今選ぶゲーミングヘッドセットランキング【コスパ重視・2019年12月版】

最終更新:2019/12/12

今選ぶおすすめのゲーミングヘッドセットをランキング形式で紹介しています。コスパ重視で選んでいます。

注意
掲載の価格は、主に記事更新時点での価格.comやAmazonでの最安値となっています。
ゲーミングヘッドセットランキング・12月版

1位

Arctis 5 [SteelSeries]

ひと口解説
ふわっとした装着感の軽さが魅力のヘッドセット。高品質なスピーカーとクリアさを重視した双指向性マイク搭載。
スペック表
価格 約9,500円
接続 有線
インターフェース USB/ミニプラグ
サラウンド
重量 約305g
購入ページ Amazon

良い点

  • 柔らかい装着感
  • USB接続に対応
  • 同社2,3万円クラスの製品も採用される高品質ドライバー搭載
  • 音の明瞭性にこだわった双指向性マイク

悪い点

  • 有線接続としてはちょっと高い

USBとミニプラグに対応したゲーミングヘッドセットです。ふわっとした柔らかな感触のイヤークッションを採用しており、本体の軽さも相まって長時間の使用も苦にならない装着感が非常に魅力的です。また、「ゲーミング」という名の付く製品にしてはかなりカジュアルな見た目をしており、ゲーミング系のスタイリッシュな見た目が苦手という人には嬉しいかもしれません。

採用されているドライバーは、同メーカーの2万円以上のヘッドセットなどにも採用されている高品質なもので、それだけでも価格相応の価値があるレベル。専用のソフトを利用すれば、7.1chのサラウンド機能も利用できる他、イコライザで音を細かく調整したりする事もでき、音関係は万全です。
接続にはミニプラグだけでなくUSBにも対応しています。ミニプラグよりUSB接続の方が仕様上ノイズが発生しにくい事や、接触不良も起きにくいなどの利点があるため嬉しいです。
マイクにはヘッドセットには珍しい双指向性のマイクが採用されており、ノイズが少なく感度が良好です。ただし、マイク音質は若干こもったような印象です。

ただし、価格はワイヤレス未対応としては少し高い約1万円(2019年12月時点)。ただし、性能を考えればコスパは悪くないですし、非常に優秀でおすすめのヘッドセットです。


2位

HyperX Cloud Stinger Wireless [キングストン]

ひと口解説
ワイヤレスで50mmドライバを搭載しながら、270gという非常に軽量なゲーミングヘッドセット。
 
スペック表
価格 約12,000円
接続 ワイヤレス
インターフェース USB
サラウンド
重量 約270g
購入ページ Amazon
後継版

良い点

  • ワイヤレス
  • 非常に軽い(約270g)
  • 大型(50mm)で高品質なドライバー

悪い点

  • 専用の調整用ソフトが無い

ワイヤレスながら270gという軽量さが魅力のゲーミングヘッドセットです。
ワイヤレスだと通信用のレシーバーやバッテリーを搭載しなければいけない関係上、どうしても有線より重くなってしまいます。なのにも関わらず、この製品は270gと有線でも軽い部類の軽量さを実現しています。更にその軽さを50mmという小型でないドライバーで実現しています。個人的にヘッドセットの重量はかなりの重要ポイントなので、大きく評価しました。

また、価格がワイヤレスとしてはさほど高く無い点もプラス評価です。

ただし、有名メーカーのヘッドセットでは当たり前となているイコライザー等の音を細かく調整する専用のソフトウェアがありません。この製品は、付属の専用のUSBレシーバーを直接PCに挿して利用しなければならず、別のサウンドカードに接続して利用する事ができません。ロジクールなどのように、同社製品共通の調整ソフトを用意している訳でもないようなので、調整ソフトは実質利用できないという事になります。ここはマイナスポイントですが、最低限の調整は当然できるので、好みといったところです。

