超絶コスパの「Ryzen 5 3600」が凄い【性能比較】

2019年7月発売され、性能の高さとコスパの良さで話題になっている第3世代Ryzen「Ryzen 3000 シリーズ」を、
中でも特にコスパの良いRyzen 5 3600を中心に見ていきたいと思います。
※本記事に掲載されている価格は、記事投稿時点での主に価格.comやAmazonでの最安値価格となっています。

簡易比較表

現在主要な主流のCPUの簡易比較表です。
【簡易比較表】
CPU名 PassMarkスコア コア(スレッド) TDP クロック周波数
定格 – TB時最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Ryzen 9 3900X 32300 12(24) 105W 3.8GHz 4.6GHz 307.6 0.497 約65,000円
Ryzen 7 3700X 24000 8(16) 65W 3.6GHz 4.4GHz 369.2 0.558 約43,000円
Ryzen 5 3600X 20500 6(12) 95W 3.8GHz 4.4GHz 215.8 0.64 約32,000円
Core i9 9900K 20200 8(16) 95W 3.6GHz 5.0GHz 212.6 0.337 約60,000円
Ryzen 5 3600 20000 6(12) 65W 3.6GHz 4.2GHz 307.7 0.769 約26,000円
Core i7 9700K 17200 8(8) 95W 3.6GHz 4.9GHz 181.1 0.366 約47,000円
Ryzen 7 2700X 17000 8(16) 105W 3.7GHz 4.3GHz 161.9 0.567 約30,000円
Core i7 8700K 16100 6(12) 95W 3.7GHz 4.7GHz 169.5 0.366 約44,000円
Ryzen 7 2700 15000 8(16) 65W 3.2GHz 4.3GHz 230.8 0.6 約25,000円
Core i5 9600K 13500 6(6) 95W 3.7GHz 4.6GHz 142.1 0.45 約30,000円
Core i5 9400F 12100 6(6) 65W 2.9GHz 4.1GHz 186.2 0.672 約18,000円
※ベンチマークスコアはPASSMARKのベンチマークスコアを参考にした目安の値。
※参考価格は、価格.comもしくはAmazonの2019年8月末時点での最安値価格。
※TDPは大体の消費電力の目安。
一目でわかるRyzen 5 3600のコスパの良さ。他を圧倒してトップです。
価格も2万円台中盤と安くリーズナブル。手を出し易く、非常に魅力的なCPUに仕上がっています。
 
Ryzen 5の対抗となるとCore i5になりますが、Ryzen 5の方が性能が圧倒的に高くコスパも良いです。
Core i5 9400Fは価格が安いまでまだ差別化できますが、コスパもワットパフォーマンスもRyzen 5の方が上ですし、
RyzenにはIntelよりも品質の良いCPUクーラーが付属してますから、どうしてもRyzen 5の方が魅力的です。
 

各性能について

CPUの主要な各性能について見ていきます。
「シングルスレッド性能」「マルチスレッド性能」「ゲーミング性能」各種について見ていきます。


シングルスレッド性能

シングルスレッド性能が高いと、軽い処理の処理速度が速くなる他、基本的にほぼ全ての処理に対して有利に働くので重要視される事が多いです。
今回は、Cinebench R15というソフトで測定した数値を見ていきます。
【Cinebench R15 Single】
CPU名称
スコア
Core i9 9900K 221
Core i7 9700K 214
Core i7 8700K 205
Ryzen 9 3900X 203
Ryzen 7 3700X 203
Core i5 9600K 199
Ryzen 5 3600 196
Ryzen 7 2700X 179
Core i5 8400 172
Ryzen 7 2700 166
Ryzen 5 2600 163

第2世代から劇的に向上し、Core i5と同クラスに

シングルスレッド性能は、第2世代から劇的な向上が見られ、Core i5の上位モデルとほぼ同等になるまでになっています。
Ryzenは第2世代まではシングルスレッド性能の低さが特に問題視され、高いマルチスレッド性能を持ちながらもCore iに見劣りしていましたが、
第3世代Ryzenではそこが改善され、差はほぼ無くなりました。

マルチスレッド性能

マルチスレッド性能が高いと、マルチタスクの処理やエンコードの速度などが速くなります。簡単にいうとCPU全体の全力のパフォーマンスを表します。
シングルスレッド性能と同じく、Cinebench R15というソフトで測定した数値を見ていきます。
【Cinebench R15 Multi】
CPU名称
スコア
Ryzen 9 3900X 3086
Ryzen 7 3700X 2160
Core i9 9900K 2073
Ryzen 7 2700X 1814
Ryzen 5 3600 1578
Ryzen 7 2700 1565
Core i7 9700K 1512
Core i7 8700K 1417
Ryzen 5 2600 1278
Core i5 9600K 1062
Core i5 8400 937

マルチスレッド性能はCore i5を圧倒

マルチスレッド性能は、Ryzen 5 がCore i5の約1.5倍も上の性能を示しており、圧倒しています。
それどころか、Ryzen 5 3600はCore i7 9700Kよりも高い性能を示しています。
4万円台のCPUが立ち並ぶ性能帯の中、2万円台中盤で食い込んでおり、マルチスレッド性能コスパは飛び抜けています。


