W UHD 630
Core i7 10875H 15750 8/16 2.3 / 5.1GHz 45W UHD 630
Ryzen 5 4600H 15120 6/12 3.0 / 4.3GHz 45W Radeon RX Vega 6
Core i9 9880H 14150 8/16 2.3 / 4.8GHz 45W UHD 630
Core i7 10750H 12880 6/12 2.6 / 5.0GHz 45W UHD 630
Core i9 8950HK 11500 6/12 2.9 / 4.8GHz 45W UHD 630
Core i7 9850H 11450 6/12 2.6 / 4.6GHz 45W UHD 630
Core i7 9750H 11400 6/12 2.6 / 4.5GHz 45W UHD 630
Core i7 8850H 10750 6/12 2.6 / 4.3GHz 45W UHD 630
Core i7 8750H 10300 6/12 2.2 / 4.1GHz 45W UHD 630
Ryzen 7 3750H 8500 4/8 2.3 / 4.0GHz 35W Radeon RX Vega 10
Ryzen 5 3550H 8110 4/8 2.1 / 3.7GHz 35W Radeon RX Vega 8
Core i5 9300H 8100 4/8 2.4 / 4.1GHz 45W UHD 630
Core i5 8300H 7540 4/8 2.3 / 4.0GHz 45W UHD 630

主流CPUの全体的な話

デスクトップ用

デスクトップ用CPUは、Intelの「Core i」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流となっており、「Core i7 VS Ryzen 7」のように、同じモデルナンバーの製品が対抗製品となっています。

性能面では、Core iシリーズはゲーミング性能に優れ、Ryzenシリーズはマルチスレッド性能に優れるという特徴があります。その他も含めた各特徴を下記で表にまとめています。総合コスパではRyzenの方が若干有利だけど、ゲーミング用途を重視するならCore iも有力というのが一般的な意見だと思います。※基本的にゲームのパフォーマンスを高めるのに最も重要なのはCPUではなくGPUであり、ゲーミング性能は高性能なグラッフィクボードと併用した場合なのでご注意ください。


ざっくり評価(デスクトップ用CPU)
第10世代Core i と 第3世代Ryzen
シングルスレッド Core iRyzen
マルチスレッド Ryzen > Core i
ゲーミング Core i > Ryzen
消費電力(電力効率) Ryzen > Core i
総合コスパ Ryzen Core i
 
 

第3世代Ryzen(デスクトップ)の評価
シングルスレッド
(4.0)
マルチスレッド
(5.0)
ゲーミング
(4.0)
消費電力(電力効率)
(4.5)
総合コスパ
(4.5)

デスクトップ版の第3世代Ryen(3000シリーズ)は、非常に高いマルチスレッド性能とワットパフォーマンスの良さが魅力です。ただし、ゲーミング性能がCore iシリーズに未だにやや劣る点と、内蔵GPUがほとんどのモデルで内蔵されていない(末尾Gモデルのみで搭載)点は注意が必要です。また、Intel製CPUよりも付属クーラーがマシなので、付属クーラーで運用する場合のコスパはIntel製よりも有利になります。

第10世代 Core i(デスクトップ)の評価
シングルスレッド
(4.5)
マルチスレッド
(4.0)
ゲーミング
(5.0)
消費電力(電力効率)
(3.5)
総合コスパ
(4.0)

デスクトップ版の第10世代Core iシリーズは、優れたシングルスレッド性能とゲーミング性能が魅力です。ただし、マルチスレッド性能と消費電力多さ(ワットパフォーマンス)は第3世代Ryzenに劣っている点は注意が必要です。特に、TDP125WのCore i7とCore i9の消費電力の多さは目を見張るものがあり、CPUクーラーには最大限注意を払う必要があります。Core i9に至っては水冷クーラーがほぼ必須レベルです。

ノートPC用

ノートPC用のCPUもデスクトップPC用と同様に、Intelの「Core i」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流のCPUとなっています。

