イヤホン・ヘッドフォンの種類・特徴まとめ

ヘッドホンの種類別の特徴や、機能についてのまとめです。
「おすすめ ヘッドホン」や「おすすめ イヤホン」等でいきなり調べる人は多いかと思いますが、
まずヘッドホンの種類や特徴を知る事が、用途に適したヘッドホン・イヤホンを見つける近道です。

構造

ヘッドホンの構造についてです。大きく2種類に分けられます。
選択を誤ると、用途によっては使用に堪えない場合もあるため、最低限押さえておくべき部分です。

密閉型(クローズド型)

内部の音が外部に漏れない様に、発音部の後ろ側を多い密閉したタイプです。遮音性を求める人に適しています。

良い点

  • 遮音性が高い
  • 低音が力強い

悪い点

  • 音がこもりやすい

開放型(オープンエアー型)

発音部の後ろ側を完全に覆っていないタイプ。音がこもらないため、高音がよく伸びるが、遮音性が低い。

良い点

  • 高音がよく伸びる

悪い点

  • 遮音性が低い
  • 音が周囲に漏れやすい

駆動方式(ドライバーユニット)

駆動方式は、実際に音を出している部品の種類(方法)です。
種類自体は多くありますが、一般的な3種類についてのみ説明しています。

ダイナミック型

最も一般的なのがダイナミック型で、ほとんどのヘッドホン・イヤホンはダイナミック型となっています。
他の駆動方式と比べ、比較安価で広い音域をカバーできます。
目立った欠点もないため、こだわりが無ければほぼダイナミック型を選択する事になります。

バランスド・アーマチュア型

繊細な音を表現できるのが特徴で、そのため補聴器にも利用されます。価格は高価。
ただ、表現できる音域が狭く、特に低音域が苦手となっている。
音域の狭さをカバーするため、「低音域用・中音域用・高音域用」のように複数のドライバーを使用する事で補っています。

コンデンサー型(静電型・エレクトロスタティック型)

高い電圧を必要とするため、音を出すのに専用のアンプが必要なタイプです。価格は非常に高価。
音の再現性が素晴らしく、低音から高音まで高音質で表現できる。音に関しては抜群の性能を持っています。

形状

ヘッドホンの形状についてです。一般的にイヤホンと呼ばれるものも、ヘッドホンの一種類なのでこの項で触れています。

オーバーヘッド型

ヘッドバンドを頭の上に跨ぐような形で装着するタイプです。恐らくヘッドホンと聞いて真っ先想像するであろうタイプ。
ユニットを大型化できるため、高音質が他形状よりも容易となっています。

良い点

  • 密閉型の場合遮音性が非常に高い
  • ドライバーユニットが大きいため、音域が広く高音質

悪い点

  • 基本的に重く、長時間の継続使用に向かない
  • 形状が合わなかった場合に痛みなどを伴う可能性がある
  • 髪型が崩れる

カナル型

柔らかいシリコンなどの素材のイヤーピースを装着した発音部を耳に深めに差し込んで利用するタイプ。

良い点

  • 遮音性が高い
  • 基本複数のイヤーピースが付属いるため、合わずに使えないという事がない

悪い点

  • ドライバーユニットが小さく、音域が狭く臨場感に欠ける

インナーイヤー型

耳の入り口の出っ張っている部分に引っ掛けて、発音部を耳に浅めに差し込んで利用するタイプ。

良い点

  • 遮音性が低めで、通勤・通学時などの使用に最適

悪い点

  • 外れやすい
  • 音漏れし易い
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭く臨場感に欠ける

ネックバンド型

安定性を高めるバンドを首から回して装着するタイプ。外れにくく、運動中の使用に向いています。

良い点

  • 外れにくい
  • コードが邪魔にならない

悪い点

  • 気軽に着脱しにくい
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭く臨場感に欠ける

耳かけ型

外耳に耳かけ用のバンドを引っ掛けて支えるタイプ。安定性が高くネックバンド型と同じく運動中の使用にも向いています。

良い点

  • 外れにくい

悪い点

  • 気軽に着脱しにくい
  • 合わない場合に、長時間の使用によって痛みを生じる可能性がある
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭く臨場感に欠ける

有線・無線(ワイヤレス)

最近ではワイヤレス製品の数・人気が上昇しています。

有線イヤホン(ヘッドフォン)

ミニプラグが一般的。
下記には、無線と比較した場合のメリット・デメリットを記載。

良い点

  • 音質が良い
  • 安い
  • 軽い

悪い点

  • コードが邪魔
  • 断線の恐れがある
  • ミニプラグは故障の可能性が結構高い

ワイヤレスイヤホン(ヘッドフォン)

接続方法はBluetoothが主流となっている。
下記には、有線と比較した場合のメリット・デメリットを記載。

良い点

  • コードがない
  • 再生デバイスを置いたまま、移動が可能

悪い点

  • 音質が悪い
  • 充電が必要
  • 高い
  • 本体に電池や通信機能部が必要なため、有線より重くなる

その他

これより上の項目以外の事をまとめて簡単に説明しています。

インピーダンス

インピーダンスは抵抗の事で、Ω(オーム)という単位で表されます。
この値が高いほどノイズが聞こえにくくなりますが、元の音源の音量も小さくなるため、環境によっては音量を上げても音が思う様に聞こえない場合があります。

再生周波数帯域

再生周波数帯域は、言葉の通り再生可能な周波数帯域の事です。単位はHz(ヘルツ)で表されます。
20Hz~20kHzといったように表記されていて、基本的にこの数値の幅が広いほどより高性能です。
数値自体の意味は、左側の数値が小さいほどより低い音を表現する事ができ、右側の数値が大きいほどより高い音を表現できるといった形。

ノイズキャンセリング

ノイズを低減する機能の事。
仕組みを簡単に説明すると、ヘッドホンが受け取った信号の中からノイズと思われる小さい音に対して、それを打ち消す音を作り出しノイズを相殺している形。
ただ、音のひずみが発生してしまう場合が多く、好まない人も多い。

終わりに

ヘッドホンについてまとめました。
一口にヘッドホンといってもこれだけ多くの要素を含んだものとなっています。
そのため、「おすすめ製品」を調べて購入しただけでは、満足のいかない場合が多くなる可能性も当然高いです。
価格の安いもので失敗したのであればダメージは少ないかもしれませんが、何も調べずにまた次を購入して失敗を続けるのも馬鹿らしいです。
ぜひしっかりと調べてからの購入をおすすめします。
それでは、記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。