【Windows10】認証についてのまとめ

Windows10ライセンスまとめ

Windows10のライセンス認証についてまとめです。(追記:無償アップグレードに関して少し追記しました。)
注意
内容に入る前の前提として、WindowsはOSのソフト自体の販売が行われている訳ではなく、Windowsを利用するためのライセンス(プロダクトキー)が販売されています。ソフト自体はネット上で無料でダウンロードする事が可能という点は覚えておきましょう。

簡易比較表

Windows10のライセンス形態についての簡易比較表です。大きく「パッケージ版」「OEM版」「DSP版」の3つに分かれます。
「無償アップグレード版」のライセンスについては、上記の3つのライセンス形態を流用したものですが、分かり易い様に別途記載しています。また、無償アップグレード版は配布期間中と終了後でライセンスが異なるため、ネット上の他の既存の情報については要注意です。現在では全て期間終了後のライセンス(OEM版と同じ)となっています。こちらも情報を明確にするため両方記載しています。
Windows10 ライセンスまとめ
他PCへの移行  パーツ交換  価格
パッケージ版 約15,000円
DSP版  ※2 ※2
約12,000~15,000円
OEM版 × ※1  販売メーカー用のため不明

(間違いなくDSP版より安い)

無償アップグレード版
(期間中:~2016/7/29)
無償アップグレード版
(期間終了以降:2016/7/30~)
× ※1
※1 メモリの交換や増設程度なら可能。マザーボードの交換等大幅な変更は不可。
※2 バンドルパーツを継続して利用するという条件付きで可能。(大幅な変更の場合は電話認証の可能性有)
Windows10はDSP版とパッケージ版との価格の差が小さいです。最大でも3000円程度ですね。なのにも関わず、表を見ればわかる通り、ライセンス認証の自由度はパッケージ版の方が明らかに優遇されています。そのため、コスパはパッケージ版の方が良いです。一切の大幅なハードウェア変更を行わない場合にはDSP版の方がもちろんお得ですが、先の事はわからないですし、価格差を考えるとパッケージ版安定という印象です。
ただ、BTOパソコンや既製品PCでは、DSP版もしくはOEM版が基本構成となっている事が多いです。パッケージ版は自作PCやBTOパソコンショップでの選択という手段が主要の導入方法であまり多くないため、PC初級者は基本的に利用することがないのがいやらしいところです。
次から主にパーツ交換(ハードウェア変更)した場合の認証について、表のそれぞれの項目について見ていきます。

パッケージ版(通常版)

主にOS単体で販売されており個人でも購入できるタイプです。通常版と呼ばれたりもします。
ライセンス認証は1ライセンスにつき1台までという条件内なら基本的に制限なし。Microsoftアカウントと紐づけられる形なので、そこで判断しているという具合です。パーツ交換はもちろん、他PCへの適用も可能な万能タイプです。
購入すると、プロダクトキーと併せてインストール用のUSBメモリーが付属しています。ただし、価格はWindowsのライセンスの中では最も高価です。
最も高価とは言ったものの、Windows10になってからは他のライセンスとの価格差が小さくなっており、コスパ的には最も良いという意見が一般的です。しかし、残念ながら既製品(メーカー製)やBTOパソコンのWindows10は、まずこれではありません。この通常版を利用するのは、PCを自作する場合やBTOパソコンショップで自ら選択する場合くらいです。

良いところ

  • 1ライセンスにつき1台という条件内なら認証の制限が無い(大幅なパーツ交換や他PCへの移行も可能)
  • USBのインストールメディアが付属する

悪いところ

  • 価格が少し高い(約15,000円)

DSP版

DSP版のWindows10は、何かしらのPCパーツとの同時購入、およびそのパーツとの同時利用という条件付きのライセンスです。BTOパソコンのWndowsのライセンスとしてよく利用されています。同時購入パーツを継続して利用するという条件内であれば、他PCへの移行やパーツ交換・増設もOKという事になっています。
DSP版ライセンスは、使用しているPCのマザーボード(PCそのものと思って問題ない)と紐づけられます。大幅なハードウェア変更を行った場合には、一時的にライセンスが通らなくなる可能性があります。その場合は、電話認証で同時購入したパーツを継続利用する旨を伝えれば、大体の場合は通ります。やや手間が掛かりますが、実はパッケージ版とほとんど変わらないと言えなくもなかったりします。とはいえ、ライセンスの詳しい詳細についてはあくまで憶測の域を出ないため、大胆な変更を頻繁に行うには不安が残るライセンスです。
また、DSP版は、DVDメディアでインストールする必要があるため、光学ドライブが必須となります。インストールメディアが付属します。

良いところ

  • 価格がパッケージ版より少し安い(12,000円~15,000円程度)
  • 同時購入パーツと同時利用なら、ほぼ制限無し(大幅なハードウェア変更の際は電話認証が必要)

悪いところ

  • 何らかのPCパーツを同時購入しなければいけない(単体購入が不可)
  • 同時購入のパーツとの同時利用が条件(マザーボードと紐づけられる)
  • 光学ドライブが必要(DVDでインストールする必要がある)

実は同時購入のパーツ(バンドルパーツ)を識別する仕組みはない?

