CPU性能比較表【2022年最新版】

2022年版デスクトップPC向けのCPUの性能一覧表です。(ノートPC版はこちらCPU性能比較【最新版】)
現在メジャーなものと、以前メジャーだった幅広い世代のCPUを抜粋して掲載しています。
※掲載の価格は、更新時点での主に価格.comやAmazonの価格となっています。現在は異なる可能性があるため注意してください。

表記例:
CPU名称 PassMark
コア
スレ
ッド
TDP
定格
クロック
最大
クロック
価格 コスパ
Core i9 9900K
20500
8 16 95W 3.6GHz 5.0GHz 61000円  
各項目の説明

CPU名称:CPUの名称。
PassMark :特に有名なベンチマークスコアの一つ。総合スコアのようなタイプのベンチマーク。
Cinebench R20 シングル :CPUの1コアでの処理性能(シングルスレッド性能)を表すベンチマークスコアの一つ。高いほど低負荷な処理のレスポンスが良くなる他、基本的にどの処理においても有利に働きます。
Cinebench R20 マルチ:CPUの全コア使用時の処理性能(マルチスレッド性能)を表すベンチマークスコアの一つ。高いほど膨大な量のデータ処理や多数の処理を並行して行う場合に有利に働きます(例:動画エンコード、レンダリング、複数ソフトの同時使用)。
コア:CPUのコアの総数。多いほど多数の処理を並行して行う場合に有利に働く他、コア数が多いほどマルチスレッド性能も高くなり易いので、そちらのメリットも享受できる可能性が高いです。ただし、多いほど消費電力や発熱も多い傾向があるので注意が必要です。
スレッド:CPUのスレッドの総数。スレッドはシステム上で認識するコア数みたいなものと思って貰えばOK。「1コアあたり1スレッド」のCPUと「1コアあたり2スレッド」のCPUがある。

定格クロック:CPUの定格の周波数。仕様の異なるコアが複数存在する場合は高性能な方のコアのもの。
最大クロック:CPUのターボーブースト(TB)時の最大周波数。それぞれのコアで最大周波数が設定されており、全コアが表記の数値まで上昇する訳ではないので注意。仕様の異なるコアが複数存在する場合は高性能な方のコアのもの。
TDP:熱設計電力のこと。大体の消費電力の目安となる。最近のCPUはTDPが段階的に設定されているケースも多く、表記の数値よりも大幅に多くなることが基本なので注意。
価格:大体の市場価格。Amazonや価格.comを主に参考とした最安値価格。
コスパ:1円あたりのPassMarkのスコア。小数点第3位を四捨五入。

今おすすめのCPU(デスクトップ用)
Core i7-12700(F)
12コア20スレッドの第12世代のCore i7のK無しモデル。4万円台という価格ながら12コアを搭載しており、優れたマルチスレッド性能を持つのが魅力。ただし、ぱっと見はK付きよりも省電力に見えると思いますが、実際には大して変わらない点は注意です。その代わり性能の差も小さいのでコスパは良いです。
Core i7-12700K(F)
12コア20スレッドの第12世代のCore i7です。20スレッドによる非常に優れたマルチスレッド性能と非常に優れたゲーミング性能を持ちます。コスパが非常に良いです。消費電力・発熱はかなり多いものの、Core i9 ほど多くはないのも高評価です。コスパが悪くなりすぎない範囲で高性能CPUを選ぶ際にはかなり魅力的な選択肢になると思います。
Core i5-12400(F)
2万円台の第12世代のCore i5の下位モデル。高効率コアの追加が無かったため、上位モデルに比べるとマルチスレッド性能は伸びなかったものの、コアあたりの性能は順調に向上しており、コスパは従来通り非常に良い。低価格コスパ特化ゲーミングPCの安定択。
Core i5-12600K(F)
10コア16スレッドの第12世代のCore i5の上位モデル。16スレッドによる優れたマルチスレッド性能と非常に優れたゲーミング性能を持ち、「Core i5」という肩書きながら、その性能は前世代のCore i9を上回っている高性能CPUです。その高性能ながら価格は4万円以下と高くなく、特にゲーミングコスパが良いです。発熱・消費電力が上位モデルほどではないしてもミドルレンジモデルの肩書きよりは大分多い点には注意が必要ですが、Core i5よりもCore i7に近い印象を受ける高性能コスパ重視CPUです。
Core i9-12900K(F)
16コア24スレッドの第12世代のCore i9です。24スレッドによる圧倒的なマルチスレッド性能と非常に優れたゲーミング性能を持ちます。価格は7万円台と非常に高価ですが、16コアというコア数を考えると悪くありません。ゲーミングコスパはCore i7より悪化してしまいますが、マルチスレッド性能コスパは非常に優れています。マルチスレッド性能の高さを重視する人にとっては非常に魅力的なCPUです。しかし、消費電力・発熱はめちゃくちゃ多く、電源やCPUクーラーには十分に注意を払う必要があります。
Ryzen 9 5900X
Zen3搭載のRyzen 9です。12コアによる非常に優れたマルチスレッド性能を発揮します。また、その割には消費電力がそこまで多くなく、ワットパフォーマンスが非常に優れている点が魅力です。Alder Lakeが登場してから値下げが相次ぎ、マルチスレッド性能コスパも良くなりました。ただし、第12世代Core Core i9にゲーミング性能やマルチスレッド性能自体は負けてしまっているため、ゲームメインの人には効率的とは言えない点に注意です。
Ryzen 9 5950X
Zen3搭載のRyzen 9の最上位モデルです。16コア32スレッドによる驚異的なマルチスレッド性能を持っている上、電力効率も非常に良いのが魅力です。価格は非常に高価ですが、Alder Lakeが登場してから値下げが相次いだこともあり、効率を求めるなら非常に強力なCPUです。ただし、第12世代Coreには基本ゲーミング性能は負けてしまっているので、ゲームしかしないという人にはやや不向きな点は注意です。
Ryzen 5 5600G / Ryzen 7 5700G
Zen3のRyzen APUです。グラフィック性能が内蔵にしては高いため、重いゲームやデータ量の多い動画や画像編集をしないならグラボが要らないのが魅力です。また、電力効率が非常に良く、処理性能の高さよりも電力効率を重視する場合のマルチスレッド処理にも最適です。ライトユーザーなら非常にコスパの良いCPUに仕上がっています。

BTOパソコンショップを一部紹介
  • FRONTIER(フロンティア)
    常時開催セールのコスパが非常に良い。全体的にSSDの容量が多く、日本製コンデンサ仕様の電源もポイントが高い。最強コスパの筆頭候補ショップ。
  • ドスパラ
    言わずと知れた大手BTOパソコンショップ。常に相場平均より少し良いくらいのコスパで販売しており、安定感がある。久しぶりにリニューアルされたケースの質がコスパ重視機にも採用されるものとしては良い。
  • ストーム(STORM)
    知名度はちょっと低いけどコスパの良いBTOパソコンショップ。パーツ選びが自作ユーザーっぽくて個人的に好き。カスタマイズ選択肢は少ないけど価格は安いのも魅力。
  • PCワンズ
    元はPCパーツショップで、一つのサービスとして、単体販売のパーツを選択してフルカスタマイズのPCを注文できるというのがある。市販の超豊富なPCパーツ群から選ぶという、ズバ抜けた自由度が魅力のショップ。組み立て&セットアップ費用に固定の費用が掛かるので、金額が高いほど割安といった感じになる。他BTOと違い、パッケージ版のOSを追加費用なしで導入できるのも大きなメリットで、購入直後のカスタマイズにも対応可能。
  • TSUKUMO(ツクモ)
    コスパの良いBTOパソコンショップながら、地味に標準搭載のWindowsが全てDSP版で統一されているため(2020年3月時点)、他の大手BTOより実質コスパがちょっと安いことが多い(活かせるケースはそんなに多くないとは思うけど)。PCパーツや周辺機器販売も行っており、品揃えは豊富で安い。
  • パソコンSHOPアーク(ark)
    大手ショップと違い、ケースも市販のものが使用されているため種類が非常に豊富なのが魅力。価格自体は大手よりは若干高めに感じるが、品質にもこだわりが見られ、標準構成でも少し高めのパーツが使われている事が多いため、実質的なコスパは意外と悪くないことも多い。