ノートPCを含むモバイル端末のCPUでは、デスクトップPC用よりも省電力性がより重視される傾向があります。また、ライトユーザーが多い事もあり、性能は最低限あればOKという見方の人も多いので、純粋な性能の高さよりも価格の安さとコスパがを重視する人が多いです。

2020年6月時点では、7nmプロセス採用で性能と省電力性が跳ね上がった「Ryzen 4000シリーズ(第3世代Ryzen)」が「第10世代Core iシリーズ」を圧倒しており、注目が集まっています。ただし、Thunderboltは対応しないので注意。


ざっくり評価(ノートPC用CPU)
第10世代Core i と Ryzen 4000
シングルスレッド Core i(Comet Lake)Ryzen 4000Core i(Ice Lake)
マルチスレッド Ryzen 4000 > Core i(Comet Lake)Core i(Ice Lake)
内蔵GPU Ryzen 4000Core i(Ice Lake) > Core i(Comet Lake)
消費電力(電力効率) Core i(Comet Lake)Ryzen 4000 ≒  Core i(Ice Lake)
第3世代Ryzen(ノート)の評価
シングルスレッド
(4.0)
マルチスレッド
(5.0)
内蔵GPU
(4.5)
消費電力(電力効率)
(4.0)
総合コスパ
(4.5)

ノートPC版の第3世代Ryen(4000シリーズ)は、非常に高いマルチスレッド性能と内蔵GPU性能の高さが魅力です。2020年10月時点では、特にマルチスレッド性能についてはCore iシリーズを圧倒している上にワットパフォーマンスも悪くないので、高いマルチスレッド性能を求めるなら一択レベルです。また、内蔵GPUの性能も高いため、グラフィック面でも多くのことに対応は出来る点も魅力です(さすがに重い3Dゲーム等は厳しいので注意)。ただし、Thunderboltに対応していない点と、グラボ搭載時のゲーミング性能がCore iシリーズに劣るという弱点もあるため、グラボ利用を想定している場合には注意が必要です。

Comet Lake(ノート)の評価
シングルスレッド
(4.0)
マルチスレッド
(4.0)
内蔵GPU
(3.0)
消費電力(電力効率)
(4.5)
総合コスパ
(3.5)

Comet Lakeは、ノートPC版の第10世代Core iシリーズ(14nmプロセス)で、TDP15W以下の省電力モデルの優れた省電力性能が魅力です。また、TDP45W以上の高性能モデル(末尾H)はグラボ搭載時のゲーミング性能が優れている点も魅力です。

ただし、マルチスレッド性能、内蔵GPU性能がRyzen 4000シリーズに大敗しているため、正直省電力性能以外は微妙です。総合コスパは大敗しています。また、省電力性能が高いといってもワットパフォーマンスでは負けているため、重めの作業も多くする場合には効率的にRyzen 4000の方が良いため、重いゲーム(グラボ利用)をする場合やThunderboltを利用したい場合くらいしか優位性はなく、総合的に見るとやや微妙感が強めです。

Ice Lake(ノート)の評価
シングルスレッド
(4.0)
マルチスレッド
(3.5)
内蔵GPU
(4.0)
消費電力(電力効率)
(4.0)
総合コスパ
(4.0)

Ice Lakeは、ノートPC版の第10世代Core iシリーズ(10nmプロセス)で、内蔵GPU性能の高さが魅力です。2020年10月時点では通常のTDPが15Wを超える高性能モデルはありません。

内蔵GPU性能の高さが魅力とは言ったものの、Ryzen 4000シリーズにはやや劣っています。マルチスレッド性能は惨敗なので、正直コスパはRyzen 4000シリーズの方が良いです。ただし、内蔵GPU性能の差は大きくはないので、マルチスレッド性能はさほど重視しない人で出来ればIntel製CPUが良いという人にはComet Lakeよりは強い選択肢となります。


