おすすめ主要CPUの性能比較・一覧表【2020年9月最新版】

2020年9月時点での主要CPU性能の比較一覧表です。新しめの主要CPUのみを掲載しているため、主にこれからPC購入を考えている人向けの比較表になります。
※価格は記事更新時点での主に価格.comやAmazonでの最安値価格となっています。
 
【例:デスクトップ向けCPU】
CPU名称 評価 性能スコア
コア
(スレッド)
TDP
クロック
定格 /最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i7 8700K 16100 6(12) 95W 3.7 / 4.7GHz 169.5 0.397 41,000円
【例:ノートPC・タブレットPC向けCPU】
CPU名称
性能スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Core i7 8750H 12100 6 / 12 1.9 / 4.1GHz 45W UHD 630
各項目の説明

CPU名称:CPUの名称。
CPU名称:管理人の主観的評価。基本的に総合コスパとワットパフォーマンス重視で評価しています。参考までに。
性能スコア :特に有名なベンチマークのPassMarkのスコア。総合スコアのようなタイプのベンチマーク。
コア:CPUのコアの総数。多いほど多数の処理を並行して行う場合に有利に働く他、コア数が多いほどマルチスレッド性能も高くなり易いので、そちらのメリットも享受できる可能性が高いです。ただし、多いほど消費電力や発熱も多い傾向があるので注意が必要です。
スレッド:CPUのスレッドの総数。スレッドはシステム上で認識するコア数みたいなものと思って貰えばOK。「1コアあたり1スレッド」のCPUと「1コアあたり2スレッド」のCPUがある。

定格クロック:CPUの定格の周波数。
最大クロック:CPUのターボーブースト(TB)時の最大周波数。それぞれのコアで最大周波数が設定されており、全コアが表記の数値まで上昇する訳ではないので注意。
TDP:熱設計電力のこと。大体の消費電力の目安となる。ただし、現状のCPU事情的においては「TDP=消費電力」とはなっておらず、実際の高負荷時の消費電力はTDPを大きく上回るので注意。
ワットパフォーマンス:1WあたりのPassMarkスコア。
コスパ:1円あたりのPassMarkスコア。ただし、モバイル端末向けのCPUは具体的なCPU価格が不明で評価が難しいため未評価としています。
価格:おおよその市場価格。記事更新時点での主に価格.comやAmazonの最安値価格。
内蔵GPU:内蔵GPU(iGPU)の名称です。幅の関係で略称にしています。