CPU性能比較表

絞り込み
メーカー
主流以外
世代
熱設計電力(TDP)
ベンチマーク

CPU名称 PassMark Cinebench R20 マルチ Cinebench R20 シングル
コア
スレ
ッド
TDP
定格
クロック
最大
クロック
参考
価格
コスパ
Ryzen Threadripper PRO 5995WX
108822
64 128 280W 2.7GHz 4.5GHz  
Ryzen Threadripper PRO 3995WX
86249
24463
477
64 128 280W 2.7GHz 4.2GHz 712800円  
Ryzen Threadripper 3990X
80937
24763
495
64 128 280W 2.9GHz 4.3GHz 470000円  
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
68405
24 48 280W 3.8GHz 4.5GHz  
Ryzen Threadripper 3970X
63987
17444
509
32 64 280W 3.7GHz 4.5GHz 250000円  
Ryzen Threadripper PRO 3975WX
63287
17768
509
32 64 280W 3.5GHz 4.2GHz 360000円  
Ryzen Threadripper 3960X
55036
13552
509
24 48 280W 3.8GHz 4.5GHz 180000円  
Ryzen Threadripper PRO 5955WX
51656
16 32 280W 4.0GHz 4.5GHz  
Ryzen 9 5950X
46132
10428
647
16 32 105W 3.4GHz 4.9GHz 73800円  
Core i9 12900KS
44466
11027
820
16 24 150W 3.4GHz 5.5GHz 92800円
Ryzen Threadripper PRO 5945WX
41578
12 24 280W 4.1GHz 4.5GHz  
Apple M1 Ultra
41432
20 20 60W 3.2GHz
Core i9 12900KF
41186
10511
779
16 24 125W 3.2GHz 5.2GHz 76000円  
Core i9 12900K
41173
10511
779
16 24 125W 3.2GHz 5.2GHz 79300円
Ryzen 9 5900X
39641
8468
637
12 24 105W 3.7GHz 4.8GHz 52000円  
Ryzen 9 3950X
39314
9148
531
16 32 105W 3.5GHz 4.7GHz 66000円  
Core i9 12900
37562
10097
764
16 24 65W 2.4GHz 5.1GHz 71500円
Core i9 12900F
35847
10097
764
16 24 65W 2.4GHz 5.1GHz 66000円  
Ryzen 9 5900
35253
12 24 65W 3.0GHz 4.7GHz  
Core i7 12700K
34307
8750
757
12 20 125W 3.6GHz 5.0GHz 56300円
Core i7 12700KF
34059
8750
757
12 20 125W 3.6GHz 5.0GHz 55000円
Core i9 10980XE
33756
8848
480
18 36 165W 3.0GHz 4.8GHz 116000円  
Ryzen 9 3900XT
32898
7244
539
12 24 105W 3.8GHz 4.7GHz 60000円  
Ryzen 9 3900X
32858
7178
531
12 24 105W 3.8GHz 4.6GHz 58000円  
Core i7 12700F
32227
8348
727
12 20 65W 2.1GHz 4.9GHz 47000円
Core i9 9980XE
32182
7516
459
18 36 165W 3.0GHz 4.5GHz    
Core i7 12700
31637
8348
727
12 20 65W 2.1GHz 4.9GHz 50000円
Ryzen 9 3900
30939
12 24 65W 3.1GHz 4.3GHz 59000円  
Core i9 9960X
30542
6671
457
16 32 165W 3.1GHz 4.4GHz    
Core i9 10940X
30531
14 28 165W 3.3GHz 4.8GHz  
Core i9 7980XE
29444
7671
446
18 36 165W 2.6GHz 4.2GHz    
Ryzen Threadripper 2950X
30114
7003
449
16 32 180W 3.5GHz 4.4GHz  
Ryzen 7 5800X
28379
5724
628
8 16 105W 3.8GHz 4.7GHz 36800円  
Core i9 9940X
28249
5912
457
14 28 165W 3.3GHz 4.5GHz    
Core i5 12600K
27464
6702
741
10 16 125W 3.7GHz 4.9GHz 41000円
Core i5 12600KF
27355
6702
741
10 16 125W 3.7GHz 4.9GHz 38000円
Ryzen 7 5700X
26817
5486
588
8 16 65W 3.4GHz 4.6GHz 34800円  
Core i9 10920X
26661
 
