安いおすすめマウスまとめ【2022年最新版】

最終更新:2022/2/14

安めのおすすめのマウスを紹介しています。

注意
掲載の価格は記事更新時点での価格.comもしくはAmazonでのおおよその市場最安値となっています。価格を含め、ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。

早見表

※製品名を押すと同記事内の紹介部へ移動します(商品リンクではありません)。
製品名
(略称)
メーカー 価格 接続 重量 ボタン数 カウント数
(最大)
読取方式 Blue
tooth
M-BT20BB
M-BT20BB エレコム 1,900円 無線 66g 5 2,000dpi Blue LED
M585 / M590 ロジクール 2,860円 無線 100g 7 1,000dpi 光学
Signature M650 ロジクール 3,900円 無線 101.2g 5 4,000dpi 光学
m705m / SE-M705 ロジクール 3,530円 無線 135g 7 1,000dpi 光学 ×
ERGO M575 Wireless ロジクール 4,800円 無線 145g 5 2,000dpi トラックボール
G304 ロジクール 3,700円 無線 99g 7 12,000dpi 光学 ×
MX Anywhere 3
MX1700GR
ロジクール 7,800円 無線 99g 6 4,000dpi レーザー
MA-BL114 サンワサプライ 700円 有線 82g 5 3,200dpi Blue LED ×
G300Sr ロジクール 2,280円 有線 82g 9 2,500dpi 光学 ×

ワイヤレスマウス(無線)

エレコム M-BT20BB

M-BT20BB

価格:約1,900円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:BlueLED

ボタン数:5

インターフェース:Bluetooth 4.0

カウント数(最大):2000dpi

重量:66g

電池:単四×2

安価なBlueLED採用のワイヤレスマウスです。Bluetooth 4.0に対応しています。
約1,900円(2022年2月時点)という安価さながら、サイドボタンは2つ搭載している点が高評価です。小型なサイズ感とシンプルな形状も癖が無く女性でも使いやすいと思います。また、無料ダウンロードできるソフトを使って、各ボタンに機能を割り当てる事も可能です。サイドボタン付きのワイヤレスマウスとしては安価でコスパが良いマウスです。


ロジクール M585/M590 MULTI-DEVICE SILENT Mouse

価格:約2,860円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:光学式

ボタン数:7

インターフェース:USB/Bluetooth

カウント数(最大):1000dpi

重量:100g

電池:単三乾電池×1

マルチデバイスに対応したワイヤレスマウスです。BluetoothとUSBレシーバーに対応しています。
複数デバイス間でテキストや画像のコピー&ペーストが出来る「Logicool Flow」という機能がついており、複数のデバイスで利用したい人には非常に便利です。ボタンは、サイドボタン2つに加え、チルトホイール(左右ホイール)も備えています。また、製品名に「SILENT」とある通り、クリック音が非常に静かです。深夜の使用も気兼ねなくできます。

さほど高価ではないながら、機能性に優れたワイヤレスマウスでコスパが良いです。ただし、本体はやや重くて、センサーも価格の割には精度は良くないものが採用されている点には注意です。


ロジクール Signature M650 Wireless

価格:約3,900円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:光学式

ボタン数:5

インターフェース:USB / Bluetooth

カウント数(最大):4000dpi

重量:101.2g

電池:単三乾電池×1

ロジクールの超高コスパワイヤレスマウスです。ホイールの高速スクロール、静音クリック仕様を備え、接続はBluetoothだけでなく、同梱のレシーバーを使用したUSB接続に対応しており、バッテリー寿命もBluetoothで最大20ヶ月、USBで最大24ヶ月と非常に長いです。ホイールは勢いよく回すと高速スクロールに切り替わる仕様で、高速スクロールと少しずつのスクロールを切り替え動作無しに両立できます。

また、2サイズ展開となっており、やや大きめのLサイズ(Signature M650 L)も用意されており、その機能性も含め幅広い人に色んな場面で使ってもらえる事を非常に意識したマウスになっています。

この機能性の高さで、価格は4,000円未満(2022年2月時点)となっており、非常にコスパが良いと思います。


ロジクール m705m SE-M705

価格:約3,530円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:光学式

ボタン数:7

インターフェース:USB

カウント数(最大):1000dpi

重量:135g

電池:単3×2

バッテリー持ちが非常に良く、高速スクロール機能、サイドボタンなどを備えた高機能ワイヤレスマウスです。単三乾電池×2で最長3年間使用可能という、非常に良いバッテリー持ちをしており、電池交換の煩わしさや心配から解放されます。

また、少し特殊な点として、ホイールの引っ掛かりを無くす「高速スクロール」という機能を持っています。この機能付きのマウスを筆者も愛用していましたが、ウェブブラウジングの速度や快適さを大幅に上げてくれます。本当に便利です。

約4,000円のワイヤレスマウスとしては機能性は高く、申し分ないと思います。

ただし、最大カウント数は1000dpiと低く、価格にしてはセンサー性能は低めです。また、重量もサイズの割にはかなり重めな点は注意が必要です。機能性以外は価格にしては低い仕上がりになっています。

とはいえ、4,000円以下でワイヤレスでここまでの機能性を備えたマウスは他にほぼないため、これらの機能を使いたいなら一番安いマウスなので、総合コスパ的には悪くないと思います。