追記:後継版が登場していますが、仕様的にはほとんど変わらないので、安い方で良いかと思います。リンクに追加しています。


3位

Gaming HS70 Wireless [Corsair]

ひと口解説
50mmの大型ドライバー採用で、7.1chのバーチャルサラウンドに対応しているワイヤレスゲーミングヘッドセット。ワイヤレスでドライバーも良質なのにも関わらず1万円未満と安く、コスパが非常に良い。耳をすっぽり覆うオーバーオールタイプでかつ、形状記憶イヤーカップで装着感も良好。サラウンドがバーチャルという点と有線接続が不可能な点を除けば、欠点らしい欠点は見つからない製品。
スペック表
価格 約9,000円
接続 ワイヤレス
インターフェース USB
サラウンド
重量 約330g
購入ページ Amazon

良い点

  • ワイヤレス
  • 大型(50mm)で高品質ドライバー
  • コスパが非常に良い

悪い点

  • サラウンド対応だけど、「バーチャル」
  • 有線接続は未対応

圧倒的なコスパを発揮する、Corsairのワイヤレスゲーミングヘッドセットです。有線には未対応。

1万円未満でワイヤレスゲーミングヘッドセットというだけで十分安いのに、大型のドライバー採用で特別重くもないという非常に魅力的な製品です。コスパが凄く良いです。

ただし、サラウンドに対応はしているものの「バーチャル」なので、実は本来のサラウンドとはちょっと違います。音の出る位置が変わるのではなく、音の強弱などで位置を表現している感じ。ただし、ここをコストを削るおかげで安さを実現している訳ですし、バーチャルサラウンドも慣れれば問題ないと個人的に思うので、そこまでマイナスポイントではないかなと思います。

ワイヤレスのゲーミングヘッドセットとしてはコスパは最高峰だと思う製品です。


4位

G433 [ロジクール]

ひと口解説
ゲーミングとして必要な要素を詰め込んだ高機能ヘッドセット。価格.comの「Product Award 2017 金賞」も受賞した。259gと軽量、高品質ドライバー採用、通気性の良いメッシュ素材のイヤークッション、3種類の接続方法に対応したケーブル等付属…とゲーミングに欲しいものを一通り揃えている。
スペック表
価格 約10,000円
接続 有線
インターフェース USB/ミニプラグ
サラウンド
重量 約259g
購入ページ Amazon

良い点

  • 高品質ドライバー採用
  • 軽い
  • メッシュ素材で取り外して洗えるイヤークッション
  • 3種類の接続方法に対応(各種ケーブル付)

悪い点

  • 有線接続にしてはちょっと高い
  • 締め付けがちょっと強いという意見が多い

ロジクールの高機能ゲーミングヘッドセットです。ワイヤレスでない点を除けば、ゲーミングとして欲しい要素を一通り揃えた優れものです。価格.com「Product Award 2017 金賞」も受賞しており、そのコスパと実力は折り紙付きです。

高品質ドライバーはもちろんのこと、259gと軽量イヤークッションも、メッシュ素材で通気性に優れたもので、軽量さも合わさって長時間の使用も苦になりません。イヤークッションは取り外して洗える他、予備に素材の違うイヤークッションも付属しています。好みに合わせて使えます。
専用のソフトでイコライザー等の各種設定ももちろん可能な上、ワイヤレスではないものの標準でUSB・3.5mmミニプラグ(3極×2、4極)に対応しており、抜かりありません。機能性はバツグンで、あらゆる使い方に対応しています。

ただし、価格は安くは無く、有線としてはちょっと高めの約1万円(2019年12月時点)。また、レビュー(記事)などを見ると側圧(締め付け)がやや強めという意見が結構見られました。継続使用やその後の対応でなんとかなりそうな気はしますが、注意が必要です。

総評としては、機能性バツグンで、価格は安くないけどコスパは良い素晴らしいヘッドセットだと思います。


5位

Kraken [Razer]

