「Radeon RX 6400」ざっくり評価【性能比較】

「Radeon RX 6400」のざっくり性能比較・評価です。TDPが53Wと省電力で補助電源も不要で、ライトユーザーの方には嬉しい仕様となっています。そんな、かなり久しぶりな気がする最新アーキテクチャのローエンドクラスGPUの実力を見ていきたいと思います。

注意

本記事の情報は記事執筆時点(2022年4月27日)のものです。ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。

仕様

まずは主要な仕様を表にまとめて載せています。

簡易比較表

※価格は2022年4月27日時点での北米での希望小売価格です。

GPU シェーダー
ユニット数
メモリタイプ
メモリ容量
メモリ転送速度
メモリ帯域幅
レイトレ用
ユニット数
ダイサイズ 消費電力
(TDP等)
北米
参考価格
RTX 3070 5888 GDDR6
8GB
14Gbps
448GB/s
46基 392㎟ 220W 499ドル
RX 6700 XT 2560 GDDR6
12GB
16Gbps
384GB/s
40基 336㎟ 230W 479ドル
RTX 3060 Ti 4864 GDDR6
8GB
14Gbps
448GB/s
38基 392㎟ 200W 399ドル
RX 6600 XT 2048 GDDR6
8GB
16Gbps
256GB/s
32基 237㎟ 160W 379ドル
RX 6600 1792 GDDR6
8GB
14Gbps
224GB/s
28基 237㎟ 132W 329ドル
RTX 3060 3584 GDDR6
12GB
15Gbps
360GB/s
28基 276㎟ 170W 329ドル
RX 6500 XT 1024 GDDR6
4GB
18Gbps
144GB/s
16基 107㎟ 107W 199ドル
RX 6400 768 GDDR6
4GB
16Gbps
128GB/s
12基 107㎟ 53W 149ドル

RX 6400は、RX 6500 XTと同じNavi 24シリコンをベースとした、6nmプロセス(TSMC)で製造されたGPUです。ストリーミングプロセッサ数は764となっており、RX 6500 XTから25%削減されています。VRAMはGDDR6 4GBですが、バス幅が64bitで速度が16Gbpsで帯域幅は128GB/sと狭いです。当たり前ながらRX 6500 XTよりも低性能なことが確実なので、具体的なテスト結果を見るまでもなく処理性能自体は低いです。実際にはGTX 1650とほぼ同等の性能となっており、軽いゲームは快適に動作できますが、重いゲームは低fpsで動かせる程度のものになります。

処理性能自体は正直微妙ですが、RX 6400の最も注目すべき点はTDPが53Wと省電力で補助電源が不要な点です。これは、PCIeスロットから供給できる最大75W以内に収まっているためです。基本的にグラボ無しのPCの場合は電源容量やコネクタの問題からグラボのみでは増設が厳しいことが多いですが、この仕様ならワンチャングラボのみでの増設も可能なレベルとなっています。1スロットのロープロファイルモデルがあることも大きいです。

上記に加え、価格も米国での希望小売価格が149ドル(日本では発売時約2.5万円~程度)と安価なこともあり、ライト層には魅力的なGPUとなっています。

ただし、性能以外にもいくつか注意点がありますので留意しておいた方が良いです。

【注意点】Radeon RX 6400
  • AV1デコード非対応
  • VP9、H.264、H.265のエンコード非対応
  • レイトレーシングは現状使い物にならない
  • PCIe 3.0だと性能が少し低下

AV1のハードウェアデコードに非対応

RX 6500 XTと共通ですが、AV1のハードウェアデコードをサポートしていません。AV1(AOMedia Video 1の略)は映像コーデック(映像の圧縮の方式)の一つで、高い圧縮率かつロイヤルティーフリーな点が評価されており、採用が進んでいる方式です。YouTubeでも採用が増えているらしく、現在最も将来性があると言われています。

このAV1の動画を観る際に、GPU側でデコードに対応していない場合にはCPUで全ての処理をすることになってしまいます。CPUで映像のデコードを行うのは物凄く高負荷な処理となるため、GPUが対応していないのは将来性や汎用性的には良くないです。価格が安いので仕方ない部分ですが、留意しておく必要があります。

