CPU性能比較表【2024年最新版】

2024年版デスクトップPC向けのCPUの性能一覧表です。モデルナンバーや世代毎のフィルター機能もあります。現在メジャーなものと、以前メジャーだった幅広い世代のCPUを抜粋して掲載しています。
※掲載の価格は、更新時点での主に価格.comやAmazonの価格となっています。現在は異なる可能性があるため注意してください。
CPU名称
文字通りCPUの名前です。
PassMark
特に有名なベンチマークの一つです。総合性能といった感じになっています。
Cinebench R23(マルチ/シングル)
CPUの処理性能を測る有名なベンチマークの一つです。決まった画像を表示するシンプルな内容なので、PassMarkよりも純粋なCPUのコアによる処理性能を知ることができます。「マルチ」はCPUの全コアを使用した全力の処理性能で、「シングル」は1コアのみを使用した際の処理性能となっています。
コア
CPUのコアの数(合計)です。コアが多いほどCPU全体の処理性能が高くなり、重い処理への対応力が高まります。ただし、最近では小型な省電力コアが採用されることが多かったり、SMT不採用(1コア=1スレッド)のコアが増えてきているので、コア数だけで処理性能を測るのは難しいです。
スレッド
スレッドはシステム上で認識するコアの数と思って貰えばOKです。1コア:1スレッドが基本ですが、1コア:2スレッドのものもあります(SMT・ハイパースレッディング採用コアの場合)。
クロック・周波数(定格/最大)
CPUのクロックは、ざっくり言うと処理の回数を表す数値です。クロックが高いほど、処理できる信号の数が多いことになるので、処理性能が高くなりますが、負荷が高くなるため、発熱や消費電力が多くなります。ただし、コアの性能や他の要素により性能は大きく変わるので、クロックだけで性能は測れない点に注意。
TDP
TDPは熱設計電力のことで、大体の消費電力の目安となります。ただし、最近のCPUは複数のTDPが状況に応じて適用されることが多くなっており、表記の数値よりも大幅に多くなることが基本なので注意。表向きのTDP(デフォルトTDP)は、実際の消費電力というよりは、他CPUとの相対的な差を知るためのものとなっています。
価格
CPU単体の大体の市場価格です。各ショップ価格を参考に随時更新しています。
コスパ
1円あたりのPassMarkのスコアです(小数点第3位を四捨五入)。
FRONTIER(フロンティア)
常時開催セールのコスパが非常に良いのが魅力のショップ。日本製コンデンサ仕様の電源もポイントが高い。最強コスパの筆頭候補ショップ。
ドスパラ
言わずと知れた大手BTOパソコンショップ。常に相場平均より少し良いくらいのコスパで販売していることが多く、安定感がある。ケースがコスパ重視機にも採用されるものとしては良いのも嬉しい。
パソコン工房
豊富な構成とコスパの良さが魅力の大手ショップです。こちらもコスパは安定している印象で、電源が全体的に強い印象があります。コラボモデルやLEDライティングモデルも豊富で、様々なニーズに応えようという方針を感じます。
TSUKUMO(ツクモ)
コスパの良いBTOパソコンショップながら、地味に標準搭載のWindowsが全てDSP版で統一されているため(2020年3月時点)、他の大手BTOより実質コスパがちょっと安いことが多い(活かせるケースはそんなに多くないとは思うけど)。PCパーツや周辺機器販売も行っており、品揃えは豊富で安い。
STORM(ストーム)
知名度はちょっと低いけどコスパの良いBTOパソコンショップ。パーツ選びが自作ユーザーっぽくて個人的に好き。流行りのケースなどをいち早く取り入れるユーザーのニーズに応える姿勢が良い。選択肢は少ないけど、カスタマイズ価格は安いのも魅力。
マウスコンピューター
限定モデルが特にお得な印象がある大手ショップです。基本構成は大手の割にはやや高めな印象ですが、Web限定モデルやシークレットリンクモデル品はお得なものも多いです。
PCワンズ
特に高額PCを検討する際におすすめのショップ。PCパーツショップの大手で、単体販売のパーツを選択してフルカスタマイズのPCを注文できるサービスを利用する形。市販の超豊富なPCパーツ群から選ぶので、ズバ抜けて自由度が高いのが魅力のショップ。組み立て&セットアップ費用に固定の費用が掛かるので、金額が高いほど割安といった感じになる。他BTOと違い、パッケージ版のOSを追加費用なしで導入できるのも大きなメリットで、購入直後のカスタマイズにも対応可能。
パソコンショップ(Ark)
大手ショップと違い、ケースも市販のものが使用されているため種類が非常に豊富なのが魅力。基本価格自体は大手よりは若干高めに感じますが、ウィークリーセールで毎週大きめの値引きPCが更新される他、パーツメーカーによるキャンペーン値引きなども反映されるので、時期や製品によってはお得になります。
海外の大手PCメーカー:レノボ・HP・DELL・ASUS 等
言わずと知れた世界的に有名な大手のPCメーカーは、やはり全体的にコスパがかなり良いことが多いです。ただし、構成数は少なめなことが多い他、ケースが小さめで電源容量もギリギリなことが多い印象がある点は注意が必要です。また、サポートも日本以外の方が出ることが多い印象なので、細かなサポートを期待する場合にはそちらも注意。
Core i9-14900K(F)/13900K(F):処理性能はトップクラスのハイエンドCPU(電力面はネック)
24コア32スレッドの第13,14世代のCore i9です。8つの高性能コア(Pコア)と16つの高効率コア(Eコア)という構成。Eコアを16コアも搭載することによって、マルチスレッド性能を格段に向上させたハイエンドCPUです。その驚異的なマルチスレッド性能は「Ryzen 9 7950X」に匹敵します。クロックも前世代から大幅に向上したこともあり、ゲーミング性能も非常に優れており、2023年3月時点であらゆる面でトップクラスのCPUです。ただし、価格は9万円程度と非常に高価な上、消費電力もとんでもなく多い点は注意です。特に消費電力は「Ryzen 9 7950X」や前世代のCore i9をも凌駕するほどなので要注意です。その性能の高さは素晴らしいですが、効率や扱いやすさを気にするならおすすめはしにくいハイエンドCPUです。また、第14世代と第13世代で性能はほぼ変わらないので、安い方でOKです。ただし、第14世代で冷却効率がやや向上しているようなので、同額かわずかな差レベルなら第14世代の方が良いです。
Ryzen 9 7950X3D:Core i9に匹敵するゲーミング性能で電力効率も圧倒的に良い。ただし、高すぎる価格がネック
「3D Va-Cache」を搭載したZen 4のRyzen 9の最上位モデルです。16コア32スレッドによる驚異的なマルチスレッド性能を持ちつつ、Core i9-13900Kに匹敵する2023年10月時点でトップクラスのゲーミング性能を持っています。第13,14世代のCore i9よりも電力効率が大幅に優れているため、総合性能的な意味ではトップのゲーミングCPUと呼べると思います。しかし、「3D V-Cache」搭載による、電力制限の上限値やクロックが7950Xよりもやや低くなっているため、マルチスレッド性能は若干劣ります(とはいえ実用性を左右するほではない)。ネックなのはやはり価格で、2023年10月時点では競合のCore i9よりも2万円前後も高価です。そのため、電力面を除く単純な性能コスパではCore i9の方が若干優れているため、Intelに対する信頼性も含めて意外と選ばれていない印象です。とはいえ、数万円の費用追加よりも効率を取りたい人用の最強クラスのゲーミングCPUです。
