サーバーを移転しました。表示が崩れている箇所があるかもしれません。ごめんなさい。

Intelの第8世代と第9世代「Core iシリーズ」、今買うならどっち?

Intelの第9世代CPU「Core i9 9900K」「Core i7 9700K」「Core i5 9600K」と第8世代の「Core i」プロセッサの比較記事です。(最終更新:2018/11/29)
要点だけ知りたいという方は、目次から「まとめ」だけ見ても良いかも。

簡易比較表

インテルのCore iシリーズ比較表です。(2018年11月末時点)
【簡易比較表】
CPU名 ベンチマーク
コア
(スレッド)
TDP
クロック数
定格(最大)
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i9 9900K 20500 8(16) 95W 3.6GHz(5.0GHz) 215.8 0.297 69,000円
Core i7 9700K 17400 8(8) 95W 3.6GHz(3.9GHz) 183.2 0.335 52,000円
Core i5 9600K 13500 6(6) 95W 3.7GHz(4.6GHz) 142.1 0.397 34,000円
Core i7 8700K 16100 6(12) 95W 3.7GHz(4.7GHz) 169.5 0.322 50,000円
Core i7 8700 15250 6(12) 65W 3.2GHz(4.6Ghz) 234.6 0.355 43,000円
Core i5 8600K 12800 6(6) 95W 3.6GHz(4.3GHz) 134.7 0.376 34,000円
Core i5 8500 12100 6(6) 65W 3.0GHz(4.1GHz) 186.1 0.417 29,000円
Core i5 8400 11700 6(6) 65W 2.8GHz(4.0GHz) 180 0.418 28,000円
Core i3 8300 8860 4(4) 62W 3.7GHz 143 0.466 19,000円
Core i3 8100 8100 4(4) 65W 3.6GHz 124.6 0.54 15,000円
※ベンチマークスコアはPASSMARKのベンチマークスコアを参考にした目安の値。
※参考価格は、価格.comの2018年11月末時点での最安値価格。

コスパ

第9世代と第8世代のCPUと比較してみると、第9世代のCPUの方がコスパがやや悪いです。
更に価格も高いため、第8世代から買い替えたいほどの魅力は正直ないです。
ベンチマークスコアはCore i9は頭一つ抜けていますが、同モデル同士の比較だと微増レベルです。
そのCore i9の性能は他に圧倒的な差をつけてトップの性能です。(主流CPUでは)
ただ、Core i9はコスパの悪さもトップなので一般的な目線だと賢い選択にはならなそう。
第9世代CPUのコスパが悪めな点は、大幅なマイナス評価と言わざると得ないでしょう。
また、全体的にクロック周波数・コア数が増えているため、発熱の問題も第8世代より注意が必要だと考えられ、扱いにくさが気になります。
インテルの第9世代CPUは発売からまだ日が浅いのと製品数が少ないので状況が変わる可能性はありますが、現時点(2018年11月末)ではぱっと見はお得ではなさそうです。

シングルスレッド性能

シングルスレッド性能が高いと、軽い処理の処理速度が速くなる他、マルチスレッド(コア)処理に対しての最適化が不十分なアプリケーションに対する処理速度が速くなります。
大きなメリットは上記に挙げたものが主ですが、ほぼ全ての処理に対して有利に働くので重要視される事が多いです。
今回は、Cinebench R15というソフトで測定した数値を見ていきます。
【Cinebench R15 Single】
CPU名称
スコア
Core i9 9900K 221
Core i7 9700K 218
Core i7 8700K 203
Core i5 9600K 201
Core i5 8400 177
Core i3 8100 172

シングルスレッド性能は大幅に向上

第9世代のシングルスレッド性能は、第8世代から全体的に大幅な向上が見られました。
区分的には中性能域であるはず「Core i5 9600K」が前世代のトップ層の「Core i7 8700K」に迫る性能まで向上しています。
当然Core i7/9も非常に高い数値を叩き出しており、シングルスレッド性能は「素晴らしい」の一言です。
シングルスレッド性能で選ぶなら第9世代CPUに勝るCPUは無いでしょう。

マルチスレッド性能

マルチスレッド性能が高いと、マルチタスクの処理やエンコードの速度などが速くなります。簡単にいうとCPU全体の全力のパフォーマンスを表します。
シングルスレッド性能と同じく、Cinebench R15というソフトで測定した数値を見ていきます。
【Cinebench R15 Multi】
CPU名称
スコア
Core i9 9900K 2063
Core i7 9700K 1515
Core i7 8700K 1411
Core i5 9600K 1074
Core i5 8400 949
Core i3 8100 650

