ゲーミングヘッドセットを使うメリットって何?

ゲーミングヘッドセットについての解説記事です。使う事によるメリットなどについて触れています。

ゲーミングヘッドセットとは?

まず、ヘッドセットとは、頭部に装着するマイクの総称です。実はヘッドホン部のないものでもマイクがあればヘッドセットですが、一般的にはマイクとヘッドホン(イヤホン)が一体となったものを指す事が多いです。
「ゲーミングヘッドセット」は、文字通りゲーミング用に作られたヘッドセットの事になります。ゲーミング用としての性能を重視した作りになっています。

ゲーミングヘッドセットのメリット

まずゲーミングヘッドセットを使うメリットを見ていきます。

ゲーミングヘッドセットの良いところ

  • 音のした正確な方向がわかりやすい
  • 柔らかくフィット感のある装着感(長時間の使用が苦にならない)
  • 周囲の雑音が入りにくい
  • 専用ソフトウェアで細かい設定が可能(イコライザなど)

音のした正確な方向がわかりやすい

ゲーミングヘッドセットは、一般的なヘッドフォン等よりも、音のした方向が正確にわかる様になっているものが多いです。ゲームにおいて「音」は重要になる事が非常に多いため、この点がゲーミングヘッドセットを使う最大の利点といえます。

周囲の雑音が入りにくい

ゲーミングヘッドセットは、ヘッドホン部が外部との遮音性に優れたタイプの採用が多いです。
現実の周囲の音、たとえばマウスのクリック音やキーボードのタイプ音などゲーム中にも聞こえてしまうと邪魔になる事があります。

長時間の使用が苦にならない

PCゲームは、没頭して長い時間プレイしてしまう様なタイトルが多い傾向があります。
そのため、ヘッドセットにおいても長時間使用しても苦にならないものが望ましいです。
ゲーミングヘッドセットでは、長時間使用していても耳や頭が痛くならない様な設計のものが多いです。

専用のソフトウェアで細かい設定が可能

ゲーミングヘッドセットには専用のソフトウェアがある場合が多く、それを利用して細かい設定が可能です。
代表的なものでいえば、イコライザという音域毎に音の大きさを調整する事が出来るものなどがあります。
ゲーム内での快適さ重視しつつ、ゲーム外の事を気にせず、プレイに集中できるような仕様を目指しているみたい

ゲーミングヘッドセットのデメリット

次に、ゲーミングヘッドセットを利用する際のデメリット・悪い点について見ていきます。

ゲーミングヘッドセットの悪いところ

  • 価格が高い
  • マイクの品質は基本良くない(音質を気にするなら別途用意推奨)
  • オーバーヘッドタイプがほとんど

価格が高い

ゲーミングヘッドセットは、一般的なヘッドセットよりも平均価格が高いです。有名なメーカーのものだと、安くても5000円程度は覚悟しておかないといけないレベルです。人気の主流製品については1万円を超えるものも珍しくなく、気軽には手を出しにくい価格なのは否めません。

オーバーヘッドタイプがほとんど

ゲーム用の機能に特化しつつ、遮音性を高めるとなると、小型化は難しいです。そのため、オーバーヘッドタイプがほとんどとなっています。

マイクの品質は基本良くない

ゲーミングヘッドセットはヘッドセットなので、当然マイクが付いています。ですが、マイクはおまけ程度の品質のものが多いです。
これは、ゲーミングに限った話ではなく、ヘッドセットのマイクが通話を前提としたものなためです。「何を言っているかわかればいい」という認識であるため、音質は重視されない傾向があります。
ただ、その分コストもあまり割かれておらず、マイクがある事によりコスパが悪くなっている事はほとんど無いはずなので、その点は心配しなくて大丈夫です。
価格が高いし、オーバーヘッドタイプばかり。ゲーム以外での使用は、あまり考慮されてなさそう。

具体的に何が違うの?

正直、「メリット・デメリット」だけ聞いても、持っていないものの必要性ってよくわからないですよね。
なるべくわかりやすいように、違いをざっと表にまとめてみました。「ゲーミングヘッドセットを使うメリットはどんな仕様から来るのか?」という観点から見ていきます。
一般的なヘッドセットとゲーミングヘッドセットの違い
項目 一般的なヘッドセット ゲーミングヘッドセット
価格 さまざま 高い
サラウンド 基本 5.1ch(最低限) 基本 7.1ch以上
音質 さまざま ひずみの少なさを重視
マイク音質 基本良くはない 基本良くはない
装着方式 さまざま ほぼオーバーヘッドタイプ
装着感 さまざま
柔らかさ・フィット感を重視
(メッシュタイプ多め)
専用ソフトウェア有無
(細かい音質調整等)
基本無し
有るものが多い

こう見てみると、一般的なヘッドセットの方が幅広く対応しているのがわかります。ゲーミングヘッドセットは、ややタイプが絞られています。機能面で特別なのは、「サラウンド機能」と「専用ソフトウェア」の2点ですね。また、「音のひずみの少なさ」と「柔らかくフィット感のある装着感」も、ゲーミングヘッドセットの方が種類が多いため、特有のものと言って良いかもしれません。


ゲーミングヘッドセットの方が優れている点

上述のことを踏まえて、ゲーミングヘッドセットの方が優れている主な4点について、軽く説明しています。

7.1ch以上のサラウンド

一般的なヘッドフォンでは5.1chが主流ですが、ゲーミングヘッドセットのヘッドホンでは7.1ch以上が一般的となっています。

サラウンド
「サラウンド」は取り囲むという意味で、聞き手が音に取り囲まれているように表現する音声の再生方法の事です。仕様は主にch数で表され、たとえばch数が5の場合は、周囲5か所のスピーカーから音が出る状況を疑似的に作り出して、音の方向を表現しています。

柔らかくフィット感のあるイヤークッション

ゲーミングヘッドセットは、ゲームプレイに集中できるようにするため、ゲーム外(現実)のストレスを極力を軽減する事が求められます。そのため、イヤークッションのほとんどは、柔らかくフィット感があるものが多いです。また、蒸れないように通気性の良いメッシュ仕様のものが多いです。ものによっては、慣れるとヘッドフォンを装着しているという感覚がほとんど無いようなレベルのものもあります。

音のひずみの少ないスピーカー

「ゲーム内の音(BGM除く)」は、「銃声から銃の種類を判別する」などほんの少しの違いで状況判断の材料になる事があるため、出来るだけひずみが少なく音源に近い音が聞こえるのが望ましいです。そのため、ゲーミングヘッドセットは基本的にひずみの少ないスピーカーが採用されます。

まとめ

最後に、ゲーミングヘッドセットの一般的なヘッドセット(ヘッドフォン)との違いのまとめです。

まとめ:ゲーミングヘッドセットの主な違い
  • 価格が高い
  • 7.1ch以上のサラウンド機能
  • 調整用の専用ソフトウェアが有る
  • 音のひずみが少ないスピーカー
  • 長時間の使用も苦にならない、柔らかくフィット感のある装着感

上記の主な違いについて、魅力を感じる人は購入を検討してみると良いかもしれません。が、正直絶対無いと厳しいというほどのものでもないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。