軸の色の特徴とおすすめ製品【メカニカルキーボード】

メカニカルキーボードの軸の特徴の解説と、おすすめ製品紹介です。

注意
掲載の情報は記事更新時点(2022年8月3日)のものであり、ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。

軸の色ざっくり解説

まずはメカニカルキーボードの軸の特徴をざっくりと解説します。既にご存知の方は飛ばして頂いても構いません。

メカニカルキーボードの軸とは

メカニカルキーボードの「軸」とは、メカニカルキーボードにおけるキーのスイッチのことです。

安価なキーボードでよく用いられる「メンブレン」や「パンタグラフ」等のキースイッチと異なり、なぜ「軸」といった言い方をするかというと、メカニカルスイッチは他スイッチと異なり特定の決まった構造やパーツが無く、スイッチ毎に性質が変わるためです。そのため、特に性質に影響を与えるキー内部のキーを支える部分(軸)から、この性質のメカニカルスイッチは「〇軸」だ、みたいな感じで呼んでいます。また、メーカー側が性質ごとにある程度決まった軸の色をしていることも、この呼び方になった理由だと思います。

そのため、メカニカルキーボードを選ぶ際には、まず自分の好みにあった軸を見つけることが大切です。上でも触れましたが、メカニカルスイッチは性質を色によって分けるのが一般的となっており、「軸の色」から大まかな性質を掴むことが可能となっています。たとえば、「赤軸は打鍵音が小さめ」といった具合です。 性質と色の組み合わせはメーカー毎に多少異なりますが、メカニカルスイッチの最大手メーカーである「Cherry」が使用している軸を基準として覚えるのが一般的となっています。現在メカニカルキーボード市場の主要な軸色は、「赤軸・青軸・茶軸・Speed軸(銀軸)」の4つとなっています。これらの軸についてざっくりとした説明をこの後に載せています。また、本記事ではおすすめ製品も後に紹介していますので、そちらも良ければご覧ください。

また、下記の記事にして各スイッチについてもうちょっと詳しく触れているので、こちらも興味があればご覧ください。

メカニカルキーボード解説メカニカルキーボード解説【キースイッチ・軸について】

各軸の特徴まとめ

各軸色について補足説明をしています。もうちょっと詳しく知りたいという方はご覧ください。

赤軸

引用:https://www.cherrymx.de/mx-original/mx-red.html
主な特徴
  • 打鍵音が小さい(メカニカルにしては)
  • タクタイル・クリック感がない
  • キーが軽い


キーの軽さ
(4.5)
音の大きさ
(2.0)
ストローク(深さ)
(4.0)

タクタイル:なし
クリック感:なし


タクタイルとクリック感が無く、軽いキータッチが特徴。打鍵音もメカニカルの中では比較的小さめのライトタイプの軸。軽いキー特性により高速入力にも向きますが、キーストロークはメンブレンやパンタグラフと比べると深めな場合が多いです。

青軸

引用:https://www.cherrymx.de/mx-original/mx-blue.html
主な特徴
  • 独特で大きい打鍵音(金属っぽい)
  • しっかりとしたクリック感
  • キーが重い


キーの軽さ
(2.0)
音の大きさ
(5.0)
ストローク(深さ)
(4.0)

タクタイル:あり
クリック感:しっかりとあり


しっかりとしたタクタイルとクリック感による明確な入力感が魅力。キーは重めで、カチンとかパチンと言った類の金属っぽい打鍵音が特徴。底打ちタイプで一つ一つのキー入力をしっかりと感じたい人におすすめの軸です。

茶軸

引用:https://www.cherrymx.de/mx-original/mx-brown.html
主な特徴
  • ソフトなタクタイル
  • キーが軽い


キーの軽さ
(3.5)
音の大きさ
(2.5)
ストローク(深さ)
(4.0)

タクタイル:ソフトにあり
クリック感:なし?※


軽いキータッチとソフトなタクタイルによる軽快な入力感が魅力。打鍵音は小さめですが、ソフトなタクタイルによる擦れるような音が混じります。打鍵音が小さめで、その他の特性も癖が強すぎない程度に取り入れられているので、入門用におすすめの使い易い軸です。 ※クリック感は仕様上はないはずですが、製品によっては感じるものがあります(主観です)。恐らくはタクタイルの影響だと思われますが、クリック感のない製品をお求めの方は注意してください。

銀軸

引用:https://www.cherrymx.de/mx-original/mx-speed-silver.html
良い点
  • 反応点とキーストロークが浅い
  • キーが軽い