今おすすめのCPU(デスクトップ用)
  • Ryzen 3 3300X
    遅れて登場したZen2搭載の第3世代のRyzen 3。約1万5000円低価格の4コア8スレッドCPU。Ryzen 5 3500の下位モデルのような印象を受けるが、内部的には結構違っていて、シングルスレッド性能とゲーミング性能が高い。低価格ゲーミングPCに適したCPU。
  • Ryzen 5 3600
    第3世代のRyzen 5。2万円台中盤という価格で第9世代の Core i9 並みのマルチスレッド性能を発揮する怪物コスパCPU。シングルスレッド性能も大幅に向上し、Core i5を超えました。ゲーミング性能は従来通りCore iシリーズより低めなのが玉に瑕ですが、そもそも安いし、そんなの些細な事だと言えるくらいコスパが良いです。2020年1月時点で文句無しの最強コスパCPU。
  • Ryzen 7 3700X
    第3世代のRyzen 7。第3世代Ryzenはコスパだけでなくワットパフォーマンスも全体的に優れていますが、その中でも特に優れたワットパフォーマンスを発揮するのがこの「Ryzen 7 3700X」です。価格は一般的なCore i7と同じくらいで、Ryzen 5よりもゲーミング性能も良くバランスが良いです。ハイエンド最強CPU最有力です。
  • Ryzen 9 3900X
    圧倒的すぎるマルチスレッド性能を持つ第3世代のRyzen 9。そのマルチスレッド性能はCore i9 9900K すらも軽々と上回ります。マルチスレッド性能に関してはあらゆる高性能CPUを過去のものにした代物です。シングルスレッド性能もCore iシリーズと同水準レベルまで向上しています。ただし、ゲーミング性能はCore i9より少し低めなので、「最高のゲーミングCPU」とは言えない点は注意が必要です。とはいえ、異常ともいえるマルチスレッド性能の高さを備えつつ、コスパも素晴らしいという逸品。
  • Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 7 PRO 4750G
    第3世代Ryzen APU。グラボ無しでも重いゲームやデータ量の多い動画や画像編集をしないなら十分な性能の内蔵GPUを備えている。ライトユーザーなら物凄くコスパの良いCPU。PRO版なのは、消費者向けの通常版の方が発売が遅いという特殊事情のため。通常版が発売後に差し替え予定。
  • Core i7-10700(F)
    8コア16スレッドとなった第10世代のCore i7。マルチスレッド性能が大幅に強化されました。定格クロックが低めに設定されてるため「Core i7-10700K」よりも性能はやや落ちますが、その分「Core i7-10700K」だと多すぎる消費電力と発熱がかなり抑えられており、扱いやすいです。ゲーミング性能も非常に高いです。
  • Core i5-10400(F)
    6コア12スレッドとなった第10世代のCore i5。マルチスレッド性能が大幅に強化され、弱点が補強されました。コア数やスレッド数が重要なエンコードやレンダリング用途でも選びやすくなり、対応力がかなり上がりました。従来から高かった、ゲーミング性能コスパは更に良くなり、ゲーミング最強コスパ候補CPUでもあります。Core i5の下位モデルながら、あらゆる用途でコスパ上位に食い込むコスパ特化CPUです。
今おすすめのCPU(ノートPC用)
  • Ryzen 4000シリーズ
    7nmプロセス採用で性能と省電力性が爆発的に向上したモバイル版の第3世代Ryzen。最新の第10世代のIntelのCPUの対抗モデル同士(例:Ryzen 5とCore i5)で性能は大きく上回りつつ、価格も同程度なのでコスパがめちゃくちゃ良いです。内蔵GPUにしては高めのグラフィック性能も持っており、こちらも第10世代のIntelCPUよりも上です。ただし、外部GPU(グラボ)利用時のゲームパフォーマンスはCore iシリーズに若干劣る点は注意です。
  • Core i7 1065G7
    高い処理能力と省電力性を兼ね備えたCPUです。内蔵GPUも内蔵にしては高いグラフィック性能を持つため軽いゲームなどにも対応できます。
  • 第10世代のCore i5
    順調に進化を続けている安定CPUです。2020年9月時点の主流モデルは「Core i5-10210U」「Core i5-1035G1」「Core i5-1035G4」などですが、どれも消費電力の少なさとワットパフォーマンスの良さが光る素晴らしいCPUです。

