【ざっくり解説】イヤホン・ヘッドホンの種類・特徴

イヤホン・ヘッドホンの種類や特徴をざっくりまとめています。「おすすめ ヘッドホン」や「おすすめ イヤホン」等でいきなり調べる人は多いかと思いますが、まず種類や特徴を知る事が、用途に適した製品を見つける近道です。ただし、専門的なことは難しいし長くて読むのが面倒そうと思う人は多いと思います。そんな人用の、さくっと見れる超ざっくりとした説明記事です。

基本事項:イヤホンはヘッドホンの種類の一つ

イヤホンは、ヘッドホンの形状の種類の一つです。形状以外の仕様面に関しては、基本的にどちらも共通となっている事を先に触れておきます。

種類

まずは、ヘッドホン・イヤホンの種類分け関連です。「構造」「ドライバーユニット」「形状」の3点についてざっくりと見ていきます。

構造

ドライバーユニットが搭載されている(音の出る部分)ヘッドホン部の構造についてです。音漏れの小さい「密閉型(クローズド型)」と、音漏れが大きい「開放型(オープンエアー型)」の大きく2種類に分けられます。ちなみに、イヤホンは基本的に密閉型となっています。用途に適したものを選ばないと、使用に堪えない可能性もある部分なので、しっかり確認しておきたい部分です。

密閉型(クローズド型)
内部の音が外部に漏れない様に、発音部の後ろ側を覆って密閉したタイプです。遮音性を求める人に適しています。イヤホンは基本的にこちらのタイプです。ただし、音がこもりやすいのが難点です。

良い点

  • 遮音性が高い
  • 低音が力強い

悪い点

  • 音がこもりやすい
開放型(オープンエアー型)
発音部の後ろ側を完全には覆っていないタイプです。音がこもらないため、高音がよく伸びますが、遮音性が低いので周りに人の居る環境や外出時には使いにくいです。

良い点

  • 高音がよく伸びる

悪い点

  • 遮音性が低い
  • 音が周囲に漏れやすい

駆動方式(ドライバーユニット)

駆動方式は、ドライバーユニットの音を出す仕組みです。出る「」に大きく関わる部分です。細かく分けるとたくさんの種類がありますが、主要3種類の「ダイナミック型」「バランスド・アーマチュア型」「コンデンサー型」について簡単に説明しています。

ダイナミック型

最も一般的で採用率が高いのがダイナミック型です。ほとんどのヘッドホン・イヤホンはダイナミック型となっています。他の駆動方式と比べ安価です。

広い音域をカバーすることができる上、「欠点」といえるほどの悪い特徴はほぼないので、こだわりが無ければほぼダイナミック型を選択する事になると思います。

バランスド・アーマチュア型

繊細な音を表現できるのが特徴なのが、バランスド・アーマチュア型です。補聴器などに利用されます。ただし価格は高価で、表現できる音域が比較的狭いです。特に低音域が苦手。

音域の狭さをカバーするため、「低音域用・中音域用・高音域用」のように複数のドライバーを使用する事で補っており、そのためコストが高くなり易いようです。

コンデンサー型(静電型・エレクトロスタティック型)

高い電圧を必要とするため、音を出すのに専用のアンプが必要なのがコンデンサー型です。非常に高価ですが、音の再現性が素晴らしく、低音から高音までを優れた音質で表現できます。専用のアンプが必要な点や高価な点で、手は出し辛いですが、単純な「音質」に関しては抜群の性能を持っています。

形状

ヘッドホンの形状について説明しています。イヤホンに関してもここで触れています。

オーバーヘッド型

ヘッドバンドを頭の上に跨ぐような形で装着するタイプです。「ヘッドホン」と聞いて真っ先想像するであろうタイプですね。ドライバーユニットを大型化できるため、高音質化が他形状よりも容易となっているのが特徴です。

メリット・デメリットは密閉型開放型かによって変わりますが、ドライバーユニットが搭載される部分が大きい上、ヘッドバンドもある関係上重くなってしまう事や、髪型が崩れてしまう事などは共通のデメリットです。

良い点

  • ドライバーユニットが大きいため、音域が広く高音質にしやすい
  • 遮音性が高い(密閉型)
  • 低音が力強い(密閉型)
  • 高音がよく伸びる(開放型)

悪い点

  • 重い
  • 髪型が崩れる
  • 装着感が合わない可能性がある
  • 音がこもりやすい(密閉型)
  • 遮音性が低い(開放型)
カナル型

耳に深めに差し込んで利用するタイプです。一般的に、柔らかいシリコンなどの素材のイヤーピースを装着して利用します。遮音性が高い上、軽くて安いのが魅力です。イヤホンでは恐らく最も広く使われているタイプです。

