【ドスパラ】おすすめPCまとめ【2021年最新版】

最終更新:2021/9/16

大手BTOパソコンショップ「ドスパラ」のおすすめPCをざっくりとまとめています。

注意

本記事の内容は記事更新時点のものであり、ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。また、掲載の価格は税込みです。

ドスパラのおすすめPC(デスクトップ)

ドスパラのおすすめデスクトップPCです。ケース別にまとめていますが、全ケースを紹介している訳ではないので注意してください。

GALLERIA(タワー)

機能性とデザイン性を兼ね備えたケース

2020年7月頃にリニューアルされた新ケースです。GALLERIAの新タワーケースは、デザインも良く機能性も申し分ない質の高いケースです。

14cmのケースファンを標準で3基備えており、優れたエアフローを発揮します。内部スペースも広くて拡張性も高く、裏面配線仕様なのでメンテナンスもしやすいです。良コスパ機にも採用される標準ケースとしては他BTOよりも優れていると思います。

また、性能には影響ありませんが、筐体前面の縁(画像だと青になっている部分)がLEDライティング仕様となっており、専用ソフトを入れることによって色を変えることが可能な他、外装がアルミヘアライン仕様のものもあります。指紋や汚れが付きにくく高級感のある見た目になります。標準ではアルミヘアライン外装ではないモデルでもカスタマイズで変更することができます(2021年7月時点だとカスタマイズ価格は税込み10,000円と高めです)。

GALLERIA デスクトップ


おすすめ構成

おすすめ構成を一部紹介しています。

GALLERIA ZA5R-R37
Ryzen 5 5600X
16GB DDR4-3200
RTX 3070
1TB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:224,980円
公式リンク
「Ryzen 5 5600X」と「RTX 3070」採用のRTX 3070採用のワットパフォーマンスに優れている構成です。Ryzen 5の虎徹採用で、SSDもQLC(2021年8月時点)でこの価格は正直コスパはそこまで良くないですが、RTX 3070採用機としては安めの構成です。SSDはカスタマイズで変更するのがおすすめです。WD SN550ならTLCで安いです(2021年8月時点)。
GALLERIA ZA9R-R38
Ryzen 9 5900X(240mm水冷)
16GB DDR4-3200
RTX 3080
1TB NVMe SSD
750W GOLD
価格:339,980円
公式リンク
「Ryzen 9 5900X」と「RTX 3080」採用のハイエンド構成です。標準で240mmの水冷採用されており冷却性も万全で、SSDもPCIe Gen4の非常に高速なものです。ぱっと見ではわからない部分でもこだわりが見られる点が好印象です。コスパも良いと思います。ただし、電源容量は頼りないです。
GALLERIA ZA9R-R37
Ryzen 9 5900X(240mm水冷)
16GB DDR4-3200
RTX 3070
1TB NVMe SSD
750W GOLD
価格:289,980円
公式リンク
「Ryzen 9 5900X」と「RTX 3070」採用のワットパフォーマンスが非常に優れているハイエンド構成です。クーラーには240mm水冷が採用されています。SSDは1TBですが、QLCとなっています(2021年8月時点)。この価格でQLCはちょっと微妙だと思うので、カスタマイズで変更するのがおすすめです。WD SN550ならTLCで安いです。
GALLERIA XA5R-67XT
Ryzen 5 5600X
16GB DDR4-3200
RX 6700 XT
1TB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:199,980円
公式リンク
「Ryzen 5 5600X」と「RX 6700 XT」搭載のコスパ重視構成です。この構成で約20万円は、GPUが高騰している現状では安いです。虎徹を標準搭載していたり、SSDも1TB搭載してたりしているところも良いです。
GALLERIA XA7C-R37
Core i7-11700
16GB DDR4-3200
RTX 3070
1TB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:259,980円
公式リンク
第11世代のCore i7と「RTX 3070」採用製品です。ワットパフォーマンスの良い構成で、高いゲーミング性能を維持しつつも価格もある程度抑える構成です。ただし、電源とクーラーがやや頼りないです。価格変動が激しく、2021年9月16日時点では約26万円となっていますが、正直妥協点も多くありつつこの構成で約26万は正直高いです。
GALLERIA XA7C-67XT
Core i7-11700
16GB DDR4-3200
RX 6700 XT
1TB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:224,980円
公式リンク
「Core i7-11700」と「RX 6700 XT」採用のコスパ重視構成です。8コアによる高めのマルチスレッド性能と1440pでも使える高いゲーミング性能を維持しています。電源とCPUクーラーはやや頼りないです。

