パソコンの動作が重いときの原因と対処法【ざっくり解説】

PC(パソコン)の動作が重いときの原因と対処法をざっくりと解説しています。OSはWindowsを前提としています。他OSでも設定以外はおおむね似たようなものだと思いますが、ご注意ください。

 

パソコンが重いってどういう状態?

まずは、一応パソコンが重いという状況について触れておきます。下記のいずれかのときを一般的に「重い」と言います。

パソコンが重いって?
  • レスポンスが遅い
    何かの操作をしたとき少し間があるという
  • 起動が遅い
    PC本体やソフトを起動するとき毎回待たされる
  • たまに固まる・フリーズする
    負荷が大きい処理をさせるときに、暫く待たされたり全く動かなくなってしまう

どれにしても、ストレスを感じてしまう現象です。しかも何が原因でも、対策せずに放置していても基本的に改善される事はありません。諦める(我慢する)か、対処するしかありません。

ハードウェアが原因(主にスペック不足)

ハードウェア(PC本体)が原因の場合です。重いと思う大きな原因はほとんどがこちらです。ソフトウェアやシステム設定による影響も後述しますが、正直そちらを多少対策しても、大幅な改善が見られる事はあまりありません。PC本体のスペック不足が最も多い原因だと思います。

ハードウェアの原因一覧
  • CPU
    CPUの性能が低いと、動作がもっさりする
  • メモリー
    メモリーの容量が少ないと、CPUが十分に稼働できず、処理に時間が掛かる
  • ストレージ
    システムストレージがHDDだと、起動に時間が掛かる
  • グラフィック性能
    高画質な動画やゲームを利用する際、PCのグラフィック性能が低いと、FPS(紙芝居の枚数)が減ったり画面表示が崩れる可能性がある
  • PCは許容範囲を超える熱を持つと自動で制限が掛かり、パフォーマンスが落ちる

対処法は、基本的に該当のパーツの交換、もしくはPC本体を買い替える事になります。

CPUの性能が低い

CPUは、PCの頭脳とよく表現される中心的なパーツです。CPUの性能の良し悪しが、PC全体のパフォーマンスに関わってきます。当然、性能が低ければ処理が遅く、もっさりとした挙動になり重く感じます。

CPU(PC)が古い、もしくは非常に安価である場合はCPUの性能が低い可能性が高いです。ベンチマークスコアなどを掲載しているページで自分のPCのCPUの性能を一度確認してみると良いです。

対処法:基本的にPC丸ごと買い替え

最新世代のCPUへの交換前提でいうと、基本的にパーツのみの交換は難しく、PCごと買い替える事になります。古めのCPUを交換する場合、マザーボードの規格が買い替えるCPUと合わない可能性が高く、マザーボードまで交換しないといけない可能性が高いです。また、そうなると、自作PCでもない限りは、OS(Windows)の認証が通らなくなる可能性が高く、OSを別途用意しないといけなくなってしまいます。不可能ではないですが、PCごと買い替えた方が楽だしコスパも良い事が多いです。

メモリー容量が少ない

メモリー(RAM)は、CPUの作業場とよく表現されるパーツです。メモリー容量は作業場の広さとなりますので、メモリー容量が低い=作業場が狭いと処理が遅くなって、重く感じます。また、CPUの規格が古いものだと転送速度も遅くなります。

対処法:メモリーを増設・交換する

メモリーの増設・交換はPC初級者でも簡単にできますので、予算に余裕があれば、気軽にしてみましょう。ただし、規格とPCのメモリースロットの個数には要注意です。

システムストレージにHDDを使用している

ストレージは、PCのデータを保存するパーツです。PCではHDDかSSDが使われる事が多いです。ですが、HDDはSSDと比べると読み込み速度が非常に遅いです。OSなどをHDDに保存していると起動が非常に遅くなってしまいます。

対処法:システムストレージをSSDに交換する

HDDをシステムストレージにしている(OSを入れている)場合は、SSDに交換すると起動が劇的に速くなります。手順としては、HDDの中身を交換するSSDに全てコピー(クローンを作成)し、交換するという形になります。PCとSSDを接続するケーブルやその他のアダプターも必要となる場合があります。難しそうに聞こえるかもしれませんが、意外と簡単なので、興味がある方は調べて見ると良いです。

ただし、一部のノートパソコンや、タブレットPCでは交換が難しい場合もあるので注意が必要です。そのような機種だった場合は、諦めるか買い替えるしかありません。

グラフィック性能が低い

高画質な動画やゲームをする場合に重く感じる場合は、PCのグラフィック性能が不足しているかもしれません。特に内蔵グラフィック(CPU内蔵のGPU)をしている場合に感じやすいと思います。

対処法:GPUをより高性能なものにする

用途によって結構違ってくるので難しいところですが、基本的には買い替える必要があると思って良いです。現在、ゲーミングPCや自作PCを使われている方は、一部のパーツの交換や増設だけで済む場合もあると思いますが、そのような人は恐らくこの記事を見ていません。

3Dゲームや高度な映像編集での利用を検討している場合は、高性能なグラフィックボードの搭載されたゲーミングPCがほぼ必須となります。逆に上記のようなことをしない方は、CPUの内蔵GPUでも十分な場合が多いので、安価すぎない最新のCPUなら、割とどれでも改善されると思います(近年のCPU性能の向上がめざましいため)。