Core i7-14700K(F):Core i9より大幅に安い6万円台で、ほぼ変わらないゲーム性能とかなり近づいたマルチスレッド性能
20コア(8P+12E)28スレッドの第14世代のCore i7のK付きモデルです。前世代からEコアが4つ追加され、Core i9との差がEコア4つと小さくなったので、性能が大幅に近くなりました。それでいで価格はCore i9よりも安く、ゲーム性能もほぼ同等なので、実用コスパが優れています。ただし、消費電力も非常に多く、冷却要件はCore i9並みな点は注意。
Core i7-14700(F):20コアで6万円台前半の高コスパCPU
20コア(8P+12E)28スレッドの第14世代のCore i7のK無しモデルです。K無しモデルよりも消費電力が抑えられており、価格も少し安いです。20コアによるマルチスレッド性能は非常に高いですが、標準設定ではベース電力の65Wで基本稼働する様になっており、消費電力がかなり抑えられているため、K付きよりはマルチスレッド性能が一段落ちてしまいます。ただ、電力制限を調整(解除)することでK付きに近い性能まで引き上げることも可能なので、そのあたりの調整が出来る人にはK付きと実用性は大差なかったりします。ただし、標準設定のままでも発熱が少ないメリットもあり、電力制限を引き上げるなら高性能なクーラーが必要になるので、必要に応じて運用しましょう。
Ryzen 9 7900:省電力で小型コアを含まない12コアの高性能CPU
Ryzen 9 7900は、Zen 4 Ryzenの12コアの省電力モデルCPUです。値下がりが進み、2024年6月時点では6万円を切っているため、「Core i7-14700(F)」に対して十分な競争力を持てるようになっています。最大消費電力(PPT)は88Wに設定されているため非常に省電力ながら、小型コアを含まない12コア24スレッドによる優れたマルチスレッド性能が魅力です。また、付属クーラー「Wraith Prism RGB」が付属品の割には悪くない性能なので、そちらで運用すれば実質コストもやや削減できるのも強みです。電力制限を解除することも可能なので、高性能なクーラーを用意すれば性能をやや引き上げることも可能で、CoreのK無しモデルと違ってオーバークロックにも対応しており、調整幅も非常に広いCPUなので、色々と設定弄ってみたいという人には特に面白いCPUだとも思います。
Core i5-14600K(F)/13600K(F):性能と価格が前世代のCore i7並みの高コスパCPU
14コア20スレッドの第13,14世代のCore i5のK付きモデルです。6つの高性能コア(Pコア)と8つの高効率コア(Eコア)という構成。Eコア追加によりマルチスレッド性能が大きく向上し、第12世代のCore i7以上の性能となりました。Core i5ですが価格的には第12世代のCore i7ポジションです。ハイエンド用途でも使える高性能さとコスパを求める場合に魅力的な高性能モデルです。第14世代と第13世代で性能はほぼ変わらないので、安い方でOKです。ただし、第14世代で冷却効率がやや向上しているようなので、同額かわずかな差レベルなら第14世代の方が良いです。
Core i5-14500 / Core i5-13500:3万円台後半~で14コア。コア単価が非常に安いCPU
第13,14世代Core i5のK無しの上位モデルです。14コア(6P + 8E)で3万円台後半という価格となっており、価格は3.7万円~(2024年1月時点)と安く、コア単価が非常に安いのが魅力です。ミドルレンジCPUとしてはマルチスレッド性能コスパが非常に優れています。デメリットとして、オーバークロックには非対応で電力制限も厳しめなので性能の伸び代が小さい点や、ハイエンドGPU使用時のゲーミング性能はCore i7以降には劣る点などあるのは留意ですが、この価格帯ではあまり気にならない点です。そのため、安さを重視しつつ空冷で十分なCPUでマルチスレッドコスパを追求するなら非常に魅力的な高コスパCPUです。ただし、残念ながらBTOなどではほとんど見掛けないモデルなので、半ば自作専用CPUだと思います。
Core i5-14400(F) / Core i5-13400(F):10コアで3万円台前半~という安さで、低価格構成で非常に強力
10コア(6P + 4E)16スレッドの第13,14世代のCore i5(下位)です。上位CPUと比べるとマルチスレッド性能は劣るもののコスパ自体は良く、重い処理でもこなせる性能ではあるので、安さ重視や、性能を持て余して費用を無駄にしたくない場合に向いているCPUです。ハイエンドGPU使用時がゲーム性能がやや低いのも弱点ではありますが、ハイエンド未満のGPUなら大した差ではありません。そのため、この価格のCPUでハイエンドGPUを採用する人はほとんど居ないため、実質的にはそこまで気にする必要がありません。安さ特化CPUでは非常に強力な選択肢です。
Ryzen 5 7600X/7600:約3万円前後でCore i5-13400(F)と同等の性能・コスパで、AM5の長期サポートを得られる
Zen 4で6コアのRyzen 5です。発売当初は高価だったために低価格PC用のCPUとして機能していませんでしたが、その後値下がりが進んだことで、価格・性能ともに「Core i5-13400F」に近い低価格PCで非常に強力なCPUとなりました。しかし、13400(F)よりもソケットのAM5のサポートは長期化が期待できる面で優位性があり、Coreと違い、RyzenではX3Dモデルの追加による旧シリーズ強化なども見込める関係で、後にCPUを交換をする場合を考えると一段有利なのが魅力です。BTOではまだ13400(F)よりも若干高価なことが多いので難しいですが、自作や一部構成では13400(F)とほぼ同額で導入できることもあるので、その場合にはちょっとおすすめです。
Ryzen 7 8700G/Ryzen 5 8600G:高性能内蔵GPUモデル
RyzenのRDNA 3アーキテクチャ内蔵GPU搭載モデルです。グラボ無しでも重めの3Dゲームや動画編集に対応が可能という、ライトユーザーには非常に魅力的なCPU(APU)です。AI用の「Ryzen AI」を搭載しているのも地味に嬉しいです。コア構成は、「Ryzen 7 8700G」はCPUは8コア16スレッドで、GPUは12コア(Radoen 780M)で、「Ryzen 5 8600G」はCPUは6コア12スレッドで、GPUは8コア(Radeon 760M)となっています。
8700Gと8600Gの内蔵GPUのコア数差(12 / 8)が気になると思いますが、コア数差の1.5倍ほどの差はなく、おおよそ1.2~1.3倍くらいの差です。重めの処理でなければ実用性面での差は意外と小さいので、CPU性能を重視しないなら8600Gでも意外と使用感の差は大きくなさそうな点も覚えておくと良いかもしれません。
Ryzen 7 5700X:2万円台中盤で買える圧倒的マルチスレッド性能コスパの旧世代8コアCPU
旧世代ですが、その価格の安さによる圧倒的なマルチスレッド性能コスパで売り上げ上位に居続けるのが「Ryzen 7 5700X」です。2万円台前半~中盤という価格で、3万円ちょっとの「Core i5-14400(F)」や「Ryzen 5 7600(X)」に匹敵するマルチスレッド性能を持つため、非常に優れたコスパを持っています。旧世代のためシングルスレッド性能やゲーム性能はやや落ちるものの、ゲームにおいてはミドルハイくらいまでのGPUならほぼ問題にはならないレベルなので、費用を節約しつつコスパを最大化できる存在として重宝します。電力効率も非常に優れており、未だに高コスパCPUとして非常に強力な存在です。