GALLERIA(ミニタワー)

ミドルレンジモデルに採用のミニタワー

2020年7月頃に久しぶりにリニューアルされた新ケースです。タワーモデルと同様の見た目でかっこいいです。価格は安くコスパは良いですが、2020年10月時点ではCore i5もしくはRyzen 5のみで、GPUもミドルレンジモデルが中心です。

タワーモデルと比較して、横幅と奥行は全く同じな上に高さもそこまで低くなっていないので、省スペース目的としてこのミニタワーモデルを選ぶ意味は薄いです。また、タワーでは標準3基だった14cmのファンも減らされておりエアフローもやや低下しています。性能幅が狭いことも加えて考慮すると、2020年10月時点では予算に余裕があるなら上述のタワーモデルの方が正直おすすめです。ただ、他BTOもミニタワーのケースはエアフロー等は良くはないのが基本なので、予算的や性能的にミニタワーの方が適していれば全然選んでも良いと思います。

また、性能には関係ありませんが、ミニタワーモデルも筐体前面の縁(画像だと青になっている部分)がLEDライティング仕様となっており、専用ソフトを入れることによって色を変えることも可能な他、外装がアルミヘアライン仕様のものもあります。指紋や汚れが付きにくく高級感のある見た目になります。標準ではアルミヘアライン外装ではないモデルでもカスタマイズで変更することができます(2021年7月時点だとカスタマイズ価格は税込み5,500円で、タワーモデルよりは安いです)

GALLERIA デスクトップ


おすすめ構成

おすすめ構成を一部紹介しています。

GALLERIA RM5C-G60
Core i5-11400
16GB DDR4-3200
GTX 1660
512GB NVMe SSD
550W BRONZE
価格:139,980円
公式リンク
「Core i5-11400」と「GTX 1660」採用のコスパ重視構成です。性能的にはやはり上位モデルにはかなり劣りますが、費用は抑えることができます。
GALLERIA RM5C-R36
Core i5-11400
16GB DDR4-3200
RTX 3060
512GB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:164,980円
公式リンク
Core i5-11400とRTX 3060採用のゲーミングコスパと安さ重視構成ですが、この構成で約16万はちょっと高い気がします。
GALLERIA RM5C-R36T
Core i5-11400
16GB DDR4-3200
RTX 3060 Ti
512GB NVMe SSD
650W BRONZE
価格:179,980円
公式リンク
「Core i5-11400」と「RTX 3060 Ti」採用の構成です。CPUとGPUのどちらもゲーミングコスパに非常に優れていて、価格もハイエンドモデルより安いです。

Magnate(ミニタワー)

コスパの良い一般用途向けのミニタワー

ManateはスタンダードPCに採用されるミニタワーシリーズです。グラフィックボードを搭載したモデルもあり、該当モデルはゲーミングPCとしても使える性能です。構成によって製品名がRegulusやLightningなどになっているものもありますが、ケースは同じものです。

やはりGALLERIAのケースの方がエアフローやメンテナンス性などは優れているとは思いますが、CPUとGPUだけみたコスパはManateの方が安く、コスパは非常に良いです。重い処理(ゲームを含む)を日常的にがっつりやる訳でなければ非常にお得です。

Magnate ミニタワー


おすすめ構成

おすすめ構成を一部紹介しています。

Magnate MV
Core i5-11400
16GB DDR4-3200
RTX 3060
500GB M.2 SSD
650W BRONZE
価格:144,980円
公式リンク
「Core i5-11400」と「RTX 3060」採用のゲーミングコスパ重視構成です。標準CPUクーラーの冷却性能と静音性が低いので、CPU負荷が大きい作業で多用する場合には注意です(少し高めですがカスタマイズで変更できます)。
Magnate MJ H510/i5-10400搭載
Core i5-10400
16GB DDR4-2666
GTX 1660 GDDR5
512GB NVMe SSD
550W BRONZE
価格:116,980円
公式リンク
「Core i5-10400」と「GTX 1660 GDDR5」採用の低価格高コスパ構成です。この価格帯でメモリが標準で16GBある点は良いと思いますが、CPUは旧世代のもので、GTX 1660もGDDR5採用の古いモデルとなっており、全体的に一世代前の構成となっています。価格は安いですが、コスパ的にはそこまでです。ゲーミング用途なら、頑張ってもうちょっと予算をプラスして、GALLERIAの高コスパモデルを検討した方が良いと思います。



raytrek(ミドルタワー)