2020年9月時点では「Ryzen 4000シリーズ」一択レベルの差があります。実際価格.com等のランキングでも上位を占める割合もかなり高まってきています。Intel側は年末商戦期での登場が予測されている「Tiger Lake(10nmプロセス)」での巻き返しに期待したいところです。追記:9月2日(北米時間)に正式発表がされ、ざっくりとした性能が示されました。新しい「Iris Xe」統合グラフィックは非常に高い性能になると言われており、特に期待が高まっています。ただし、マルチスレッド性能に関しては発表内容から見ても、Ryzen 4000にはまだ不利という状況になりそうです。

48 COMMENTS

あや

こんにちは。
初めてコメントします。

どうしても気になっているので質問させてください。
私は今、動画編集やFPSゲームをプレイするノートPCを購入と思っています。
せっかくなので、長く使えるものを購入しようと思っているのですが、
GALLERIA GCR1660TNF-Eと
GALLERIA GCL2060RGF-Tで迷っています。
CPUなどを考えると後者の方が良いと思うのですが、ストレージのカスタマイズを考えると後者かなと思っています(OSが入っているストレージには何も入れず、ソフトやゲームなどをOSの入っていない内蔵SSDに入れて、素材等は外付けHDDに入れようと思っています。)
ですが、知識が乏しくノートPCではストレージは2つ以上あった方が良いのか、ひとつの大きなストレージにOSやソフトを一緒にいれても問題ないのか分からず、どちらにしようか決めかねてます。
お忙しいとは思いますが、意見を伺えたらと思います。

また、Ryzen7 4800Hが搭載されているノートPCにも興味があるのですが、なかなか理想に合うものが発売されておらず、残念に思ってます。
そのようなPCは、これから発売されていくのでしょうか。
もしまだ発売されないのであれば、自らで自作しようと思うのですが、ノートPCの自作は浅い知識で可能なのでしょうか。

質問が多くなってしまい、もうしわけありません。
よろしくお願いいたします。

返信する
とねりん:管理人

こんにちは。

ストレージの分け方は用途や人によって変わる部分です。なので、一概にこうした方が良いというのは無いと思います。
OSの入っているストレージにOS以外を入れないというのは、他データのバックアップをし易くしたり、OSやストレージそのものがおかしくなった際の手間やリスクを減らす事などが主目的だと思われますが、その辺りをどう判断するかというのは、当人の用途や安全上の意識の強さの問題だと思います。
ただ、ノートPCに関しては最近は内蔵ストレージは一つというのが主流だと思うので、内蔵SSD二つという使い方は一般的ではないかなとは思います。

OSの入っているストレージに他データやソフトを入れる事については、これも当人次第だとは思いますが、現在PCを利用されているほとんどの人はそうしていると思います。
何かあったらOSごと初期化しちゃえばいいやという感じの人が大半で、本当に無くなったら困るデータは外付けHDDに移すか、フォルダ・ファイル分けしておいてたまにバックアップする、という感じにしていれば被害は最小限に抑えられるだろうというのが多分普通です。
何にせよ、あや様は素材等の重要なデータは外付けHDDに保存されるようなので、正直どちらでも安全性的には変わらないかな…という印象です。

Ryzen 7 4800Hについては既に結構出ていて、ドスパラからも出ていたような…と思ったのですが、在庫切れになっていましたね。TUF Gaming A15などもコスパが良く人気だった印象でしたが、こちらも今は品薄みたいでした。
今在庫がある中でコスパが良さそうなのは
・MSI Bravo-15-A4DDR
・ASUS ROG Zephyrus G15(こっちは4800HSですが)
くらいでしょうか。

>自らで自作しようと思うのですが、ノートPCの自作は浅い知識で可能なのでしょうか。
詳しくは触れませんが、ノートPCの自作はPC初級者とかの話ではなくほぼ不可能に近いです。それに仮に多少実現できたとしても、ノートPC向けのCPUやGPUは基本OEM販売(メーカー専用)なので、恐らくカスタマイズ性は低すぎてやる意味がほぼないと思います。