CPU性能比較表

※CPU名のリンクはAmazonへのものとなっています。

絞り込み
メーカー
消費電力(TDP)
主流以外
過去ログ(切り替え)
Core
Ryzen
ベンチマーク

TDPは熱設計電力の事で、大体の消費電力の目安。

586 COMMENTS

通りすがり

いつもありがたく使わせてもらってます。グラフの昇順・降順並べ替えができなくなっちゃってますよ。

返信する
とねりん:管理人

ご指摘ありがとうございます。
直ったはずなので、ページを更新したら反映されると思います。ご不便おかけして申し訳ございません。

返信する
TNS

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

初めてのゲーミングPC購入をBTOにて検討しており、下記の構成につきまして、とねりん様のご意見をお聞きできればと思いコメントいたしました。
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:RTX 4070 か RTX 4070 SUPER
メモリ:32GB(16GB×2)DDR4-3200
ケース:ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)Ver.2
用途:ゲームと動画視聴がほとんど。ゲームはパルワールドなどをプレイしたいと思っていますがマルチプレイはしない予定です。
懸念点:①CPUの性能は足りるでしょうか?②CPUクーラーはAK400で問題ないでしょうか?(ケースファンは前面、背面、上面につくようで、グリスは少しいいものを選ぶつもりです)

正直分からないことばかりでもっとたくさん伺いたいのですが、上記の2点とくに気になっているところなので、ご教示いただきたいと存じます。
また、これ以外の懸念点がありましたらご教示いただけますと幸いです。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。
コメントありがとうございます。励みになります。

>CPU性能は足りるのか
ゲームと動画視聴しかほぼしないなら、「Ryzen 7 5700X」でも基本的には問題ないです。ただ、パルワールドに関して言えば少しネックにはなるので、最新世代のものを選ぶ方が良くはあります。