DSP版のWindows 10は「同時購入のパーツとの同時利用が条件」となってはいるものの、実はこの条件はあってないようなものです。
なぜかというと、OSやMicrosoft側が同時購入パーツを特定する仕組みが無いらしいからです。そのため、電話認証などが必要になった場合に同時購入のパーツを一緒に利用していなかったとしても、とりあえず「使ってます!」と言っちゃえば、ぶっちゃけ問題ない訳です。
とはいえ、確定の情報とも言えないですし、これはライセンス条項違反なので褒めれたことではありません。同時購入のパーツは比較的故障率の低く安価なパーツにし、同時利用は守るようにしましょう。
おすすめの同時購入パーツ(バンドルパーツ)は「光学ドライブ」や「USBポート増設カード」等です。これらは「長期間の使用が可能(使用頻度・故障率が低い)」「安い」「無くても困らない」とバンドルパーツにぴったりです。

OEM版

主に既製品(メーカー製)にプリインストールされているWindowsのライセンスです。販売メーカー用のライセンスで、一般的に個人での購入はできません。価格は非常に安価とされています。
OEM版もDSP版と同じく、使用しているPCのマザーボードと紐づけられます。ハードウェア変更は基本的にダメで、メモリーの増設・交換などの比較的軽微なもののみ大丈夫なようです。他には、バックアップ用のストレージ追加や新規のグラフィックボード追加なども基本OKと言われています。とはいえ、自己責任で。
余談ですが、既製品(メーカー製)と同じ構成のPCを、安い市販パーツを集めて自作しても思ったほど安くならないのは、OEM版の価格の差のせいだと推測できます。

良いところ

  • 単価がめちゃくちゃ安い(ただし、単体購入は一般的には不可能)

悪いところ

  • 大幅なハードウェア変更は不可(マザーボードに紐づけられる)

無償アップグレード版

Windows10のリリースから2016年7月29日まで、Windows7/8.1(8)ユーザーに対してWindows10の無償アップグレードサービスが行われました。これを利用してアップグレードしたWindows10が無償アップグレード版と呼ばれています。
実は今でも利用できる?
ただ、どうやら期間終了後でも正規版のWindowsであれば、手動なら無償でアップグレードが未だに可能なようです。手順や仕組みの説明は少し複雑なのでここではしませんが、調べれば方法が出てくるようです。やる場合は自己責任で。
無償アップグレード版に利用されるライセンスは、期間内と期間終了後で異なっています。そのため、ネット上の既存の記事では、内容の違うものが入り交じっており、正確な情報を判別しにくい状態です。
2019年現在では、無料アップグレード版は全て期間終了後のライセンス(OEM版と同様)となっています。

期間終了後:OEM版と同じ(今は全部これ)

無償アップグレード版は、現在は全てOEM版と同様のライセンス形態となっています。マザーボードと紐づけられ、大幅なハードウェア変更は不可能といった形ですね。無償アップグレードした訳なので贅沢は言えないですが、自由度は最も低く安価なライセンスです。

期間内:パッケージ版と同じ(現在は関係ない)

現在では関係ないアップグレード期間中の話です。アップグレード期間中は、パッケージ版と同様のライセンス形態だったようです。基本的に制限無しの万能ライセンスですね。
PCに不慣れな人も多く利用するため、認証やインストールに失敗した場合のために制限をなくしていたのかな?。この事を当時知っていたら、上手く活用できたかな、なんて思ったりもしてしまいますね。

別ストレージ(SSD等)への換装《システムストレージの変更》

OSがHDDにインストールされている場合などに、起動速度を向上させるためにSSDへ変更したいという状況はよくあると思います。特に格安のノートパソコン等を購入した方に多いのではと思います。

この場合のWindowsの認証は、ライセンス形式を問わず、基本的に必要ありません。
バックアップという扱いになるようです。何度も続いた場合はわからないですが、仮に認証が通らなかった場合でも、電話認証等で事情を説明すれば恐らく大丈夫だと思われます。

流れとしては、現在のシステムストレージの内容を、丸ごと移転先の別ストレージへコピーし(クローンの作成)、コピーしたストレージと現在のストレージを入れ替える事になります。クローン作成の機能を持ったバックアップソフトを利用する事になります。フリーソフトであれば、「EaseUS Todo Backup Free」が有名です。

ただし、単純に移行作業自体で問題が起きやすいため、行う場合には参考記事等を見ながら慎重に行うようにしましょう。


記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。