VP9、H.264、H.265のハードウェアエンコード非対応

こちらもRX 6500 XTと共通で、VP9、H.264、H.265のハードウェアエンコードをサポートしていません。これらもAV1と同じ映像コーデックの種類で、主にYouTubeなどの大手メディアで動画投稿やライブ配信を行う際に重要となる項目です。

特にH.264は今でもYouTubeやTwitchでは推奨映像コーデックとして明記されており、ほとんどの人がこのコーデックを使用している状況があるため、これに対応していないのは痛いです。

動画投稿やライブ配信をする気がない人にとっては特に気にする必要はありませんが、少しでも興味がある場合には留意しておいた方が良いです。

レイトレーシングは現状使い物にならない

RX 6400はレイトレーシングアクセラレーションユニットを12搭載しており、レイトレーシング支援機能が一応使用可能にはなっていますが、正直現状は使い物にならないレベルな点に注意してください。

後述するゲーミング性能では重いゲームが中心かつ高設定とはいえ1080pでも平均10fps台前半という酷い性能でした。RX 6500 XTもそうでしたが、他の最新GPUよりfps低下が顕著で、アップスケーリング技術と併用したとしても怪しいレベルの性能だと思います。

PCIe 3.0だと性能が少し低下

RX 6400とRX 6500 XTのPCI Express接続ですが、動作はPCIe 4.0 x4となっており、PCIe 3.0時にもx4のままです。

そのため、PCIe 3.0接続時には帯域幅が大きく狭まってしまうため、性能への影響が懸念されます。実際には1080pゲーミングで平均約5%fps低下が見受けられます(参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=Zm5D9pQ6dKo&t=8s)。

10%と紹介しているレビュー記事もありましたし、平均5%としてもタイトルによっては10%低下のものもありますし、小さくはない差です。元のfpsが低いこともあり使用感はそんなには変わらないとは思いますが、出来ればPCIe 4.0での接続が良いです。

ゲーミング性能

ゲーミング性能は、言葉の通りゲームをする際のパフォーマンスの性能です。実際にゲームを動作させた際の平均FPS数を見ていきます。今回は25種類のゲームでのデータを基に見ていきます。設定は基本的に最高品質です。使用されたCPUは「Ryzen 7 5800X」、ビデオカードは「MSI RX 6400 Aero ITX 4GB」が使用されています。

また、OSはWindows 10が使用されているため、Windows 11で報告例のあるゲーミングパフォーマンスが低下する問題は発生していません。その他のスペックなどの詳細は、お手数ですが記事上部の参考リンクを参照お願いします。


1080p(1920×1080)

FHD(1920×1080)です。最低限の解像度という感じですが、2022年現在では最も主流な解像度です。ハイエンドGPUを使用していても、特にFPSやTPSでは出来るだけ高いFPS数を維持するためにこの設定にするのが主流だと思います。

平均FPS(1080p 最高設定)
GPU名称 平均FPS
RTX 3090 Ti
181.2
RX 6900 XT
173.2
RTX 3090
171.9
RTX 3080 Ti
170.3
RX 6800 XT
165.4
RTX 3080 10GB
159.3
RX 6800
148.4
RTX 3070 Ti
140.8
RTX 3070
135.2
RX 6700 XT
128.0
RTX 3060 Ti
123.0
RX 6600 XT
107.4
RX 5700 XT
102.7
RTX 3060
96.5
RX 6600
93.2
RTX 2070
94.5
RTX 2060 6GB
81.4
RTX 3050
70.5
GTX 1660 Super
67.5
RX 6500 XT
49.7
RX 6400
38.3
GTX 1650
38.2

GTX 1650とほぼ同じ性能

1080pではGTX 1650とほぼ同じ性能です。RX 6500 XTと比較すると約23%低くなっていますが、25%のコア削減と消費電力の半減を考慮すると、思ったよりも大分良いパフォーマンスとなっています。

