サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

メカニカルキーボード解説【キースイッチ・軸について】

メカニカルキーボード解説

本記事では、メカニカルキーボードの軸(キースイッチ)について詳しめの情報を載せています。軸の色についての違いだけでなく、個別のキースイッチ毎についてのも載せています。
ざっくりとした解説を見たい人は、下記が参考になるかもしれません。

メカニカルキーボードとは?

メカニカルキーボードは「メカニカル」というタイプのキースイッチを用いたキーボードです。「メカニカル」キースイッチは、名前の通り機械仕掛け(メカニカル)の構造のキースイッチです。特徴としては、「独特な打鍵音」と「スイッチを押すような打鍵感覚」がよく挙げられます。
メカニカルキーボードの最も注目すべき点は、他のキースイッチと違って「決まった構造が無い」少し特殊なキースイッチという点です。そのため同じメカニカルキーボードでも使うパーツや構造によって大きく性質が異なります。実際に幅広い性質のものが存在するので、好みのキーボードを探すにはうってつけです。ただ、価格は使用率の高いメンブレンやパンタグラフよりも比較的高くなっています。

メカニカルキーボードの主な特徴
  • 独特で大きい打鍵音と独特の打鍵感
  • 幅広い性質(使うパーツによって性質が大きく変わる)
  • 価格は高価
実はメカニカルの定義は曖昧
全てのキーボードは「キーを押す」という機械的な機構を含んだものであるため、厳密にいえば全てのキースイッチがメカニカルだともいえます。そのため、正直なところ「メカニカルキーボード」の定義は曖昧です。一般的には「構成する部品が全て硬質のもの(柔らかいゴムなどを使わない)」「物理的な接点が用意されている」「キースイッチがキー毎に独立している」の3点などが、メカニカルキーボードに共通する構造上の性質です。


軸の色

メカニカルキーボードは使うパーツによって性質が変わります。中でも、キーの柱となって支えるパーツ「軸」は、メカニカルキーボードの性質に大きく関わるため非常に重要です。そのためメカニカルキーボードを選ぶ際は、まず自分の好みにあった軸から探すのが一般的です。
この「軸」は各メーカーが性質毎に色で分けているのが一般的となっているため、軸の色から大まかな性質を掴むことが可能となっています。
その性質と色の組み合わせはメーカー毎によって多少異なりますが、メカニカルのキースイッチの最大手メーカーである「Cherry」が使用している組み合わせを基準として、下記のような色と性質との組み合わせで覚えるのが一般的です。下記に表にざっくりとまとめてみました。
各軸の特徴(色別)
音の大きさ
キーの軽さ
クリック感※1 タクタイル※2
赤軸
小さい
軽い なし なし
茶軸 小さい 軽い ある ソフトにあり
青軸 大きい 重い しっかりある あり
黒軸 大きい 凄く重い なし なし
銀軸 小さい 軽い なし なし/ソフトにあり
※1 キーを押下して底に達した際に指に伝わる感触の事。
※2 メカニカルキーボードは、キーを底まで押下させなくてもキー入力を認識する。そのキー入力を認識するポイントに達した際に感じる引っかかり感の事。
メカニカルキーボードの「軸」
メカニカルキーボードの軸は、性質の大きく関わるため非常に重要。まずは自分好みの軸を探す事から始めましょう。


メジャーな軸について、もう少しだけ補足説明です。もうちょっと詳しく知りたいって方は見てください。

赤軸
軽いキータッチでタクタイルもクリック感も無い。打鍵音もメカニカルにしては小さめで、比較的ライトタイプの軸。ただし、キーストロークはメンブレンやパンタグラフと比べると深めなため、底打ちには向かない。
  • 打鍵音が小さい(メカニカルにしては)
  • タクタイル・クリック感がない
  • キーが軽い
青軸
しっかりとしたタクタイルとクリック感によるによる、明確な入力感が特徴の軸。独特な打鍵音でキーも重め。指の感覚だけで一つ一つのキー入力を感じ取れるのが魅力。
  • 独特の打鍵音
  • タクタイル・クリック感がしっかりとある
  • キーが重い
茶軸
軽いキータッチとソフトなタクタイルによる軽快な入力感が特徴の軸。打鍵音は小さめで、打鍵音にソフトなタクタイルによる擦れるような音が混じる。比較的癖が少なく使い易いため、入門におすすめできる軸
  • ソフトなタクタイルがある
  • キーが軽い
銀軸
高速入力に特化した軸。軽いキータッチに、浅い接点とキーストロークが特徴。キーストロークが浅い上にキー自体も軽いため、底打ちタイプの人でも問題ない。
  • 接点・キーストロークが浅い
  • キーが軽い

