サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

「GTX 1660」の評価【性能比較】

「GeForce GTX 1660」の評価・まとめ記事です。
「GeForce GTX 1660 Ti」に少し後れて登場した「GTX 1660」を評価しています。価格的には「GTX 1660 Ti」よりもこちらの方が「GTX 1060」の後継としては相応しそうですが、実際はどうなのか見ていきます。


簡易比較表

「GeForce GTX 1660 Ti」とその他の現在主要なGPUとの簡易比較表です。 価格は記事投稿時点での、主に価格.com最安値となっています。

「GTX 1660 Ti」簡易比較表
GPU名称
3DMark
メモリー
TDP
ワット
パフォーマンス
コスパ
価格
RTX 2080 Ti 33500 11GB 250W 134 0.197 170000円
RTX 2080 27800 8GB 215W 129.8 0.279 100000円
GTX 1080 Ti 27800 11GB 250W 111.2 0.278 100000円
RTX 2070 22400 8GB 185W 121.1 0.386 58000円
GTX 1070 Ti 19900 8GB 180W 110.6 0.362 55000円
RTX 2060 18300 6GB 160W 114.4 0.407 45000円
GTX 1070 18000 8GB 150W 120 0.419 43000円
GTX 1660 Ti 16000 6GB 120W 133.3 0.457 35000円
GTX 1660 13700 6GB 120W 114.2 0.457 30000円
GTX 1060(6GB) 12900 6GB 120W 107.5 0.496 26000円
GTX 1050 Ti 7700 4GB 75W 102.7 0.428 18000円
参考 UL Benchmarks

性能は GTX 1060 より若干上程度

性能は「GTX 1060」より若干上といった程度となっています。思ったより「GTX 1660 Ti」を大きく下回る性能となっていますが、ミドルレンジGPUとしては十分な性能です。最新のゲームも問題なく動作可能なレベルです。

優れたコスパ

コスパは「GTX 1660 Ti」とほぼ同程度で優秀です。「GTX 1060」と比較すると若干下ですが、性能は勝っています。コスパの差も大したものじゃないので許容範囲です。

ワットパフォーマンスはまぁまぁ

ワットパフォーマンスは「まぁまぁ」といったところです「GTX 1060」よりは若干上ですが、「GTX 1660 Ti」よりは下でした。正直、思ったより低いなという印象は否めないです。使用しているメモリーが最新のものじゃないので仕方ない部分ではあると思うのですが、これなら「GTX 1660 Ti」の方がお得感は強めに感じますね。


ゲーミング性能

ゲーミング性能は、言葉の通りゲームをする際のパフォーマンスの性能です。実際にゲームを動作させた際のFPS数で比較されます。今回は、13種類のゲームでのデータを基に見ていきます。(1080pの中設定)

ゲーミング性能まとめ
GPU名称 平均FPS
RTX 2070 161.4
GTX 1080 151.0
RTX 2060 146.3
GTX 1070 Ti 143.7
GTX 1070 129.3
GTX 1660 Ti 127.0
GTX 1660 110.1
RX 590 109.3
RX 580 8GB 98.8
GTX 1060(6GB) 98.2
GTX 1060(3GB) 92.0
RX 570 4GB 87.2
GTX 1050 Ti 60.6
GTX 1050 49.8
参考 GeForce GTX 1660 レビューPC Gamer

ゲーミング性能は GTX 1060 と GTX 1660 Ti の中間程度

ゲームでの実測値は「GTX 1660 Ti」と「GTX 1070」のちょうど中間程度という結果でした。3DMarkよりも「GTX 1060」との差が大きくなっており、思ったより良い性能をしています。3万円以内のGPUとしては過去最高レベルの性能間違いないくらいには優秀です。

コスパは良いが、GTX 1660 Ti の方が強そう

「GTX 1060」より約12%性能が向上し、価格も3万円以内です。コスパは「GTX 1060」とほぼ同じなので、当然良い部類になります。
ただし、 「GTX 1660 Ti」の方が「性能」「ゲーミング性能比のコスパ」の両面で上です。価格も大幅アップというほどでもないです。もちろん価格の安さの優位性は「GTX 1660」に若干分があるものの、総合的なコスパは「GTX 1660 Ti」の方が上かなーという印象です。


総合評価

価格と性能的に「GTX 1060」の後継には最適

「GTX 1660」は、3万円以内という価格の安さを実現しながら、「GTX 1060」以上の性能を持っています。「GTX 1060」の後継としては最適なGPUといって良いと思います。

総合的なコスパ的では「GTX 1660 Ti」の方が上

「GTX 1660」は「GTX 1060」の後継といえるくらいにはコスパの良いGPUです。「3万円以内の最強コスパGPUは?」と聞かれれば最有力候補となるでしょう。しかし、「GTX 1660 Ti」の方が総合的なコスパでは上です。
「GTX 1660 Ti」は「GTX 1660」より5,000円程度しか高くないのにも関わらず、性能は大幅に上です。更にはワットパフォーマンスも大幅に勝っています。ミドルレンジ帯の5,000円という価格差は決して小さくはないものの、個人的には「GTX 1660 Ti」の方がお得感は上に見えてしまいます。そのため、「GTX 1060」の後継としては最適なのは「GTX 1660」だけど、最強コスパとしての立ち位置は「GTX 1660 Ti」という風になるのではないかと思います。


まとめ(良い点・悪い点)

最後にまとめとして「GTX 1660」の良い点・悪い点をまとめています。

GTX 1660 の良い点

  • 3万円以内という手頃な価格
  • GTX 1060 の後継に最適
  • 最新ゲームも動作可能な性能

GTX 1660 の悪い点

  • ワットパフォーマンスがそこまで良くない
  • 少し価格が上だが「GTX 1660 Ti」の方が総合的なコスパでは上



記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。