大手通販サイト比較【Amazon・楽天・ヨドバシ.com】

日本国内で主要な大手ネット通販サイトを比較しています。
2強といえる「Amazon」「楽天」に、最近にシェアを伸ばしている「ヨドバシ.com」を加えた3つを比較します。
また、有料会員や購入金額に応じて特典がある場合がありますが、無料会員で利用する場合に関して見ています。

各社について(Amazon・楽天・ヨドバシ)

各社(各サイト)について簡単な説明です。本当にざっくりとした説明なので、ご存知の方は飛ばして頂いて構いません。

Amazon

https://www.amazon.co.jp/
Amazon(アマゾン)は本社をアメリカに置く、世界的に有名なネット通販会社です。
商品の販売に関しては、ほとんどが自社による販売となっています。
マーケットプレイスという出品サービスもありますが、全体の割合としては少ないです。
世界的に有名という企業の信頼性も相まって、非常に使い勝手の良いネット通販サイトです。

楽天

https://www.rakuten.co.jp/
楽天は、日本企業の「楽天」が提供するインターネットショッピングモールです。
正式名称は楽天市場
世界的な知名度やシェアはAmazonに劣りますが、日本国内でいえばAmazonに匹敵する知名度やシェアがあります。
楽天のネット通販は、「モール型」と呼ばれる楽天以外の出店によるものです。
全商品の販売を他店がしており、楽天自身での商品の販売は行っていません
そのため、ご当地グルメなどの地域の特産品や名物等の種類が豊富で、
他のネット通販サイトにはないところです。
また、他にも楽天の大きな特徴として、全商品にポイントが付くということがあります。
最低1%が必ず付くようになっており、セール時にポイントが大幅に増加したりすることがあります。

ヨドバシ.com

http://www.yodobashi.com/
ヨドバシ.comヨドバシカメラが運営する日本のネット通販です。
最近急激に日本国内のシェアを伸ばしていることで注目されています。
利用者から高い満足度を得ており、「Amazon」と「楽天」の二つと並ぶのではと言われています。
ヨドバシカメラが家電主体の量販店ということもあるので、その辺りが強いのかと思いきやそうでもなく、
色んなジャンルの商品が販売されています。

簡易比較表

ネット通販において重要になる項目について表にまとめました。
大手通販サイト比較表
販売 自社販売+他店の出店 他店の出店 自社販売
安さ(定価)
送料 2000円(税込み)以上で無料
ショップにより異なる
(有料が多い)
完全無料
ポイント対象
一部の対象商品
全商品
ほぼ全ての商品が対象
ポイント還元率
1%~(ほぼ1%)
1%~
10%(一部1%)
レビュー
×
見やすさ
探しやすさ
配達の速さ ショップにより異なる
品揃え
[◎~×]で表記している部分は、なるべく客観的に見てつけたつもりですが、主観なのでご了承くださいませ。
表だけを見た感じだと楽天が少し劣っている印象を受けますね。ただ、この表だけでは細かいところはわからないので、各項目についてもう少し詳しく見ていきます。

各サイトの要点比較

各項目についての補足と、もう少し踏み入って比較をしています

販売形態

今回比較する3サイトの販売形態は、楽天がモール型、Amazon・ヨドバシ.comが自社販売となっています。※Amazonはモール型の販売形態も採用していますが、自社販売が圧倒的多数です。
下記から、それぞれの販売形態についてまとめています。

各サイトの販売形態
販売形態
主に自社販売
モール型
自社販売

自社販売
自社販売は、サイトを運営している企業が自前で商品を用意し販売している販売形態です。詳しく説明する必要もありませんね。

良い点

  • Amazon等の大企業のサイトだと、運営体制やサポートがしっかりしていて安心感がある
  • 発送が速い

悪い点

  • 古い商品や需要の低い商品は、取り扱いがない可能性がある

モール型
モール型は、ショッピングモールのように、一つのネットショップ(サイト)に多数の店舗がそれぞれ出店して商品を販売している形態です。サイトのシステムとサーバーだけを貸しているような形です。ポイントやキャンペーン等は運営企業側が用意しますが、その他は各店舗に任せられています。

良い点

  • 価格競争が激しい(安くなる)
  • 商品の種類が豊富

悪い点

  • 同じ商品でも多数店舗の取り扱いがあるので、選ぶのが面倒
  • 運営体制に不安がある店舗も多い
MEMO
双方良さはありますが、個人的には「モール型」が少し使いにくい印象を受けます。仮に値段が多少安かったとしても、「Amazonが販売・発送します。」の安心感には勝てないです。

ポイント

【各サイトのポイント比較】
ポイント対象商品(還元率)
一部の対象商品(基本1%)
全商品が対象(1%~)
ほぼ全ての商品が対象(基本10%/一部1%)

Amazon

一部ポイント対象商品はありますが、基本的には無いものと見た方がいいレベルです。
対象商品数は少なく、売れ筋の商品には基本ポイントは付かないし、ついても1%程度です。
ただ、Amazonはポイントが無くても許せるくらい定価が安いです。
送料も掛からないものが多いので、そこまでマイナスなイメージはありません。