12 24 165W 3.5GHz 4.8GHz 80000円  
Ryzen Threadripper 1950X
26557
6731
411
16 32 180W 3.4GHz 4.0GHz    
Core i9 7940X
26413
14 28 165W 3.1GHz 4.3GHz    
Ryzen 7 5800X3D
26370
5799
585
8 16 105W 3.4GHz 4.5GHz 56700円  
Ryzen 7 5800
25958
8 16 65W 3.4GHz 4.6GHz  
Core i9 11900KF
25611
6214
645
8 16 125W 3.5GHz 5.3GHz 63000円  
Core i9 11900K
25575
6214
645
8 16 125W 3.5GHz 5.3GHz 65000円  
Ryzen 7 PRO 5750G
25562
5465
582
8 16 65W 3.8GHz 4.6GHz  
Core i9 9920X
25442
5179
455
12 24 165W 3.5GHz 4.5GHz    
Ryzen Threadripper 2920X
25259
5843
439
12 24 180W 3.5GHz 4.3GHz  
Core i7 11700K
25194
5709
612
8 16 125W 3.6GHz 5.0GHz 46000円  
Ryzen 7 5700G
24754
5465
582
8 16 65W 3.8GHz 4.6GHz 31800円  
Core i7 11700KF
24458
5709
612
8 16 125W 3.6GHz 5.0GHz 43500円  
Ryzen 7 3800XT
24294
5122
539
8 16 105W 3.9GHz 4.7GHz 48000円  
Core i9 10900K
24046
6419
549
10 20 125W 3.7GHz 5.3GHz 55000円  
Core i9 11900F
23815
5912
613
8 16 65W 2.5GHz 5.2GHz 50000円  
Core i9 10900KF
23704
6419
549
10 20 125W 3.7GHz 5.3GHz 51000円  
Core i9 11900
23533
5912
613
8 16 65W 2.5GHz 5.2GHz 53000円  
Core i9 7920X
23453
12 24 140W 2.9GHz 4.4GHz    
Ryzen 7 3800X
23340
4960
509
8 16 105W 3.9GHz 4.5GHz 45000円  
Core i9 10900X
23331
10 20 165W 3.7GHz 4.7GHz 69000円  
Core i9 10850K
22992
6318
536
10 20 125W 3.6GHz 5.1GHz 46000円  
Ryzen Threadripper 1920X
22725
5326
406
12 24 180W 3.5GHz 4.0GHz    
Ryzen 7 3700X
22711
4834
501
8 16 65W 3.6GHz 4.4GHz 40000円  
Ryzen 5 5600X
22596
4562
604
6 12 65W 3.7GHz 4.6GHz 23500円  
Core i5 12600
21925
6 12 65W 3.3GHz 4.8GHz 34000円
Core i9 9900X
21873
4855
455
10 20 165W 3.5GHz 4.5GHz    
Ryzen 5 5600
21786
4479
574
6 12 65W 3.5GHz 4.4GHz 24500円  
Core i9 7900X
21735
5826
461
10 20 165W 3.3GHz 4.5GHz    
Ryzen 7 4700G
21667
4834
500
8 16 65W 3.6GHz 4.4GHz    
Core i7 11700F
21485
4834
599
8 16 65W 2.5GHz 4.9GHz 38000円  
Core i7 11700
21110
4834
599
8 16 65W 2.5GHz 4.9GHz 40000円  
Ryzen 5 PRO 5650G
21087
4511
574
6 12 65W 3.9GHz 4.4GHz  
Core i9 10900
21045
5912
529
10 20 65W 2.8GHz 5.2GHz 47000円  
Ryzen 7 PRO 4750G
20999
4834
500
8 16 65W 3.6GHz 4.4GHz 44000円  
Core i9 10900F
20939
5912
529
10 20 65W 2.8GHz 5.2GHz 46000円  
Core i9 9820X
20976
4677
422
10 20 165W 3.3GHz 4.2GHz    
Core i5 12500
20677
6 12 65W 3.0GHz 4.6GHz 30800円
Ryzen 5 5600G
20247
4511
574
6 12 65W 3.9GHz 4.4GHz 22800円  
Core i9 9900KS
19980
5226
518
8
16 127W 4.0GHz 5.0GHz  
Core i5 11600K
19919
4293
598
6 12 125W 3.9GHz 4.9GHz 32000円  
Core i5 12400
19896
4784
664
6 12 65W 2.5GHz 4.4GHz 29000円
Core i5 11600KF
19839
4293
598
6 12 125W 3.9GHz 4.9GHz 34000円  
Ryzen 7 PRO 4750GE
19810
495
8 16 35W 3.1GHz 4.3GHz  
Core i5 12400F
19694
4784
664
6 12 65W 2.5GHz 4.4GHz 26000円
Ryzen 5 5500
19404
4086
535
6 12 65W 3.6GHz 4.2GHz 19000円  
Core i7 10700K
19349
5292
524
8 16 125W 3.8GHz 5.1GHz 40000円  
Core i7 10700KF
19159
5292
524
8 16 125W 3.8GHz 5.1GHz 38000円  
Ryzen 5 3600XT
19021
3855
519
6 12 95W 3.8GHz 4.5GHz 33000円  
Core i9 9900K
18913
4995
518
8 16 95W 3.6GHz 5.0GHz 50000円  
Core i9 9900KF
18768
4995
518
8 16 95W 3.6GHz 5.0GHz 48000円  
Ryzen 5 3600X
18332
3751
501
6 12 95W 3.8GHz 4.4GHz 30000円  
Core i7 9800X
18167
4338
455
8 16 165W 3.8GHz 4.5GHz    
Core i7 10700
18089
4492
499
8 16 65W 2.9GHz 4.8GHz 35000円  
Core i7 10700F
18089
4492
499
8 16 65W 2.9GHz 4.8GHz 31000円  
Core i5 11500
18039
6 12 65W 2.7GHz 4.6GHz 28000円  
Core i7 7820X
17843
5155
498
8 16 140W 3.6GHz 4.3GHz    
Ryzen 5 3600
17781
3689
472
6 12 65W 3.6GHz 4.2GHz 25000円  
AMD 4700S
17756
4275
451
8 16 65W 3.6GHz 4.0GHz  
Core i5 11400
17629
3954
541
6 12 65W 2.6GHz 4.4GHz 23000円  
Core i5 11400F
17629
3954
541
6 12 65W 2.6GHz 4.4GHz 19500円  
Ryzen 7 2700X
17618
3951
411
8 16 105W 3.7GHz 4.3GHz 29000円  
Core i9 9900
17264
4346
518
8 16 65W 3.1GHz 5.0GHz 46000円  
Ryzen 5 4600G
17197
3398
472
6 12 65W 3.7GHz 4.2GHz    
Ryzen Threadripper 1900X
17066
3678
403
8 16 180W 3.8GHz 4.0GHz  
Ryzen 5 4500
16413
6 12 65W 3.6GHz 4.1GHz  
Ryzen 5 PRO 4650G
16383
3616
472
6 12 65W 3.7GHz 4.2GHz 30000円  
Ryzen 7 1800X
16133
3587
381
8 16 95W 3.6GHz 4.0GHz    
Ryzen 5 PRO 4650GE
16070
472
6 12 35W 3.3GHz 4.2GHz  
Ryzen 7 2700
15725
3448
403
8 16 65W 3.2GHz 4.1GHz  
Ryzen 5 4500
15622
6 12 65W 3.6GHz 4.1GHz 16000円  
Ryzen 7 1700X
15573
3336
344
8 16 95W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 10600K
15155
3629
501
6 12 125W 4.1GHz 4.8GHz 28000円  
Core i5 10600KF
15155
3629
501
6 12 125W 4.1GHz 4.8GHz 27000円  
Apple M1 (Rosetta 2)
15138
2109
406
8 8 15W 3.2GHz  
Core i7 8086K
14705
6 12 95W 4.0GHz 5.0GHz    
Core i7 9700K
14673
3656
481
8 8 95W 3.6GHz 4.9GHz 37000円  
Core i7 9700KF
14595
3656
481
8 8 95W 3.6GHz 4.9GHz 37000円  
Core i3 12100
14540
3204
642
4 8 60W 3.3GHz 4.3GHz 19500円  
Core i3 12100F
14540
3204
642
4 8 58W 3.3GHz 4.3GHz 15500円  
Core i7 6900K
14463
 
 
8 16 140W 3.2GHz 4.0GHz    
Ryzen 7 1700
14331
3189
331
8 16 65W 3GHz 3.7GHz    
Ryzen 5 2600X
14185
3048
421
6 12 95W 3.6GHz 4.2GHz 21000円  
Core i7 9700F
14129
3644
465
8 8 65W 3.0GHz 4.7GHz 32000円  
Core i5 10600
14039
3556
494
6 12 65W 3.3GHz 4.8GHz 27000円  
Ryzen 3 PRO 5350G
14025
4 8 65W 4.0GHz 4.2GHz  
Core i9 9900T
13993
3920
449
8 16 35W 2.1GHz 4.4GHz  
Ryzen 3 5300G
13932
4 8 65W 4.0GHz 4.2GHz  
Core i7 9700
13913
3644
465
8 8 65W 3.0GHz 4.7GHz 32000円  
Core i7 8700K
13865
3689
487
6 12 95W 3.7GHz 4.7GHz    
Ryzen 5 3500X
13428
2652
464
6 6 65W 3.6GHz 4.1GHz    
Core i5 10500
13321
3392
467
6 12 65W 3.1GHz 4.5GHz 23000円  
Core i7 8700
13319
3547
481
6 12 65W 3.2GHz 4.6GHz    
Ryzen 5 2600
13306
2736
374
6 12 65W 3.4GHz 3.9GHz 17000円  
Core i5 10400
13073
3197
450
6 12 65W 2.9GHz 4.3GHz 19000円  
Core i5 10400F
13073
3197
450
6 12 65W 2.9GHz 4.3GHz 18000円  
Ryzen 5 1600X
13065
2764
389
6 12 95W 3.3GHz 4.0GHz    
Ryzen 5 1600 AF
13000?
2684
6 12 65W 3.2GHz 3.6GHz    
Ryzen 3 3300X
12920
2588
495
4 8 65W 3.8GHz 4.3GHz 15500円  
Core i7 7800X
12908
2809
358
6 12 140W 3.5GHz 4.0GHz    
Ryzen 5 3500
12627
2652
464
6 6 65W 3.6GHz 4.1GHz 16000円  
Ryzen 5 1600
12547
2501
357
6 12 65W 3.2GHz 3.6GHz    
Ryzen 3 3100
11757
2351
437
4 8 65W 3.6GHz 3.9GHz 13000円  
Ryzen 3 4300G
11714
454
4 8 65W 3.8GHz 4.0GHz    
Core i7 6850K
11568
 