デスクトップ向け主要CPU性能比較表

デスクトップPC向けの主要CPU性能比較表です。
※注意:Intelの末尾Fのモデルは内蔵GPUが廃止されています。AMDのRyzenは、グラボ利用時のグラフィック性能がIntel製CPUよりも若干低いため注意。
【Intel】
CPU名称 評価 性能スコア コア
(スレッド)
TDP クロック
定格 / 最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i9 10900K 24000 10(20) 125W 3.7 / 5.3GHz 192 0.364 66,000円
Core i9 10850K 23900 10(20) 125W 3.6 / 5.1GHz 191.2 0.412 58,000円
Core i9 10900KF 23700 10(20) 125W 3.7 / 5.3GHz 189.6 0.395 60,000円
Core i9 10900 21400 10(20) 65W 2.8 / 5.2GHz 329.2 0.404 53,000円
Core i9 10900F 21400 10(20) 65W 2.8 / 5.2GHz 329.2 0.389 55,000円
Core i7 10700K 19800 8(16) 125W 3.8 / 5.1GHz 158.4 0.421 47,000円
Core i7 10700KF 19800 8(16) 125W 3.8 / 5.1GHz 158.4 0.45 44,000円
Core i9 9900K 18900 8(16) 95W 3.6 / 5.0GHz 198.9 0.378 50,000円
Core i9 9900KF 18900 8(16) 95W 3.6 / 5.0GHz 198.9 0.394 48,000円
Core i7 10700
18100 8(16) 65W 2.9 / 4.8GHz 278.5 0.453 40,000円
Core i7 10700F
18100 8(16) 65W 2.9 / 4.8GHz 278.5 0.453 40,000円
Core i9 9900 17200 8(16) 65W 3.1 / 5.0GHz 264.6 0.374 46,000円
Core i5 10600K 15200 6(12) 125W 4.1 / 4.8GHz 121.6 0.475 32,000円
Core i5 10600KF 15200 6(12) 125W 4.1 / 4.8GHz 121.6 0.498 30,500円
Core i7 9700K 14700 8(8) 95W 3.6 / 4.9GHz 154.7 0.368 40,000円
Core i7 9700KF 14700 8(8) 95W 3.6 / 4.9GHz 154.7 0.377 39,000円
Core i7 9700 14000 8(8) 65W 3.0 / 4.7GHz 215.4 0.368 36,000円
Core i7 9700F 14000 8(8) 65W 3.0 / 4.7GHz 215.4 0.368 36,000円
Core i5 10600
14000 6(12) 65W 3.3 / 4.8GHz 215.4 0.5 28,000円
Core i7 8700K 13900 6(12) 95W 3.7 / 4.7GHz 146.3 品薄
Core i5 10500 13350 6(12) 65W 3.1 / 4.5GHz 205.4 0.534 25,000円
Core i7 8700 13300 6(12) 65W 3.2 / 4.6GHz 204.6 品薄
Core i5 10400 13100 6(12) 65W 2.9 / 4.3GHz 201.5 0.595 22,000円
Core i5 10400F 13100 6(12) 65W 2.9 / 4.3GHz 201.5 0.655 20,000円
Core i5 9600K 10900 6(6) 95W 3.7 / 4.6GHz 114.7 0.363 26,000円
Core i5 9600KF 10900 6(6) 95W 3.7 / 4.6GHz 114.7 0.376 23,000円
Core i5 8600K 10200 6(6) 95W 3.6 / 4.3GHz 107.4 品薄
Core i5 9400F
9600 6(6) 65W 2.9 / 4.1GHz 147.7 0.565 17,000円
Core i5 8400
9260 6(6) 65W 2.8 / 4.0GHz 142.5 品薄
Core i3 10100
8800 4(8) 65W 3.6 / 4.3GHz 135.4 0.629 14,000円
Core i3 9100F 6800 4(4) 65W 3.6 / 4.2GHz 104.6 0.68 9,400円
Pentium G6400 4270 2(4) 58W 4.0GHz 73.6 0.628 6,800円
Pentium G5420 3800 2(4) 54W 3.8GHz 70.4 0.543 7,000円
Pentium G5400 3700 2(4) 54W 3.7GHz 68.5 0.529 7,000円
【AMD】
CPU名称 評価 性能スコア
コア
(スレッド)
TDP
クロック
定格 / 最大
ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Ryzen 9 3950X 39300 16(32) 105W 3.5 / 4.7GHz 374.3 0.418 94,000円
Ryzen 9 3900XT 33350 12(24) 105W 3.8 / 4.7GHz 317.6 0.505 66,000円
Ryzen 9 3900X 32850 12(24) 105W 3.8 / 4.6GHz 312.9 0.505 61,000円
Ryzen 7 3800XT 24300 8(16) 105W 3.9 / 4.7GHz 231.4 0.467 52,000円
Ryzen 7 3800X 23340 8(16) 105W 3.9 / 4.5GHz 222.3 0.458 45,000円
Ryzen 7 3700X 22700 8(16) 65W 3.6 / 4.4GHz 349.2 0.528 40,000円
Ryzen 7 PRO 4750G 20700 8(16) 65W 3.6 / 4.4GHz 318.5 0.470 44,000円
Ryzen 5 3600XT
19000 6(12) 95W 3.8 / 4.5GHz 200 0.576 33,000円
Ryzen 5 3600X
18300 6(12) 95W 3.8 / 4.4GHz 192.6 0.572 30,000円
Ryzen 5 3600
17780 6(12) 65W 3.6 / 4.2GHz 273.5 0.684 25,000円
Ryzen 7 2700X 17600 8(16) 105W 3.7 / 4.3GHz 167.6 0.607 29,000円
Ryzen 5 PRO 4650G
17100 6(12) 65W 3.7 / 4.2GHz 263.1 0.57 30,000円
Ryzen 7 2700 15700 8(16) 65W 3.2 / 4.1GHz 241.5 0.628 25,000円
Ryzen 5 2600X 14100 6(12) 95W 3.6 / 4.2GHz 148.4 0.671 21,000円
Ryzen 5 2600 13300 6(12) 65W 3.4 / 3.9GHz 204.6 0.782 17,000円
Ryzen 3 3300X
13100 4(8) 65W 3.8 / 4.3GHz 201.5 0.845 15,500円
Ryzen 5 1600AF
13000? 6(12) 65W 3.2 / 3.6GHz 200 1.08 12,000円
Ryzen 5 3500
12600 6(6) 65W 3.6 / 4.1GHz 193.8 0.788 16,000円
Ryzen 3 3100
11750 4(8) 65W 3.6 / 3.9GHz 180.8 0.904 13,000円
Ryzen 5 3400G 10200 4(8) 65W 3.7 / 4.2GHz 156.9 0.498 20,500円
Ryzen 3 3200G 7270 4(4) 65W 3.6 / 4.0GHz 111.8 0.559 13,000円
Athlon 240GE 4750 2(4) 35W 3.5GHz 135.7 0.660 9,000円
Athlon 3000G 4620 2(4) 35W 3.5GHz 132 0.592 7,800円
Athlon 220GE 4470 2(4) 35W 3.4GHz 127.7 0.657 8,400円
Athlon 200GE 4130 2(4) 35W 3.2GHz 118 0.688 7,000円