返信する
あや

お忙しい中、詳しい回答ありがとうございます。
追加の質問となります。ご容赦ください。
OSが入っているストレージに動画編集ソフトやゲームなどをいれると起動が重くなったりするというのを聞きかじったことがあります。
それはノートPCでも変わらないのでしょうか。
またそれを防ぐためにはどれくらいの容量のストレージがあれば安心でしょうか。

また、私はとねりん様の記事を読んで、今のノートPCはIntelよりRyzenの方がコスパ的に優れているのかなという印象を受けたのですが、この考え方で大丈夫でしょうか。
それを踏まえて、とねりん様に提示していただいたPCも候補に入れて考えたいなと思っております。
候補を提示していただけて本当に助かりました。

よろしくお願いいたします。

返信する
とねりん:管理人

SSDやHDDのストレージの仕様はデスクトップもノートPCも基本的に同じなので、特性は同じです。
ただ、最近はストレージの性能も上がっていて、最近採用率の高いNVMe接続のM.2 SSDは非常に高速です。多少速度が落ちたところで、よほど大容量のデータ移動でない限りは気にならないレベルです。
どれぐらいの空き容量があればというのは諸説ある部分だと思いますが、個人的には2割~3割空いていれば十分かなと思っています。

現状のラインナップ的には、総合コスパはIntelよりRyzen 4000シリーズの方が良いと思います。
ただし、RyzenがCoreシリーズに劣っている点として、
グラボ搭載機の実際のゲーミング性能はCore iの方が少し良いので、ゲームのみに焦点を当てる場合はIntelの方がパフォーマンスは上になる点と、
現状のRyzenはThunderboltというものに対応していないという点もあるので、そこも一応注意が必要かと思います。

ぱっと

恐れ入ります。質問です。
質問に詳しい返信をされているので、お尋ねに至りました。
パソコン購入に際し迷っています。
パソコンに関する説明がされているページをあれこれ見ましたが、決めかねていました。
そこにこのページ。最もわかりやすく、私が知りたかったことも書かれていて、このページにたどり着けてよかったと思います。

ページ内情報を元に私なりに考え、かなり絞れたのですが、以下については判断がつきません。

・i7-9750H(当初はi7-10510Uにするつもりでしたが、U→Hに)とRyzen7‐4700Uではどちらがいいか。
・メモリは16GBでよいか(32GBでなくても16GBで十分か)
・HDDはなくてもいいと思っているが、あった方がよいのか。
・SSDは256GBでよいか、(512GBでなくても256GBで十分か)
・グラフィックスの性能は動画編集に影響を与えるか。(作業時間、導入可能なソフト、編集後の動画の画質、等。)

メーカーには特にこだわりません。
目について探しやすかったところで以下の候補を拾い上げただけです。
Ryzen7‐4700Uの良さそうなものは見つけられなかったので、候補にも挙げていませんが、Ryzen7‐4700Uでも構いません。
価格は、13万程度以下、出来たら10万程度を希望です(税抜価格)。

情報がないとわからないからと思って書いたら、長くなってしまい、申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

使用法
①動画編集。(高画質の動画撮影が出来るカメラを購入予定。)
編集には、現在はムービーメーカーを使用しています。将来は上位ソフト導入の可能性あり。
②Webサイトの作成。画像縮小ソフト、Win10のフォト、翻訳アプリ、OpenOfficeWriter、Web検索を同時に行う。
①②とも数時間連続で使用することが多い。
③海外も含め、家の外で使うことが多いので、ノートパソコンでないといけない。

最近HPとDELLを購入。
HPの方はすぐ電源が入らなくなり、②は問題なかったが①はどの程度出来るのか試せず不明。返金対応になり、再度の購入に際し迷っています。

DELL
動画が滑らかに動かず、作業がしにくい。OpenOfficeWriterでよく不具合が起こるのと、勝手に画面が大きくなったり、急にWebページが遷移するなど、②の用途でも使いにくい。

