今選ぶゲーミングヘッドセットランキング【コスパ重視・2021年7月版】

最終更新:2021/7/26

今選ぶおすすめのゲーミングヘッドセットをランキング形式で紹介しています。コスパ重視で選んでいます。

注意
価格を含む本記事の内容は、記事更新時点(2021年7月26日)のものになります。ご覧なっている際には異なる可能性があるため注意してください。掲載の価格は、主に価格.comやAmazonでの最安値(おおよその市場価格)となっています。
ゲーミングヘッドセットランキング・2021年7月版

早見表

※製品名を押すと同記事内の紹介部へ移動します(商品リンクではありません)。
製品名
(略称)
メーカー 価格 接続 重量 インター
フェース
ドライバ
サイズ
イヤー
クッション
Arctis 1 Wireless steelseries 11800円 無線/有線 約260g USB-Type C,A
ミニプラグ
40mm メッシュ
Razer Barracuda X Razer 12980円 無線/有線 約259g USB-Type C,A
ミニプラグ
40mm メッシュ
Arctis 5 steelseries 10000円 有線 約305g USB
ミニプラグ
40mm メッシュ
Razer BlackShark V2 Razer 10870円 有線 約262g USB 50mm メッシュ
HyperX Cloud Stinger Core Wireless キングストン 8980円 無線 約244g USB 40mm メッシュ
quantum 100 JBL 4000円 有線 約220g ミニプラグ 40mm レザー

1位

Arctis 1 Wireless(steelseries)

ひと口解説
USB Type-CのレシーバーでPS4などのCS機やモバイル端末でも使えるゲーミングヘッドセット。付属ケーブルも豊富で、Type-Aやミニプラグでの接続可能。汎用性が非常に高い。それでいて価格は割と安くコスパが良い。装着感も定評のあるArctisシリーズなので信頼感があり、重量もワイヤレスヘッドセットにしては軽量(260g程度)なのが嬉しい。
スペック表
価格 約11,800円
接続 ワイヤレス/有線
インターフェース USB Type-C,A /ミニプラグ
ドライバーサイズ 40mm
重量 約260g
購入ページ Amazon


良い点

  • USB Type-Cでのワイヤレス対応で汎用性が高い
  • 柔らかい装着感
  • ワイヤレスにしては軽量(約260g)
  • 高品質なドライバー採用
  • バッテリー持ちが良い(最大20時間)

悪い点

  • やや高価

USB Type-Cのレシーバーでのワイヤレス接続ができるため、PS4やモバイル端末でも利用可能と汎用性が高いゲーミングヘッドセットです。ふわっとした柔らかな感触のイヤークッション採用と、約260gというワイヤレスにしては軽い重量のおかげで長時間の使用でも疲れを感じにくい設計となっています。Arctisシリーズの装着感は定評があるので、装着感に不安がある方にも比較的おすすめできます。

また、価格も約11,800円(2021年7月時点)で、ワイヤレスゲーミングヘッドセットとしては高くはないので、コスパが非常に良い製品です。

汎用性の高さとコスパをこれだけのレベルで兼ね備えている製品はほとんど無いと思いますし、装着感も定評のあるArctisシリーズなのも大きく、比較的失敗を感じにくいと思うゲーミングヘッドセットだと思います。中途半端な安さのゲーミングヘッドセットを買うくらいなら少し高くてもこちらをおすすめしたいです。


2位

Barracuda X(Razer)


ひと口解説
USB Type-C対応でPS4などのCS機やモバイル端末でも使えるゲーミングヘッドセット。付属ケーブルも豊富で、Type-Aやミニプラグでの有線接続も可能で、汎用性が非常に高い。それでいて価格は割と安くコスパが良い。重量もワイヤレスヘッドセットにしては軽量(259g程度)。
スペック表
価格 約12,980円
接続 無線/有線
インターフェース USB Type-A,Type-C/ミニプラグ
ドライバーサイズ 40mm
重量 約259g
購入ページ Amazon


良い点

  • ワイヤレス対応
  • ワイヤレスにしては軽い(約259g)
  • USB Type-Cにも対応
  • 長いバッテリー持続時間(最大20時間)

悪い点

  • やや高価

Razerの汎用性の高いワイヤレスゲーミングヘッドセットです。USB Type-Cのレシーバーでのワイヤレス接続ができるため、PS4等のCS機やモバイル端末でも利用可能と汎用性が高いのが魅力です。蒸れにくいメッシュのイヤークッションと、約259gというワイヤレスにしては軽い重量のおかげで長時間の使用でも疲れを感じにくい設計となっています。

価格も約12,980円(2021年7月時点)で、ワイヤレスゲーミングヘッドセットとしては高くはないですし、汎用性の高さを考えればコスパは良い製品だと思います。


3位

Arctis 5 (steelseries)