キーの軽さ
(5.0)
音の大きさ
(2.5)
ストローク(深さ)
(2.5)

タクタイル:なし or ソフトにあり
クリック感:なし


高速入力に特化した軸。軽いキータッチに浅い接点とキーストロークも備えているのが特徴。他のメカニカルスイッチでは、一般的なスイッチよりキーストロークが深めな事が基本で、高速入力をしたいなら底打ちしないようにしなければなりませんでしたが、この銀軸(Speed軸)ではキーストロークも浅めに設計されているので、底打ちしても問題ありません。撫で打ちも当然できるので、高速入力をしたいなら人を選ばず使える軸。
注意:軸の色が全てではない
メカニカルキーボードのおおまかな性質は確かに「軸の色」で分けることができます。「軸の色」について知る事はメカニカルキーボードを知る一番の早道です。しかし最近では、各社独自のメカニカルキースイッチ開発に力を入れている場合も多く、同じ軸色(同じ特性の軸)であっても微妙に違いがあったり、軸の色以外の部分でも差が出たりします。上述の軸色の説明もCherry MXの主要軸に関してのもので、全てがそうとは限らないので注意しておく必要があります。軸の色で大きな特徴が決まるのは確かですが、それだけでは決まらないという事は覚えておきましょう。

おすすめ製品

おすすめメカニカルキーボード早見表

※製品名を押すと同記事内の紹介部へ移動します(商品リンクではありません)。参考価格は記事更新時点のものです。
メーカー 製品名 参考価格 軸色 反応点 キー ストローク テンキー 接続
K835 TKL 6,600円 赤軸
青軸
?mm 4.0±4mm × 有線
SIGNATURE K855 TKL 10,500円 赤軸 ?mm 4.0±4mm × 無線
K60 RGB PRO SE 9,000円 赤軸系 2.0mm 4.0mm 有線
G512 Carbon 10,000円 赤軸
青軸
茶軸
2.0mm 4.0mm 有線
K68 Cherry MX Red 8,800円 赤軸 2.0mm 4.0mm 有線
BlackWidow Lite JP オレンジ軸 9,990円 茶軸系 1.9mm 4.0mm × 有線
BlackWidow V3 TKL JP 8,000円~
9,000円
Speed軸系
青軸系
1.9mm 4.0mm × 有線
BlackWidow V3 JP 11,980円 Speed軸系
青軸系
1.2mm 3.5mm 有線
G813 16,000円 赤軸系
茶軸系
青軸系
1.5mm 3.0mm 有線
K70 RGB MK.2 RAPIDFIRE MX Speed 17,000円 Speed軸 1.0mm 3.2mm 有線
Apex Pro JP 24,900円 磁気 センサー 0.4mm ~3.6mm 3.6mm 有線

軸の色別のおすすめ製品紹介です。コスパ重視で選定しています。

K835 TKL(ロジクール)

主要スペック表
キースイッチ 赤軸
青軸
キーストローク 4.0±4mm
テンキー なし
接続 有線
価格 約6,600円(2022年8月3日時点)
販売ページ
ロジクールの安価でシンプルなテンキーレスのメカニカルキーボードです。スイッチは赤軸と青軸の2種類が用意されています。
特別な機能やライティング機能は一切ないシンプルなメカニカルキーボードとなっています。テンキーレスでコンパクトで、見た目もカジュアルな感じとなっています。価格は約6,600円となっており、ロジクールという人気の有名メーカー品としては安価なのが魅力です。安さと見た目が入門用に良い製品となっていると思います。

SIGNATURE K855 TKL(ロジクール)

主要スペック表
キースイッチ 赤軸
キーストローク 4.0±4mm
テンキー なし
接続 無線(USB / Bluetooth)
価格 約10,500円(2022年8月3日時点)
販売ページ
ロジクールのシンプルなワイヤレスメカニカルキーボードです。スイッチは2022年8月時点だと赤軸のみですが、有線版にあたるK835では青軸版もあったので後日追加されるかもしれません。
数少ないメカニカルキーボードのワイヤレス製品で、USBレシーバーとBluetoothによるワイヤレス接続に対応しています。ただし、それ以外はかなりシンプルで、ライティングや特別な機能は一切ありません。
見た目もカジュアルで、メカニカルにしては重量も軽めな約692gとなっているので、移動や位置変更も気軽に行える珍しい汎用性に優れるメカニカルキーボードだと思います。

K60 RGB PRO SE(Corsair)

