「GTX 1060」の後継?「GTX 1660 Ti」を評価【性能比較】

gtx1660ti-first-reviw

新たに登場した「GeForce GTX 1660 Ti」の評価・まとめ記事です。(2019年3月時点)
「GeForce GTX 1660」はRTXシリーズに搭載されるコアの中で、現状のゲームパフォーマンスに直接影響しない、新機能を実現するためのコアを省いたGPUです。主に「レイトレーシング」という機能が使えなくなっていますが、その分コストが削減され価格が抑えられているのが特徴です。未だに最強コスパとして名高い「GeForce GTX 1060」の後継として期待されますが、実際はどうなのでしょうか。


簡易比較表

「GeForce GTX 1660 Ti」とその他の現在主要なGPUとの簡易比較表です。 価格は記事投稿時点での、主に価格.com最安値となっています。

「GTX 1660 Ti」簡易比較表
GPU名称
3DMark
メモリー
TDP
ワット
パフォーマンス
コスパ
価格
RTX 2080 Ti 33500 11GB 250W 134 0.197 170000円
RTX 2080 27800 8GB 215W 129.8 0.279 100000円
GTX 1080 Ti 27800 11GB 250W 111.2 0.278 100000円
RTX 2070 22400 8GB 185W 121.1 0.345 65000円
GTX 1080 22000 8GB 180W 122.2 0.338 65000円
GTX 1070 Ti 19900 8GB 180W 110.6 0.362 55000円
RTX 2060 18300 6GB 160W 114.4 0.381 48000円
GTX 1070 18000 8GB 150W 120 0.4 45000円
GTX 1660 Ti 16000 6GB 120W 133.3 0.410 39000円
GTX 1060(6GB) 12900 6GB 120W 107.5 0.461 28000円
GTX 1060(3GB) 12300 3GB 120W 102.5 0.473 26000円
GTX 1050 Ti 7700 4GB 75W 102.7 0.428 18000円
参考 UL Benchmarks

性能はGTX 1060 とGTX 1070 の中間くらい

性能はGTX 1060と1070の中間くらいとなっています。現状でもGTX 1060で不可能なゲームというのはほぼ無いので、ミドルレンジGPUとしては十分といえます。

優れたコスパ

まだ発売から日が浅く価格が高めの現状でもコスパは良いです。現時点ではまだGTX 1060には負けますが、性能を考えれば十分です。現状でのコスパ評価はまずまずといったところ。ただし、これから3万円台前半にまで値下がりする事があれば、一気に評価が上がります。

非常に優れたワットパフォーマンス

GTX 1660 Tiはワットパフォーマンスが非常に良いです。2019年3月時点ではトップクラスです。その優れたワットパフォーマンスをTDP120Wで実現しているのがまた素晴らしいです。


ゲーミング性能

ゲーミング性能は、言葉の通りゲームをする際のパフォーマンスの性能です。実際にゲームを動作させた際のFPS数で比較されます。今回は、19種類のゲームでのデータを基に見ていきます。(1080pの中設定)

ゲーミング性能まとめ
GPU名称 平均FPS
RTX 2080 Ti 190.7
RTX 2080 177.0
GTX 1080 Ti 170.3
Radeon VII 157.5
RTX 2070 157.1
GTX 1080 149.0
RTX 2060 142.5
GTX 1070 Ti 141.0
GTX 1660 Ti 129.2
GTX 1070 127.4
GTX 1060(6GB) 98.6
GTX 1060(3GB) 92.9
GTX 1050 Ti 61.1
GTX 1050 47.9
参考 GeForce GTX 1660 Ti レビューPC Gamer

ゲーミング性能は GTX 1070 と同程度

ゲームでの実測値は「GTX 1070」とほぼ同程度という結果でした。ミドルレンジ上位からハイエンド下位といったところですね。もちろん最新ゲームも十分に動作させることが出来るレベルです。まだ発売から日が浅く価格が高めの今でも、「GTX 1070」以上の性能とコスパを実現しているのは凄いです。非常にコスパが良いです。破格です。「RTX 2060」も非常にコスパが良く魅力的ですが、価格はこちらの方が1万円程度安いので、優位性はこちらの方がありそうです。


総合評価

高水準でバランスの良い、非常に魅力的なGPU

「GTX 1660 Ti」はゲーミング性能・コスパ・ワットパフォーマンス全ての面で高い数値を出しており、高水準でバランスの良い非常に魅力的なGPUです。
目立った欠点もなく、「最新ゲームを快適にプレイしたいけど、ハイエンドGPUを買う程の予算は無い」という人にはうってつけのGPUだと思います。
ただ、性能と価格的に「GeForce RTX 2060」と需要が少し被っており、RTX 2060も非常に魅力的なGPUなのでそこだけは懸念点かもしれないですね

現状だと少し高いけど、GTX 1060の後継になれる可能性は十分

2019年3月11日時点で「GTX 1660 Ti」が約39,000円で、「GTX 1060」が27,000円くらいなので、後継としては少し高いです。 ただし、まだ発売から日が浅く、 これから価格が下がる可能性が高いです。3万円台前半で価格が落ち着けば、GTX 1060の後継になれる可能性は十分あります。もしそうなればコスパも性能も勝っているので、純粋な上位互換としての後継となります。

レイトレーシングは使えないが、正直欠点どころか長所

GTX 1660 Ti にはRTXシリーズに搭載されている一部コアがありません。そのため、RTXシリーズの目玉機能とされた「レイトレーシング」機能を利用する事ができません。ただし、レイトレーシングはまだ現状では実用的とは言えない技術(RTX 2080 Tiといった超ハイエンドGPUでも低FPS)です。そのため、この点は正直欠点とはいえません。むしろ、その分コストが抑えられ価格が安くなっているので、長所と言った方が良かったり。結果的に現状のGPU群では最高クラスのコスパとなりました。


まとめ(良い点・悪い点)

最後に「GTX 1660 Ti」の良い点・悪い点をまとめています。

良い点
  • 優れたコスパ
  • 非常に優れたワットパフォーマンス
  • GTX 1070 に迫るゲーミング性能
悪い点
  • レイトレーシング機能は使えない(現状実用的とはいえない機能なので、実質短所でもない)



記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。