まず動画視聴ですが、こちらはGPUのデコード処理がメインなので、CPUはそこまで重要ではありません。(CPUの内蔵GPUを利用する場合は関係あるとも言えますが、今回は関係ないです)

次にゲームに関してですが、多くはGPUの重要度の方が大きいので、基本的には「Ryzen 7 5700X(+RTX 4070)」でも大きなネックにはならないことが多いです。
ただ、ゲームタイトルによってはCPU性能が重要なものも一部あるので、一概には言えなかったりはします。そして、パルワールドもCPUの重要度が大きめのゲームです。マルチスレッド性能はそこまで重要ではありませんが、世代が新しいほど(恐らくシングルスレッド性能やIPCが高いほど)グラボの性能を引き出し易く、fpsが高くなる傾向があるようです。

公式の推奨スペックは「Core i9-9900K」以上なので「Ryzen 7 5700X」ならクリアしていますし、大雑把な推測ですが…フルHDで80fps~100fpsくらい出れば良いなら「Ryzen 7 5700X」+「RTX 4070」でも問題ないかなと思いますが、より高めたいなら新しい世代のものを選ぶ方が良いですね。
「Ryzen 7 5700X」に近い価格だと、「Ryzen 5 7500F」とか「Core i5-14400(F)」あたりになるかなと思います。

>AK400で大丈夫か
「Ryzen 7 5700X」なら十分です。5700Xは標準設定なら最大76Wの省電力CPUなので、オーバークロックしない限りは冷却不足を気にする必要はほとんどないです。
候補のGALLERIAはケースファンもちゃんとありますし、問題ないです。

追記:ケースの排熱やクーラーも気にされてるようですし、今のところ目立った懸念点はないですが、他にも何か聞きたいことがあれば気軽にお聞きください。

返信する
TNS

早々のご返信たいへんありがとうございます。
とりあえず構成に関して問題点はなさそうで一安心しました。
お言葉に甘えてもう一つ質問させて下さい。

パルワールドは推奨メモリが32GBということで、より安価なDDR4メモリでと考え、Ryzen 7 5700Xを選出した次第でした。
ただ、昨今のゲームの要求スペックがどんどん高くなっている状況を鑑みて、もう少し上位のものにしておいた方が長期的に安心できるのかなとも考えております。
そこで、上述の構成から
CPU:Core i7 14700F
GPU:RTX 4070 SUPER
まで上げた場合、同様の冷却性能で足りるものでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

実は、パルワールドを実際にフルHD(最高設定)で動作してみたところ、平均で大体5GB弱くらいだったので、16GBでもなんとかなりそうな感じではありましたが、最低要件が16GBというのは多いですし、他の用途でも安心するにはやはり32GBは欲しいですよね。

>Core i7-14700FでAK400で足りるか
まず、GPUについてはグラボ側の冷却性能によりますが、RTX 4070 SUPERは4070と20Wしか変わりませんし、同グレードのGPUの中では消費電力は少ない方なので特に問題ないと思います。

次に「Core i7-14700F」ですが、こちらも”標準設定”なら問題ないです。これは、「Core i7-14700F」の長期的な電力制限がTDP PL1である65Wに設定されているためです。
ただし、ここで少し問題なのが、14700Fは20コアという多コアで最大クロックも高いCPUなので、65Wでは性能をしっかり引き出すには明らかに足りていない点です。そのため、性能を無駄にしたくないなら標準の電力制限を解除して少し高く設定して運用する方が良いと言われていたりします。
ある程度しっかり性能を引き出しつつ運用したいなら150W~180Wくらい欲しいという感じだったと思いますが、AK400だとそこまで対応するのはちょっと厳しいです。雑な推測ですが高くても125Wくらいまでにしておいた方が良いんじゃないかと思われ、その場合には性能をしっかり引き出すには足りていないということになるのでそこをどう考えるという感じですね。
とはいえ、大体のBTOの標準設定ではAK400と同様の12cmファン1基の小型の空冷が採用されていますし、効率の最大化や温度を低く保つことを考えるなら100W前後での運用も全然アリではあります。

返信する
TNS

わざわざ実際に動作までしていただいて大変ありがとうございます。
やはり、32GBはあった方が安心なのは間違いなさそうですね。
また、14700Fも設定次第ではAK400でも運用できるということで安心しました。
フルの性能を引き出せるもう少し良い空冷クーラーを選択できる商品を見つけられればベストですね。
もう少しあちこち探してみたいと思います。

今回はお忙しいところ丁寧にご対応いただき大変ありがとうございました。
とねりん様にアドバイスをいただき、だいぶ不安を解消することができました。
サイト運営大変かと思いますが、お体に気を付けて頑張ってください。
ありがとうございました。

返信する
とねりん:管理人

フル性能とまではいかなくても、効率や温度を大きく悪化させずにそこそこの性能を引き出せると良いですね。
ただ、ドスパラなどの大手のBTOだと空冷クーラーの選択肢は少ないことが多いのが難しいところですね…。

お礼の言葉もご丁寧にありがとうございます。また何かあれば、気軽に聞いてくださいませ。

返信する
あーく

コメント失礼します。
今、フロンティアで買ったBTOパソコンでark survival ascendedを遊んでいます。
今使っているパソコンのGPUは確かRTX3060Tiというやつで、それだと最高設定ではどうしても重くなってしまいます。なのでGPUを買い替えようと思っているのですが、どんなやつを買った方が良いでしょうか?そして交換する時は業者に頼んだ方がいいのでしょうか?
初心者なので色々教えていただけると幸いです!