主要スペック表
キースイッチ Cherry Viola
キーストローク 4.0mm
テンキー あり
接続 有線
価格 約9,000円(2022年8月3日時点)
販売ページ
CorsairのCherry Violaスイッチ採用の高コスパゲーミングキーボードです。スイッチは赤軸に似たリニアタイプですが、底へ近づくと押下圧が強くなる(要するにキーが重くなる)という点が異なります。底打ちをしたくないタイプの人に特に適した仕様になっています。
また、着脱可能なパームレストも付属しており、その上でRGBライティング対応のフルメカニカルが約9,000円(2022年8月時点)という破格の安さで、コスパが非常に良いです。軸も癖が比較的少ないものなので、メカニカル入門用にもおすすめできます。

G512 Carbon (ロジクール)

主要スペック表
キースイッチ GX Red(赤軸)
GX Blue(青軸)
GX Brown(茶軸)
キーストローク 4.0mm
テンキー あり
接続 有線
価格 約10,000円前後(2022年8月3日時点)
販売ページ
ロジクールのシンプルで価格抑えめのテンキー付きのゲーミングキーボードです。艶消しのアルミボディがかっこいいです。軸は赤軸、青軸、茶軸の3種類が用意されているため、好みのものを選ぶことができます。RGBライティングに対応した有名メーカーのフルメカニカルが約1万円で買えるのはコスパが良いです。ロジクールはマウスを使っている人も多いと思うので、管理ソフトを一つにまとめたい場合にもおすすめできます。

K68 Cherry MX Red(Corsair)

主要スペック表
キースイッチ Cherry MX red(赤軸)
キーストローク 4.0mm
テンキー なし
接続 有線
価格 約8,800円(2022年8月3日時点)
販売ページ
Corsairの防水・防塵機能を持つ安価な赤軸ゲーミングキーボードです。IP32の防水・防塵性能もある他、パームレストも付属、音量調整などのメディアコントロールキーも搭載しています。機能性の割には価格は約8,800円(2022年8月時点)と安く、コスパが良いと思います。ライティングは赤にしか対応していないのは残念ですが(RGBモデルもあるけど3,000円くらい高い)、メカニカルで防水性能がある製品は珍しいので、飲み物をよくこぼしたりする人にとっては嬉しい製品だと思います。

BlackWidow Lite JP オレンジ軸 (Razer)

主要スペック表
キースイッチ Razer Orange Switch(茶軸系)
キーストローク 4.0mm
テンキー なし
接続 有線
価格 約9,990円(2022年8月3日時点)
販売ページ
Razerの茶軸系のスイッチ「Razer Orange Switch」を採用した、コンパクトなテンキーレスのキーボードです。このキーボードの最大の特徴は、付属の「O-リング」をキーキャップに装着する事で静音化できる点です。メカニカルキーボードが気になるけど、打鍵音の大きさが気になるという人には嬉しいと思います。見た目もあまりゲーミングっぽい感じがなくシンプルでかっこいいので、ゲーミングキーボードながらライト層も意識されています。入門用として優れている製品だと思います。

BlackWidow V3 TKL JP (Razer)

主要スペック表
キースイッチ Razer Green Switch(青軸系)
Razer Yellow Switch(Speed軸系)
キーストローク 4.0mm
テンキー なし
接続 有線
価格 Green Switch:約7,980円
Yellow Switch:約8,980円
(2022年8月3日時点)
販売ページ
Razerの安価なテンキーレスのゲーミングキーボードです。スイッチはSpeed軸系のYellowと青軸系のGreenの2種類が用意されています。ライティングもRGBに対応しており、有名メーカーのRGBライティング対応品が約8,000円からとコスパは非常に良い製品だと思います。特に、Speed軸系はやや高価であることが多いので、Yellowの1万円未満という価格は魅力です。

BlackWidow V3 JP(Razer)

主要スペック表
キースイッチ Razer Yellow Switch(Speed軸系)
Razer Green Switch(青軸系)
キーストローク 3.5mm
テンキー あり
接続 有線
価格 約11,980円(2022年8月3日時点)
販売ページ
Razerのフルゲーミングキーボードです。RGBライティングに対応している他、パームレストが付属しています。ローラーホイールから音量などを調整することもできます。パームレストやメディアコントロールまで付属したRGBのフルキーボードとしてはやや安価でコスパは良いと思います。

G813(ロジクール)