ただし、ドライバーユニットは小型のものしか採用できないので、音域が狭めのものが多いです。

良い点

  • 遮音性が高い
  • 基本複数サイズのイヤーピースが付属するため、合わずに使えない事がほぼ無い

悪い点

  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭い
インナーイヤー型

耳の入り口の出っ張っている部分に引っ掛けて、耳に浅めに差し込んで利用するタイプです。安くて軽い点はカナル型と同様です。形状もカナル型と似ていますが、カナル型ほど耳に深く差し込みません。そのおかげで外部からの遮音性が少し低めになっているので、通勤や通学時などの外出時の利用に適しています。

デメリットは、カナル型と同じく、ドライバーユニットが小型のものがしか採用できない点がまずあります。その他、メリットでもある遮音性が低い点が音漏れし易い点にも繋がっているところや、耳の形状が製品と合わない可能性があることなどもあります。イヤホンが普及し始めの頃はよく見掛けましたが、最近では採用が減ってきました。

良い点

  • 遮音性が低めで、外出時の使用に最適

悪い点

  • 音漏れし易い
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭い
  • 外れやすい
ネックバンド型

ネックバンドを首から回して装着するタイプ。外れにくいのが魅力で、運動中の使用に向いています。

良い点

  • 外れにくい
  • コードが邪魔にならない

悪い点

  • 気軽に着脱しにくい
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭い
耳かけ型

外耳に耳かけ用のバンドを引っ掛けて支えるタイプです。安定性が高く、ネックバンド型と同じく運動中の使用にも向いています。

良い点

  • 外れにくい

悪い点

  • 気軽に着脱しにくい
  • 合わない可能性がある
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭い
フルワイヤレス

ワイヤレス接続で左右が分離しているタイプです。AirPodsなどが代表的です。コードがないため邪魔にならず、持ち運びにも非常に適しています。ただし、バッテリーが非常に小さいものしか搭載できないので、持続時間は短いです。また、価格も高価です。

良い点

  • 持ち運びが楽
  • 使用中にコードが邪魔にならない

悪い点

  • 小さいので無くし易い
  • バッテリーの持続時間が短い
  • 高価
  • ドライバーユニットが小さいため、音域が狭い

主なスペック・機能

ヘッドホン・イヤホンの主なスペック等についての簡単な解説です。

有線・無線

有線

良い点

  • 音質が良い
  • 安い
  • 軽い

悪い点

  • コードが邪魔
  • 断線の恐れがある
  • ミニプラグは故障の可能性が結構高い
物理コードで接続する有線です。端子はミニプラグが一般的となっています。価格の安さと音質の良さが魅力ですが、コードある事による煩わしさやトラブルの可能性があります。


無線(ワイヤレス)

良い点

  • コードがない
  • 再生デバイスを置いたまま、移動が可能

悪い点

  • 音質が悪い
  • 充電が必要
  • 高い
  • 本体に電池や通信機能部が必要なため、有線より重くなる
レシーバーやバッテリーを搭載し、無線で接続して使用するタイプです。音声出力デバイスとコードが繋がっている煩わしさから解放されるのが魅力です。

ただし、レシーバーやバッテリーを必要とする分、どうしても有線よりコストが掛かるので高価にります。人気のものは気軽には手を出しにくい価格設定となっています。他にも、充電が必要、本体重量がやや重いなどのデメリットがあります。

左右分離型でコードが一切ないタイプ(フルワイヤレス)と、左右が繋がっているタイプがあります。

インピーダンス

インピーダンスとは抵抗の事で、Ω(オーム)という単位で表されます。この値が高いほどノイズが聞こえにくくなりますが、音量も小さくなります。そのため、インピーダンスの高いヘッドホンを使用すると、環境によっては音量を上げても音が思う様に聞こえない場合があります。

再生周波数帯域

再生周波数帯域は、言葉の通り再生可能な周波数帯域の事です。単位はHz(ヘルツ)で表されます。20Hz~20kHzといったように表記されていて、基本的にこの数値の幅が広いほどより高性能です。数値自体の意味は、左側の数値が小さいほどより低い音を表現する事ができ、右側の数値が大きいほどより高い音を表現できるといった形。

ノイズキャンセリング

ノイズを低減する機能の事。仕組みを簡単に説明すると、ヘッドホンが受け取った信号の中からノイズと思われる小さい音に対して、それを打ち消す音を作り出しノイズを相殺している形。ただ、音のひずみが発生してしまう場合が多く、好まない人も多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。