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。

予算やその他の構成を聞かないとなんとも言えないので、その辺りを教えて頂ければ幸いです。
ただ、Arkは非常に重く、高設定で快適にプレイするのはかなり厳しいゲームなので、相応の予算がないと厳しいです。

返信する
あーく

めっちゃ早い返信ありがとうございます!
予算はちょっと奮って10万円程度と思っています!
メモリは、16G。
CPUはCore i7-12700というやつだったはずです(今手元にないので帰ったらちゃんと確認します。すみません)。
容量は1Tです。
他にありますでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

10万円以内でフルHD想定なら、「RTX 4070 SUPER」というものが今は一番コスパが良いと思います。
できれば電源容量も聞きたいと思っていましたが、「RTX 4070 SUPER」と「RTX 3060 Ti」なら差は小さいので大丈夫だと思います。

今の「RTX 3060 Ti」と「RTX 4070 SUPER」を比べると、ゲーム性能は大体1.7倍前後くらい高速になるのですが、Arkがあまりに重いので、最高設定だと快適かは怪しい点は注意した方が良いかもです。
RTXシリーズではDLSSというfpsを向上させる機能が使えるのですが、それのフレーム生成機能がONでも、最高設定なら平均60fpsをちょっと超えるくらいになるのではないかと思います。

返信する
あーく

ありがとうございます!
今帰宅して確認したところ、GPUはRTX3070でしたm(_ _)m
あと、あまり変わらないかもですが、CPUはCore i7-12700Fというものでした。

返信する
とねりん:管理人

「RTX 3070」は「RTX 3060 Ti」の一つ上位のものですね。
DLSSのフレーム生成はRTX 30シリーズでは使えないので、最新のものにした方がArkでは大きな差にはなりますが、「RTX 3070」も低性能なGPUではなく、他ゲームでは恐らく不便を感じることは少ないのではないかと思います。
Arkでも設定を落とせば比較的快適にはなると思いますし、そのために10万円を今出す価値があるかは、一応考えた方が良いかもですね(一応年末ごろからRTX 50シリーズの登場もあると思いますし)。

返信する
あーく

そうなんですか!
では年末を待つことにしましょうかね〜
色々参考になりました!
ありがとうございました!

返信する
とねりん:管理人

ご不便お掛けして申し訳ありません…。直っていると思いますので、更新してご確認ください!

返信する
mk

超速復旧ありがとうございます&お疲れ様です…
本当に使いやすくて月に10回はお世話になってます‍

返信する
とねりん:管理人

(ネタでやったのかと思って反応してしまった…気にしないでください…)
追記:誤変換の部分は消しておきました。

返信する
MARU

2個目の同じような質問ですみません。
PCでフォートナイトをしようと思ってます。
3D解像度以外の設定は低です。
Ryzen 5 4500
GeForce RTX 3050 8GB
16GBメモリ
500GB NVMe SSD

この場合何fpsくらい出ますか?

返信する
とねりん:管理人

返信遅くなりました。

Fortniteは設定が低いとかなり軽いので、フルHDなら要求スペックは低めです。
ノートパソコンの場合は電力設定や冷却性にも大きく左右されると思うので一概には言えませんが、高パフォーマンス設定で冷却も十分と仮定するなら、モバイル版RTX 2050(一つ目)は100fpsは軽く超えると思いますが、144fpsはやや微妙なところです。

二つ目はデスクトップだと思いますが、デスクトップ版RTX 3060 8GBはRTX 2050の大体1.7倍くらいのゲーム性能があるので、フルHD低設定なら144fpsは軽く超えると思われます。
fpsが非常に高いとCPUのボトルネックや細かな設定の違いでも変わるfpsが大きいので、具体的な数字を挙げるのは難しいですが、165~180fpsくらいは期待できるのではないかと思います。

返信する
MARU

PCでフォートナイトをしようと思っています。
第12世代 インテル® Core™ i5-12450H プロセッサー
16GB
NVIDIA® GeForce® RTX 2050 Laptop グラフィックス
15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ(144Hz、1920×1080)

このPCの場合、モニターのリフレッシュレートの144fpsは出ますか?

返信する
ぷっちょ

はじめまして。
コメント失礼します。
ノートPCに関しての質問です。

現在coreUltraかryzen搭載のノートPCを検討しているのですが、先日発表されたSnapdragon X Eliteとの比較についてです。
MicrosoftからcopilotAIが発表され、求める性能が40TOPSからとされています。対応するcpuがSnapdragonと今後発表されるであろうIntel、AMDのcpuです
その中で、copilotAIは普段使い(ネットサーフィン、軽いゲーム等)で必要でしょうか。もし必要性がないなら、待たずにcoreUltra、ryzen搭載のPCを買おうと思います。

また、cpuのおすすめはcoreUltraとryzenではどちらがおすすめでしょうか。

返信する
ぷっちょ

追記。
Intel、RyzenとSnapdragonではベンチマークでどのような差があるのでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。
たまたまですが、「Snapdragon X」の初期ベンチマークを見る記事を先日弊サイトで投稿したので、ベンチマーク等については良ければそちらをご覧いただければと思います(Ryzen 8040は比較対象にありませんが…)。

結論からいうと、ネットサーフィンやゲームのみがメイン用途の場合、現状はNPUの性能は気にする必要はないと思います。

まず、40TOPSという数字は、Copliotをローカルで実行可能にするために必要な性能とされています。
考えられる主な活用シーンとしては、Microsoft製品(たとえばWordやExcel)で高い生産性などを与えるAI処理を行う際に、特に有用と見られていると思います。それらが用途に含まれていないのでしたら、重要度は下がると思います。
また、ご存じかとは思いますが、WebでのChatGPTやCopliot(with Bing)で、簡単な質問や文章の要約の対応程度のことは十分対応できますから、それで困らない程度のことしか想定しないなら、そもそも自分のPCにNPUが搭載されている必要はないです。

