安いおすすめキーボードまとめ【2020年最新版】

最終更新:2020/7/21

おすすめの安めなキーボードをまとめています。

注意
本記事の内容は記事更新時点のものであり、ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。また、掲載の価格は記事更新時点での主に価格.comやAmazonでの最安値価格となっています。

メンブレン(非常に安価、液体こぼしに強い)

メンブレンは、キーボードのキースイッチの一つです。非常に安価な価格と、液体こぼしに強いのが特徴です。主に、デスクトップPC向けの安価なキーボードに採用されています。

ラバードームをキーキャップがほぼ単体で押す構造が基本で、感触は「グニッ」とか「グニャ」といった感じ。キーを押す角度や場所によって必要な力が多少変わってしまいます。


Washable Keyboard k310 [ロジクール]

スペック表
価格 約3,300円
キースイッチ メンブレン
キーストローク 2.4mm
キーピッチ 19mm
接続 有線
インターフェース USB
テンキー あり
その他機能 アイソレーション設計
商品購入ページ

ロジクール製の見た目もおしゃれなメンブレンキーボードです。このキーボードの最大の特徴は、丸ごと水洗いが出来る点です。元々液体こぼしには強いメンブレンキーボードですが、その特性を活かして丸ごと水洗い出来る様にしています。綺麗好きな人には嬉しいと思いますし、そうでない人も液体こぼしでの故障リスクを考えなくて良いのは嬉しいと思います。キーストロークは2.4mmとメンブレンにしては浅めで、素早い入力をしやすいです。更にキーとキーの間に隙間を設けるアイソレーション設計がタイプミスを軽減してくれます。


Wireless Keyboard K275 [ロジクール]

スペック表
価格 約1,800円
キースイッチ メンブレン
キーストローク 3.2mm
キーピッチ 19mm
接続 ワイヤレス(無線)
電源 単4電池×2
インターフェース USB
テンキー あり
その他機能 角度調整、ホットキー
商品購入ページ

ロジクール製の安価なワイヤレスキーボードです。発売から日は経っていますが、未だに人気のある高コスパ製品です。約2,000円という価格ながらワイヤレスでかつ色々な機能のホットキーを搭載しており機能性は十分です。キーストロークは3.2mmと少し深めなので、しっかりとした入力感となります。特にこだわりがなく、ワイヤレスキーボードが欲しいという人なら安定の製品です。


Wireless Combo MK245 NANO MK245n [ロジクール]

スペック表
価格 約2,500円
キースイッチ メンブレン
キーストローク 2.5mm
キーピッチ 19mm
接続 ワイヤレス(無線)
電源 キーボード,マウス:単4電池×2
インターフェース USB
テンキー なし
その他機能 角度調整
商品購入ページ

ロジクールのマウスとセットになっているタイプの安いワイヤレスキーボードです。最大の魅力はやはり価格の安さで、両方ワイヤレスのキーボードとマウスがセットで2,000円台前半という安さ。キーボードはテンキーが無いタイプとはいえ安いです。ただし、マウスにサイドボタンがない点と、キーボードとマウス共に単4電池×2が必要というのは少し気になる点です。あまりこだわりの無い人は問題ないですが、マウスにはあまり期待せずに最低限でいいという人向けの製品です。

パンタグラフ(軽いキータッチ、必要な力が常に均一)

パンタグラフはキーボードのキースイッチの一つです。浅いキーストロークキー押下に必要な力が均一といった事が特徴です。価格も、メンブレン程ではありませんが安価です。ノートパソコン等の、薄型の端末のキーボードによく採用されています。

キーの入力を感知する仕組みはメンブレンと同じですが、パンタグラフと呼ばれる機構を取り入れたタイプです。キーを押下するのに必要な力が角度や場所によって左右されず、均一になっています。


K380 Multi-Device Bluetooth Keyboard [ロジクール]

スペック表
価格 約3,500円
キースイッチ パンタグラフ
キーストローク 1.5mm
キーピッチ 18mm
接続 ワイヤレス(無線)
電源 単4電池×1
インターフェース Bluetooth
テンキー なし
その他機能 マルチペアリング
商品購入ページ

ロジクール製の、マルチペアリング対応のBluetoothキーボードです。主にタブレットPC等での利用を想定した製品になっています。時代に合わせた商品といった感じですね。Bluetoothは、一般的なデスクトップPCでは標準では利用できないので注意が必要です。

本体は非常にコンパクトで、持ち運びを意識したデザインとなっています。本体とキー自体も丸みを帯びた形になっていて、可愛らしい印象を受けます。マルチペアリング機能で、3台まで異なる端末を同時に接続可能で、ボタン一つで簡単に切り替える事ができます。時代に合わせた機能を盛り込みながらリーズナブルで、高コスパな良い製品です。

ただ、一つキーピッチが18mmという点は注意が必要です。これは一般的なキーボードより少し狭く、普段のキーボードを使う感じでタイピングするとほぼ間違ないなく違和感を覚えます。更に、方向キーを結構無理やり入れているためスペースキーが小さく、右手親指で押すのは少し窮屈です。タイピング感はこの製品独特のものとなりますので、そこだけは注意しておきましょう。


BSKBU300BK [バッファロー]

スペック表
価格 約1,500円
キースイッチ パンタグラフ
キーストローク 2mm
キーピッチ 19mm
接続 有線
インターフェース USB
テンキー なし
その他機能 アイソレーション設計
商品購入ページ

テンキーレスのシンプルな有線パンタグラフキーボードです。このようなテンキーレスでコンパクトなキーボードは、キーピッチが少し狭かったりキー配置が少しズレていたりする事が多いですが、この製品は重要なキーの配置やキーピッチを保持しているのが好印象です。また、テンキーレスとはいえパンタグラフで1000円台中盤のキーボードは安いので、コスパ的にも良いです。

あまり使っている人は居ないであろうスペースキー右の[変換/ALT/Ctrl]など使用率の低いキーを排除する事により実現しています。特に、コンパクトタイプのキーボードでスペースキーが大きいのは好印象です。キーストロークは2mmと浅く、キーピッチは一般的となっています。感覚的にはノートパソコン用のキーボードが近いです。シンプルですが安いですし、このようなタイプのキーボードが好きな人は割と多いと思います。


TK-FDP099TBK [エレコム]

スペック表
価格 約2,000円
キースイッチ パンタグラフ
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19mm
接続 ワイヤレス(無線)
電源 単4電池 × 2
インターフェース USB
テンキー あり
その他機能
商品購入ページ

エレコムのシンプルなパンタグラフキーボードです。ワイヤレスのフルキーボードで、パンタグラフながら約2,000円という価格の安さが魅力です。

ただし、角度調整やホットキーには対応していないし、Bluetoothにも対応していないので、ワイヤレスという以外の機能性はほぼありません。安さ的に仕方ないですが、留意しておく必要があります。出来るだけ安いパンタグラフのキーボードを、お試し用や失敗してもいいやくらいの気持ちで買うのにちょうど良い製品だと思います。


記事はここまでになります。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。