重いゲームが中心かつ最高設定という点はありますが、平均fpsは38.3と低く、性能は低いです。1080pにおいても重めのゲームで100fps超えは基本厳しく、特に重いゲームでは平均60fps未満のものも多いです。


1440p(2560×1440)

WQHD(2560×1440)です。4Kは重すぎるけど、1080pよりはキレイな映像で楽しみたいという場合や、1080pでは少し性能を持て余してしまう場合に利用する解像度です。現在の主流解像度は1080pですが、GPU性能が全体的に大幅に向上してきているため、徐々にこの1440pが主流解像度に切り替わっていく気がします。

平均FPS(1440p 最高設定)
GPU名称 平均FPS
RTX 3090 Ti
154.1
RTX 3090
143.0
RTX 3080 Ti
141.6
RX 6900 XT
141.3
RX 6800 XT
133.7
RTX 3080 10GB
129.4
RX 6800
119.1
RTX 3070 Ti
112.2
RTX 3070
106.5
RX 6700 XT
98.8
RTX 3060 Ti
93.9
RX 6600 XT
77.7
RX 5700 XT
75.6
RTX 3060
71.6
RTX 2070
70.6
RX 6600
65.8
RTX 2060 6GB
59.5
RTX 3050
51.8
GTX 1660 Super
49.0
RX 6500 XT
33.0
GTX 1650
26.2
RX 6400
26.0

GTX 1650と同等で、1440pは荷が重そうな性能

1440pでもGTX 1650とほぼ同等の性能です。重いゲームが中心かつ最高設定とはいえ平均fpsは26と非常に低く、1080pからは約32%のfps低下が確認できました。1440pはやはり荷が重いです。軽めのタイトルなら60fps以上に到達できるものもありますが、基本的には1080pプレイする方がストレスが無いと思います。

RX 6500 XTと比較すると約21%低くなっており、1080pよりもわずかに差が縮まっています。誤差レベルではあるものの、メモリ速度が若干低下しているため差は広がると思っていたので少し意外でした。


4K(3840×2160)

「超高解像度の代名詞」ともいえる解像度の4K(3840×2160)です。非常に繊細で綺麗な映像になりますが、その負荷の大きさから高いFPSを出す事が難しいためTPSやFPSなどの対人競技ゲームで利用されることはまずないです。処理性能でも敷居が高いだけでなく、高リフレッシュレートの4Kモニターが非常に高価ということもあり、2022年現在では競技性の高いゲームではあまり利用されません。フレームレートよりもグラフィックのキレイさや臨場感が重要なゲームを中心に需要のある解像度です。

平均FPS(4K 最高設定)
GPU名称 平均FPS
RTX 3090 Ti
104.2
RTX 3090
93.4
RTX 3080 Ti
91.9
RX 6900 XT
87.6
RTX 3080 10GB
82.8
RX 6800 XT
81.9
RX 6800
71.2
RTX 3070 Ti
68.5
RTX 3070
63.6
RX 6700 XT
55.9
RTX 3060 Ti
55.6
RX 5700 XT
43.1
RTX 3060
41.7
RX 6600 XT
41.2
RTX 2070
41.1
RX 6600
34.3
RTX 2060 6GB
32.3
RTX 3050
29.5
GTX 1660 Super
26.3
RX 6500 XT
15.7
GTX 1650
14.0
RX 6400
13.1

4KはGTX 1650よりわずかに低い性能

1440pではGTX 1650よりも約6.4ほど低い性能でした。GDDR6のGTX 1650はRX 6400よりはメモリバス帯域幅がやや広いので、そこが影響したのかなという印象です。

とはいえ、正直どちらも4Kでは使えるとは言えないレベルのパフォーマンスです。RX 6400は1440pと比べると約半分の13.1fpsとなっています。たとえ設定を下げたとしても、重いゲームでは良くて30fpsとかそこらのレベルだと思うので厳しいです。価格・性能的に妥協するしかない部分です。