 
6 12 140W 3.6GHz 4.0GHz    
Ryzen 3 PRO 4350G
11446
2394
467
4 8 65W 3.8GHz 4.0GHz 21000円  
Ryzen 3 4100
11227
4 8 65W 3.8GHz 4.0GHz 13000円  
Core i7 9700T
10972
 
 
8 8 35W 2.0GHz 4.3GHz    
Core i5 9600K
10876
2624
481
6 6 95W 3.7GHz 4.6GHz 26000円  
Core i5 9600KF
10857
2643
475
6 6 95W 3.7GHz 4.6GHz 23000円  
Core i7 8700T
10830
6 12 35W 2.4GHz 4.0GHz    
Core i7 5930K
10542
3052
409
6 12 140W 3.7GHz 3.7GHz    
Core i7 6800K
10403
 
 
6 12 140W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 9600
10200
6 6 65W 3.1GHz 4.6GHz 26000円  
Core i5 8600K
10172
2181
406
6 6 95W 3.6GHz 4.3GHz    
Core i5 8600
10058
6 6 65W 3.1GHz 4.3GHz    
Core i7 5820K
9817
2301
329
6 12 140W 3.3GHz 3.6GHz    
Core i7 7700K
9794
2257
466
4 8 95W 4.2GHz 4.5GHz    
Core i5 9500
9692
6 6 65W 3.0GHz 4.4GHz 23000円  
Core i5 9400F
9616
2407
423
6 6 65W 2.9GHz 4.1GHz 18000円  
Core i5 9400
9482
2407
423
6 6 65W 2.9GHz 4.1GHz 20000円  
Core i7 4960X
9473
6 12 130W 3.6GHz 4.0GHz    
Ryzen 5 3400G
9425
1969
412
4 8 65W 3.7GHz 4.2GHz 20500円  
Core i7 4930K
9415
6 12 130W 3.4GHz 3.9GHz    
Core i3 10300
9381
2330
 457
4 8 65W 3.7GHz 4.4GHz    
Core i5 8500
9370
2287
403
6 6 65W 3.0GHz 4.1GHz    
Core i5 8400
9262
2291
411
6 6 65W 2.8GHz 4.0GHz    
Core i3 10105F
9070
2337
459
4 8 65W 3.7GHz 4.4GHz 12000円  
Core i3 10105
9070
2337
459
4 8 65W 3.7GHz 4.4GHz  
Core i7 6700K
9061
2059
421
4 8 95W 4GHz 4.2GHz    
Ryzen 5 1500X
8982
1811
341
4 8 65W 3.5GHz 3.7GHz    
Core i3 10100
8932
2284
448
4 8 65W 3.6GHz 4.3GHz 14000円  
Ryzen 5 2400G
8913
1922
391
4 8 65W 3.6GHz 3.9GHz    
Core i7 3960X
8819
6 12 130W 3.3GHz 3.9GHz    
Core i3 10100F
8730
2284
448
4 8 65W 3.6GHz 4.3GHz 11000円  
Core i7 7700
8657
2138
414
4 8 65W 3.6GHz 4.2GHz    
Core i7 3970X
8574
6 12 150W 3.5GHz 4.0GHz    
Ryzen 5 3400GE
8565
 
 
4 8 35W 3.3GHz 4.0GHz    
Core i7 4790K
8151
1982
411
4 8 88W 4GHz 4.4GHz    
Core i7 6700
8108
1774
406
4 8 65W 3.4GHz 4.0GHz    
Core i7 3930K
8078
1986
269
6 12 130W 3.2GHz 3.8GHz    
Core i7 7700T
7989
4 8 35W 2.9GHz 3.8GHz    
Core i7 7820HK
7958
1801
388
4 8 45W 2.9GHz 3.9GHz    
Ryzen 5 1400
7935
4 8 65W 3.2GHz 3.4GHz    
Core i5 8400T
7764
6 6 35W 1.7GHz 3.3GHz    
Core i7 5775C
7747
4 8 65W 3.3GHz 3.7 GHz    
Core i5 9400T
7683
6 6 35W 1.8GHz 3.4GHz    
Ryzen 3 3200GE
7631
 
 
4 4 35W 3.3GHz 3.8GHz    
Core i7 6700T
7417
1811
350
4 8 35W 2.8GHz 3.6GHz    
Ryzen 3 3200G
7271
1481
390
4 4 65W 3.6GHz 4.0GHz 13000円  
Core i7 990X
7247
 
 
6 12 130W 3.47GHz 3.73GHz    
Core i7 4790
7207
1819
384
4 8 84W 3.6GHz 4.0GHz    
Ryzen 3 1300X
7161
1357
360
4 4 65W 3.2GHz 3.7GHz    
Core i7 4770K
7131
1769
361
4 8 84W 3.5GHz 3.9 GHz    
Core i7 4770
7074
1349
355
4 8 84W 3.4GHz 3.9 GHz    
Pentium Gold G7400
6916
2 4 46W 3.7GHz   9500円  
Core i7 7700HQ
6908
1701
390
4 8 45W 2.8GHz 3.8GHz    
Core i3 8350K
6833
1711
447
4 4 91W 4.0GHz      
Core i3 9100F
6808
1630
445
4 4 65W 3.6GHz 4.2GHz 10000円  
FX-9590
6798
8 8 220W 4.7GHz 5.0GHz    
Core i7 4770S
6786
 
 
4 8 65W 3.1GHz 3.9GHz    
Ryzen 3 2200G
6785
1306
308
4 4 65W 3.2GHz 3.7GHz    
Core i5 7600K
6731
1589
433
4 4 91W 3.8GHz 4.2GHz    
Core i7 4790S
6676
4 8 65W 3.2GHz 4.0 GHz    
Core i5 7600
6629
4 4 65W 3.5GHz 4.1GHz    
Core i3 8300
6512
4 4 62W 3.7GHz      
Core i7 6700HQ
6488
1651
353
4 8 45W 2.6GHz 3.5GHz    
Core i7 3770K
6409
1391
286
4 8 77W 3.5GHz 3.9GHz    
Core i7 3770
6371
1419
298
4 8 77W 3.4GHz 3.9GHz    
Ryzen 3 1200
6304
1389
354
4 4 65W 3.1GHz 3.4GHz    
Core i5 6600K
6258
1572
395
4 4 91W 3.5GHz 3.9GHz    
Core i5 7600T
6252
4 4 35W 2.8GHz 3.7GHz    
Core i3 8100
6250
1444
364
4 4 65W 3.6GHz      
Core i3 8100F
6250
1444
364
4 4 65W 3.6GHz      
Core i7 3770S
6231
 
 
4 8 65W 3.1GHz 3.9GHz    
Core i5 7500
6210
4 4 65W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 6600
6171
1411
381
4 4 65W 3.3GHz 3.9GHz    
FX-8370
6162
1281
204
8 8 95W 3.3GHz 4.2GHz    
FX-9370
5969
 
