【比較】SkypeとDiscordはどっちが良い?

通話用ソフトの「Skype(スカイプ)」と「Discord(ディスコード)」についての記事です。
主にPCでよく利用される通話用フリーソフトの「Skype」と「Discord」。数年前まではほぼSkype一択でしたが、ゲーマー向けに登場した「Discord」が話題になり、数年前からSkypeからの移行が多くなっています。「Discord」は元々ゲーマー向けに開発されたものですが、機能的にはゲーマー以外の人にも使い易いものになっています。でも、何が違うのかよくわからないし、「Skypeに慣れてるからいいや」って人も居ると思います。そういう人用の簡単な比較記事です。

結論:Discordの方がおすすめ

いきなり結論を言いますが、『Discord』の方がおすすめです。
理由を一言で言うと、機能面でSkypeがDiscordより優れている面がほぼ無いからです。Discordは登場した当初は、ビデオ通話と画面共有が利用出来なかったため、その点でSkypeと差別化がされていました。しかし、2017年10月にDiscordもビデオ通話と画面共有に対応したため、差別化できなくなりました。
また、詳しくは後述しますが、機能面でSkypeはDiscordにほぼ全ての面で劣っています。そのため、Discord一択と言っても過言でない状況となっています。ただし、機能面以外の利用者の多さという点ではSkypeの方が分があるため、利用するメリットは0ではありません。以降ではその辺りも含めて双方の良い点を説明していきます。

双方の良い点

SkypeとDiscordを比較して、お互いに相手より優れている点をまとめています。まずは、Discordの方が優れている点から見ていきましょう。

Discordの方が優れている点

「Discord」の方が優れている点をざっくりまとめたので、とりあえず見てみましょう。

Discordの方が優れている点まとめ

  • 呼び出しが必須でない
  • 用意された部屋に、各々が参加する通話システム
  • 個別に音量調節が可能
  • 自動ミュート機能

ざっと見ても「より気軽に使い易く」という意識が見て取れると思います。各項目について一つずつ見ていきましょう。

Skypeの方が優れている点

1. 呼び出しが必須ではない

Discordは呼び出しが必須ではありません。用意されたボイスチャットルームに各々で参加する形になっています。(詳しくは後述)
Skypeでは通話をする相手に対してどちらかが呼び出し(発信)をする必要があります。発信をされた側では着信音が鳴り、応答ボタンを押す事によって通話が開始される仕組みとなっています。
緊急を要する通話をSkypeでする事はほぼ無いと思うので、呼び出しが必須というのは正直煩わしいです。

2. 用意された部屋に、各々が参加する通話システム

Discoredの通話のシステムは、用意されているボイスチャットルームに各々が参加する形です。
グループ通話の際には、準備の出来た人から一人ずつ好きなタイミングで通話に参加する事が可能です。また、緊急時には待つだけでなく呼び出す事も可能です。
Skypeでは、一人だけでは通話を開始する事すらできず、誰かを呼び出して応答して貰う必要があります。グループ通話の場合は参加する全員に対して呼び出しを行う必要がありました。正直かなり面倒ですし、呼び出される側が待つしか出来ないというのも、当人には不安感があります。
Discordなら、事前に一人で通話繋いだ状態で待っておくことも可能なので、呼び出しの手間が省けるのに加え、「誰が掛ける?」や「今掛けても大丈夫かな?」等の心配が必要もなくなりました。
また、一人で部屋にいる状態は「自分は通話出来るぞ」という意思表示になるため、メッセージ等のやり取りの手間が省略出来る場面も多くあります。

MEMO
Discordの方がより気軽に便利に使える。気を遣う場面も少なくて済む。

3. 個別に音量調節が可能

Discordでは、通話をしている一人一人について音量の調節等の細かい設定が可能になっています。
Skypeでは、特定の人の音量が大きい・小さい場合は、その人に直接言って調節してもらう必要があります。

4. 自動ミュート機能

Discordでは、声として聞き取れない程の小音量の音しか出ていないときに、自動的にミュートになる機能があります。
Skypeでは、非常に小さい生活音やPCのファンの音などの小さいノイズ音も常に聞こえていましたが、Discordではこういったものが話していない時は聞こえなくなりました。

Skypeの方が優れている点

次に、「Skype」の方が優れている点について見ていきましょう。

Skypeの方が優れている点

  • 日本人利用者が多い

正直これだけかなと思います。ただし、Skypeも基本的な通話機能や通話性能についてはしっかりとしているので、そこは留意しておきましょう。

Skypeの方が優れている点

1. 利用者が多い

最近では、PCやスマホにプリインストールされている事が多い事もあってか、Skypeは日本人の利用者が多いです。
Discordはゲーマーの人たちの間ではもうスタンダードなものになりつつありますが、日本の世間的にはSkypeがまだ主流です。
Discordの方が優れているとしても、通話は両者が同じソフトでなければ出来ません。

SkypeもDiscordが登場するまでは、非常に重宝された通話ソフトです。Discordと比較すると一段落ちますが、Skypeしか利用していない人が周囲に多ければSkypeの方が需要は高いと言えます。


総評

実際にどちらも利用した立場から考えても、自分は「Discord」を使う方が良いと思います。
Discordの最も良い点は、呼び出しが必須でない事で、直前のコンタクトなしで気軽に通話を開始出来るのが非常に良いです。
通話環境も個別に細かい設定が可能になったおかげで、よりスムーズに整えることが出来る点も評価できます。
機能的に考えれば、実質「Discord」は「Skype」の上位互換と言っても過言ではないです。
利用者数に関しては、現在は「Discord」があまり認知されてないため少ないですが、自然とより良い方に人が集まると思うので、Discordの利用者数がSkypeを上回るのも時間の問題だと思います。
なので、今どちらかを選ぶならSkypeを選ぶ理由がありません。

記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。