主要スペック表
キースイッチ コンパクトGLスイッチ
(リニア / タクタイル / クリッキー)
キーストローク 3.0mm
テンキー あり
接続 有線
価格 約16,000円(2022年8月3日時点)
販売ページ
ロジクール開発の薄型スイッチ「コンパクトGLスイッチ」を採用したキーボードです。赤軸系の「リニア」、茶軸系の「タクタイル」、青軸系の「クリッキー」の3種類が用意されています。
従来のメカニカルキーボードは高さが40mm前後くらいなのに対し、22mmという驚異の薄さを実現しています。従来のメカニカルキーボードは結構厚みがあったのでパームレストが欲しい人が多かったと思いますが、この薄さならパームレストなしでも比較的快適なタイピングが可能となっています。
キーストロークは3.0mm(スイッチ自体の仕様は2.7mm)で反応点は1.5mmとなっています。メカニカルにしては浅いストロークと反応点となっており、高速入力にも適したスイッチとなっています。
RGBライティングに対応している他、ホットキー類も充実している上、カスタマイズ用の個別キーが「G1」~「G5」まで5つ用意されています。この個別キーが非常に便利で、作業を効率化してくれます。 薄さと見た目を重視しているように見える製品ながら、機能性も非常に高いです。
価格は約16,000円(2022年8月時点)となっており、有線キーボードとしてはかなり高価な部類ですが、機能性と見た目の良さなどを考えるとそこまで高くも感じない仕上がりだと思います。ただし、やはり高価ではあるので、予算に余裕がある人向けだと思います。

K70 RGB MK.2 RAPIDFIRE MX Speed[Corsair]

主要スペック表
キースイッチ Cherry MX Low Profile Speed
キーストローク 3.2mm
テンキー あり
接続 有線
価格 約16,980円(2022年8月3日時点)
販売ページ
大手メーカーの薄型Speed軸「Cherry MX Low Profile Speed」採用キーボードです。1.0mmという非常に浅い反応点で高速入力に適した製品です。従来の軸よりも約35%高さが低くなっており、本体の厚さが29mmまで薄くなっています。パームレストが無くても、従来のメカニカルキーボードより比較的快適なタイピングが可能となっています。
その浅い反応点は、慣れない内は誤入力が多発する可能性もあるレベルですが、慣れれば非常に速いタイピングが可能になります。 機能面では、RGBライティングに対応している他、ボリューム調節ダイヤル等も付いている他、取り外し可能なパームレストも付属しています(ただ、パームレストについては本体が薄いため必要性は正直薄くも感じます)。とにかく高速入力に特化した薄型で見た目もかっこいい製品が欲しい人におすすめです。
ただし、ネックは価格です。有線で約17,000円(2022年8月時点)はやはり高いです。同系統の薄型キーボードのG813(ロジクール)ではプログラム可能な個別キー搭載という低価格品との明確な機能差がありましたが、この製品は反応の浅さ以外の機能面は安価な製品でも対応できるので、浅打ちのタイピングで高速入力に特化したい人や予算に余裕がある人向けです。

Apex Pro JP[SteelSeries]

主要スペック表
キースイッチ OmniPointスイッチ (反応点調節可能)
キーストローク 3.6mm
テンキー なし
接続 有線
価格 約24,900円(2022年8月3日時点)
販売ページ
SteelSeries独自開発の磁気センサーによる「OmniPointスイッチ」採用のキーボードです。かなり特殊なスイッチとなっており、反応点が調節可能という機能があります。0.4mm~3.6mmの間で調節が可能となっており、驚異的な浅さの反応点も実現可能となっています。また、レスポンスも従来のメカニカルスイッチよりも遥かに速いことがアピールされています。
そして、もう一つの特殊な仕様で、各種設定を確認・変更できる有機ELディスプレイを搭載しているという点があります。従来は多くのダイヤルやキー類を用意して実装する機能を、小さな有機ELディスプレイ一つでカバーできるため、本体サイズが機能性の割にコンパクトになっています。具体的には、ホットキー類を搭載したキーボードの縦幅が大体150mm~170mmぐらいなのに対し、本製品は139mmです。テンキーレス版では横幅も小さいので、かなりコンパクトです。
また、取り外し可能なパームレスト(キーボード手前に置き手首の負担を軽減させるもの)を付属しています。
かなり特殊ながら機能面は高いといえる製品で魅力的だと思いますが、価格がとにかく高いです。有線で個別キーもなく、薄型でもないのに約24,900円(2022年8月時点)となっており、頭一つ抜けて高価な印象です。 「反応点が調節可能なキースイッチ」、「有機ELディスプレイ搭載とそれによる本体の縦幅の縮小化」この2点を魅力に感じれるかどうかの製品だと思います。

記事はここまでになります。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。