その他の軸

上に挙げた軸以外で、あまりメジャーでない色の軸についても軽く説明。
黒軸
強いバネ圧による凄く重いキーが特徴の軸。強いバネ圧のよってキーの戻りが速いため高速入力に適しているが、指への負担が懸念される。タクタイル・クリック感共にない。
ピンク軸(静音軸)
静音性に特化した軸。メカニカルながら、メンブレンやパンタグラフ等と比較しても遜色ないくらいの静音性を誇る。

軸の色だけが全てではない
メカニカルキーボードのおおまかな性質は「軸の色」で分けることができます。そのため「軸の色」は非常に重要なのはもちろんで、「軸の色」について知る事はメカニカルキーボードを知る一番の早道です。しかし、最近では各社独自のメカニカルキースイッチ開発に力を入れたりしており、軸の色だけでなく「キースイッチ」自体をより深く知る事でより好みのメカニカルキーボードが見つけやすくなります。以降、各キースイッチについて見ていきます。

メーカー別キースイッチ比較

各メーカーの主なメカニカルキースイッチについて、仕様や特徴を載せています。キースイッチの詳しい仕様は、公式サイトでも明言されていない場合も多いため、もしかしたら間違っている部分もあるかもしれません。その点はご了承ください。

Cherry MX

ドイツのCherry社が製造するメカニカルキーボードのスイッチです。現在最大手で信頼性が高いですが、値段が高いです。
主要なスイッチの仕様一覧を下記にまとめています。

Cherry製キースイッチ
名前 MX Red MX Blue MX Brown MX Black MX Silent MX Speed
接点 2.0mm 1.9mm 1.2mm
キーストローク 4.0mm 3.7mm 3.4mm
タクタイル なし あり ソフトにあり なし なし なし
押し下げ圧 45g±15g 50g±15g 45g±20g 60g±20g 45g 45g
キー耐久性 約5000万回

Cherry製の各キースイッチについて特徴を軽く説明しています。

Cherry MX Red(赤軸)

名前 Cherry MX Red
接点(アクチュエーションポイント) 2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g±15g
キー耐久性 5000万回
クリック感がなくキーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくリニアストロークタイプのスイッチ。
タクタイルがなく滑らかな軽いキータッチが特徴。メカニカルキーボードの中では打鍵音が静か。

Cherry MX Brown(茶軸)

名前 Cherry MX Brown
接点(アクチュエーションポイント)
2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
ソフトにあり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g±20g
キー耐久性 5000万回
接点にソフトな感触があるタクタイルタイプのスイッチ。
軽快な入力感が楽しめるのが特徴。
音も赤軸とさほど変わらないくらい静かでキーも軽めなので、入門用におすすめ出来るスイッチ。

Cherry MX Blue(青軸)

名前 Cherry MX Blue
接点(アクチュエーションポイント) 2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
あり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 50g±15g
キー耐久性 5000万回
接点にしっかりした感触があるタクタイルタイプのスイッチ。
接点に到達した際には「カチッ」といった感じのいかにもメカニカルっぽい音がなる。
クリック感(底打ち感)もあり明確な入力感を得る事が出来る。

Cherry Black (黒軸)

名前 Cherry MX Black
接点(アクチュエーションポイント) 2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 60g±20g
キー耐久性 5000万回
赤軸同様クリック感とタクタイルがなくキーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくリニアストロークタイプのスイッチ。
重いバネ圧を利用した「重い押下圧」と「指に吸い付くような高い反発力」が特徴。
キーの戻りが速く高速入力に向いている。
ただ、最近では指への疲労を懸念してか人気も採用も減ってきた。

Cherry MX Silent (ピンク軸)

名前 Cherry MX Silent
接点(アクチュエーションポイント) 1.9mm
キーストローク(深さ) 3.7mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 5000万回
クリック感とタクタイルがなくキーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくリニアストロークタイプの静音スイッチ。
メカニカルスイッチの中ではかなり打鍵音が小さいのが特徴。音以外については赤軸とほぼ同じような感じ。
打鍵音の大きさが気になる人におすすめ。

Cherry MX Speed (銀軸)