楽天

全商品が対象で、楽天会員であれば最低1%のポイントが貰えます。
更に、会員のグレードや楽天のサービス利用状況によって最低のポイント還元率が増えます。
その他、商品よって通常よりも貰えるポイントが多いものがあったり、セール期間にはポイント5倍や10倍の商品も多く登場します。
本記事で比較している通販サイトの中では、一番ポイントを重視しているのは楽天と言えるでしょう。
利用の仕方によっては、非常に多くのポイントを獲得する事が出来ます。
ただ、ポイント還元率を増やす条件が、何らかの支出を伴うものが基本なため長期・継続的に利用しない場合には恩恵はあまり受ける事が出来ません。

ヨドバシ.com

ほぼ全ての商品が対象で、基本10%の高いポイント還元率を誇ります。(一部ポイント対象外製品やポイント1%の商品有)
その代わり、商品そのものの価格が、Amazonや楽天より若干高めです。
価格設定の仕方は、分かり易く『商品代金-ポイント還元額=Amazonの代金』という感じになっています。
ポイントのお得感を出しつつ、実質価格の安さでもAmazonに負けてないぞという印象を与えようという作戦だと思われます。
ただ、継続的に利用しない場合にはポイントが無駄になる可能性もあるので、定期的な利用が前提となってしまいます。

送料

【各サイトの送料】
送料
完全無料
2000円以上で無料※2000円以下でも対象商品有
ショップにより異なる
ヨドバシ.comは完全無料で、たとえ100円のボールペン1本でも無料で配達してくれます(しないけど)。
Amazonは2000円以上で無料ですが、2000円以下の商品でも送、料無料のものが結構多いです。
ネット通販で2000円以下のものを多く注文する人は多くないと思いますし、実質無料と言っても過言ではないですね。
楽天について、ショップにより異なるものの、有料の店舗・商品が多い印象です。
モール型のネットショップでは、大量入荷・大量発送による効率化が図りにくいという背景もありそうです。
仮に送料込みで、Amazonやヨドバシより安かったとしても、実質的な支払い代金の判りにくさが好印象ではないですね。
送料
楽天は送料が店ごとに異なるため、調べるのが少し面倒。

レビュー

【各サイトのレビュー比較】
レビューの数
レビューの質
× ×
実際の商品を直接見たり触ったり出来ないネット通販では、レビューは重要項目です。
そのレビュー機能ですが…楽天だけ明らかに劣っています。

楽天はモール型でありながら、商品レビュー機能は店舗ごとに分けられています。

そのため、同一の製品であってもレビューが各店舗ごとに分散してしまい、まとめて見る事が出来ません。
1ページあたりのレビュー数も少なく、とてもではないですが使い物になりません。
他サイトで調べれば良い話ではありますが…他サイトで不要な手間が掛かるのはマイナス点です。
レビュー機能
楽天(モール型)のレビュー機能は明らかに使いにくい

サイトの見やすさ・商品の探しやすさ

【各サイトの使い易さ比較】
サイト全体の見易さ
商品の探し易さ
×
全サイト知名度も人気もあるということで、サイト全体の見易さは3サイトともそれなりに見易いです。
しかし、商品の探し易さとなると話が違ってきます。特に気になるのは楽天でした。
楽天は非常に多くの店舗が出店しているため、製品名で検索すると、同じ製品がずらーっと並ぶと言った状況がよくあります。
どこを見ればいいのかわかりません。
Amazonも他店舗の出店は可能なので、同じ製品名が並ぶことはありますが、楽天ほどではないのでそこまで気になりません。
ヨドバシは完全に自社販売のみなので、同製品名がずらっと並ぶことがなく非常にスッキリして見易いです。
サイトの見易さ・商品の探し易さ
楽天(モール型)は、同じ商品のページが大量に存在するので見にくいし探しにくい。

品揃え

【各サイトの品揃え比較】
新しいもの
古いもの 特産品類
× ×
品揃えに関しては、当然ですが最新の製品や売れ筋製品に関しては3サイトとも完璧でした。
となると、他のものでの比較ですが…
楽天の守備範囲の広さが圧倒的でした。日本の特産品などの取り扱いも多く、隙がありません。
逆に、ヨドバシは需要の低くなったり、古い商品の取り扱いを割とすぐに止めてしまう傾向があるようでした。
売れているものに関しては当然扱いは止めないので、凄く不便と感じる事はないですが、ヨドバシ1本に絞って利用するには少し厳しい品揃えといえるかもしれません。
品揃え
最新・売れ筋の商品だと差はほとんどない。商品数はヨドバシが一段劣り、特産物系は楽天が強い。

まとめ~個人的な評価~

【個人的な総合評価】
商品価格の安さ(定価)
送料
ポイント
×
レビュー
×
サイト全体の見易さ
商品の探し易さ
×
配達の速さ
品揃え
個人的おすすめ順位 1位 3位 2位
出来るだけ分かり易いように、かなりざっくりですが「〇×△」のみで各項目を評価しました。
商品数の多さ、商品自体の価格の安さ、セールの多さ・安さを考慮すると、やはりAmazonが頭一つ抜けているという印象が強かったです。
ただ、ヨドバシ.comもAmazonと比較しても、代金はポイント込みではほぼ同じですし、日本企業という安心感があります。
上記の点を考慮すれば、肉薄しているとも思いますし、ヨドバシ.comの方を利用したいという人も多いのではと思いました。
楽天に関しては、サイトとして消費者側にとって優しくない面が多いと思ったのでこの位置にしました。
ネットショップの「商品の実物を見れない・店員に気軽に質問等を出来ない」等の問題を考えれば、ユーザビリティは出来うる限り、良くあるべきだと思います。
それでは、記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。