おすすめBTOパソコンショップランキング【コスパ・カスタマイズ性】

最終更新:2020/12/7

各項目ごとにおすすめのBTOパソコンショップをランキング形式にして紹介しています。ゲーミングPCを購入することを前提としたランキングになっています。評価等については客観的を意識してはいますが、あくまで主観となりますのでご了承くださいませ。主要なBTOパソコンショップ一覧が見たい場合は、下記が参考になるかもしれません。

おすすめBTOパソコンショップ一覧・比較【2021年最新版】

コスパの良いショップランキング

特にコスパが良いと思うBTOパソコンショップのランキングです。


1位 FRONTIER(フロンティア)

良コスパポイント.1
常時開催セールが格安
フロンティアでは常時何らかのセールが行われており、これが格安です。商品数も多く、性能も幅広く用意されています。
良コスパポイント.2
電源が日本製コンデンサ仕様で良品質
フロンティアPCのほとんどが、電源は日本製のコンデンサ仕様のものとなっています。日本製コンデンサは故障率が低く品質が良い代わりに、価格がやや高めですが、フロンティアでは標準搭載が基本となっているのでお得です。
常に何かしらセールやっており、そのセール品がとにかく安いのがフロンティアの特徴です。また、電源が日本製コンデンサかつ容量が多めに設定されているなど、安いだけでなく品質にもこだわりが見られる点も高評価です。サポートも悪い評判は多くは見られません。「BTOパソコンを買いたい」となったら、目を通して損はないショップだと思います。
コスパ重視ショップということもあり、カスタマイズ性は低めです。また、ケースは上位モデル以外はそこまで良いものではない印象で、OSも基本OEM版(2020年12月時点)なので、購入後にパーツの換装等やカスタマイズをしたいという人にはやや不向きかもしれません。

2位 ドスパラ

 
良コスパポイント.1
常に相場平均ちょい上くらいのコスパを維持
ドスパラはBTOパソコンショップでは最大手ということもあり、コスパが常に相場平均よりちょい上くらいで安定しています。
良コスパポイント.2
ゲーミングPCのタワーケースが良質
ドスパラのゲーミングPCのケースが2020年7月頃に久しぶりにリニューアルされましたが、コスパ重視のショップの標準ケースとしては質は高いと思います。 性能に直結はしない部分ですが、総合コスパ的には良くなったと思います。

BTOパソコンショップの最大手のドスパラです。常に相場平均よりちょい上のコスパを維持し続ける安定感のあるショップです。色々なショップを見回ったりするのが面倒という人には常に平均以上のコスパというのは魅力的だと思います。コスパ重視ショップということもあり、カスタマイズ性は低めです。

また、ゲーミングPC「GALEERIA」用のケースが2020年7月頃に久しぶりにリニューアルされ、これがコスパ重視ショップの標準ケースとしては質が高いです。フルタワーケースは14cmのファンを標準で3基搭載しているエアフロー重視設計で、LEDライティングまで可能です。 2020年12月時点では、ミニタワーは製品数も少なく仕様もフルタワーの方が良いので、出来ればフルタワーモデルの選択をおすすめします。

少し気になった点として、ハイエンドモデルの電源に関して、容量が結構ぎりぎりな場合が多いように思えたので(2020年12月時点)オーバークロックを試してみたい方やガンガン高負荷で使いたい方は少し注意が必要かもしれません。


3位 ストーム(STROM)

良コスパポイント.1
高品質でコスパの良いパーツを積極的に標準採用

ストームのPCは「高品質でコスパの良いパーツ」が標準採用されているケースが多く、自作PC上級者が選んだような印象すら受けます。コスパ重視のBTOというのは大体「価格の安さ重視の良コスパなパーツ」を積極的に採用する傾向が強く、ここはカスタマイズした方が良いな、とかここが惜しいなっていう部分が出る事が多いのですが、ストームに関してはそれが比較的少ない印象です(2020年12月時点)。特に電源やケース、メモリー速度など、PC初級者の方では見落としがちな部分でもこだわりが見られる点は高評価です。

良コスパポイント.2
高品質パーツを積極採用の割に安い
上述のように、ストームPCでは高品質なパーツを積極的に標準採用している印象ですが、その割には価格は安く、総合コスパが良いです。

ストーム(STROM)は、高品質パーツを積極的に標準採用しつつもコスパの良いショップです。筆者の主観ですが、最近コスパも品質も急上昇している印象があります。

CPUとGPUのみから見たコスパも良い部類ながら、ケース、電源、メモリー速度などが品質が高いものを積極的に採用しており、総合コスパが思ったよりもかなり良いと思います(2020年12月時点)。カスタマイズ性自体は低めなものの、標準構成でカスタマイズの必要がほとんど必要ない場合も多く感じたので、初心者にも優しいショップといえるかもしれません。

また、付属のマウスやキーボードを無しにしたり、非常に簡単なアンケートに答えるだけで値引きされるので、購入の際には活用しましょう(2020年12月時点)。


カスタマイズ性の高いおすすめショップ

特におすすめな、カスタマイズ性の高い(パーツ選択の幅が広い)BTOパソコンショップランキングです。


1位 PCワンズ

ほぼフルカスタマイズ専門
単体販売のパーツを選択するスタイル(ほぼ自作PC)
PCワンズのBTOパソコンは、基本的に「PCパーツショップのPCワンズ」で販売されているPCパーツを選択するというスタイルになっています(正確にはフルカスタマイズパソコン)。そのため、選べるパーツの種類がめちゃくちゃ多いです。
手厚いサポート
「失敗しない」を意識したサポート
PCワンズでは、選んだパーツ一式の組み合わせをスタッフが確認してくれて、問題が発生する可能性がある場合には事前に教えてくれます。パーツ選びの失敗に気付かず購入してしまうという事がありません。更に、購入後の初期不良にもパーツ単品とパーツ一式好きな方で対応が可能となっています。