レイトレーシング性能

レイトレーシング利用時のパフォーマンスを見ていきます。今回は7種類のゲームでの幾何性能fpsを見ていきます。

レイトレーシングFPS(1080p 幾何平均)
GPU名称 平均FPS
RTX 2060
46.8
RX 6600
46.6
RTX 3050
45.1
RX 6500 XT
15.1
RX 6400
12.5
レイトレーシングFPS(1440p 幾何平均)
GPU名称 平均FPS
RX 6600
32.3
RTX 3050
32.3
RTX 2060
30.5
RX 6500 XT
9.3
RX 6400
7.0
レイトレーシングFPS(4K 幾何平均)
GPU名称 平均FPS
RX 6600
12.6
RTX 3050
12.5
RTX 2060
9.7
RX 6500 XT
3.3
RX 6400
2.8

使えるとは言えないレベルの性能

レイトレーシングは使えるとは言えないレベルの低性能さです。表には反映していませんが、パフォーマンスが低すぎてまともに動作することすら出来ないゲームも多いです。

また、価格的に性能が低いのは仕方ないにしても、気になるのはfps低下率です。RX 6600を例にしてみると、1080pで93.2fpsだったのがレイトレーシングを利用すると46.6%と約半分のfpsとなり、fps低下は50%です。それに対し、RX 6400は38.3fpsだったのが12.5fpsまで低下しており、fps低下は約67.4%です。一応はレイトレーシング用のユニットを搭載しているにも関わらず、本当に機能しているのかと思うほどの低下率です。

最近どんどん開発や対応が進んでいるアップスケーリング技術を併用すれば多少は使い物になる可能性もありますが、仮にそれらが機能したとしても快適と言えるパフォーマンスにはならないと思います。

電力関連

消費電力

ゲームプレイ時(高負荷時)の平均消費電力を見ていきます。低い方が良い数値となります。測定に使用されたゲームは「Cyverpunk 2077」で、解像度は「2560×1440」です。

GPU平均消費電力(ゲーミング)
GPU名称 消費電力(W)
RTX 3090 Ti
443W
RTX 3090
355W
RTX 3080 Ti
354W
RTX 3080 10GB
318W
RX 6900 XT
302W
RTX 3070 Ti
298W
RX 6800 XT
292W
RTX 2080 Ti
265W
RX 6800
223W
RX 6700 XT
221W
RTX 3070
220W
RX 5700 XT
210W
RTX 3060 Ti
199W
RTX 2070
192W
RTX 3060
183W
RTX 2060 6GB
164W
RX 6600 XT
160W
RTX 3050
139W
GTX 1660 Super
125W
RX 6600
120W
RX 6500 XT
101W
GTX 1650
74W
RX 6400
51W

51Wと非常に省電力

消費電力は約51Wと省電力です。補助電源不要だとしても75Wギリギリだと多少不安があると思いますが、結構余裕があるのが嬉しいです。性能がほぼ同等のGTX 1650よりも約31%も少ない電力で稼働することができ、ここはさすがの6nmの最新GPUという感じです。

ワットパフォーマンス

ゲームプレイ時のワットあたりのパフォーマンス(fps数)を見ていきます。前述の1440pゲーミング時の平均fpsとゲーミング時の消費電力を用いて、1Wあたりのfpsを算出して電力効率としています。消費電力は単一のゲームで測定したものに対し、fpsは複数ゲーム平均なので、厳密には正確な電力効率とは言えない点には注意ですが、各GPUの相対的な差を調べる分には概ね適切な値の範囲になっていると思います。

ワットパフォーマンス(1440pゲーミング)
GPU名称 1Wあたりのfps
RX 6600
0.548
RX 6800
0.534
RX 6400
0.510
RX 6600 XT
0.486
RTX 3070
0.484
RTX 3060 Ti
0.472
RX 6900 XT
0.468
RX 6800 XT
0.458
RX 6700 XT
0.447
RTX 3080 10GB
0.407
RTX 3090
0.403
RTX 3080 Ti
0.400
GTX 1660 Super
0.392
RTX 3060
0.391
RTX 3070 Ti
0.377
RTX 3050
0.373
RTX 2070
0.368
RTX 2060 6GB
0.363
RX 5700 XT
0.360
GTX 1650
0.354
RTX 3090 Ti
0.348
RX 6500 XT
0.327