クリエイター向けのタワーPC

raytrekはドスパラのクリエイター向けモデルです。サイズはミドルタワーくらい。フロント下部に14cmファンを2基搭載しており、冷却性能は高いです。ノートPC等ではディスプレイの色域などにもこだわりが見られるraytrekですが、デスクトップ版はそういう要素がないので、正直クリエイター向け感はなく、普通にゲーミングPCとして見ても問題ないです。また、ミニタワーモデルもありますが、こちらはmagnate等のドスパラの汎用ケースとなっており、専用ケースではありません。

コスパは良いですが、ゲーミングモデル(GALLERIA)と比べて高性能なGPUを搭載したモデルはやや少ないです。

raytrek


おすすめ構成

おすすめ構成を一部紹介しています。

raytrek XF
Core i7-11700
32GB DDR4-3200
RTX 3070
512GB M.2 SSD
750W GOLD
価格:219,980円
公式リンク
「Core i7-11700」と「RTX 3070」でメモリ32GB、GOLD電源搭載で約22万円はコスパが良いと思います。ゲーミングモデルじゃないので注目度は低いっぽいですが、お得感は強いです。
raytrek XT
Core i7-11700
16GB DDR4-3200
GTX 1660 SUPER GDDR5
512GB NVMe SSD
550W BRONZE
価格:159,980円
公式リンク
「Core i7-11700」と「GTX 1660 SUPER」搭載のコスパ重視モデルです。GTX 1660 SUPERがGDDR5モデルですし、この構成で約16万は高めだなと感じます。



その他のデスクトップ
  • Slimシリーズ(スリムパソコン)
    筐体が薄いスリムタイプのデスクトップパソコンです。ただし、高さと奥行はそれなりにあるので注意です。デスク下やデスク上の端などに置きたい人に最適。
  • miniシリーズ(ミニパソコン)
    横幅だけでなく高さも小さくしたミニタイプのデスクトップパソコンです。軽くて高さと奥行も小さいので設置場所に困りません。

ドスパラのおすすめPC(ノートパソコン)

ドスパラのノートPC紹介です。外部GPU搭載のゲーミングノートやクリエイターノートがメインです。

GALLERIA(ゲーミングノート)

ドスパラのゲーミングノートです。高いリフレッシュレートを備え、コスパも良いです。ただし、モデルによってはエンターキーや主要キー以外の配置が少し特殊になっているので注意です。(→GALLERIAゲーミングノート

GALLERIA XL7C-R36(15.6インチ)

スペック表
価格 129,980円 (税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i5-11400H
RAM 16GB PC4-25600(8GBx2)
ストレージ SSD:512GB (PCIe NVMe/M.2)
GPU GeForce RTX 3050
画面サイズ 15.6インチ
リフレッシュレート 最大 144Hz
タッチ対応 ×
表面 ノングレア(光沢なし)
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー持続時間 約4.4時間
Wi-Fi IEEE 802.11 b / g / n / ac / ax (Wi-Fi 6対応)
その他機能 Bluetooth 5.1 Webカメラ 有線LAN
サイズ 約 360x244x20.0 mm
重量 約 2.0 kg
インターフェース HDMI2.1×1 USB3.1 Gen1 Type-Ax2 USB3.1 Gen2 Type-Cx1
SDスロット
その他

RTX 3050とCore i5(6コア)で搭載の高コスパ機

第11世代のCore i5とRTX 3050搭載の高コスパゲーミングノートです。構成の割には価格が安くコスパは良いと思います。重量は外部GPU搭載の割には重くないですが、バッテリー持続時間が短い点に注意です。


GALLERIA GR2060RGF-T(15.6インチ)