Copliotで対応すると見られる画像生成などは個人でも興味がある人は居ると思いますが、こちらも「Snapdragon X Elite」の45TOPSでは多用するには性能的にも怪しいと思います。画像生成AIを検討するなら、現状はNVIDIA製GPUを搭載したPCで「Stable Diffusion」等で利用する方が良いと思います。

上記のことから、挙げられた用途の範囲なら、ローカルのCopliotが凄く役立つことはほとんどないのではないかと思います。しかし、NPUによるAIの活用法は使い方はこれからも増えていくと思いますので、必要ないと断言することはできないということは心に留めておき、私の述べたことも参考程度にして欲しいと思います。

また、AI性能が気になるようでしたら、先日概要が発表された、第3四半期(7月~9月)の投入予定のIntelの次世代「Lunar Lake」を待ってみるのもありかもしれません。「Snapdragon X Elite」と同じ最大45TOPSのNPUを搭載する他、GPU側にも最大60TOPSのAIエンジンが搭載される見込みだったかと思います。

【追記】
Core UltraとRyzenのおすすめの回答を忘れていました。
どちらも内蔵GPU利用で、RyzenはZen 4モデル(7040や8040)を前提とすると、
純粋な処理性能ではCore Ultra-Hの方が若干上ですが、正直実用性で大きな差が出るほどではないので、やや安価な傾向があるRyzenの方が個人的には少しおすすめです。
Radeon GPU(RDNA2以降)では、AFMFというフレーム生成機能が手軽に使えて、ゲーム性能の底上げにも使えるので、ゲーム性能を重視するならそこも嬉しいと思います。
とはいえ、処理性能自体はそんなに変わらないので、実際の製品の価格と好み次第かなと思います。

返信する
ぷっちょ

返信ありがとうございます。

CopliotのAI機能は「今までチャットGPTのようなクラウド上のAIを簡単なことならローカルでノートPCでできるよ」という認識で良いのでしょうか?

リンクのサイトによるとhttps://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1593064.html
Lunar Lakeの性能ですが、AI関連では性能が上がりますが、その他の性能はUシリーズの後継として開発され1,5倍ほどのアップしかしないという情報があり、現行のHシリーズと比較するとほとんど性能アップは見込めないのでしょうか。

Lunar Lakeの発売時期ですがやはり9月ごろの発売になりそうですかね?
急ぎではないのですが9月頃になると個人的に時期が遅いのでできれば早めがいいのですが、、、また今は利便性のため2in1がほしいと思っていますが需要がないため発売するにしても10月11月頃になりそうですかね?

返信する
ぷっちょ

AIを使わないのであれば現行のHシリーズで問題なく使用出来るのでしょうか?

返信する
とねりん:管理人

返信遅くなりました。

Copliotのローカルでの詳しい使用感や機能性についてはまだわかりませんが、その認識は一部正解ですが、ちょっと違うと思います。
あえて一文でまとめるなら、「インターネット接続が必要無い処理に関してはローカルで出来るようになり、それらをそれなりに実行するには40TOPSくらいは欲しい」といった感じではないかと思います。
たとえば、天気や気温のような観測が必要かつ変化する情報はローカルで扱うことは不可能なので、引き続きネット上のチャットボットといった形の利用になると思います。この際にはPCにNPUは必要ないです。
そして、文章の要約や画像の生成などは、学習モデルがあればローカルでも実行可能だと思われますが、こちらをローカルで行うにはPC自体にAI処理性能が必要になる、といった感じだと思います。

Lunar Lakeについては、1.5倍というのはGPU性能の話なので、CPU性能とは別の話です。CPUのコア性能については「Snapdragon X Elite」や「Ryzen 7 8040U」と比較して、「FASTER(速い)」とだけ言われているので、1.5倍どころかわずかな向上といった印象を受けます。出てみないとわかりませんが…。
GPU性能については、現行のUシリーズ(Core Ultra 7 165U)の内蔵GPU(Xe4コア)よりも1.5倍高性能とのことですが、現行のHシリーズ(Core Ultra 7 155H等)のGPUは最大8コアで、Uシリーズの約2倍の内蔵GPU性能を備えるので、1.5倍では届かなかったりします。ただし、現行のHモデルのように、今回比較したモデルとは別の上位モデル(消費電力がやや多めの)が存在する可能性もあるので、性能が低下するとは言い切れないです。

Lunar Lakeについては、恐らくAI市場におけるSnapdragon Xへの牽制として情報を先出しした形で、詳細なコア数やベンチマーク情報は示されませんでした。
電力効率とAI性能が大幅に向上するのは確かなようですが、それ以外の具体的なことは追加情報を待つしかないと思います。

詳細な発売時期についても何とも言えませんが、現行のCore Ultra初代の発売時期を確認してみたところ、確かにコスパ重視の2-in-1機種は少し発売が遅めではありましたので、推測通りの10月以降になってしまう可能性はあるかもしれません。

【追記】
>AIを使わないのであれば現行のHシリーズで問題なく使用出来るのでしょうか?
聞いた限りの用途(ネットサーフィンや軽いゲーム)で明らかな性能不足を感じなければOKという基準でいえば、現状問題ないように思います。
ただ、AIは急激に発展している分野なので、現在では気にする必要がない用途でも有効活用される使い方が出てくる可能性も否定はできません。