マルチスレッド性能は大きくは変わらず

マルチスレッド性能は、Core i9が頭一つ抜けている以外は同モデル同士では微増といった程度でした。ベンチマークスコアと同様ですね。
第9世代は既に末尾Kの上位モデルが出ているため、第9世代ではこれ以上のものはほぼ出ないと思います。
その点を考慮すると、Core i9で大幅な性能向上を狙いたいという人以外は、第9世代CPUを買う理由は薄く見えます。

ゲーミング性能

ゲーミング性能は、言葉の通りゲームする際のパフォーマンスの性能です。
主に実際にゲームを起動してみた際のFPS数で比較されます。
今回は、10種類の人気ゲームでFPS数を測定した平均FPS数(相乗平均)の数値を見ていきます。
使用されたGPUは「Geforce GTX 1080 Ti」となっています。
【総合ゲーミング性能】
CPU名称
FPS
Core i9 9900K 120.7
Core i7 9700K 119.2
Core i7 8700K 115.7
Core i5 9600K 115.2
Core i5 8400 111.3
Core i3 8100 100.6

ゲーミング性能も大きく変わらず、やはり第8世代のCore i3/5が驚異的なコスパ

「Core i7 8700K」と「Core i7 9700K」の比較ではFPSの差は約4程度で、微増と言った程度でした。
他モデルも数値の差はあまりなく、ゲーミング性能は伸びてはいるものの大きな向上とまではいっていませんでした。
となると、コスパの悪い第9世代の方がやや不利という印象です。
極端な例として、価格とベンチマークスコアに大きな差がある、第9世代「Core i7 9700K」と第8世代「Core i5 8400」を比較しても、平均FPSの差は10未満となっています。
今回の測定に用られているGPUは「GeForce GTX 1080 Ti」という高性能ハイエンドGPUですが、第8世代のCore i5でもほぼボトルネックにはならないという事がわかります。
更にその「Core i5 8400」よりも1万円以上安い「Core i3 8100」ですらFPSの差は10未満で、驚異的なコスパが伺えます。
単純にゲーミング性能のコスパだけを考えるのであれば、第8世代の「Core i5/Core i3」が圧倒的優位です。
Core i7も第9世代と第8世代でのFPSの差は少ししかありません。
上記の事から、これから第9世代のモデルで凄くコスパの良いものが出ない限りは「コスパを考えればゲーミング面では第8世代が有利」という結論に落ち着くかと思います。

まとめ

第8世代の方がコスパが良いし、性能も大きくは変わらない(例外:Core i9)

第9世代の末尾Kモデルしか出ていない現状では、第8世代の方が基本的に安い上コスパが良いです。
更に「Core i9」を除けば性能も微増程度で、コア数が増えたことを考えると技術的な向上は数値の差よりも少ないと思われます。
そのため、今買うなら第8世代のCore iシリーズの方が良いと思います。

予算を気にせず、少しでも上の性能を求める人ならCore i9は魅力的

総評としては「第8世代の方が良い」という形になります。しかし、予算(コスパ)を気にしないというのであれば話が別です。
第9世代から主流CPU入りした「Core i9」は、「Core i7」すら大きく上回る非常に高い性能を持っています。
約7万円(2018年11月末時点)という価格の高さとコスパの悪さにさえ目をつぶれば、魅力的なCPUです。
しかし、その性能を考慮しても個人的には正直おすすめはしたくないCPUです。(熱対策にも更に費用が必須という事もあるため)

最高コスパを求めるなら、相変わらず第8世代のCore i5

第8世代のCore i5は3万円未満という価格ながら「シングルスレッド性能・ゲーミング性能」が中性能CPUとは呼べないほど高性能です。
マルチスレッド性能だけは「Core i9/ i7」を大きく下回る性能となっていますが、数値自体は決して低いものではありません。一般的な用途ならこなせない事はない、十分高性能といえるものです。
上記の事から、Core i5は3万円未満という安さながら不可能な事はほぼないCPUといえます。
そのため、少しでも予算が気になる場合であれば無理にCore i7以上や第9世代CPUを購入する必要性はありません。
それでは、記事はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。