ノートPC・タブレットPC向け主要CPU性能比較表

ノートPC・タブレット向けの主要CPU性能比較表です。

【Intel】
CPU名称
性能スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Core i9 10980HK 17250 8/16 2.4 / 5.3GHz 45W UHD 630
Core i9 9980HK 15940 8/16 2.4 / 5.0GHz 45W UHD 630
Core i7 10875H 15750 8/16 2.3 / 5.1GHz 45W UHD 630
Core i9 9880H 14150 8/16 2.3 / 4.8GHz 45W UHD 630
Core i7 10750H 12880 6/12 2.6 / 5.0GHz 45W UHD 630
Core i9 8950HK 11500 6/12 2.9 / 4.8GHz 45W UHD 630
Core i7 9850H 11450 6/12 2.6 / 4.6GHz 45W UHD 630
Core i7 9750H 11400 6/12 2.6 / 4.5GHz 45W UHD 630
Core i7 8850H 10750 6/12 2.6 / 4.3GHz 45W UHD 630
Core i7 10710U 10650 6/12 1.1 / 4.7GHz 15W UHD 620
Core i7 8750H 10300 6/12 2.2 / 4.1GHz 45W UHD 630
Core i7 1065G7 8980 4/8 1.3 / 3.9GHz 15W Iris Plus G7
Core i5 1035G4 8360 4/8 1.1 / 3.7GHz 15W Iris Plus G7
Core i5 9300H 8100 4/8 2.4 / 4.1GHz 45W UHD 630
Core i5 1035G1 7800 4/8 1.0 / 3.6GHz 15W UHD G1
Core i5 8300H 7540 4/8 2.3 / 4.0GHz 45W UHD 630
Core i7 10510U 7400 4/8 1.8 / 4.9GHz 15W UHD 620
Core i7 8565U 6700 4/8 1.8 / 4.6GHz 15W UHD 620
Core i7 8650U 6600 4/8 1.9 / 4.2GHz 15W UHD 620
Core i7 8550U 6600 4/8 1.8 / 4.0GHz 15W UHD 620
Core i5 8350U 6500 4/8 1.7 / 3.6GHz 15W UHD 620
Core i5 10210U 6430 4/8 1.6 / 4.2GHz 15W UHD 620
Core i5 8265U 6340 4/8 1.6 / 3.9GHz 15W UHD 620
Core i5 8250U 6210 4/8 1.6 / 3.4GHz 15W UHD 620
Core i3 10110U 4200 2/4 2.1 / 4.1GHz 15W UHD 620
Core i3 8145U 3800 2/4 2.1 / 3.9GHz 15W UHD 620
Core i3 8130U 3800 2/4 2.2 / 3.4GHz 15W UHD 620
Core i7 7500U 3630 2/4 2.7 / 3.5GHz 15W HD 620
Core i5 7200U 3350 2/4 2.5 / 3.1GHz 15W HD 620
Core i7 8500Y 3140 2/4 1.5 / 4.2GHz 5W UHD 615
Core i5 8200Y 3070 2/4 1.3 / 3.9GHz 5W UHD 615
Core m3 8100Y 2900 2/4 1.1 / 3.4GHz 5W UHD 615
Core i5 7Y54 2750 2/4 1.2 / 3.2GHz 4.5W HD 615
Core i7 7Y75 2730 2/4 1.3 / 3.6GHz 4.5W HD 615
Core m3 7Y30 2700 2/4 1 / 2.6GHz 4.5W HD 615
Celeron N4120 2620 4/4 1.1 / 2.6GHz 6W UHD 600
Celeron N4100 2560 4/4 1.1 / 2.4GHz 6W UHD 600
Celeron N4020 1820 2/2 1.1 / 2.8GHz 6W UHD 600
Pentium 4425Y 1640 2/4 1.7GHz 6W UHD 615
Pentium 4415Y 1620 2/4 1.6GHz 6W HD 615
Celeron 3865U 1240 2/2 1.8GHz 15W HD 610
Celeron 3965Y 1200 2/2 1.5GHz 6W HD 615
Celeron N3350 1110 2/2 1.1 / 2.4GHz 6W HD 500
Atom x5-Z8350 950 4/4 1.44 / 1.9GHz 4W HD (Cherry Trail)
Celeron N3060 700 2/2 1.6GHz 6W HD 400
【AMD】
CPU名称
性能スコア
コア
スレッド
クロック
定格 / 最大
TDP
内蔵GPU
Ryzen 9 4900H 20714 8/16 3.3 / 4.4GHz 45W Radeon RX Vega 8
Ryzen 9 4900HS 19870 8/16 3.0 / 4.3GHz 35W Radeon RX Vega 8
Ryzen 7 4800H 19030 8/16 3.0 / 4.2GHz 45W Radeon RX Vega 7
Ryzen 7 4800HS 18800 8/16 2.9 / 4.2GHz 35W Radeon RX Vega 7
Ryzen 7 4800U 17600 8/16 1.8 / 4.2GHz 15W Radeon RX Vega 7
Ryzen 5 4600H 15120 6/12 3.0 / 4.3GHz 45W Radeon RX Vega 6
Ryzen 5 4600U 14560 6/12 2.1 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 6
Ryzen 7 4700U 13900 8/8 2.0 / 4.1GHz 15W Radeon RX Vega 7
Ryzen 5 4500U 11100 6/6 2.3 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 6
Ryzen 7 3750H 8500 4/8 2.3 / 4.0GHz 35W Radeon RX Vega 10
Ryzen 3 4300U 8150 4/4 2.7 / 3.7GHz 15W Radeon RX Vega 5
Ryzen 5 3550H 8110 4/8 2.1 / 3.7GHz 35W Radeon RX Vega 8
Ryzen 7 3700U 7400 4/8 2.3 / 4.0GHz 15W Radeon RX Vega 10
Ryzen 5 3500U 7200 4/8 2.1 / 3.7GHz 15W Radeon RX Vega 8
Ryzen 7 2700U 6600 4/8 2.2 / 3.8GHz 15W Radeon RX Vega 10
Ryzen 5 2500U 6600 4/8 2.0 / 3.6GHz 15W Radeon RX Vega 8
Ryzen 3 2300U 5200 4/4 2.0 / 3.4GHz 15W Radeon RX Vega 6
Athlon 300U 3960 2/4 2.4 / 3.3GHz 15W Radeon RX Vega 3
Athlon Gold 3150U 4190 2/4 2.4 / 3.3GHz 15W Radeon RX Vega 3
Ryzen 3 3200U 4160 2/4 2.6 / 3.5GHz 15W Radeon RX Vega 3
Ryzen 3 2200U 3660 2/4 2.5 / 3.4GHz 15W Radeon RX Vega 3
Athlon Silver 3050U 3260 2/2 2.3 / 3.2GHz 15W Radeon RX Vega 2
A9-9420 1520 2/2 3.0 / 3.4GHz 15W Radeon R5
A6-9220e 1030 2/2 1.6 / 2.4GHz ? Radeon R5
E2-9000e 790 2/2 1.5 / 2.0GHz 6W Radeon R2
E2-9000 770 2/2 1.8 / 2.2GHz 10W Radeon R2