スペック表
価格 119,980円 (税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 7 4800H
RAM 16GB PC4-25600(8GB×2)
ストレージ SSD:512GB (PCIe NVMe/M.2)
GPU GeForce RTX 2060
画面サイズ 15.6インチ
リフレッシュレート 最大 120Hz
タッチ対応 ×
表面 ノングレア(光沢なし)
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー持続時間 約8.8時間
Wi-Fi IEEE 802.11 b / g / n / ac / ax (Wi-Fi 6対応)
その他機能 Bluetooth 5.0 Webカメラ 有線LAN
サイズ 約 359.8x243x20.5 mm
重量 約 1.9 kg
インターフェース HDMIx1 miniDisplayPortx1 USB3.2 Gen1 Type-Ax2 USB3.2 Gen2 Type-Cx1
SDスロット
その他 キーボード配置が特殊

Ryzen 7とRTX 2060搭載で約14万円

約12万円でRyzen 7 4800HとRTX 2060搭載した、高コスパ高性能ゲーミングノートPCです。コスパが非常に良いです。
性能が高いゲーミングノートながら、ベゼルは狭くて厚みもそこまでじゃなく、見た目がごつくありません。重量も15.6インチのゲーミングノートPCにしては軽いです。キーボードのキー配置が少し特殊(英語配列のキーボードを日本語仕様にしている)な点には注意が必要ですが、コスパが非常に魅力的な製品です。


GALLERIA RL5R-G50T (15.6インチ 軽量)

スペック表
価格 109,980円 (税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 5 4600H
RAM 16GB PC4-25600
ストレージ SSD:512GB (NVMe)
GPU GeForce GTX 1650 Ti
画面サイズ 15.6インチ
リフレッシュレート 最大 120Hz
タッチ対応 ×
表面 ノングレア(光沢なし)
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー持続時間 約7.5時間
Wi-Fi IEEE 802.11 b / g / n / ac / ax (Wi-Fi 6対応)
その他機能 Bluetooth 5.0 Webカメラ 有線LAN
サイズ 約 359.8x243x20.5 mm
重量 約 1.9 kg
インターフェース HDMIx1 miniDisplayPortx1 USB3.2 Gen1 Type-Ax2 USB3.2 Gen2 Type-Cx1
SDスロット
その他

格安ゲーミングノート

「Ryzen 5 4600H」と「GTX 1650 Ti」採用で約11万円のゲーミングノートです。メモリも16GB搭載でこれはコスパが凄く良いです。ベゼルは狭くてカッコよく、重量もゲーミングノートにしては軽く(約1.9kg)厚みも薄いので、ゲーミングPC特有のゴツさがありません。Wi-Fi 6にも対応しています。CPUやGPUの性能は少し物足りなさもありますが、価格が安いので全然許せるレベルです。


raytrek(クリエイター向け)

raytrekはドスパラのクリエイター向けモデルです。ディスプレイの色域が広く作られています。外部GPUを搭載しているため、重いゲームにも使える性能がありますが、リフレッシュレートはゲーミングモデルのように高くないはない点に注意です。(→raytrekノートPC

raytrek G5-R(15.6インチ)

スペック表
価格 124,980円 (税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 7 4800H
RAM 16GB DDR4-3200
ストレージ SSD:512GB (NVMe)
GPU GeForce GTX 1650 Ti
画面サイズ 15.6インチ
画面仕様 60Hz / sRGBカバー率約99% /AdobeRGBカバー率約76%
タッチ対応 ×
表面 ノングレア(光沢なし)
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー持続時間 約4.1時間(JEITA Ver. 2.0)
Wi-Fi IEEE 802.11 b / g / n / ac / ax (Wi-Fi 6対応)
その他機能 Bluetooth 5.1 Webカメラ 有線LAN
サイズ 約 359.8x243x20.5 mm
重量 約 1.9 kg
インターフェース HDMIx1 miniDisplayPortx1 USB3.2 Gen1 Type-Ax2 USB2.0 Type-A×1 USB3.2 Gen2 Type-Cx1
SDスロット
その他

高いマルチスレッド性能のクリエイターノート

「Ryzen 7 4800H」と「GTX 1650 Ti」採用のクリエイター向けノートPCです。ディスプレイはsRGBカバー率99%の広い色域を持ちます。重量は約1.9kgで、外部GPU搭載の15.6インチノートにしては軽い点も魅力です。