ひと口解説
冷却ジェルの注入されたイヤークッションにより蒸れを抑制してくれるゲーミングヘッドセット。50mmの大型ドライバで敵の位置を正確に把握できる。
スペック表
価格 約9,000円
接続 有線
インターフェース ミニプラグ
サラウンド
重量 約322g
購入ページ Amazon
(USBデバイス付版)

良い点

  • 冷却ジェル注入のイヤークッションで蒸れを低減
  • 装着感が良い

悪い点

  • アナログ有線接続にしては高い

Razerの装着感と蒸れ抑制を重視したゲーミングヘッドセットです。イヤークッションに冷却ジェルが注入されており、蓄熱を抑えて蒸れを抑制してくれます。サウランドにも対応しており、50mmの大型ドライバで敵の位置を正確に把握する事ができます。

ただし、接続は標準だと有線のアナログ接続のみ(ミニプラグ)で、約9,000円という価格は高いです。他の有名メーカーの同接続方式の製品だと大体5,000~7,000円くらい。ミニプラグは断線しやすく、接続不良も起きやすいので、個人的にはあまり高い製品では使いたくないです。そのため、コスパだけ見れば正直あまり良くないです。また、有線にしては重量も軽くはない感じです。

とはいえ、ミニプラグについてはUSBオーディオデバイスを別に用意したりで何とでも出来ます(リンクでUSBデバイス付きを追加しました)。装着感は良好で、冷却ジェル採用での蒸れ低減仕様は他製品では見た事がありません。ちょっと費用は高いですが、装着感や蒸れが気になる方にはおすすめの製品です。


6位

PRO Gaming [ロジクール]

ひと口解説
装着感と高品質ドライバーにこだわったゲーミングヘッドセット。耳を収納するスペースが広くなっており、圧迫感を低減しつつフィット感は抜群。標準のレザー調イヤークッションだけでなく、さらっとした肌触りの予備のイヤークッションも付属。
スペック表
価格 約7,000円
接続 有線
インターフェース ミニプラグ
サラウンド
重量 約259g
購入ページ Amazon

良い点

  • 高品質ドライバー搭載
  • 軽い
  • 耳を収納するスペースが広く圧迫感が少ないながら、フィット感抜群
  • 予備のイヤークッション付属(標準のレザーと違う、さらさら系のもの)

悪い点

  • 耳を覆うスペースが広すぎる?
  • アナログ有線接続

ロジクールの高品質ドライバー搭載の軽量のゲーミングヘッドセットです。
ドライバーの他に装着感をこだわっており、耳を収納するスペースが広めに作られていて、圧迫感なく耳をすっぽり覆う事ができます。これにより、遮音性が高まるとのこと。イヤークッションにもこだわりが見られ、標準のレザー調のイヤークッションの他に、起毛超のさらさらとした肌触り(マイクロスエード製)のイヤークッションが付属しており、好みに合わせて利用する事ができます。個人的にはこういう気配りは好印象です(コスト面ではマイナスなんだろうけど)。
重量は259gと軽く、上述の装着感もあり、長時間の使用も苦になりません

弱点としては、まず有線接続でオーディオボックス等の付属も無しで、標準ではミニプラグ接続のみという点があります。とはいえここは価格が安いので仕方ないです。別途用意すれば良い話ですし、同系統でUSBに対応した「G433」という製品もあるのでそこまで問題にはならないかと思います。
次に、頭の小さい人には不向きっぽいようです。装着感の説明に「耳を収納するスペースが広めに作られていて圧迫感が少ない」というのがあったかと思いますが、隙間が空いてしまって問題が発生する場合があるようです。レビューを見ていると「左右の圧迫感が乏しく不安定」「ゲーム音がマイクに入る」等の使用感が結構見受けられました。装着感はかなり重要な部分なので、結構気になります。他が良いだけに非常に勿体無さを感じます。

思いがけない欠点もありましたが、頭の小さい人でなければ、装着感が良く長時間使える素晴らしい軽量ヘッドセットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。