余談ですが、実は先代機の「m705t」の方がボタンが一つ多い上、センサーもレーザーとなっており、少し良い仕様となっていました。価格はほぼ同じです。
後継である「m705m」がほぼ下位互換のような形になってしまったという経緯があり、そのためレビューでは酷評されている場合も多いです。ですが、他のマウスや価格と機能性的には、後継機のこの「m705m」も悪くはないため、触れておきます。


ロジクール ERGO M575 Wireless

価格:約4,800円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:トラックボール

ボタン数:5

インターフェース:USB / Bluetooth

カウント数(最大):2000dpi

重量:145g

電池:単三形乾電池x1

ロジクールの定番トラックボールマウスです。マウス自体を動かさず、親指でボールを転がすことによってポインタ操作をするという少し特殊なマウスです。

その性質のおかげで、マウスを動かすスペースやマウスパッドが要らず、手首を動かす必要がないため疲労軽減にも繋がるのが魅力です。接続にはUSBとBluetooth両方に対応しているのも嬉しいです。

親指はポインタ操作で使用するためサイドボタンはなく、左ボタンの端に代わりのボタンがある点や、右利き専用な点は注意が必要です。また、細かな操作には向かない点も注意です。

細かな操作には向かないですし、重くて持ち運びにも向かない大きさと形状ということもあり、個人的には汎用性や多様性にはやや欠けるマウスなのかないう印象ですが、使用者の評判は非常に良いので、出来るだけ手首などの負担なく省スペースで運用したい場合にはおすすめできるマウスです。


ロジクール G304

価格:約3,700円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:光学式

ボタン数:7

インターフェース:USB

カウント数(最大):12000dpi

重量:99g

電池:単三×1

ロジクールの安価なワイヤレスゲーミングマウスです。高精度センサー搭載のワイヤレスゲーミングマウスながら、約3,800円(2021年7月時点)という安さが魅力です。ゲーミングマウスではありますが、見た目も機能性も普通のマウスとして使えるものです。がっつりゲームやる訳ではないけど、ゲーミングマウスをちょっと試してみたいという人におすすめです。


ロジクール MX Anywhere 3 MX1700GR

価格:約7,800円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:無線(ワイヤレス)

読み取り方式:レーザー

ボタン数:6

インターフェース:USB / Bluetooth

カウント数(最大):4000dpi

重量:99g

電池:内蔵充電式

充電式電池内蔵のロジクールの高機能ワイヤレスマウスです。パソコン間でコピー&ペースト可能でマルチデバイスで活躍する他、チルトホイールも利用できる高機能さが魅力です。また、電池は内蔵で持ちも良いです。

ただし、その機能性の高さのためか価格はやや高いです。本記事は安いマウス紹介記事ながら、価格は約7,800円(2022年2月14日)となっており、価格的には正直安いとは言えないです。記事の趣旨と異なる感もありますが、性能から見ると非常に安いと思うため、格安という意味で載せています。コスパは良いです。

また、カウント数は最大4000dpiとなっており、ビジネス・一般用途向けのマウスとしてはセンサー精度も悪くないです。高いレベルを求めないならゲーミングでも使えると思います。さすがに「ゲーミングマウス」と銘打っているマウスの方が良いセンサーが採用される事が多いため、センサー性能を重視するならゲーミングマウスが良いかもしれませんが、よほどのハイセンシ(高感度)ゲーマーでない限りはこのマウスでも精度面での差はほとんど感じないのではないと思います(遅延の差はでるかもしれません)。

安いマウスとは言えないかもしれませんが、コスパは良く汎用性が高いのが魅力です。特に、この価格と機能性でバッテリーが内蔵というのは中々無いと思います。サイドボタンの配置的に右利き専用である点は注意ですが、様々な場面で活躍する高機能マウスです。


有線マウス

サンワサプライ MA-BL114

価格:約700円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:有線

読み取り方式:BlueLED

ボタン数:5

インターフェース:USB

カウント数(最大):最大3200dpi

重量:82g

ケーブル長:1.5m

サンワサプライの超低価格の高コスパ有線マウスです。記事更新時点(2022/2/14)では、最安で約7,00円からという圧倒的な安さながら、サイドボタンを搭載しているのが魅力です。更に、カウント数は最大3200dpiで、センサー精度もこの安さにしては良いです。

性能だけ見れば高いマウスではないですが、1,000円未満という価格からすれば破格の高コスパマウスです。仮に合わなかったりしても損害が少ないですし、気軽に手を出せる点も大きく、有線の超低価格マウスでは非常に魅力的な製品だと思います。


ロジクール G300Sr

価格:約2,280円 ※2022年2月14日時点

ケーブル:有線

読み取り方式:光学式

ボタン数:9

インターフェース:USB

カウント数(最大):2500dpi

重量:82g

ケーブル長:2.1m

ロジクールの格安ゲーミングマウスです。初代機は2011年発売のロングセラー製品となります。

その安価ながらプログラム可能ボタンを9個も備えている他、センサーもポーリングレートは最大1000Hzに対応しており、細かい動きもしっかり反映してくれます。最大dpiは2500ということで、高価なゲーミングマウスと比べるとやはりグレード自体は低いと思われますが、最低限は備えていると思います。それに、この価格でこの機能性と性能なら文句の付けようがないです。

また、左右対称形状なので左利きの方でも使うことができ、重量も約82gと軽量です。ボタン数の多さもゲーム以外でも役立つことは多いと思いますし、ゲーミングマウスながら汎用性にも優れ、安くてコスパの良い、非常に魅力的なマウスだと思います。


記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。