ゲーミング性能

ゲーミング性能は、言葉の通りゲームする際のパフォーマンスの性能です。
主に実際にゲームを起動してみた際のFPS数で比較されます。
一般的にこのゲーミング性能は、「高性能なGPUを利用した際」のものであり、CPU単体の性能ではないため注意してください。
 
しかし、Ryzen 5 3600と他の主要CPUのゲーミング性能を同時に計測したものが意外と見つかりませんでした。
ただし、断片的なテスト結果を複数箇所で見ていると、概ね「Core i5 9600K」と同じか少し下程度(+2%~-11%くらい)でした。
かなり雑な処置にはなりますが、上記の結果から、中央値の-5%を利用し「Core i5 9600K」の-5%の数値を予測値として算出し、
他の主要CPUの結果と併せて表に載せています。

表は、10種類の人気ゲームでFPS数を測定した平均FPS数(相乗平均)の数値となっています。解像度は1080pで、その他設定は全て「ウルトラ」という可能な限りの最高の設定となっています。
使用されたGPUは「Geforce RTX 2080 Ti」というハイエンドGPUになっています。
【総合ゲーミング性能(10種類のゲームでの平均FPS)】
CPU名称
スコア
Core i7 9700K 141.0
Core i9 9900K 139.4
Core i7 8700K 134.9
Core i5 9600K 131.4
Ryzen 9 3900X 128.5
Ryzen 7 3700X 124.9
Ryzen 5 3600(予測値) 124.8
Core i5 8400 123.9
Ryzen 7 2700X 118.1
Ryzen 5 2600 112.9
Ryzen 7 2700 112.2

第2世代から大幅に向上し、Core i5とほぼ同列に

予測値なのでやや不安がありましたが、Ryzen 7 3700Xの位置を考えると、妥当な位置となっていると思います。
第2世代Ryzenまでは、シングルスレッド同様Core iシリーズと比較した性能の低さが指摘されていたゲーミング性能ですが、
こちらも向上が見られ、Core i5との差は小さくなりました。
 
ただし、未だに純粋な数値では負けてしまっており、「ゲーミング性能単体」ではCore iシリーズに若干分があるかなという感じです。
とはいえ、Ryzen 5の方がマルチスレッド性能が圧倒的に高くスレッド数も多いので、ゲーム+別のアプリケーション等との併用においてはRyzen 5の方が優位に立つはずです。実用性・汎用性を考えれば、ゲームにおいてもRyzenの方が上だと言うのも間違いではありません。

その他

内蔵GPU(iGPU)

Intelの主流CPUシリーズは、ほぼ全てのモデルで内蔵GPUが利用可能です。
それに対し、Ryzen 5 3600を含むRyzenシリーズは、末尾Gモデル以外は内蔵GPUが未搭載となっています。

この点は、当然Intelが有利になる訳なのですが、実際にはあまり問題視されていません。
これは、近年のゲーミングPCの流行から増設用のグラフィックボード等を搭載する前提の人が多いためです。

また、仮にRyzenだけ別途GPU(グラフィックボード)を用意するとしても、
Intelの内蔵GPUの性能程度のものなら比較的安価に手に入れる事ができますので、
その予算を加味としたとしても、個人的にはやはりRyzenの方が魅力的に感じます。

付属クーラー

Ryzen 5 3600にはCPUクーラーが付属しており、対抗製品のCore i5も末尾Kモデルを除くほぼ全てのモデルでクーラーが付属しています。
ですが、Intelの付属クーラーはかなり冷却性能・静音性共に悪いということで有名です。第9世代においてもどうやら変わりはないようです。
Ryzen 5 3600も冷却性能はそこまで高いクーラーを付属している訳ではないですが、Intelの付属品よりはマシですし、静音性は中々高いようです。
そのため、Ryzen 5 3600の方が有利です。

その他、付属クーラーについては下記の記事で軽く触れておりますので、気になった方はご覧ください。
CPU付属クーラー比較【Intel VS AMD】

まとめ

最後にまとめです。Ryzen 5 3600の要点をざっくりまとめています。


良い点
  • Core i5 を大きく上回るマルチスレッド性能
  • Core i5 に並ぶシングルスレッド・ゲーミング性能
  • 価格が安い(2万円台中盤)
  • Intelよりも良い付属クーラー
悪い点
  • 純粋なゲーミング性能はCore i5に少し負けている
  • 内蔵GPUが無い(グラボ増設前提なら関係無し)

総評:Ryzen 5 3600は安くて超絶コスパの良い、オールラウンダーCPU

Ryzen 5 3600は、Core i5を圧倒するマルチスレッド性能で、価格も2万円台中盤と同性能帯の他CPUより圧倒的に安いです。コスパが凄まじく良い。
シングルスレッド性能・ゲーミング性能もCore i5と比べて見劣りはせず、オールラウンダーなCPUに仕上がっています。
性能と価格だけでもコスパの良さはズバ抜けているのに、Core i5より良い付属クーラーもあります。
大体この手のコスパ最強説というのは、色んな方面から見ると一択にはならなかったり、異論が出たりするのですが、
現状(2019年8月)では、Ryzen 5 3600が最強コスパで異論はほとんどないんじゃないかと思うくらい凄いです。


記事は以上になります。最後に、現在の価格確認用にRyzen 5 3600のAmazonへのリンクを貼っています。良ければご覧ください。
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました。

Ryzen 5 3600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。