【性能比較】モバイル版の第10世代Core i シリーズを評価

主にノートPC等のモバイル端末向けのIntel 第10世代 Core i シリーズについてざっくりと見ていきたいと思います。先に一言だけいうと、色々と複雑化してしまっています。


モバイル端末向け第10世代の概要

10nmプロセスが「追加」

ノートPC向けの第10世代では、従来通りの14nmプロセルルール採用の「Comet Lake」に加え、10nmプロセスルール採用の「Ice Lake」が追加されました。

プロセスルール
簡単にいうと、CPUの配線の幅のこと。小さい方がスペースに余裕が出来たり複雑な配線が可能になったりなど、基本的に良い事尽くめ。

といっても、実は10nmの「Ice Lake」が先に登場し、14nmの「Comet Lake」が後から追加されたという形になっています。プロセスルールの微細化は、しっかりと実装できれば基本的に良い事しかないはずなので、後から14nmプロセスルールを追加するというのはやや不自然です。あくまで推測ですが、要するにIntelは10nmプロセスルールに苦戦しており、従来の14nmの完全な上位互換と呼べる完成度にならなかったという事だと思われます。

性能については後述していきますが、実際に10nmプロセスルールが完全な上位互換とまではいかない仕上がりとなっています。


名前がややこしい

性能と直接は関係ないですが、第10世代は名前がややこしくて分かりにくいし見難いです。まず、14nmプロセスルールの「Comet Lake」を見てみます。

出展:Intel

IntelのCore i シリーズは、「Core i9-9900K」ののように、世代数をCPU名の一部とします。10世代となると桁が一つ増えるため、冗長感が否めません。とはいえ、名付けのルールはそのままなので、これだけなら「その内慣れるだろう」と許せるレベルです。問題は10nm「Ice Lake」です。


出展:Intel

「Ice Lake」では、従来とは少し違う表記ルールとなっています。まず、世代数以下の製品ナンバーが4桁から3桁と減っています。10nmは今後主流とするつもりだから、世代数の10で桁数が増える分を減らしておこうという感じなのかな?これはわかります。

問題はその後で、末尾が、内蔵GPUを表したものとなっており「G1」や「G7」という、アルファベットだけでなく数字も含んだ二文字となっています。「Iris Plus Graphics G7」などの末尾の部分ですね。折角製品ナンバーを一字減らしたのに、ここで増やしたので結局文字数が減らないです。

具体的なCPU名としては「Core i7-1065G7」のような形となっており、これが従来の14nmの「Core i7-10710U」などと一緒に出てくる訳ですから、ややこしいです。ある程度PC情報について追っている人ならまだしも、頻繁にチェックする訳でない人たちは何が何やら状態になるのではと思います。海外の有名な某レビューサイトでは、「面白いでしょ?」なんて皮肉気味に言われていたりもしました。


Ice Lake は内蔵GPUが異なる

従来通りの14nmプロセスの「Comet Lake」では、前世代と同じ「Intel UHD Graphics 620」が採用されているらしいですが、10nmプロセスの「Ice Lake」ではGPUが異なります。下記を見てください。

  内蔵GPU 搭載CPU(例)
末尾G7 Iris Plus Graphics G7 Core i7-1065G7
末尾G4 Iris Plus Graphics G4 Core i5-1035G4
末尾G1 UHD Graphics G1 Core i3-1005G1

上記のように、末尾の2文字が内蔵GPUを表しています。G7とG4は「Iris Plus Graphics」で、G1だけ「UHD Graphics」となっています。名前からも分かる通り、G1のみ少し性能の低いGPUが搭載されているため、注意が必要です。


性能比較

簡易比較

まずは、簡易比較表を見ていきます。第10世代ラインナップ登場以前の主要CPUを一緒に載せています。
この記事を書いている時点でPassMarkでのスコアの記載があるもののみ載せているので、やや物足りなさも感じるかもしれませんがご容赦ください。

CPU名 ベンチマーク
(PassMark)
コア/
スレッド
TDP 動作クロック
定格 – TB時最大
プロセス
ルール
iGPU
Core i7-1065G7 10761 4/8 15W 1.3GHz 3.9GHz 10nm Iris Plus G7
Core i7-10510U 9325 4/8 15W 1.8GHz 4.9GHz 14nm UHD 620
Core i5-10210U 9232 4/8 15W 1.6GHz 4.2GHz 14nm UHD 620
Core i5-1035G1 9135 4/8 15W 1.0GHz 3.6GHz 10nm UHD G1
Core i7-8550U 8250 4/8 15W 1.8GHz 4.0GHz 14nm UHD 620
Ryzen 7-3700U 8050 4/8 15W 2.3GHz 4.0GHz 12nm RX Vega 10
Ryzen 5-3500U 8000 4/8 15W 2.1GHz 3.7GHz 12nm Vega 8
Core i5-8250U 7650 4/8 15W 1.6GHz 3.4GHz 14nm UHD 620
Ryzen 3 3300U 6150 4/4 15W 2.1GHz 3.5GHz 12nm Vega 6
Core i3-1005G1 5905 2/4 15W 1.2GHz 3.4GHz 10nm UHD G1
Ryzen 3 3200U 5100 2/4 15W 2.6GHz 3.5GHz 12nm Vega 3