名前 Cherry MX Speed
接点 1.2mm
キーストローク 3.4mm
タクタイル
なし
押下圧 45g
キー耐久 5000万回
クリック感とタクタイルがなくキーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくリニアストロークタイプのスイッチ。
浅い接点と軽いキータッチが特徴で、高速入力に特化したタイプのスイッチ。
その他の点については赤軸と茶軸の中間といった感じ。軽いキータッチで打鍵音も小さめ。
あまりに浅い接点とキーの軽さのせいで慣れるまでは押したつもりのないキーが入力されていたりする。

ロジクール製スイッチ

Logitech(日本ではLogicool[ロジクール])が、自社のメカニカルキーボード製品のために開発したスイッチを紹介しています。主要なスイッチの仕様一覧を下記にまとめています。
ロジクール製キースイッチ
名前 Romer-G(TACTILE) Romer-G リニア GX BLUE
接点 1.5mm 1.5mm 1.9mm
キーストローク 3.0mm 3.2mm 4.0mm
タクタイル ソフトにあり なし あり
押し下げ圧 45g 45g 50g
キー耐久性 7000万回

ロジクール製の各キースイッチについて特徴を軽く説明しています。

Romer-G TACTILE(初代 Romer-G)

名前 Romer-G TACTILE
接点(アクチュエーションポイント) 1.5mm
キーストローク(深さ) 3.0mm±0.2mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
ソフトにあり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 7000万回
初代のRomer-Gスイッチ。登場当初は「Romer-G」という名称だったが、後に「Romer-G TACTILE」という名称に変更された。仕様を見る限り同じもの。浅い接点にソフトなタクタイルが特徴わずかなクリック感がある。
クリック感はわずかにあるものの、音と感触は「コトコト」といったような感じ。打鍵音も小さめとなっている。茶軸と銀軸(speed軸)の中間の様な印象を受けるキースイッチ。
ただ、内部に四角く詰まったような構造のせいか、斜めからのキーの押下に対して若干の抵抗が生まれる点は注意が必要です。

Romer-Gリニア

名前 Romer-Gリニア
接点(アクチュエーションポイント) 1.5mm
キーストローク(深さ) 3.2mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 7000万回
リニアと銘打っている通り、なめらかで引っ掛かりのないキーストロークが特徴。
Romer-G TACTILEのタクタイルを無くしたタイプ。構造や仕様を見る限りそれ以外の違いは見受けられない。
タクタイルを無くした事により打鍵音はより静かになった。
斜めからのキーの押下に対して若干の抵抗が生まれる点は健在なので注意が必要です。

GX BLUE

名前 GX BLUE
接点(アクチュエーションポイント) 1.9mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
あり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 50g
キー耐久性 7000万回
Logitech(日本ではLogicool[ロジクール])が自社のメカニカルキーボード製品のために開発した青軸スイッチ。
正確にはRomer-Gシリーズではないと思われるが、他に入れる場所がまだないので暫定的にここに掲載。
特徴的には一般的な青軸とほぼ変わらない。
しっかりとしたタクタイルにクリック感がありカチカチという特徴のある打鍵音が特徴。

kailh Switches(kaihua製スイッチ)

kaihua社製のスイッチ。Cherry軸を真似た軸を中心に、かなり幅広いスイッチを生産している。価格がCherry製のものよりも安価。よくマイナー企業や格安を売りにした製品で用いられる。生産スイッチ種類が多い上、詳細が不明なものも多いため、他社のものを真似たものでないっぽい一部のスイッチだけ紹介。下記の表に仕様をまとめています。
Kihua製キースイッチ(Kailh Switches)
名前 ロープロ赤軸(名前不明) ロープロ青軸(名前不明) Box Switches
接点 約1.4mm 1.8mm±0.3mm
キーストローク 約3.0mm 3.6mm±0.3mm
タクタイル なし あり ?
押し下げ圧 45g±10g 55g±10g 55g+10g(白,茶)
キー耐久性 ? 約7000万回

Kaihua製の各キースイッチについて特徴を軽く説明しています。

HV-KB390L?(ロープロスイッチ)

名前 HV-KB390L?
接点(アクチュエーションポイント) 約1.4mm
キーストローク(深さ) 約3.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
押下圧(キーを押すのに必要な力) 赤軸:45g±10g 青軸:55g±10g
キー耐久性
メカニカルで非常に珍しいロープロ(薄型)スイッチ。
キーキャップにメカニカルキーボードで一般的な箱型のものではなく、よくノートパソコンのキーボードに採用される台形の薄型のものを見た目の違和感なく採用出来る。
情報が少なく詳しい事は不明だが、キータッチは非常に軽い様子。

kailh Box Switches

名前 kailh Box Switches
接点(アクチュエーションポイント) 1.8mm±0.3mm
キーストローク(深さ) 3.6mm±0.3mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
?
押下圧(キーを押すのに必要な力) 白:55g±10g 茶:55g±10g その他不明
キー耐久性 7000万回
中央に大きめの四角い軸を設置したタイプのスイッチ。耐水設計。
軸の形と大きさによって、キーの動きがブレにくくなっているのが特徴。
接点とキーストロークは軸の大きさとは対照的に浅く、押下圧は重めと意外な点が多い。
採用例は非常に少ないが、スイッチ自体の評判は悪くない様子。

