サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

【比較】PC版ウェブブラウザまとめ

PC版ブラウザー比較

PC用のウェブブラウザ比較記事です。

簡易比較表

まずは簡易比較表からです。Windowsの主要ウェブブラウザ5つについての比較です。
safariも主要ブラウザの一つですが、Windows版はしばらく更新が停止しており、また、Apple製品ユーザーは、safariからブラウザを乗り換えようと思う人もほとんど居ないと思うので、載せていません。
動作の軽快さ ×
拡張機能
日本シェア※ 55.46% 8.1% 13.64% 6.27% 0.71%
世界シェア※ 67.77% 8.12% 4.96% 4.02% 2.28%
※出典:StatCounter。期間:2018年2月~2019年2月 デバイス:デスクトップPCおよびタブレットPC。
日本・世界シェア共にGoogleChromeが1位です。ほぼ1強状態ですね。
内容的にも安定はGoogleChromeだと思います。モバイル版との同期も出来ますし。
次項からそれぞれついて軽く触れていきます。

GoogleChrome

良い点

  • 動作が軽快
  • 豊富な拡張機能
  • 翻訳機能が標準搭載
  • 世界シェア1位、開発がGoogleという安心感

悪い点

  • 特に無し
日本・世界で最大のシェアを誇るブラウザです。動作の軽快さが魅力で、起動が早くサクサク使えます。
開発元が「google」という事で信頼感もあり、色んな意味で安定のブラウザです。迷ったらコレ
レイアウトなども含めて非常にシンプルな造りとなっています。この辺りは評価が分かれそうなところですが、慣れればどちらでも問題ないレベルです。
拡張機能は以前は少なかったですが、最近では豊富になっており、カスタマイズ性が高まっています。

Firefox

良い点

  • 動作が軽快
  • 多数のタブを開いても、メモリー使用量が増えにくい
  • トラッキングブロック(プライバシー保護用)の機能が標準搭載

悪い点

  • タブ数が少なくてもメモリー使用量が多い(メモリー使用量の最低値が高い)
Mozilla開発のオープンソースのブラウザです。PCブラウザの世界シェアは2位。
2017年11月15日のバージョンアップで、大幅な変更がなされました。このバージョンアップで、よく問題視されていた読み込み速度の遅さが改善され高速化されました。また、メモリー使用量も大幅に減少しており非常に使い易くなりました。

その代わり、圧倒的な数を誇っていたアドオン(拡張機能)の多くが使用できなくなりました。元々が圧倒的な数だったのもありバージョンアップ後も他のブラウザに後れを取る程ではないですが、特徴は薄れてしまったと言わざるを得ないでしょう。

Internet Explorer

良い点

  • 特に無し

悪い点

  • 動作が遅い
  • 拡張機能がほぼ無い
マイクロソフト社開発の、以前は圧倒的なシェアを誇っていたブラウザです。通称「IE」。
このアイコンを見たことない人はほとんど居ないはず。
マイクロソフト開発というネームバリューとは裏腹に、動作は遅くカスタイマイズ性皆無という内容。
よくネット上酷評されています事実だから仕方ないけど。
以前はこのブラウザでしか読み込めないページがあったりしたので仕方なく残したままにしていましたが、今ではそういうページも見かけなくなってきました。
Windows10の登場以前は、WindowsのOSに標準搭載されていました。
しかし、後継ブラウザの「Microsoft Edge」が2015年に登場し、Windows10に標準搭載されているので、その内見かけなくなると思われます。

Microsoft Edge

良い点

  • 動作が軽快

悪い点

  • タブを多数開いた場合のメモリー使用量が多い
Internet Explorer(IE)の後継ブラウザです。
Widonws10に標準搭載されているブラウザで、以降のOSにも暫くは標準搭載されると予想されます。
IEの後継という事で「どうせ大した事ないんだろう」と思っていましたが、これがそうでもありませんでした。
動作は軽快で、GoogleChromeと比べても遜色ないものでした。
拡張機能も有名なものは大体利用可能なようなようで、意外とアリなんじゃないか?という感じ。
「IE」の悪評の影響でほとんど利用されずにChromeへ移行されてしまっているのかシェアの伸びはイマイチですが、Chromeによく似た性能だと感じました。
ただ、シェアの少なさと前のIEの例もありますので、まだ様子見が良いかもしれません。

Opera

良い点

  • 動作が軽快
  • 広告ブロック機能が標準搭載で、通信量を減らせる(表示速度も上がる)

悪い点

  • 利用者が少ない
ノルウェーの「オペラ・ソフトウェア」によって開発されているブラウザです。
PCでは正直ここに載せるかどうか迷ったレベルのシェアの少なさ。Opera載せるならsafari載せろと言われそう。
動作の軽快さと軽さが売り
「根強いファンが存在しているため主要ブラウザとして外せない存在となっている」等の説明がよくなされていますが、自分は出会った事がありませんし、使っている人も見た事がありません。真偽は不明ですが、なんだかブラウザ説明では外せない存在になっています。

まとめ

PCの主要ブラウザ5つについて見ていきました。
結局のところどのブラウザを選んだらいいの?っていう問いへの回答は、
よくわからないって人や、軽さ第一って人はGoogle Chrome
色々カスタマイズして自分好みのブラウザに変えていきたい人はFirefox
という感じになると思います。
他のブラウザに関しても正直IE以外は大きな差はないと思いますが、あえて選ぶ必要はないという感じですね。
ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。