PCワンズは、フルカスタマイズPC販売も行うPCパーツショップです。単体販売のPCパーツを一式選択し、セットアップと組み立てを依頼できるという形です。消費者側からすればBTOパソコンですが、実質的には自作パソコンの組み立て販売といった形の方が正しいです。カスタマイズ性の高さでいえばBTOショップではダントツです。フルカスタマイズのセットアップ料金が一律なので、コスパは合計金額が高いほど割安といった感じです。

特に嬉しいのはOS(Windows)のライセンスで、他BTOパソコンショップでは利用制限のある代わりに単価の安いDSP版かOEM版が主流となっていますが、PCワンズではほぼ制限無しのパッケージ版Windowsを最初から選ぶ事が可能です。

また、フルカスタマイズPCを日常的に組み立てているという事もあり、正確かつ有益なアドバイスを得られる可能性も高いので安心感もあります。フルカスタマイズということで上級者向け感は拭いきれないですが、自分好みの構成のPCを確実に手に入れる事ができるショップです。


2位 サイコム

非常に高いカスタマイズ性
豊富なパーツの種類
サイコムは選べるPCパーツの種類が豊富です。
水冷クーラーにも対応
サイコムは、水冷クーラーに力を入れているショップです。簡易水冷だけでなく本格水冷まで対応しています。BTOパソコンで水冷を導入できるショップは貴重なので、水冷を検討している方にはおすすめです。
サイコムは、豊富なパーツ種類があり、水冷クーラーに力を入れているショップです。価格は相場平均よりもやや高めとなりますが、サポートの評判も非常に良く、多少予算が増えても良いものを安心して購入したいという方におすすめです。サイトデザインはおしゃれな感じで、価格が全て税込み表示なのも安心感があります。

3位 パソコンSHOPアーク(ark)

非常に高いカスタマイズ性
選べるケースの種類が非常に多い
メモリーや電源などのパーツのカスタマイズ性ももちろん高いですが、特に選べるケースの多さが非常に多いです。フルカスタマイズを除けば、ダントツの多さだと思います。
高品質パーツを積極的に標準採用
コスパは意外と悪くない
基本構成でも高品質で高いスペックのパーツを積極的に採用しています。本体価格自体は、他の大手ショップと比べるとやはり少し高めですが、パーツ品質や性能を考えればコスパは思ったほど悪くないケースも多いです。

パソコンSHOPアーク(ark)は、カスタマイズ性の高いBTOパソコンショップです。特に選べるケースの多さが魅力です。

カスタマイズが基本のショップでは、基本構成は最も安いパーツが選択されているケースが多いですが、高品質・高性能パーツが最初から選択されているケースが多いです。品質へのこだわりが感じられます。そのため価格自体は高いのですが、よく見てみるとコスパ自体はそこまで悪くは無かったりします(とはいえ、やはり他の大手ショップと基本スペックと価格だけで比較するとちょっと高い)。


筆者の個人的なおすすめショップランキング

筆者の個人的なおすすめショップです。特にジャンルを絞ることなく選んでいます(ただしコスパ志向少し強め)。


1位 FRONTIER(フロンティア)

おすすめポイント

  • 常時開催セールが格安でコスパが非常に良い
  • 電源の品質が高い(日本製コンデンサ採用)
  • サポートの評判も悪くない

コスパは正義

やっぱりコスパは正義です。「何かを買うときは基本コスパが最優先」という人はなんだかんだ多いと思います。なので、コスパランキング1位のフロンティアが個人的にはやはり1位です。コスパの良さだけでなく、品質にもこだわりが見られる点もおすすめを後押ししました。大手ながらサポートの評判が悪くはないのも地味に大きいです。

2位 ストーム(STORM)

おすすめポイント

  • 品質の良いパーツを積極採用ながら安い
  • 標準構成の完成度が高く、良い意味でカスタマイズの必要性が小さい

コスパ重視の自作PCを売っているような印象(しかも安い)

ストームのBTOパソコンは、コスパ重視の自作PCを販売しているような印象です。
2020年12月時点では、「ケース」「電源」「メモリー」などの各パーツ品質が大手BTOのコスパ重視製品よりも良いのに、価格もそこまで高くありません。要するに総合コスパが良いです。カスタマイズ性こそ低めではありますが、そもそもカスタマイズの余地がほとんど無いほど標準構成が完成されている事が多い印象でした。
また、付属のマウスやキーボードを無しにしたり、非常に簡単なアンケートに答えるだけで更に値引きされるので、購入の際には活用しましょう(2020年12月時点)。

3位 PCワンズ

おすすめポイント

  • 非常に高いカスタマイズ性ながら、初級者が利用しても失敗しないようにサポート

圧倒的な自由度 + 失敗をしないサポート

「PCパーツショップの全パーツから選ぶ」という、圧倒的な自由度を持つPCワンズはやはり魅力的です。更には、規格などで問題がある場合には事前に教えてくれるなど、初級者でも失敗をしないようにサポートしてくれます。ただ、サイトのデザインにちょっと古臭さがあり、使いにくく感じるのが玉に瑕です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です