高熱で制限が掛かっている

PCの性能自体には問題が無いはずなのに、本来のパフォーマンスを発揮できていないと感じる場合には熱による影響が疑われます。PCパーツは熱に弱いです。そのため、PC内部やパーツの温度が高くなると、基本的に自動で稼働が抑制されるように制御されています。CPUやグラフィックボード等の発熱の多いパーツが十分に冷却できていない場合、パフォーマンスが落ちることがあります。

主に、PC本体(ケース)の通気性や排熱性が悪いことが原因です。長い間掃除をしていなくてホコリが溜まり通気性が悪くなっていたり、そもそも高負荷時の冷却性が十分に確保されていなかったり、夏場に室内温度が上がっている影響などが考えられます。

対処法:PC内部の掃除の他、ファンやCPUクーラーの増設・交換を検討する

原因によるため細かい事は言えないですが、PCケースのファンの個数を増やすか大型のものに替える、CPUクーラーを交換する等の対策が考えられます。自分の状況にあった方法を取りましょう。


ソフトウェアやシステム設定が原因

ソフトウェアやシステム設定が原因の場合です。正直、上述のハードウェア関連よりは影響力が少ないです。重いのが少し緩和されるか、気休め程度だと思った方が良いかと思います。

ハードウェアの原因一覧
  • 常駐ソフト(スタートアップに設定されているソフト)
    PCの立ち上げと同時に起動し、その後常駐するソフトに処理能力を奪われている
  • OSの設定や機能
    あまり必要のない、負担の掛かる設定や機能がONになっている
  • ウィルスに感染している
    ウィルス(マルウェア)に感染し、勝手に稼働してしまっている

常駐ソフト(スタートアップに設定されているソフト)

PCでは、PC起動と同時に起動して常駐しているソフトがあります。基本的に、スタートアップという項目に設定されているソフトがこれになります。これらにメモリー使用量やCPU使用率を奪われ、PCの動作が常に重くなってしまうことがあります。

対処法:余計なスタートアップ設定を無効にする

タスクマネージャーを開き、スタートアップというタブで一覧を確認できます。明らかに無駄なソフトがあれば、無効に設定しましょう。

OSの設定や機能

OS(オペレーティングシステム)の設定で、一部の負荷の掛かる設定項目や機能のせいで、PCが重くなっている可能性があります。

対処法:余計な設定を無効にする

かなり多岐に渡るため、ざっくりとで解説するのは難しいです。専門に説明しているWebページなどを参考にされるのが良いかと思います。

一部だけ紹介すると、視覚効果(アニメーション効果)を無効にすることや、サードパーティー製のウィルス対策ソフトを使用している場合にWindows DefenderというWindows標準のウィルス対策ソフトを無効にする、などがよく挙げられます。

ついでに:高速スタートアップ機能は無効に

関連した話になります。無効にした方が良い機能として「高速スタートアップ機能」というものがあります。この機能は、シャットダウンや起動を速くするため、シャットダウン時のPCのシステム状態を保存する、というものです。「重さ」という点では、良さそうに見える機能ですが、特にドライバー関連で不具合が多発する可能性が高い機能ですので、無効にする事をおすすめいたします。

ウィルス(マルウェア)に感染している

ウィルス(マルウェア)に感染すると、PC内で勝手に稼働してPCが重くなる可能性がある他、個人情報の流出などの危険性もあります。現在ではWindowsに標準でもウィルス対策ソフトがあるため、

対処法:ウィルス対策ソフトでスキャンしてみる

疑われる方は、お使いのウィルス対策ソフトでPCをスキャンしてみましょう。別途ウィルス対策ソフトを導入した覚えのない方でも、Windows 8以降では標準で機能が付いており(Windows セキュリティ)、簡単にスキャンできます。


まとめ

PCが重くなる原因と対処法についてざっと見ていきました。最後に内容をざっくりとおさらいできるようにまとめています。

PCが重い原因と対処法まとめ

ハードウェアが原因(主にスペック不足)

  • CPUの性能が低い
    基本的にPCごと買い替え。メーカー製PCだと、CPUのみの交換は難しい。
  • メモリー容量が少ない
    メモリーの増設・交換をする。比較的簡単にできる。
  • HDDを利用している
    SSDへ交換する。意外とそこまで難しくないけど、ノートPCでは簡単にできないタイプもある。
  • グラフィック性能が低い
    ゲーミングPCの購入を検討する。現在凄く古いPCを使っている方で、ゲームを一切しない方なら、最新のCPUに替えるだけでも良いかも(内蔵GPU)。
  • 高熱で制限が掛かってしまっている
    PC内部を掃除する他、CPUやグラボの冷却についての対応を考える(ファンの交換や追加)。

ソフトウェアやシステム設定が原因

  • 余計な常駐ソフトがある(スタートアップに設定されている)
    スタートアップソフトの中から、利用していなさそうなものは無効にする。
  • 余計な設定をオンにしている
    Web上の記事などを参考に余計な設定を無効にしていく。視覚効果(アニメーション)、Windows Defender、高速スタートアップなどがよく挙げられる。
  • ウィルス(マルウェア)に感染している
    ウィルス対策ソフトでスキャンをしてみる。

以上で記事は終わりです。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。