Inspiron 15 5000 シリーズ -5593
第10世代 インテル® Core™ i7-1065G7
プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 3.9GHzまで可能)
391-BEUX 15.6インチ FHD(1920×1080) 非光沢 LEDバックライト ノンタッチ スリムベゼルディスプ
レイ
16GB, 8GBx2, DDR4, 2666MHz 1
490-BFNW インテル® Iris Plus グラフィックス 共有 グラフィックスメモリー
555-BDBY 802.11ac 1×1 Wi-Fi & Bluetooth
619-AHLK Windows 10 Home (64ビット)

HP
【ダイレクトプラス限定!】 ENVY x360 13-ar0000
512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
Windows 10 Home (64bit)
AMD Ryzen 7 3700U (2.30-4.00/2)
13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
16GB オンボード
AMD Radeon RX Vega 10 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth

この2点購入以前は、2013年に購入したマウスコンピューターとパソコン工房のものを使用していました。
いずれも①②両用途で、ほとんどストレスなく使用出来ていましたが、マウスコンピューターの方がよかった印象です。

マウスコンピューターLB-F313X-SH、Windows 7、i7-3630QM、4コア2.40GHz、メモリ8G、mSATA128GB
パソコン工房 Lesance NB 15NB6000-i7-IGB、Windows 8、 i7-3630QM、 4コア8スレ2.40‐3.40GHz、メモリ4GB×2、128GBmSATA SSD、NVIDIAGeForceGT740M

購入候補
①~③マウスコンピューター
K700SNシリーズ
①M-Book K700SN-M2SH2 9日までの期間限定セールのため、価格はこれがこの3点中最安。過去に使用したものより性能は上だろうから、これでいいかな?と思ったり。
②M-Book K700SN-M2S5 SSD容量差の分、①より高くなっていると思うが、そのコスパは?
③M-Book K700SN-M2SH5 メモリ32GB512SSDまで必要とするか?多い方がいいだろうが、*①か②でで十分いけるというなら、上記でもいいのではないかという気がする。
④パソコン工房
iiyama STYLE-17FH055-i7-UHSVI [Windows 10 Home]
これも期間限定セールで安くなっています。携帯を考えると、17型は不便かなと思ったり。(大きさとバッテリー持ちの点で。)光学ドライブがあるのはいいですが。上記①と内容ほぼ同じ、光学ドライブ付きで少しですが安いので、コスパはこれが一番に思えます。

返信する
とねりん:管理人

※元コメントの一部(外部サイトへのURL)を一部削除させていただいています。ご了承ください。

はじめまして。まずは頂いた質問についてざっと回答していきますね。

>i7-9750H(当初はi7-10510Uにするつもりでしたが、U→Hに)とRyzen7‐4700Uではどちらがいいか。
その両者なら、メーカー差を考えないならRyzen 7 4700Uの方が良いです。性能自体は近いですが、4700Uの方が消費電力が少なくワットパフォーマンスが大幅に勝ります。ただし、そもそも9750Hが一つ古い世代のもので、Core i7の45Wモデルが良いなら今は10750Hや10875Hの方が良いです。その二つならRyzen 7 4700Uよりは性能自体は高いです(ワットパフォーマンスは相変わらず大幅に負けますが)。

>メモリは16GBでよいか(32GBでなくても16GBで十分か)
複数のタスクを同時に行う際のメモリ使用状況は、実環境で試してみないとわからない部分なので何とも言えません。現在お使いになっているのが恐らく16GB?っぽいので、タスクマネージャー等からメモリの使用率等を確認して判断されるのがよろしいかと思います。また、小型や薄型を重視した機種でなければ、メモリの増設や交換は大体簡単にできるので、後からでも対応は可能です(一応自己責任にはなります)。

>HDDはなくてもいいと思っているが、あった方がよいのか。
使用者の用途次第です。いつでも保存したり開いたりしたいデータが数百GB~数TBある場合にはあった方が便利だとは思います。また、あった方が良かったとしても、使い勝手は多少悪くなりますが外付けHDD等で対応することは可能だと思います。