前世代より処理性能は向上

現在主要なIntelの第8世代Uシリーズと比べると、性能は全体的にやや向上しています。ただし、最大クロックが上がっている分だけにも正直見えるので、効率的な処理を行えるようになったとは言えないかもしれません。とはいえ、Ryzen 3000Uシリーズよりは高い性能となったため、競争面ではやや優位にはなるでしょう。

10nmプロセスに苦労が見える?

表を見ると、10nmプロセスの「Ice Lake」と末尾Uの14nm「Comet Lake」の性能差がほとんどありません。Core i7以外は「Comet Lake」とほぼ同等の性能となっています。一番上の「Core i7-1065G7」だけはやや高いスコアを記録していますが、今回はPassMarkの掲載がない関係で「Comet Lake」側の最上位モデルが表に無い事もありますし、コア・スレッド数が同じで10nmプロセスを採用している事を考えると、全体的な結果としては少し物足りないです。正直をいうと少し期待外れでした。

また、プロセスの微細化の利点には消費電力・発熱の軽減もあるはずなのですが、「Comet Lake」より動作クロックは低くなっているのにTDPは同じ15Wです。同じ周波数であれば、「Ice Lake」の方が消費電力・発熱が多いという事になります。動作クロックあたりの処理性能は大幅に向上しているので、10nmの効果は確認できますが、TDPを見る限りは本来の利点を発揮できておらず、10nmに苦労している風に見えます。


グラフィック性能

次に内蔵GPUのグラフィック性能を見ていきます。どちらかというとIntel側はこちら側を強く推していたようですし、対抗のRyzenの強みでもあるので、注目です。

【3DMark Fire Strike(1920×1080) Graphics】
GPU 3DMark 搭載CPU(例)
Iris Plus Graphics G7 2453 Core i7-1065G7
Iris Plus Graphics G4 2210 Core i5-1035G4
Radeon RX Vega 10 2147 Ryzen 7-3700U
Radeon Vega 8 2079 Ryzen 5-3500U
Radeon Vega 6 2064 Ryzen 3-3300U
UHD Graphics G1 1521 Core i3 1005G1
Radeon Vega 3 1259 Ryzen 3-3200U
UHD Graphics 620 1121 Core i5-10210U

14nmの「Comet Lake」では、今まで主流だったUHD 620が引き続き採用されています。Ryzenの方がグラフィック性能が高く汎用性の点で魅力的、という点は今までと変わらず、他に語る点は特にありません。

そして、注目の10nm「Ice Lake」 に搭載されている内蔵GPUですが、全てUHD 620の性能を大きく上回っています。Intelとしては大きな進歩だと思います。ただし、RyzenのVega Mobileシリーズには大きな差をつける事はできず、やっと追い付いたという感じです。CPUの性能はIntelの10世代の方が少し上回っているので、価格差が無い前提であればIntel側がやや優位ですが、最近のRyzenのめざましい成長を見ると、もう少し引き離しておきたかったというのが恐らく本音だと思います。

また、G1に関しては唯一Iris PlusではなくUHDのままで、性能も一段落ちています。Core i3やCore i5の下位モデルを検討する場合には注意が必要です。


総評・まとめ

最後に総評としてIntelの10世代Core iシリーズについてまとめています。

現状では「Ice lake」が最良の選択にはなりそう、だが…

正直に言うと総合的にはやや期待外れではあった10nmプロセスの「Ice Lake」ではありますが、CPU性能はRyzenを上回り、内蔵グラフィックの性能も追い付きました。2019年10月現在でいえば、省電力のノートPC用のCPUとしては最良の選択となると思います。実際の消費電力や発熱についてはやや不透明な部分もあり、あくまでカタログスペック上での話ですが、現行のRyzen 3000Uシリーズよりは少し優位になったと言って良いと思います。

ただし、Ryzen側はデスクトップ用CPUでは7nmプロセスの実装に成功しており、現行のRyzen 3000Uシリーズは12nmですから、遠くない未来で性能を大幅に向上させる可能性が十分にあります。そうなると、恐らく今回の「Ice Lake」の性能では追い抜かれてしまうので、今後の動向に注目です。


それでは、記事はここまでになります。残りは参考ページだけ載せて終わりにしたいと思います。ご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。