主流CPUの全体的な話

デスクトップ用

デスクトップ用CPUは、Intelの「Core i」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流となっており、「Core i7 VS Ryzen 7」のように、同じモデルナンバーの製品が対抗製品となっています。

性能面では、Core iシリーズはゲーミング性能に優れ、Ryzenシリーズはマルチスレッド性能に優れるという特徴があります。その他も含めた各特徴を下記で表にまとめています。総合コスパではRyzenの方が若干有利だけど、ゲーミング用途を重視するならCore iも有力というのが一般的な意見だと思います。※基本的にゲームのパフォーマンスを高めるのに最も重要なのはCPUではなくGPUであり、ゲーミング性能は高性能なグラッフィクボードと併用した場合なのでご注意ください。

<<ざっくり評価>>
第10世代「Core i」と第3世代「Ryzen」
シングルスレッド Core i ≧ Ryzen
マルチスレッド Ryzen > Core i
ゲーミング Core i > Ryzen
消費電力(電力効率) Ryzen > Core i
総合コスパ Ryzen ≧ Core i
 

ノートPC用

ノートPC用のCPUもデスクトップPC用と同様に、Intelの「Core i」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流のCPUとなっています。

ノートPCを含むモバイル端末のCPUでは、デスクトップPC用よりも省電力性がより重視される傾向があります。また、ライトユーザーが多い事もあり、性能は最低限あればOKという見方の人も多いので、純粋な性能の高さよりも価格の安さとコスパがを重視する人が多いです。