>SSDは256GBでよいか、(512GBでなくても256GBで十分か)
これも使用者の用途次第です。ただし、OS自体に容量がある程度取られてしまうので、音楽や画像を多く取り扱う人にとっては256GBは長く使うにはやや物足りなさそう気はします。

>グラフィックスの性能は動画編集に影響を与えるか。(作業時間、導入可能なソフト、編集後の動画の画質、等。)
扱うソフトや処理の種類やデータ量に変わってくるので確かなことは言えません。ただし、内蔵グラフィックだと、本格的なソフトでの高度な動画編集等では時間が掛かる可能性は否定できないという点は留意しておいて損はないと思います。

質問関連はここまでです。
まず、検討中機種関連ですが、以前に使われていたと言われるPC(Core i7-3630QM搭載機)でほぼストレスなく使用できていたのに、現在お使いのDELL機(Core i7-1065G7)で満足に動かないというのは、少なくとも性能的には不自然です。現在お使いのDELL機の方が全体的に性能は上となるはずです。なので、性能面以外のことが原因の可能性があると思います。
また、おすすめ機種等を案内するとしても、私がここのコメント欄で外部サイトのURLをぺたぺたと貼るのはちょっと問題があるかもしれませんので、出来ればメール等で連絡頂ければ幸いです(変な案内とかはしないので安心してください)。PCだったらサイドバー、モバイル端末ならページ最下部付近にあると思います。

返信する
ぱっと

すぐにご丁寧なご回答を頂き、有難うございました。
それなのにこちらからはお礼が遅くなり失礼致しました。
諸事情でこの2日ネット接続出来ず今やっと確認が出来たところです。

ご参考によいかとリンクを貼りましたが、そのために余計なお手数をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

いきなりの質問に、大変丁寧に対応して頂き、有難うございます。
お言葉に甘えてメールさせて頂こうと思います。
頂いたご返事を読み直してから書きます。
少しお時間下さい。

またよろしくお願い致します。

返信する
あっちゃん

処理が早いPC欲しくてRyzen9 3900xtのパソコンの購入を検討してます。
3900xtの評価は⚪︎で
3900xの評価は◎なんですが、3900xのほうがいいんですかね?
大きな買い物なので悩んでます。

返信する
とねりん:管理人

性能が僅かな差しかないため、3900Xの方が価格が約5000円安い分コスパが良いということで、相対的に見て上の評価しています。
コスパ的な差なので、性能的に3900XTが3900Xと比較して劣っているということは無いので大丈夫です。

返信する
あっちゃん

早速のご返信ありがとうございます。
相対的にそこまで差がないということですね。
参考になります。

返信する
ピチ

だいたいFのあるなしでも同じスコアですが10900Kだけは、Fあるなしで違いが出るんですか?

10600が2つあるのは間違いですか?

返信する
とねりん:管理人

いいえ、性能に関わる部分での末尾Fの有無の差は内蔵GPUだけなので、CPU性能はほぼ同じとなるはずです。10900KクラスのCPUとなるとPassMarkで300程度の差は誤差レベルなので、深く気にしなくて良いレベルです。
10600が2つあるのはこちらのミスです。申し訳ありません。古い方を削除しておきました。ご指摘ありがとうございます。

PPP

ご返信、ありがとうございます。大変参考になりました。
コロナ禍でテレワーク、オフィス、客先など持ち運ぶ事情を考慮すると、デスクトップという選択肢がありませんでした。
ですが、1台ですべて叶えるMobileはなさそうですね。タブレット化を妥協すればMSI「Prestige 14」やRAZER「BLADE STEALTH」なども候補に入るのですが、あとは私次第ということで、eGPUもご教示いただきましたし、そのあたりを駆使しながら対応できるパターンを検討出来ればと思います。