GPUは最低限という感じですが、CPUは8コアのRyzen 7 4800Hが搭載されており、非常に高性能です。処理性能的にはゲーミング用途でも全然使えますが、ディスプレイのリフレッシュレートが最大60Hzのため、ヌルヌルにはならない点には注意です。

クリエイターモデルということもあって、ゲーム用としては凄く高いパフォーマンスではないですが、この処理性能とディスプレイ性能で12万円台はコスパは優れていると思います。


raytrek G5-R(15.6インチ)

スペック表
価格 169,980円 (税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i7-11800H
RAM 32GB DDR4-3200
ストレージ SSD:1TB (NVMe)
GPU GeForce RTX 3050
画面サイズ 15.6インチ
画面仕様 60Hz / sRGBカバー率99% /AdobeRGBカバー率76%
タッチ対応 ×
表面 ノングレア(光沢なし)
解像度 1920×1080(FHD)
バッテリー持続時間 約6.3時間(JEITA Ver. 2.0)
Wi-Fi IEEE 802.11 b / g / n / ac / ax (Wi-Fi 6対応)
その他機能 Bluetooth 5.1 Webカメラ 有線LAN
サイズ 約 360x244x20 mm
重量 約 2.0 kg
インターフェース HDMI2/1×1 USB3.2 Gen1 Type-Ax2 USB2.0 Type-A×1 USB3.2 Gen2 Type-Cx1
SDスロット
その他

メモリ32GB SSD1TBで17万円

「Core i7-11800H」と「RTX 3050」採用のクリエイター向けノートPCです。メモリ32GBとSSD1TBを搭載しながら、約17万円という安さでコスパが良いのが魅力です。ディスプレイはsRGBカバー率約99%の広い色域を持ちます。

GPUのRTX 3050は処理性能的にはゲーミング用途でも全然使えますが、ディスプレイのリフレッシュレートが最大60Hzのため、ヌルヌルにはならない点には注意です。


その他のノートPC

その他のノートPC
  • ゲーミングノートPC(15.6~17.3インチ)
    上記で紹介した以外にも多くの製品があります。ミドルスペックからハイエンドなものまで性能が幅広く、全体的にコスパも良いです。軽量モデルも多い上、デザインも海外の有名メーカーのものより落ち着いたものもあるので、ゲームもしたいけど単純に高いグラフィック性能のノートPCが欲しい人にもおすすめできます。
  • スタンダードノート(15.6インチ)
    基本的に自宅やオフィス等で据え置きで使用する事が前提の15.6インチのノートPCです。とはいえ、重量は1.55kg~程度と15.6インチタイプのノートパソコンとして軽いので、持ち運び用途でもいけます。デザインは良くも悪くもシンプルです。コスパは悪くないとは思いますが、海外の有名メーカーの方がやや上な印象で、デザイン性も高く感じます。このクラスの軽量機としては安いので、そこに魅力を感じれるかの機種だと思います。
  • モバイルノート(13.3-14インチ)
    頻繁に持ち運ぶことを考慮した軽量小型なノートPCです。ドスパラでは2020年10月13日時点では2モデルしか販売されておらず製品層は薄いです。確かに軽量ではあるものの、平均より少し軽い程度ですし、海外の有名メーカー品と比べるとコスパも正直そこまで良くないです。一つ上の15.6インチのスタンダードノートの方がサイズの割には軽量感もあってコスパも良いので、モバイル用途でもそちらの方がおすすめです。

開催中のお得なキャンペーン

開催中の特にお得そうなキャンペーンを抜粋して紹介しています。

ドスパラのお得なキャンペーン
  • 日、月曜日楽天ペイの日はポイント最大3%還元(9月分)期間:2021/9/1~2021/9/30
    エントリー後の期間中に日、月曜日に楽天ペイを利用して購入すると、ポイントが最大3%還元となるキャンペーンです。各還元率は、楽天カード支払いの場合は合計3%、楽天キャッシュと楽天ポイントでの支払いの場合は合計2%、楽天カード以外のクレジットカード支払いの場合は1%となっています。楽天カード以外では損に見えますが、元のカードのポイント還元分が0.5%~1%は大体あると思うので、実質2%~3%還元になる思います。事前にエントリーが必要なので注意です。



記事は以上になります。新製品(構成)が発売されたりした際に随時更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です