Razer Mechanical Switches

Razerが自社のメカニカルキーボード製品のために開発したスイッチ。軸の色に一般的でない色を使用しているが、特徴は既存の一般的な軸と類似している(要するに色を変えただけ)。主要なスイッチの仕様一覧を下記にまとめています。
Razer製キースイッチ
名前 Green(青軸系) Orange(茶軸系) Yellow(Speed軸系)
接点 1.9mm 1.2mm
キーストローク 4.0mm 3.5mm
タクタイル あり わずかにあり なし
押し下げ圧 50g 45g 45g
キー耐久性 ?

Razer製の各キースイッチについて特徴を軽く説明しています。

Razer Green Switch(緑軸:青軸系)

名前 Razer Green Switch
接点(アクチュエーションポイント) 1.9mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
あり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 50g
キー耐久性 ?
Razer緑軸スイッチ。特徴的には一般的な青軸とほぼ同じ
しっかりとしたタクタイル・クリック感があり、独特の甲高い打鍵音がする。

Razer Orange Switch(オレンジ軸:茶軸系)

名前 Razer Orange Switch
接点(アクチュエーションポイント) 1.9mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
わずかにあり
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 ?
Razerオレンジ軸スイッチ。特徴的には一般的な茶軸と似ている。
静音性に優れ、軽いキータッチでわずかなタクタイルが特徴。

Razer Yellow Switch(イエロー軸:銀軸系)

名前 Razer Yellow Switch
接点(アクチュエーションポイント) 1.2mm
キーストローク(深さ) 3.5mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 ?
Razerイエロー軸スイッチ。特徴的には一般的な銀軸に似ている。
浅い接点・キーストロークに加え、静音性に優れている。

SteelSeries製スイッチ

SteelSeriesが自社のメカニカルキーボード製品のために開発したスイッチ。他社と比べて非常にシンプルな名前となっている。主要なスイッチの仕様一覧を下記にまとめています。
SteelSeries製キースイッチ
名前 QX1(赤軸系) QX2(赤軸系) QS1(Speed軸系)
接点 2.0mm 1.5mm
キーストローク 4.0mm 3.0mm
タクタイル ?(恐らくない) なし
押し下げ圧 45g
キー耐久性 約5000万回 約6000万回

SteelSeries製の各キースイッチについて特徴を軽く説明しています。

SteelSeries QX1

名前 SteelSeries QX1
接点(アクチュエーションポイント) 2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
?
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 5000万回
軽いキータッチで、恐らくは赤軸を意識したスイッチ。
タクタイルについては確認出来なかったが、恐らくない。

SteelSeries QS1

名前 SteelSeries QS1
接点(アクチュエーションポイント) 1.5mm
キーストローク(深さ) 3.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
なし
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 6000万回
クリック感の無い、恐らくは銀軸を意識したスイッチ。浅い接点・キーストロークが特徴。
スイッチ自体の高さが低く、ノートパソコンの様な薄型のキーキャップを採用する事が出来る。

SteelSeries QX2

名前 SteelSeries QX2
接点(アクチュエーションポイント) 2.0mm
キーストローク(深さ) 4.0mm
タクタイル(接点での引っ掛かり)
押下圧(キーを押すのに必要な力) 45g
キー耐久性 5000万回
SteelSeries QX1とキー特性はほぼ同じ。赤軸を意識したスイッチ。
SteelSeries QX1と違う点は、スイッチの上部を半透明の素材を利用している点で、LEDの光を拡散して見え易くするのが狙いと思われる。

まとめ

軸はちょっと複雑に見えますが、性質的に主要なのは4、5種類くらいです。中でも「赤軸」「青軸」「茶軸」「Speed軸(銀軸)」あたりを覚えておけば大体問題ありません。
価格がやや高めで手を出し辛いと思いますが、しっかり選べばほぼ確実に好みのキーボードが見つかりますし、耐久性も高いです。その価値はあると思うので、ぜひ一度試していただきたいです。
記事はこれで終わりです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。