2020年6月時点では、7nmプロセス採用で性能と省電力性が跳ね上がった「Ryzen 4000シリーズ(第3世代Ryzen)」が「第10世代Core iシリーズ」を圧倒しており、注目が集まっています。ただし、Thunderboltは対応しないので注意。

<<ざっくり評価>>
第10世代「Core i」と「Ryzen 4000」
シングルスレッド Core i(Comet Lake) ≧ Ryzen 4000 ≧ Core i(Ice Lake)
マルチスレッド Ryzen 4000 > Core i(Comet Lake) ≧ Core i(Ice Lake)
内蔵GPU Ryzen 4000 ≧ Core i(Ice Lake) > Core i(Comet Lake)
省電力性 Ryzen 4000 ≧ Core i(Comet Lake) ≧ Core i(Ice Lake)

2020年9月時点では「Ryzen 4000シリーズ」一択レベルの差があります。実際価格.com等のランキングでも上位を占める割合もかなり高まってきています。Intel側は年末商戦期での登場が予測されている「Tiger Lake(10nmプロセス)」での巻き返しに期待したいところです。9月2日(北米時間)に正式発表がされ、ざっくりとした性能が示されました。特に新しい「Iris Xe」統合グラフィックは非常に高い性能になると言われており、期待が高まっています。ただし、マルチスレッド性能に関しては発表内容から見ても、Ryzen 4000と同等か若干不利という状況になりそうです。

48 COMMENTS

delsol7

こんにちは。記事を興味深く拝見させて頂きました。
i5-1035G1とRyzen7 3700U、1万上乗せしてRyzen5 4500Uにするかで悩んでいます。作業はOfficeなどと動画編集です。ご意見頂けると嬉しいです。

返信する
とねりん:管理人

こんにちは。コメントありがとうございます。
モバイル端末はCPU以外にも重要な仕様が多いです。そのため、CPUだけでおすすめはできないという点をまず先に触れて、お答えしたいと思います。

CPUの性能的には、Ryzen 5 4500Uが頭一つ抜けて高いですし、内蔵GPU性能もその中ではトップです。推定のCPU単体価格も1035G1と同じか少し安いくらいだと思います。CPUだけでみたらRyzen 5 4500Uほぼ一択になると思います。
また、具体的な製品がわからないと確かなことは言えないですが、一番安価であるはずのRyzen 5 4500U搭載機が一番高額だということは、その他の仕様がちょっと良いものになっているのではないかと思います。

お節介かもしれないですが、検討中の機種名等をメール等で送って頂ければ、もうちょっと正確なアドバイスが出来るかもしれないので、良ければ気軽に送ってくださいませ(アドレスはPCだったらサイドバー下部、スマホ等のモバイル端末ならページの最下部あたりに記載があると思います)。

返信する
くりた

こんにちは。
質問失礼いたします。
新しくノートパソコンを購入しようと思っていて迷っているのですが、Core™ i5-1035G1とCore™ i5-10210Uのどちらが良いのかわかりません、、。
基本的にマイクラとイラストを描くためにクリップスタジオを使いたいと思っているのですが、性能の面から見て、どちらが良いのでしょうか。
お返事お待ちしております。よろしくお願いします。

返信する
とねりん:管理人

こんにちは。コメントありがとうございます。

私はクリップスタジオは利用したことが無いので確かなことは言えないですが、軽いソフトなようなので性能的にはどちらでも問題無く動作はすると思います。マイクラも軽いゲームなので、影MODなどを視野に入れなければどちらでも大丈夫だと思います。
1035G1と10210UはCPUの処理性能的は1035G1のマルチスレッド性能が少しだけ上くらいの差です。内蔵GPUは1035G1がUHD G1で10210UがUHD 620となっており、1035G1の方が少しだけ上の性能です。なので、マルチスレッド性能と内蔵GPUの性能的に1035G1の方が少しだけ上といった感じになります。ただ、正直使用感的にはあまり差は出ないと思うので、単純に他の仕様や価格的に魅力を感じる方でも問題ないと思います。

ここからは余談です。お節介かもしれないですが、返答させて頂いている2020年7月19日時点では性能もコスパもRyzen 4000Uシリーズの方がIntel製CPUよりも上です。登場が遅れましたが(恐らく新型コロナウィルスの影響)、最近搭載製品が増えてきています。ドライバー等の相性が問題視されることもありますが、そこさえ気にならないなら今はRyzenの方が明らかにお得だと思います。Intel製CPUにもこれまでの信頼や良い点はあるのは承知していますが、Ryzenも調べておいて損は無いかなと思うので、触れておきたいと思います。