8 8 220W 4.4GHz 4.7GHz    
FX-8350
5929
1298
209
8 8 125W 4GHz 4.2GHz    
Core i5 5675C
5900
1283
346
4 4 65W 3.1GHz 3.6GHz    
Core i5 6500
5700
1299
354
4 4 65W 3.2GHz 3.6GHz    
Core i5 4690
5585
4 4 84W 3.5GHz 3.9GHz    
Core i5 4690K
5562
4 4 88W 3.5GHz 3.9GHz    
Core i7 4785T
5508
4 8 35W 2.2GHz 3.2GHz    
Core i7 2700K
5496
 
 
4 8 95W 3.5GHz 3.9GHz    
Core i5 7400
5498
4 4 65W 3GHz 3.5GHz    
Core i5 4670
5466
1245
339
4 4 84W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i7 2600K
5460
1865
263
4 8 95W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 7500T
5432
4 4 35W 2.7GHz 3.3GHz    
Core i7 2600
5352
 
 
4 8 95W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 4590
5291
1227
319
4 4 84W 3.3GHz 3.7GHz    
Core i5 4690S
5285
4 4 65W 3.2GHz 3.9GHz    
FX-8300
5279
1088
180
8 8 95W 3.3GHz 4.2GHz    
FX-8320
5253
1082
188
8 8 125W 3.5GHz 4.0GHz    
Core i5 4590S
5196
1223
321
4 4 65W 3GHz 3.7GHz    
Core i5 4570
5126
1089
290
4 4 84W 3.2GHz 3.6GHz    
Core i5 6400
5105
1061
275
4 4 65W 2.7GHz 3.3GHz    
Core i3 7350K
5100
2 4 60W 4.2GHz      
Core i5 4570S
5013
4 4 65W 2.9GHz 3.6GHz    
FX-8370E
5006
 
8 8 95W 3.3GHz 4.3GHz    
FX-8320E
4973
999
188
8 8 95W 3.2GHz 4.0GHz    
Core i5 6500T
4969
4 4 35W 2.5GHz 3.1GHz    
Core i3 7320
4936
2 4 51W 4.1GHz      
Core i3 7300
4927
1084
419
2 4 51W 4GHz      
Core i5 3570
4911
4 4 77W 3.4GHz 3.8GHz    
Core i5 4460
4773
1177
325
4 4 84W 3.2GHz 3.4GHz    
Athlon 240GE
4752
841
334
2 4 35W 3.5GHz   9000円  
Core i3 6320
4672
2 4 51W 3.9GHz      
Core i5 3470
4668
 1010
 267
4 4 77W 3.2GHz 3.6GHz    
Core i7 4712HQ
4666
 
 
4 8 37W 2.3GHz 3.3GHz    
Core i5 4430
4660
1132
280
4 4 84W 3GHz 3.2GHz    
Athlon 3000G
4617
887
339
2 4 35W 3.5GHz   7800円  
Core i5 4440
4588
4 4 84W 3.1GHz 3.3GHz    
Core i5 6400T
4540
4 4 35W 2.2GHz 2.8GHz    
Pentium Gold G6605
4536
2 4 58W 4.3GHz   11500円  
Core i3 6300
4508
2 4 51W 3.8GHz      
Core i5 7400T
4472
4 4 35W 2.4GHz 3.0GHz    
Athlon 220GE
4472
804
321
2 4 35W 3.4GHz   8400円  
Core i5 3450
4440
 
 
4 4 77W 3.1GHz 3.5GHz    
Core i7 2600S
4430
 
 
4 8 65W 2.8GHz 3.8GHz    
Core i5 4440S
4406
 
 
4 4 65W 2.8GHz 3.3GHz    
Core i3 7100
4366
2 4 51W 3.9GHz      
Core i5 4430S
4320
 
 
4 4 65W 2.7GHz 3.2GHz    
Core i5 3470S
4304
 
 
4 4 65W 2.9GHz 3.6GHz    
Pentium Gold G6400
4271
415
2 4 58W 4.0GHz   6800円  
Core i3 6100
4183
916
368
2 4 51W 3.7GHz      
Core i5 4590T
4146
935
243
4 4 35W 2GHz 3.0GHz    
Athlon 200GE
4138
761
302
2 4 35W 3.2GHz   7000円  
Core i3 6098P
4133
 
 
2 4 54W 3.6GHz      
FX-6300
4110
854
195
6 6 95W 3.5GHz 4.1GHz    
Core i5 2500K
4097
894
262
4 4 95W 3.3GHz 3.7GHz    
Core i5 3330
4091
 
 
4 4 77W 3GHz 3.2GHz    
Core i3 6300T
4057
2 4 35W 3.3GHz      
Pentium G5500
3984
916
353
2 4 54W 3.8GHz   9400円  
Core i3 4370
3956
2 4 54W 3.8GHz      
Pentium G4620
3932
2 4 51W 3.7GHz      
Pentium G5600
3880
2 4 54W 3.9GHz   8200円  
Core i5 3330S
3828
 
 
4 4 65W 2.7GHz 3.2GHz    
Pentium G5420
3801
2 4 54W 3.8GHz   6900円  
Core i5 2400
3799
941
267
4 4 95W 3.1GHz 3.4GHz    
Core i3 7100T
3732
2 4 35W 3.4GHz      
Pentium G5400
3705
2 4 54W 3.7GHz   6900円  
Athlon X4 880K
3705
 
 
4 4 95W 4GHz 4.2GHz    
Core i3 6100T
3663
2 4 35W 3.2GHz      
Core i3 4170
3645
 
 
2 4 54W 3.7GHz      
Core i5 4460T
3627
4 4 35W 1.9GHz 2.7GHz    
A10-7870K
3612
4 4 95W 3.9GHz 4.1GHz    
A10-7890K
3611
 
 
4 4 95W 4.1GHz 4.3GHz    
Core i5 2320
3605
 
 
4 4 95W 3GHz 3.3GHz    
Core i5 2310
3592
 
 
4 4 95W 2.9GHz 3.2GHz    
Core i3 4360
3584
2 4 54W 3.7GHz      
Pentium G4560
3575
824
259
2 4 54W 3.5GHz      
Pentium Silver J5040
3575
730
197
4 4 10W 2.0GHz 3.2GHz    
Pentium G4600
3509
2 4 51W 3.6GHz      
Core i3 4160
3449
2 4 54W 3.6GHz      
A10-8750
3445
 
 
4 4 65W 3.6GHz 4.0GHz    
Core i3 4150
3377
2 4 54W 3.5GHz      
A8-7670K
3360
4 4 95W 3.6GHz 3.9GHz    
A12-9800E
3289
 
 
4 4 35W 3.1GHz 3.8GHz    
A10-9700E
3267
 
 
4 4 35W 3GHz 3.5GHz    
Core i3 4130
3266
2 4 54W 3.4GHz      
Phenom II X6 1065T
3230
6 6 95W 2.9GHz 3.4GHz    
Core i5 2400S
3223
 
 
4 4 65W 2.5GHz 3.3GHz    
Core i7 960
3197
 
 
4 8 130W 3.2GHz 3.46GHz    
A8-7600
3194
4 4 65W 3.1GHz 3.8GHz    
A10-7860K
3183
 
 
4 4 65W 3.6GHz 4.0GHz    
Celeron J4125
3175
675
192
4 4 10W 2.0GHz 2.7GHz    
A10-7700K
3171
4 4 95W 3.4GHz 3.8GHz    
Pentium Silver J5005
3165
669
197
4 4 10W 1.5GHz 2.8GHz    
Phenom II X6 1055T
3153
913
184
6 6 125W 2.8GHz 3.3GHz    
A10-6700
3114
4 4 65W 3.7GHz 4.3GHz    
Core i3 4160T
3086
2 4 35W 3.1GHz      
Core i7 870
3080
 