しかしながら、いろいろと有益な情報をいただきまして、ありがとうございました。
これからも、いろんな記事を楽しみにしております。

返信する
とねりん:管理人

ごめんなさい。正直高価すぎて影が薄かったので失念していましたが、調べて見たら一つだけ要望を満たすかもしれない機種が一応ありました。「Core i7-1065G7」搭載の「SurfaceBook 3」というセパレートタイプの2 in 1PCです。今まで思い出せなかったのが、申し訳ないです…。Thunderbolt3には対応していませんが、グラボを搭載しているセパレートタイプの2 in 1PCです。多分このタイプでグラボを搭載している唯一の機種だと思います。登場時にレビュー記事はいくつか見たのですが、価格が高すぎる点以外は高評価だったと記憶しています。

あと、こちらはお調べになっているかもしれませんが、ENVY x360 Spectreの最上位モデルでもグラボ搭載で2 in 1PCがありました。こちらは約2.2kgと重い上、バッテリー持ちも悪いので持ち運びに向いているとは言えないですが…。

という感じで、お恥ずかしい限りですがご覧いただけると幸いです。

返信する
PPP

再度ご返信いただきありがとうございます。
さすが、いろいろご存知ですね。今までSurfaceシリーズは個人的にアンチな気持ちがあり、全く眼中に入っていませんでしたが、これは確かに待望の1台ですね。15インチはGeForce1660Ti はゲーミングノートレベルですね。

いろいろとありがとうございました。こちらを購入させていただきます。大変参考になりました!
また何かありましたら当サイトを参考にさせていただきます。

返信する
とねりん:管理人

ただ、タブレット部のみだとバッテリー容量がかなり少ないので、そこは注意した方が良いかもしれません。

Surfaceは正直コスパ的にはあまり良くは無いというのはありますからね…。
中でもSurface Bookはあまりに高すぎて、おすすめされることはほとんど無い機種な気がします。即決するのは初めて見たかも…。
でも、大手企業の高額機だけあって本体の質は本当に良いと思います。

いえいえ、遠回りしてしまって申し訳ありませんでした。もっと精進したいと思います。
今後とも弊サイトをよろしくお願いします。

PPP

参考になる記事をありがとうございます。
現在、「Ryzen 7 4700U」搭載のノートAと、「Core i7-1065G7」搭載のノートBで購入を迷っております。
具体的には、hp の「ENVY x360 13-ay0000」と「Spectre x360 13-aw0000」。
CPUスコアだけで見ると「Ryzen 7 4700U」の方が圧倒かと思いますが、それだけの問題ではないのかと思います。
作業的にはOffice、まれに動画編集、まれに3D CAD を行いますが、やはり体感的にもこれらの作業で違いを感じるレベルになるでしょうか?
ちなみに、消費電力、発熱、本体価格は気にしておりません。
アドバイス、宜しくお願い致します。

返信する
とねりん:管理人

コメントありがとうございます。挙げられている二つは類似モデルですが、恐らくSpectreの方が上位という位置づけで、バッテリー持ちが良いのと付加機能が充実していますね。
もうちょっと詳しく用途を聞いてみないとざっくりとした事しか答えられないですが、答えられる範囲で回答しますね。

まず、Officeは重い作業ではないので、どちらでも十分に快適に使えると思います。
動画編集や3DCADですが、基本的にCPUの処理性能よりグラフィック性能(GPU性能)の方が大きく影響する用途です。作業内容(データの質や規模)に大きく依存するので確かなことは言えないですが、一般的にはグラフィックボードを搭載して利用する事が推奨されている用途だと思います。挙げられた機種二つはどちらもCPU内蔵のGPU利用の機種です。「Ryzen 7 4700U」と「Core i7-1065G7」は内蔵にしては高性能なGPUが搭載されているので、軽めのものなら大丈夫だと思いますが、重いものだと厳しいと思います。
ちなみに、「Ryzen 7 4700U」と「Core i7-1065G7」は「CPU」としての処理性能は大きな差がありますが、内蔵GPUの性能は大きな差はないので、グラフィック面での用途では恐らく大きな差を感じるレベルにはならないと思います。ただ、一応内蔵GPUの性能も「Ryzen 7 4700U」の方が少しだけ上です。