返信する
NR750

はじめまして。
コメント失礼します。

現在高校生でしてノートPCを買い替えたいと思い、探しているのですが迷っているためご相談させて頂きたいと思います。

使用用途ですが
・普段使い:YouTube等のSNS、調べ事、ネットショップなどのネットサーフィン。
・勉強:Chrome上での学習や調べ事。(今後大学でも使う予定)
・予算
10万から20万前後
・求めるスペック
cpu
core Ultra5、7もしくは12、13世代のi7
メモリ
16GB以上
バッテリー持ち
持ち運ぶ予定もあるため、10時間以上(モバイルバッテリーの購入も予定しています。)
その他細かいスペックはリンクを貼った機種と同じくらい。

候補に入っているもの。
lenovoyoga 2in1
https://kakaku.com/item/K0001611195/#tab01

LG gram2in1
https://kakaku.com/item/K0001602715/
ノーマルLG gram
https://kakaku.com/item/K0001602710/

hp envy
https://kakaku.com/item/J0000044412/#tab01

zenbook 14 OLED
https://kakaku.com/item/K0001612036/

DELL
https://kakaku.com/item/K0001569488/

タブレット型ですが、サーフェスプロ9が候補として入っています。
PCとしてどれが良いのでしょうか?

また、候補の中にコンバーチブルタイプでタッチパネル対応の物と、一般的なクラムシェルタイプがあります。
タッチパネルは普段使いでは便利です。
その中で、今後大学使う際にタッチパネルはあった方が便利なのでしょうか?
講義を受ける際の環境はわからないのですが、レポートはキーボードで良いと思います。ですが板書の時にノートPCのキーボードで打つか、もしくはiPadとペンでノートのように書くか、はたまた紙とペンで書いたほうが良いのか、調べていても分からず経験がありましたら教えていただきたいです。

金銭目でもノートpcとiPadの2台持ちはきついためよろしくお願い致します。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。返信遅くなりました。

まず始めに最後の方の質問からですが、

>今後大学使う際にタッチパネルはあった方が便利なのでしょうか?
環境や人によって異なるでしょうから、正直何とも言えないですね…。
ただ、板書に関して言うなら13~14インチのノートPCのタッチ機能を使って行う人はあまり居ないのではないかと思います。
とはいえ、板書で使わないにしても、持ち運び先での利用を考えるとあった方が便利だとも思います。

・どのPCが良いか
結論からいうと、挙げられた中だと「ASUS Zenbook 14 OLED UX3405MA」が個人的にはおすすめかなと思います。

理由については、予算の幅が結構広いのと、挙げられた機種はどれも高級機なのでちょっと厳しめで見ていくと、
まず持ち運びを前提として考えるなら、やはり軽さの重要度は高いと思います。
なので、「Inspiron 14 2-in-1(1.58kg)」と「Yoga 7i 2-in-1(1.49kg)」はやや評価が落ちるかなと思います。
また、Inspironの方はCPUが「Core i7-1355U」ということで性能的にも大分落ちることもあって、挙げられた中では大分落ちますね(価格的に仕方ないですが)。

次に「ENVY x360 14」ですが、「Core Ultra 7 155U」搭載していますが、Uモデルは「Core Ultra 155H」などのHモデルよりもCPUとGPUのコア数が大きく削減されており、性能が大分落ちます。価格を考えると性能コスパは良くなく、現在の価格ならZenbookの方が良いかなと思います。

LGの2機種については重量もバッテリー持ちも優秀で魅力的ですが、やはり価格が予算ぎりぎりに見えるのが気になります。
「Inspiron 14 2-in-1」を候補にしていたことからも、実用性に大差がないなら安い方が良いって気持ちが多少はあるということでしょうし、個人的にはZenbookとそこまで変わらないのかなと思いました。

最後に一応Surface Pro 9ですが、実はバッテリー持ちがそんなに良くないのが一番気になるところですし、性能面でもちょっと微妙かなという印象です。

ということで、現在は在庫切れなのが気になりますが、「ASUS Zenbook 14 OLED UX3405MA」を推したいなと思います。

返信する
とねりん:管理人

追記:なぜかZenbookをタッチパネルだと勘違いしていました…。
タッチ無しでもコスパ的にはやっぱり一番かなとは思いますが、タッチ機能をすごく重視していて性能コスパを多少妥協できるなら、「ENVY x360 14」「LG gram2in1」も選択肢としてはありかなと思います。

返信する
NR750

返信ありがとうございます。

やはりノートpcにタッチパネルはあまり必要性はないんですね。
タッチパネルはどうしても必要なわけではないので、zenbookを優先的に検討してみます。

今後大学でデジタル上でのペン入力が必要だと思ったらipad買おうと思います。

ご相談乗って頂きありがとうございました。

返信する
NR750

2in1の物を買うことにしたのですが、
LG gram2in1とlenovo yogaの性能の面でLGがUltra5 125H、lenovoがUltra7 155Hとcpu性能に差があるのですが、普段使いの中で差は感じるのでしょうか?また、普段使いではメモリは16GBで十分でしょうか?
よろしくお願いします。

返信する
とねりん:管理人

Core Ultra 5 125Hの方がPコア(高性能コア)が2つ少ないのでスコアでは差がありますが、125Hでも普段使いの軽作業程度なら十分な性能です。特にCPU負荷が掛かる処理でなければ差は感じることはほぼ無いと思います。
メモリに関しては使い方次第ですが、特に容量を圧迫する使い方やソフトを使用する訳でなければ、一般的には普段使いとしては十分な容量のはずです。