 
4 8 95W 2.93GHz 3.6GHz    
Core i7 950
3031
 
 
4 8 130W 3.07GHz 3.33GHz    
Core i7 875K
2985
 
 
4 8 95W 2.93GHz 3.6GHz    
A10 PRO-7800B
2983
 
 
4 4 65W 3.5GHz 3.9GHz    
FX-4300
2978
 
 
4 4 95W 3.8GHz 4.0GHz    
A10-7800
2970
657
207
4 4 65W 3.5GHz 3.9GHz    
Pentium G4520
2960
2 2 51W 3.6GHz      
Core i7 930
2960
 
 
4 8 130W 2.8GHz 3.06GHz    
A10-5800K
2931
4 4 100W 3.8GHz 4.2GHz    
Core i7 860
2928
 
 
4 8 95W 2.8GHz 3.46GHz    
A8-7650K
2915
4 4 65W 3.3GHz 3.7GHz    
Pentium G4500
2855
2 2 51W 3.5GHz      
Celeron G6900
2 2 46W 3.4GHz    
Celeron G5905
2825
2 2 58W 3.5GHz   5000円  
Celeron G5900
2759
2 2 58W 3.4GHz   4200円  
Core i7 860S
2734
 
 
4 8 82W 2.5GHz 3.46GHz    
Celeron J4115
2727
4 4 10W 1.8GHz 2.5GHz    
A10-5700
2722
4 4 65W 3.4GHz 4.0GHz    
A8-5600K
2702
611
193
4 4 100W 3.6GHz 3.9GHz    
Core i7 920
2695
 
 
4 8 130W 2.7GHz 2.93GHz    
A8 PRO-7600B
2647
 
 
4 4 65W 3.1GHz 3.8GHz    
Pentium G4400
2616
2 2 54W 3.3GHz    
Pentium G4500T
2593
2 2 35W 3GHz      
A8-5500
2563
 
 
4 4 65W 3.2GHz 3.7GHz    
Core i5 760
2558
 
 
4 4 95W 2.8GHz 3.33GHz    
Pentium G3470
2444
 
 
2 2 53W 3.6GHz      
Celeron G4900
2407
2 2 54W 3.1GHz      
Celeron G3950
2399
2 2 51W 3GHz      
Core i5 750
2386
 
 
4 4 95W 2.67GHz 3.2GHz    
A8-3870K
2377
666
176
4 4 100W 3GHz      
Core i3 3240
2319
2 4 55W 3.4GHz      
Pentium G3460
2302
2 2 53W 3.5GHz      
Celeron G3930
2298
2 2 51W 2.9GHz      
Celeron G3900
2222
2 2 51W 2.8GHz      
Pentium G3440
2221
2 2 53W 3.3GHz      
Core i3 3220
2199
639
254
2 4 55W 3.3GHz      
Core i5 650
2195
 
 
2 4 73W 3.2GHz 3.46GHz    
Celeron G3920
2181
2 2 51W 2.9GHz      
Pentium G3258
2114
443
231
2 2 53W 3.2GHz      
Core i3 3240T
2076
2 4 35W 2.9GHz      
Pentium G3260
2044
 
 
2 2 53W 3.3GHz      
Core 2 Quad Q6700
2043
 
 
4 4 105W 2.66GHz      
Core i3 3210
2034
2 4 55W 3.2GHz      
Core 2 Quad Q9400
2032
 
 
4 4 95W 2.66GHz      
Core i3 3220T
2030
2 4 35W 2.8GHz      
Core 2 Quad Q8400
2021
 
 
4 4 95W 2.66GHz      
Celeron G1850
2006
2 2 54W 2.9GHz      
Core i3 2120
1963
 
 
2 4 65W 3.3GHz      
Celeron J4025
1946
2 2 10W 2.0GHz 2.9GHz    
Core 2 Quad Q9450
1942
 
 
4 4 95W 2.66GHz      
Pentium G2120
1899
2 2 55W 3.1GHz      
Pentium G3240
1885
2 2 53W 3.1GHz      
Celeron G1840
1814
2 2 53W 2.8GHz      
Core i3 2100
1801
 
 
2 4 65W 3.1GHz      
Athlon Quad-Core 5350
1794
336
95
4 4 25W 2.1GHz      
Core 2 Quad Q6600
1777
 
 
4 4 105W 2.4GHz      
Athlon Quad-Core 5370
1771
 
 
4 4 25W 2.2GHz      
Core 2 Quad Q8300
1766
 
 
4 4 95W 2.5GHz      
Core 2 Quad Q8200
1752
 
 
4 4 95W 2.33GHz      
Pentium G2030
1711
2 2 55W 3.0GHz      
Pentium G2020
1656
2 2 55W 2.9GHz      
A6-7400K
1638
 
 
2 2 65W 3.5GHz 3.9GHz    
Phenom 9650
1631
 
 
4 4 95W 2.3GHz      
Core i3 550
1625
 
 
2 4 73W 3.2GHz      
Celeron G1830
1615
2 2 53W 2.8GHz      
Core i3 2120T
1613
 
 
2 4 35W 2.6GHz      
Core i3 530
1523
 
 
2 4 73W 2.93GHz      
Core i3 540
1518
 
 
2 4 73W 3.07GHz      
Celeron G1610
1443
2 2 55W 2.6GHz      
A4-7300
1429
 
 
2 2 65W 3.8GHz 4.0GHz    
Core 2 Duo E8600
1418
 
 
2 2 65W 3.33GHz      
Athlon Quad-Core 5150
1392
260
74
4 4 25W 1.6GHz      
Celeron G1620
1372
2 2 55W 2.7GHz      
Celeron J3160
1284
4 4 6W 1.6GHz 2.2GHz    
A6-5400K
1265
 275
174
2 2 65W 3.6GHz 3.8GHz    
Pentium E5800
1212
 
 
2 2 65W 3.2GHz      
A4 PRO-5300B
1206
 
 
2 2 65W 3.4GHz 3.7GHz    
Core 2 Duo E7600
1202
 
 
2 2 65W 3.06GHz      
Celeron J3355
1186
2 2 10W 2GHz 2.5GHz    
Core 2 Duo E8400
1168
 
 
2 2 65W 3GHz      
Core 2 Duo E6700
1147
 
 
2 2 65W 2.66GHz      
A4-5300
1138
 
 
2 2 65W 3.4GHz 3.7GHz    
Athlon II X2 255
1134
 
 
2 2 65W 3.1GHz      
Pentium E5700
1125
 
 
2 2 65W 3GHz      
Sempron 3850
1089
 
 
4 4 25W 1.3GHz      
Athlon II X2 250
1054
 
 
2 2 65W 3GHz      
Core 2 Duo E7500
1030
 
 
2 2 65W 2.93GHz      
Phenom 8400
1004
 
 
3 3 95W 2.1GHz      
Athlon II X2 235e
972
 
 
2 2 45W 2.7GHz      
A6-1450
971
 
4 4 8W 1GHz 1.4GHz    
Core 2 Duo E6300
963
 
 
2 2 65W 1.86GHz      
Core 2 Duo P8700
960
 
 
2 2 25W 2.53GHz      
Athlon II X2 220
955
 
 
2 2 65W 2.8GHz      
Athlon II X2 215
943
 
 
2 2 65W 2.7GHz      
Core 2 Duo E6750
931
 
 
2 2 65W 2.66GHz      
Core 2 Duo E7400
925
 
 
2 2 65W 2.8GHz      
Core 2 Duo E7200
917
 
 
2 2 65W 2.53GHz      
Core 2 Duo E6600
856
 
 
2 2 65W 2.4GHz      
Core 2 Duo T7500
849
 
 
2 2 35W 2.2GHz      
Pentium E5200
825
 
 
2 2 65W 2.5GHz      
Core 2 Duo P8400
816
 
 
2 2 25W 2.26GHz      
Core 2 Duo E6400
771
 
 
2 2 65W 2.13GHz      
Pentium E2220
761
 
 
2 2 65W 2.4GHz      
Core 2 Duo T8100
726
 
 
2 2 35W 2.1GHz      
Core 2 Duo E4600
701
 
 
2 2 65W 2.4GHz      
Core 2 Duo E4500
693
 
 
2 2 65W 2.2GHz      
Celeron J3060
641
2 2 6W 1.6GHz 2.5GHz    
Core 2 Duo T7100
629
 