という感じで、的外れかもしれないですがどうでしょうか。

返信する
PPP

ご返信、ありがとうございます。本ご返信と併せて他の記事も読ませていただき、大変参考になりました。
用途に関しては、Officeでドキュメントを作成しつつ、PVのために動画編集・エンコードをしつつ、ハードウェアの設計確認のために3D CADを開きつつ、、といった感じです。また、OracleVM VirtualBOX で仮想環境でLinuxを動かす場合もあります。
本当は、ASUSの「ROG Zephyrus G14」を選択したいところではございましたが、やはり携帯性を考えたのと、本2機種はタブレット化するという特徴もあり、候補に挙げておりました。
すみません、もう一つお聞きしたいのですが、「Ryzen 7 4700U」と「Core i7-1065G7」の上記の性能スコアについて、倍近い差が出ておりましたが、これについての見解はいかがでしょうか?
宜しくお願い致します。

返信する
とねりん:管理人

用途の詳細ありがとうございます。

結構色んなものを同時起動しながらという感じなのですね。だとしたらやはりコア数は多い方が良いかと思うので、4コアのCore i7よりは8コアのRyzen 7の方が良いと思います。
また、動画編集やエンコードをしつつ、3DCADを開きつつ…という時点で、やはりグラフィックボードの利用はほぼ必須になるかなと思います。CPUの内蔵GPUにそこまでの高負荷な作業を求めるのは厳しいです。正直、そこまで高負荷な処理が重なると超ハイエンド機種でもモバイル端末では厳しい気もしますが…。

>本当は、ASUSの「ROG Zephyrus G14」を選択したいところではございましたが、やはり携帯性を考えたのと、本2機種はタブレット化するという特徴もあり、候補に挙げておりました。
「ROG Zephyrus G14」はグラボ搭載ながらそこそこ軽量の優秀な機種だと思います。MacならMacBook Proがあるので良かったですが、Windowsだと意外と似たような取り回しのPCが少なかったので、需要は高そうだと思っておりました。
2in1 PCでグラボを搭載した機種は、自分知る限り多分無い…ので、PPP様の要望全てを満たす「一台のPC」というのは無い、かもしれません…。

>「Ryzen 7 4700U」と「Core i7-1065G7」の上記の性能スコアについて、倍近い差が出ておりましたが、これについての見解はいかがでしょうか?
まず、PassMarkでもCinebenchでも倍のスコア差は出ていないので、倍近い差というのは見間違いだと思います。マルチスレッドでも1.4倍~1.5倍くらいの差となるはずです。この性能差はやはりコア数の差によるところが大きいです。「Ryzen 7 4700U」は8コア8スレッドで「Core i7-1065G7」は8スレッドですが4コアです。Ryzen 4000の省電力な7nmプロセスによる恩恵で、薄型PC向けのCPUでも8コア化が実現しているという感じになります。
ただ、結局全ての作業でCPUの全コアをフルで使うという訳ではないので、Core i7の4コアでも十分な作業であれば、総合スコア上では大きな差があっても快適度はほとんど変わらないということは全然あり得ます。

用途や要望をある程度聞いた上で、一応の対応策として、eGPUという外付けのGPUを利用するという手があります。高額な追加費用が掛かりますし、結構条件もあって使い勝手は正直良くは無いですが…。ただ、この方法では基本的にThunderbolt3というもの利用することになり、これはRyzen 4000シリーズでは対応製品が無いので、必然的にIntel製のCPUを利用することになります。先ほど挙げられた「Spectre x360 13」では対応しているようです。

モバイル端末だとどうしても色々と制約がありますし、デスクトップの方が性能が高いです。正直な感想でいうと、予算に余裕があるのであれば、「クリエイティブ作業をするPC」と「持ち運び用のPC」を別々で購入されるのが一番丸い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。