非常に優れた電力効率

電力効率は非常に優れています。同等の性能だったGTX 1650よりも約44%も優れた数値を示しており、圧倒的な差があります。

他の主要GPUと比較してもかなり優れており、対RTXシリーズでは負けているGPUが無いレベルです。性能が低いため電力効率重視でも一番に勧められるGPUにはならないですが、ゲーム限定ならGTX 1650よりは明らかに良いです。ただし、やはりコーデック面での対応が微妙なので、総合的には評価が難しいかもしれません。

まとめ

Radeon RX 6400

良い点
  • 安価(発売時:約2.5万円~)
  • TDPは53Wと省電力で、補助電源不要
  • 電力効率が非常に良い
  • 1スロットのロープロファイルモデルあり
悪い点
  • 性能は低い(GTX 1650と同等程度)
  • AV1デコード非対応
  • VP9、H.264、H.265エンコード非対応
  • レイトレーシング性能は非常に低い
  • PCIe 3.0だと性能が少し低下

ライトゲーマー専用の導入しやすい安価GPU

RX 6400の性能はGTX 1650と同等と低いので、ライトゲーマー向けのGPUになります。重いゲームを高fpsで安定してプレイすることや、1080pを超える高解像度はやや厳しいです。

ただし、価格は発売時で約2.5万円と安価なのは嬉しいですし、TDPは53Wと省電力で補助電源も必要ないので、非常に導入しやすいGPUになっています。1スロットのロープロファイルもありますし、電源容量に少し余裕があればグラボのみを単純に増設可能な可能性もあるレベルのお手軽単体GPUとなっています。

ただし、映像コーデック対応が厳しく汎用性は低い

上述の導入のしやすさはライト層にとっては非常に魅力的だと思いますが、注意点があります。特に大きいのは映像コーデックへの対応です。

AV1のハードウェアデコードVP9、H.264、H.265のハードウェアエンコードにそれぞれ対応していません。

上でも触れましたが、まずAV1(AOMedia Video 1の略)は高い圧縮率かつロイヤルティーフリーな映像コーデックで、YouTubeでも採用が増加している、現在最も将来性があると言われている映像コーデックです。これのデコードに対応していないと、AV1の動画を観る際にはCPU負荷が大きくなってしまいます。現状ネット上で動画を一切観ないという人はほとんど居ないと思うので、出来れば対応していて欲しい部分です。

エンコード面でも、特にH.264は今でも主流なコーデックとなっているため、これをハードウェアエンコードで利用できないのは厳しいです。デコードと違い、自分が動画投稿やライブ配信を行わないのであれば基本的に気にする必要がない部分なのは幸いですが、後にしたくなる可能性は否定できないでしょうし、やはり出来れば対応していて欲しいです。

今では動画や配信は生活の一部として染み付いている人も多いと思いますので、そこで不利な部分が複数あるのは汎用性的にはかなりマイナスかなと思います。

PCIe 3.0では性能が少し低下する点にも注意

RX 6400はPCIeの動作レーンが4のため、PCIe 3.0だと少し性能が低下します。ゲームタイトルやその他の環境にもよると思いますが、自分が確認した限りでは平均で約5%程度の低下が見られました。

RX 6400は、特に現在グラボを搭載していないPCを利用している人や古い低性能グラボを搭載している人が特に魅力的に感じるGPUだと思われ、PCIe 3.0での動作を前提とする人も多いと思うのでここは残念です。

元々の性能が低いこともあり、実際のfps的には数fps~6fps程度の低下だと思うので、使用感に大きく関わるほどではないのかなとも思いますが、一応留意しておくべき部分だと思います。


といった感じで、本記事は以上になります。ご覧いただきありがとうございました。

1 COMMENT

NO補助電源推進委員会

RX6400の様々な情報をまとめて下さり、ありがとうございます。主様の文章がとても分かり易くて感謝しております。

様々な制限がある代わりにワットパフォーマンスを高めてきたGPUだと言うことですね。PCIeがx8やx16でないところが悔やまれますが、今後消費電力を75wまでに高めたOCモデルが各メーカーから発売される事を期待します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。