 
2 2 35W 1.8GHz      
Celeron J1800
628
2 2 10W 2.41GHz 2.6GHz    
Core 2 Duo E4400
616
 
 
2 2 65W 2GHz      
E1-2500
592
 
 
2 2 15W 1.4GHz      
Sempron 2650
579
 
 
2 2 25W 1.5GHz      
Atom 330
571
 
 
2 4 8W 1.6GHz      
Sempron 3800+
554
 
 
1 1 62W 2.2GHz      
E1-6010
538
2 2 10W 1.4GHz      
Pentium D 940
525
 
 
2 2 130W 3.2GHz      
Core 2 Duo T5500
505
 
 
2 2 34W 1.66GHz      
Core Duo T2300
505
 
 
2 2 31W 1.66GHz      
Core 2 Duo E4300
500
 
 
2 2 65W 1.8GHz      
Pentium D 830
472
 
 
2 2 95W 3GHz      
Sempron 3100+
458
 
 
1 1 62W 1.8GHz      
Pentium 4 550
455
 
 
1 2 89W 3.4GHz      
E2-1800
420
 
 
2 2 18W 1.7GHz      
E-350
407
93
50
2 2 18W 1.6GHz      
E-450
399
59
48
2 2 18W 1.7GHz      
E1-1200
384
 
 
2 2 18W 1.4GHz      
Pentium 4 630
338
 
 
1 2 81.9W 3GHz      
Atom 230
324
 
 
1 2 4W 1.6GHz      
Celeron M 420
139
 
 
1 1 27W 1.6GHz      
TDPは熱設計消費電力の事で、大体の消費電力の目安。
ベンチマークスコアは、PassMarkのPerformanceTestを参考にした値。

278 COMMENTS

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

こんにちは

https://jp.mercari.com/item/m39046268435

こちらのpcを購入したいと考えているのですがフォートナイトをするにはスペックは足りますでしょうか

返信する
とねりん:管理人

フォートナイトは低設定なら軽いゲームなので、FHD低設定とかなら144fpsくらいは出るのではないかと思います。

ただ、URLを貼られた商品を買うのはおすすめしません。
色々ゲーミングデバイスが付いているとは言っても、細かな製品名を載せていない中古品ですし、今はグラボも全体的に安くなっていますから、2世代も古いCPU搭載の中古品としてはコスパが単純に悪いです。

返信する
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

本当ですか!
ありがとうございました!
また質問するかもしれないのでその時はよろしくお願い致します‍♀️

返信する
k

はじめまして、こんにちは。
管理人さんの豊富な知識と丁寧なご対応を拝見いたしまして、ご相談に乗っていただければとコメントさせていただきました。

先日hpでデスクトップを注文しました。
以下スペックとなります。

OMEN by HP 25L Gaming Desktop GT15-0765jp パフォーマンスプラスモデル

cpu
i7 12700F
gpu
3060 Ti
メモリ
HyperX 16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz Intel XMP対応 RGB
ストレージ
Western Digital WD_Black 1TB M.2 SSD (PCIe Gen 4×4 NVMe)
電源
Cooler Master 内蔵500W ATX電源、80PLUS Bronze
OS
Windows11pro
価格
178096円

以下ご相談内容を書かせていただきます。
①個人的には、まぁまぁコスパのいいPCだなと思ったのですが、管理人様的にはどう思われますか。まだキャンセルも可能なので、あまりコスパが良くないであったり、他にもっといいPCがあるとお考えでしたらお教えいただけると幸いです。

②電源が、500wのブロンズですが、これは、十分な電力量なのでしょうか。換装の必要があるなら、おすすめのものも教えていただけると幸いです。

③i7は、まぁまぁ発熱が多いと耳にしますが、グリスを塗り替える等の何らかの対策は取ったほうが良いのでしょうか。

その他、気になる点や注意する点があったら教えていただけますと幸いです。
PC関連の知識に乏しいので、頓珍漢な質問をしているかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

返信する
k

すみません、いくらか情報が不足しているように感じたので、追加いたします。
FHDで、エーペックスや、valorantのプレイにに使う予定ですが、割といろんなものに触るタイプなので、おそらくもう少し重めのゲームもプレイすると思います。cpu.gpuの稼働率が上がった際に、電力や排熱が十分なのか不安に感じています。
また、HDDを増設する可能性が高いので、それも含めて電力量を判断いただけると幸いです。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。期待に応えられるかはわかりませんが、回答させていただきます。
質問を分けていただきましたが、内容がやや前後してしまいました。

1. コスパは良いと思うが、どう思うか
該当製品のコスパは非常に良いと思います。前モデルもそうでしたが、HPのOMENはCPUとGPUだけから見た価格は飛び抜けて安いと思います。
ただし、25Lに関しては質問者様も懸念されている通り、電源や排熱には不安が感じられます。

2. 排熱について
スペック表を見ても各仕様が明記はされておらず、新しいモデルのため実機レビューも見当たらないので公式HPのイメージ画像等からの推測になります。

まずCPUのクーラーは恐らく12cmファン1基搭載でヒートシンクもやや小さめの空冷だと思います。Core i7-12700の性能を最大限活かすには正直足りないです。対策をするなら、グリスを塗り替えるよりも先にクーラーを変えないといけないと思います。
ただし、先代機ではどうやらマザーボードを一度外さないとクーラーのバックプレートを装着できないケースっぽい?ので(要確認)、初心者には少し敷居が高いかもしれない点は注意が必要ですし、ケースがかなりスリムなので、高性能なクーラーの選択肢が少ない点も難しいところです。

また、空冷クーラーの場合にはPCケースのエアフローも大きく関係しますが、こちらも恐らく良くありません。
画像と説明を見る限り、ケースファンは12cmファンがフロントとリアに1基ずつで最低限という形で、プラスでベンチレーターが搭載されているらしいです(こっちは正直よくわからない)。
PCケースもフロントがメッシュ仕様で通気性が良くなっている訳ではないこともあり、やはりエアフローは恐らく良くないです。ですが、幸い天面は通気性が確保されているようなので、そこケースファンを追加することで多少改善されるかもしれません。かなり簡単で安価に対応できるので、水冷クーラーへの換装を考えていない場合はとりあえずでやってみても良いと思います。

3. 電源について
12700FとRTX 3060 Tiで500W BRONZEはかなり不安を感じます。12700Fの標準の最大消費電力が約180W(TDP PL2)でRTX 3060 Tiが200Wですから、それだけで380Wです。電源は変換時にロスが生じるので容量の500W全てが使える訳ではないですし、他パーツでも多少電力を消費しますから、はっきり言って足りないです。CPUとGPUの双方が同時に使用率100%で稼働することはほとんどないとは思うものの、一般的にはダメと言われるレベルです。この構成なら最低でも650W BRONZE、ちょっと余裕を持つなら750W GOLDあたりが妥当だと思います。

