タッチタイピングの練習方法まとめ

キーボードを直接見ずにタイピングを行う『タッチタイピング』についてまとめています。

タッチタイピング

タッチタイピングとは、キーボードを見ずにタイピングを行う技能です。
現在では仕事だけでなく、私用や学校での勉強でさえもパソコンが広く使われる様になってきました。
そのため、タッチタイピングは習得(マスター)しておくと非常に便利な技能の一つです。
どのぐらい出来れば習得(マスター)したと言えるかは個人差があるため難しいですが、少し真剣に向き合ってみると案外簡単に出来ちゃうのがタッチタイピングです。
タッチタイピングはもちろん入力時間を短縮するための技術なので、速く打とうとしていしまいがちですが落ち着いて練習していく事が重要です。
自分では物凄くゆっくりとしか入力出来ていないつもりでも、キーボードを見ながらの入力と比べればかなり速くなっています。速度は入力した量と慣れによって増加します。

練習方法・順序

STEP.1

ホームポジションを覚える

キーボード入力には「ホームポジション」と呼ばれるものが存在します。
「ホームポジション」は指の基本の置き場所の事です。
更にこの「ホームポジション」と合わせて覚えておきたいのが、どの指でどのキーを押すかです。
この二つを画像にまとめたものを下に載せます。
タッチタイピングはにおいて「ホームポジション」は非常に重要です。
まずはどんな感じかを普通に見た後に、
見ながらでもいいので実際にタイピングしながら指の動きと一緒に覚えていくと良いです。
STEP.2

実際にキーボードを見ずにタイピングしてみる

まずは感覚をつかむ事が大事です。「まだ完全に覚えれてないよー」という人も実際にキーボードを見ずにタイピングをしてみましょう。テキトーに思いついた言葉でOKです。絶対に見てはだめです。
具体的に言うと、目当てのキーを押せたという確認を、「キーを指が押すところを見ての確認」ではなく、「画面上でちゃんと目当てのキーによる表示がされたか」に変える事を意識してみましょう。上手くいかなくも、キーを見てはだめです。目当てのキーが押せるまで頑張りましょう。
STEP.3

タイピング練習用サイトを利用する

ある程度画面を見ながらのタイピングする事に慣れてきたら、今度は練習用のサイトで練習をしましょう。
有名なのは「e-typing」「寿司打」です。一つずつ見ていきます。

e-typing

『e-typing』はタイピング初級者から上級者まで利用できるタイピング練習サイトです。
時間制限がなく、「掛かった時間・入力文字数・ミスタイプ数」からスコアを算出します。
時間制限がないため初級者の人でも落ち着いてタイピングをする事ができます。
入力中にはキーボードのレイアウト画面も一緒に表示され、押すキーと使う指が視認出来るようにもなっています。
多くのジャンルがあり、飽きずに練習する事が出来るのも魅力です。
次に実際に練習を行った結果画面を見てみます。
結果の詳細を見る事が出来ます。特に苦手キーが見れるのが嬉しいですね。
ミスした文だけをもう一度練習する事も出来ます。

寿司打

『寿司打』は、ゲーム性のあるタイピング練習サイトです。主にタイピング速度上昇を意識した設計となっています。
お手軽モードというかなり易しめの難易度設定もありますが、時間制限があるため初級者が落ち着いてタイピングするには不向きかもしれません。初級者の方はある程度タイピングに慣れてから挑戦すると良いでしょう。
ゲーム内容は、お題となる文字列が表示され、それを目の前の皿が通過してしまう前に入力するという形になっています。
ミスをせずに連続でタイプが出来ると連打メーターというものがと溜まっていき、連打数によって残り時間が+されていくいくため、速さに加え正確性も重要という設計になっています。
END
レッツタイピング!

最後に

タッチタイピング練習中の心掛けとして、キーボードは絶対に見ないようにと書いていますが、
実際はタッチタイピングを出来る人でも全くキーボードを見ない訳ではありません。
ある程度慣れれば、ちらっと見る事も上手く使いながらやっていきましょう。
特に記号類の使用率の低めのキーは、ホームポシションから遠いためミスをし易いです。
そのようなキーを無理にタッチタイピングしようとしてミスして入力し直すリスクを毎回負うよりは、
ちらっと見て確実に入力した方が速いと自分は思います。
特にペナルティがある訳でもないので、自分のペースで焦らず頑張る事が大切です。
記事はここまでです。ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。