ひと口解説
ふわっとした装着感の軽さが魅力のヘッドセット。高品質なスピーカーとノイズ除去に優れた双指向性マイク搭載。
スペック表
価格 約10,000円
接続 有線
インターフェース USB/ミニプラグ
ドライバーサイズ 40mm
重量 約305g
購入ページ Amazon

良い点

  • 柔らかい装着感
  • 高品質ドライバー搭載

悪い点

  • 有線にしてはちょっと高い

USBとミニプラグに対応したゲーミングヘッドセットです。ふわっとした柔らかな感触のイヤークッションを採用しており、本体の軽さも相まって長時間の使用も苦にならない装着感が非常に魅力的です。また、「ゲーミング」という名の付く製品にしてはカジュアルな見た目をしており、ゲーミング系のスタイリッシュな見た目が苦手という人には嬉しいかもしれません。

採用されているドライバーは、同メーカーの2万円以上のヘッドセットなどにも採用されている高品質なもので、それだけでも価格相応の価値があるレベルです。専用のソフトを利用すれば、7.1chのバーチャルサラウンド機能も利用できる他、イコライザで音を細かく調整したりする事もできます。
また、マイクにはヘッドセットには珍しい双指向性のマイクが採用されており、ノイズが少なく感度が良いです。ただし、マイク音質は若干こもっているような印象です()。

ただし、価格は有線としては少し高い約1万円(2021年5月時点)です。質を考えれば高くは無いと思いますが、価格自体は安くないので注意です。


4位

BlackShark V2 (Razer)


ひと口解説
50mmドライバ採用ながら約262gの軽量さが魅力のゲーミングヘッドセット。装着感も良い。
スペック表
価格 約10,870円
接続 有線
インターフェース USB
ドライバーサイズ 40mm
重量 約262g
購入ページ Amazon


良い点

  • 装着感が良い
  • 50mmの高品質ドライバー搭載

悪い点

  • 有線にしてはちょっと高い

Razerの50mmドライバ採用ながら軽量なゲーミングヘッドセットです。有線にしてはやや高価ですが、50mmドライバ採用の点を考えればコスパは悪くはなく、50mmドライバ採用でこのクラスの軽さのヘッドセットは中々無いです。また、マイク音質もヘッドセット付属のものにしては悪くなく、ノイズも少ないです。やはり単体のマイクと比べると劣りますが、こだわりが無いなら全然使えるレベルのものとなっている点も魅力だと思います。


5位

HyperX Cloud Stinger Core Wireless(キングストン)


ひと口解説
ワイヤレスながら約244gという軽量さが魅力のゲーミングヘッドセット。
スペック表
価格 約8,980円
接続 ワイヤレス
インターフェース USB
ドライバーサイズ 40mm
重量 約244g
購入ページ Amazon

良い点

  • ワイヤレスにしては安価
  • ワイヤレスなのに軽量(約244g)

悪い点

  • 専用の調整用ソフトが無い(イコライザー、VC音量調整等)

ワイヤレスながら244gという軽量さと安さが魅力のゲーミングヘッドセットです。
ワイヤレスだと通信用のレシーバーやバッテリーを搭載しなければいけない関係上、どうしても有線より重くなってしまいますが、この製品は244gという軽量さを実現しています。また、価格がワイヤレスとしてはさほど高く無い点も嬉しいです。基本仕様から見たコスパが物凄く良いです。

ただし、プラスチック感が強いせいで、見た目が価格の割にはややチープに見える点(軽量化のため仕方ないかもしれないけど)や、専用の調整用ソフトが無くイコライザ等は利用できない点は注意です。


6位

quantum 100 (JBL)


ひと口解説
約4,000円という安さながら、220gという軽さと装着感の良さと音質の良さを兼ね備えたゲーミングヘッドセット。標準対応がミニプラグのみな点は注意だけど、低価格ゲーミングヘッドセットとしては抜群のコスパの良さを持つ、入門用としておすすめの製品。
スペック表
価格 約4,000円
接続 有線
インターフェース ミニプラグ
ドライバーサイズ 40mm
重量 約220g
購入ページ Amazon


良い点

  • 非常に安い(約4,000円)
  • 軽い(約220g)
  • 優れた装着感

悪い点

  • 標準対応がミニプラグ接続のみ

非常に安くて軽くて、しかも装着感も良くて音質も悪くないという、抜群のコスパを持つゲーミングヘッドセットです。

ただし、標準ではミニプラグ接続(4極)にしか対応していない点は注意が必要です。ノイズを減らしたいとか、音を細かく調整したいという場合には、別途オーディオインターフェース(USB DAC 等)や変換アダプダーなどを用意する必要があります。元々それらを所持していない人は追加費用はほぼ必須と言えると思います。とはいえ、元の価格が非常に安いですし、逆に本体に余計なコストが掛かっていないおかげでその他の機器を自由に選べるのが魅力ともいえる製品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です