返信する
くりた

ご回答ありがとうございました。
とても分かりやすくて、最後に付け足してくださった話もパソコンを選ぶ上でとても参考になりました。
もう少しよく考えて買ってみようと思います!!
ありがとうございました(^^)

返信する
とねりん:管理人

すみません。一部表記の抜けがありました。

訂正前:1035G1と10210UはCPUの処理性能的はマルチスレッド性能が少しだけ上くらいの差
訂正後:1035G1と10210UはCPUの処理性能的は1035G1のマルチスレッド性能が少しだけ上くらいの差

申し訳ありません。ご覧になるかはわかりませんが、お詫びして訂正いたします。

返信する
匿名

すみません、誤ってコメントのレスで記載してしまいましたので、新規で再投稿させて頂きます。

新たにPCを組む予定なのです。
使用用途は、簡単な動画編集と、第五人格のプレイです。
コストとの兼ね合いで、CPUは第10世代のi3、もしくはRyzen5 3500、グラボはGTX1650辺りを予定していますが厳しいでしょうか。

返信する
とねりん:管理人

コメントありがとうございます。該当のコメントについてはこちらで削除しておきますね。

第五人格については正直あまり詳しくなかったのですが、かなり軽いゲームのようなので検討中の構成でも十分だと思います。動画編集についても、少し処理に時間が掛かる可能性はありますが動作自体は問題ないと思います。GTX 1650は、GDDR6版の方が少し高性能なので、そこは確認された方が良いかと思います(価格はほぼ同額)。
また、お節介かもしれませんが、現在の1万円台中盤のCPUなら「Ryzen 3 3300X」がおすすめです。4コア8スレッドCPUですが、シングルスレッド・マルチスレッド性能共に「Ryzen 5 3500」より少し高いです。品薄気味っぽいですが、在庫があるようでしたら良ければ検討してみてください。

返信する
匿名

ご回答、削除対応ありがとうございました。
有用な情報、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

返信する
通りすがりの匿名

質問させていただきます
例えばですが、デスクトップPCでGTAVをプレイしたいとなったときに固まることなく(ある程度FPSが出るなど)プレイが可能な最低のCPUはどれが最適でしょうか。目星としてはcore i5 9700kがいいと思っているのですが

返信する
とねりん:管理人

GTA5はそこまで必要スペックが高いゲームではなかったと思うので、新しめのCore i3かRyzen 3以上でも問題無く動作はすると思います。
安さ優先のコスパ的には、最近登場したRyzen 3 3300Xあたりが良い感じだと思います。
お節介かもしれないですが、基本的にPCゲームで高いFPSを出すために最も重要なのはGPUであって、グラボの搭載が必須となる点はご注意くださいませ。

返信する
通りすがりの匿名

夜間の迅速な返信ありがとうございます
GPUはそこそこいいものを揃えれたと思っていて、あとはCPUだけだったもので…
ゲームにはそこまで重要ではないことは初めて知りました(笑)

返信する
とねりん:管理人

すみません。お節介でしたね。
ただ、ゲームタイトルにもよりますし、CPUも多少なり影響します。高性能なCPUにすることは無駄ではないですよ。
CPUはGPUの足枷にならない程度の性能があればそれなりのFPSは出せる、という感じです。
ちなみに、Intel製のCPUでゲーミング性能高めの現在最も安価なCPUとなると「Core i5-9400F」が一般的だと思います。
恐らく近日中に登場する「Core i5-10400F」も有力な選択肢だと思います。

けい

失礼します。
とても興味深く拝見いたしました。
コロナの関係で仕事の一部を動画(Filmoraというソフト)を頑張って覚えたのですが、現在のPCがLet’snoteでcpuがi7(ちなみにメモリは8GB、SSD256GB)なので問題ないと、コンピュータに疎かっため油断しておりました所、編集に支障が出るほど重かったです。
苦手なハード分野を調べた所、i7にもいろんな種類があり、メモリも8GBでは不足と思い、CPUは6コア以上、メモリは16GB以上、SSDはできたら512GB以上か、SSD256GB+HDD1TBのスペックのPCを探そうという結論に至りました。素人が到達するにはかなり大変でした・・。
 
そこで以下、ご教示頂けると幸いです。
①i7-9750Hとi7-8750Hでは差は大きいでしょうか?
②もし6コア→4コアに落とすとやはり作業の差は感じるものになりそうでしょうか?
③もしいずれか1つ我慢する場合、とねりん様でしたらどちらを我慢されますでしょうか?
 ・6コア→4コア
 ・メインメモリ16GB→8GB
④記事の性能スコアでいうと、動画編集を前提に、Ryzはcorei7より劣ってしまう
 という事でしょうか? もしくはRyzでもi7-8750やi7-9750と同等、もしくはそれ以上の
 ものもございますでしょうか?
 