返信する
ぱぴこ

コメント失礼します。現在 CPU i7 4790 電源ユニット 500w 用途 配信/ゲーム 
で遊んでいるのですが、最近GPUを新しくRTX 3060 を購入し、せっかくいいGPUを購入したのでCPUなどを新調しようと考えています。そこで、20000円以内でGPUといい感じのCPUを探しているのですが、i3 14100f/i3 13100f/i3 12100f ryzen5 5500/5 5600G あたりを検討中で、ここでAMDが少しパーツとの相性が難しいとお聞きし、また値段とスコアだけでCPUを判断して良いのか悩んでいます。

この中で長く使うことを考慮し、おすすめのCPUを教えていただけるとありがたいです。
また、値段を考えずこのGPUに合うCPUも教えてください。長文失礼しました。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。

AMDと相性が悪い、というのが具体的にどのようなことを聞いたのかわかりませんが、そこまで気にしなくて良いと思います。
2万円以下で今コスパの良いCPUだと、「Ryzen 5 5600(X)」あたりがおすすめかなと思います。Ryzen 5 5500や5600Gは実は内部仕様が異なっていて、キャッシュ量が少ないので、ゲームメインならおすすめではないです。また、2万円以下のCPUはほとんどが古い世代のものですし、性能も高くはないので、正直どれも長く使うことを考慮するなら良いCPUとは言えないかもしれません。

>値段を考えずこのGPUに合うCPUも教えてください
一応安さも重視して考えるなら、「Ryzen 7 5700X」「Core i5-14400(F)」「Core i5-14500」「Ryzen 5 7600(X)」あたりがおすすめかなと思います。

また、お節介かもしれませんが、CPUを変えるにはマザーボードの交換が必要になりますし、WindowsがOEM版の場合はライセンスも新たに必要となるので一応触れておきます。

返信する
ぱぴこ

返信ありがとうございます。

やはり長く使うことを考慮した場合、Ryzen 7 5700X/Core i5-14400f/Core i5-14500/Ryzen 5 7600このあたりになるんですね。また少し考えなおします。
windowsライセン新しくしないといけないんですね!!知らなかったです。
色々教えていただきありがとうございます。

とても使いやすいサイト運営ありがとうございます。またコメントさせていただくと思いますが、その際もよろしくお願いします。
とても勉強になりました。

返信する
おうむがい

PC自作を始めて20年、AMDとIntel両方を使って来ましたが相性問題に遭遇した事はありません。
心配なら名の知れたメーカーでミドルレンジ以上を選択しておけば先ず遭遇しないでしょう。
ただ、稀に地雷があったりするので安心は出来ませんが。

AMDで組むのであればRyzen 5000番台(以下Zen3)と7000番台(以下Zen4)では「使えるメモリが違う」事に注意しなければなりません。
RyzenはCPU側にメモリコントローラーを搭載している関係からZen3はDDR4、Zen4はDDR5に限定されますので、Zen3を選択して後々メモリをDDR5に変更と言う事は出来ません。
CPUソケットもZen3まではAM4、Zen4からAM5と変わっています。
AMDはソケットを長期に渡り変更しない傾向にあるのでAM5も長寿になる事が見込まれます。(AM4は登場から8年目)

コストを掛けずにアップグレードと言う事であれば5700X+B550マザー+DDR4。
更にゲーミング性能特化するなら5700X3Dもありますが+1.3万をどう見るか。
将来性を見込してなら7800X3D+B650マザー(PCIe5.0が欲しいならB650E)+DDR5。
今冬から来春に掛けZenシリーズの本命たるZen5が登場する予定なので一先ず7700でお茶を濁し、Zen5に換装と言うのも有りと言えば有りかと。

返信する
ぱぴこ

返信ありがとうございます。

Ryzen7 5700x or Ryzen5 5600x + B550M pro4 + DDR4 の構成で考えていました。
今年の冬にZen5が来るという情報を知らなかったので、待ってみるのありなのかと感じましたが、
RTX 3060にZen5はもったいなくないんじゃないかな?なんて考えちゃいます。

正直なところゲームと配信にどのくらいの性能があればいいとかが分からず、いいCPUを買ってその性能を使い切れるのかが悩みどころです。

たくさんの有益な情報をありがとうございます。もっとよく情報を調べて吟味してみます。

返信する
とねりん:管理人

私の主観なので参考程度に聞いて欲しいですが、Zen5に関しては、低価格構成で考えるなら正直考慮しなくても良いかなと思います。
新世代のCPUやGPUは、登場直後はやや高価なのが通例ですし、昨今の円安事情を考えると、特に低価格帯での「Ryzen 7 5700X」を超えるコスパのCPUを期待するのはさすがに厳しそうな気がします。
配信などの快適化を考えるならスペックは高いに越したものはないものの、仰る通りゲーム関してのみいえば「RTX 3060」なら旧世代のRyzen 5などでもそこまでネックにはならないと思います。

なので、恐らくは予算を増やさない限りはZen5を待っても状況が大きく改善することは無いんじゃないか…と推測します。

返信する
ぱぴこ

皆様たくさんの考え方、候補、情報をありがとうございます。
パーツは今が買い時な気がして急いでしまって勉強不足ですみません。

Zen 5が発表されたら前世代のCPUが安くなると考えたのですが、それは言い換えれば時代遅れの寿命が短いCPUを使うことになるのでコスパ的には良くないと言うことですよね。うーん。ひとまずRyzen7 5700xを最有力候補としてちょっと考えてみようと思います!!

自作?PCって色々考えることが多くて難しいですね、、ですがこの考えて、調べて、相談する時間もとても楽しいです!!お二方大変貴重なお時間をありがとうございます!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です