数日前までハード面の知識が全くといってない初心者の質問ゆえ、的を得ていない質問もあるかと思いますので、お答え頂ける範囲でアドバイス頂けると嬉しく思います。

返信する
にわかゲーミングユーザーn号

今年パソコン沼に数ヶ月ほどハマりこんだ一般ゲーマーからの意見ですが、
①9750hは8750hのリニューアルのような物なので、そこまで差はありません。
②モノによりますが、1回のエンコードに数分〜10分ぐらいの差が出るので、その積み重ねで作業量が変わりそうです。
③両方欲しいですが、強いて言えば6コアを選んだ方が良いと思います。
④ノートの現行機ではRyzenで8750hより上のCPUは無いです。あと何ヶ月かで性能の高いRyzen4000シリーズが日本でも出回るので、急いでいないのならそちらでも良さそうですが。

 質問者さん的にはコストが抑えられて6コアで16gbのメモリがあるノートパソコンがあれば良さそうなので、パソコン工房で売られているデスクトップ型のCore i5 9400というCPUを搭載したノートパソコンを紹介しておきます。スレッド数は9750hに負けていますが、性能的には大差ないです。
 現状上記の要望に近いノートパソコンの中で一番安いのはコレです。
 メモリを16gb、ストレージを480gbにカスタムすると税込87000円ほど。ストレージは最大で1.5tbぐらいまで増やせます。10万円ほどになりすが…。
https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=713934&ref=intel_9gen_style_note

返信する
匿名

通常使用でパソコンでゲームをやるなどは考えていないんですが、
CPUを選ぶとしたら下記のどちらがおすすめとかありますでしょうか?
非常にざっくりとした質問で申し訳ありません。
core i5 10210U
ryzen 5 3500U

返信する
とねりん:管理人

コメントありがとうございます。

正直好みのレベルだと思いますので、参考までに言いますね。
内蔵グラフィック性能を気にしないなら、Core i5-10210Uの方が性能が少し上ですし、
消費電力も若干少ないので、バッテリー持続時間が延びる分良いと思います。
ただし、Core i5-10210Uの方がやや高価だと思うので、そこは財布と相談という感じですね。

返信する
とねりん:管理人

微妙なラインなので断言はできないですが、純粋なゲーミング性能ではCore i5-9400Fの方が若干上だと思います。

返信する
匿名

質問させてください
Ryzen 9 3900XとCore i7 9700Kどっちの方がゲームに優れていると思いますか?

返信する
とねりん:管理人

ゲーミング性能(平均FPS数)単体なら、基本Core i7-9700Kの方が優れています。Core i7-9700KはCore i9-9900Kと同レベルのトップクラスのゲーミング性能を持っています。

返信する
東原K

質問させてください。
i7 8700を使用しているノートPCがありますが、デメリットとしては、どう思われますか?
例えば、熱が高くなる、熱の発生が早い等々。何かあるのでしょうか?
比較対象としては、i7 8750Hです。
よろしくお願いします。

返信する
とねりん

危惧していらっしゃる通り、主に発熱が問題になるかと思います。消費電力や発熱に関わる指標のTDPを比較すると、「Core i7 8750H」が45Wなのに対し「Core i7 8700」は65Wです。ノートPC用の現在一般的なCPUのTDPは15W程度ですので、「Core i7 8750H」の45Wでも高いです。
発熱(消費電力)が多いことによる問題を、細かい事を抜きにしてざっと挙げてみると、「故障リスクの増大」「他パーツも熱にさらされる事により、パーツが寿命が短くなる可能性」「筐体の肥大化および重量の増加」「バッテリー駆動時間が短くなる」などがあるかと思います。

返信する
東原K

とねりんさん、ありがとうございます。
全く詳しくないので、あれやこれや考えると複雑すぎて困っています。
ノートにはノート向けのパーツで作られているのが良いということですね。
勉強になります。
ありがとうございました。

返信する
匿名

デスクトップ向けCPUを積んでるノートパソコンもいいですよ、パワーがあって。売り出す以上熱対策もしっかりしてますし、ノートパソコン用のクーラー台を使えば長持ちできるでしょう。でかいノートを携帯して使うことも少ないと思うので、バッテリの減りを気にすることもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。