4. 総評的なもの
非常に安くてコスパが良く、他社でこのクラスのお得さのものはほぼ見つからないです。なので止めとけとは言えないですが、そのまま使うには問題点も多いPCです。
問題がある点を対処するには、最低でも電源とクーラーの交換が必要になり、それらに費用を対象費やしてもコスパは十分良いレベルだと思います。
ですが、電源の交換とマザーボードを一度外してのクーラーの交換ともなると、自作とも大きく変わらないレベルのいじり方になると思うので、初心者には敷居が高い気がします。

とはいえ、ゲームであればCPU使用率はそこまで高くならないものも多いですし、室温が高くなければ十分に性能を発揮できるケースもあると思います。
また、排熱や容量が不安なら、CPUやGPUの電力制限を調整して利用するのも手だとは思います。大きく制限するならわざわざ高性能なPCを購入した意味が…的な話にはなるかもしれませんが…。

それに、非常に安価なので、仮に排熱や電源のせいで性能が多少制限されてもコスパの良さは保たれると思います。
そのため、キャンセルしろと言うほどではないですが、本人がどう感じるかですね。

返信する
k

ご丁寧に教えていただきありがとうございます。
実は、前々から自作PCに興味があって、電源を変えるくらいならちょうどいい機会かと思っていたのですが、マザーボードの方も触らないといけないですか……
せっかくなので、このPCを買って、試行錯誤しながら、自作の真似事でもしてみようと思います。
ちなみに、水冷への換装はありですか?
空冷の換装とケースの排熱を改善するなら、水冷に換装するのとそこまで費用は変わらないのではと思ったのですが。

返信する
とねりん:管理人

詳細なレビューが見当たらなかったのですが、先代機でYouTubeの方でマザーボードを取り外して交換してる動画があったので、外さないとだめの可能性が高そうです。
自作に興味があったのですね。今はGPUも安くなってきているので、電源とかクーラーとかを拡張性が不便なケースで交換するくらいなら、ちょっと高くても自作の方が良いのではという気は正直してました。

簡易水冷への換装もありだとは思います。240mmの簡易水冷を前提として、安いものを採用するなら確かに費用も大して変わらないと思います(サイズ的に搭載できるかは一応チェックが必要だと思います)。
ただ、個人的には今回のケースなら空冷の方がやや向いている気がします。室温にもよりますが…。
理由は、簡易水冷にするとCPU周辺のエアフローが弱くなるためです。今回のケースではフロントに12cmファンが1基しかないこともあって吸気性能も低い上、排気性能も低いため、エアフローは極力悪くしたくないためです。ケース自体がエアフロー的には良くないと思うので、大差無い可能性もありますけど…。
簡易水冷にすると恐らく他のケースファンは付けれないと思うので、エアフロー強化はほぼ不可能になってしまいます。一応、無理やり電源横に底面ファンとかは付けれるかもしれないですが…。
GPUが空冷な以上GPU付近のエアフローが悪くなることも避けたいですし、CPUは冷えてもCPU付近の電源回路の温度が上がって効率が悪くなる可能性もあります。

恐らく諸説ある部分で、これは私個人の意見なので参考程度にして欲しいですが、水冷は空冷の上位互換って訳ではない点は一応把握しておいた方が良いかもです。

返信する
k

ご丁寧な返答ありがとうございました。
なるほど。cpu周りの回路の温度は盲点でした。
とりあえず、天面にケースファンをつけて様子を見たいと思います。
とても参考になりました。本当にありがとうございました。

返信する
とねりん:管理人

色々言っといてあれですが、サイドパネルを外しっぱなしにすれば簡単に解決できたりしますけどね…。最終手段ではあると思いますが。
問題なく運用できるのを願っています。

返信する
k

なるほど!重い処理のときはそれも選択肢ですねw
ずっと開けてるのは、少し不安ですが。
まずは使ってみてどうか…ですね。
何から何まで教えていただき本当にありがとうございます。

返信する
take

初めまして、主さんの丁寧な説明をみて相談を決めました。
現在2つのpcを選定しました。
求めているスペックとしてははbf5、bf2042、APEXで144fpsが安定してでるくらい、またstellaris、hoi4、などのパラドゲーの最終盤でも重くならず快適にプレイできるくらいの性能が欲しいと考えています。

一つ目のpc
(cpu) Core i7-12700
(cpuファン) GAMMAXX L240 V2+
(グラボ) GeForce RTX 3060 Ti

二つ目のpc
(cpu) Core i5-12400
(cpuファン) Scythe 無限五 リビジョンB
(グラボ) GeForce RTX 3060

電源は双方gold規格の850w
メモリは16gb、SSDは2TBを想定しています。

二つ目のpcでスペックに不安はないか、冷却性能は十分か、メモリは足りるか(stesmの推奨スペックでは足りていますが)、32に変更した場合core i5で活かし切れるか、また、二つ目でスペックが足りるなら1660superに格下げして問題ないか、などお聞きしたいです。
不足情報がありましたらお教えください。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。

FHDを前提とすると、挙げられたゲームはRTX 3060程度の性能があれば144fpsに到達するには十分だと思いますが、BF2042だけは他より重めのゲームなのでRTX 3060 Tiでも144fps安定は厳しいかもしれません。
コスパ重視の選定っぽいので、出来れば価格とケース(もしくは製品名でも)もあると評価しやすいかなと思います。とりあえず今回はその辺りは省いて回答しておきます。

1.二つ目のPCでスペックに不安はないか
価格差があるので仕方ないですが、Core i5-12400はCore i7-12700と比べるとかなり性能が落ちますし、RTX 3060もRTX 3060 Tiと比べると劣りますから、重めのゲームでは大きめの差は出ます。基本的に少なくとも2割以上はfpsが低下することになると思います。
とはいえ、RTX 3060の構成でも144fpsに到達できるゲームは多いので、RTX 3060 Ti構成と比べて使用感に差がないゲームも多いと思います。挙げられた中だとBF2042では多少ネックになると思いますが、他はそこまで変わらないと思います。他の用途でも一般的には困るというほどの性能不足になるほどの差は出ないと思うので、安さ重視なら全然ありな選択だと思います。

2.冷却性能は十分か
PCケースのエアフローも大きく関係するので(特に空冷)絶対大丈夫とは言えないですが、どちらの構成もクーラーは妥当なものが選択されていると思います。

3.メモリは16GBで足りるか,Core i5で必要か
32GBにした方が重い処理(たとえばゲーム)をしながら他の処理をこなしたりなどの対応力は当然高まりますが、ゲーミング単体なら16GB→32GBは現状はfps向上率はわずかです(ゲームにもよるかもしれないけど)。
メモリは空きスロットがあれば後から増設も簡単なので、予算が気になるならとりあえず16GBで良いと思います。
Core i5-12400で32GBは確かにやり過ぎ感があり、用途次第ですが、あっても活かせるかは怪しいところだと思います。上述のように後から増設も出来るので、Core i5ならとりあえず16GBの方で良いと思います。

4.GTX 1660 SUPERにしても問題ないか
ご存知かもしれませんが、GTX 16シリーズはRTコアとTensorコアを持たないため、ハードウェアレイトレーシングアクセラレーションやDLSSに対応していません。該当機能を使いたいなら選択肢から外れる他、将来性があると言われている映像コーデックのAV1のデコードにも対応していないため、将来性を考えるなら微妙な選択だと思います。
GTX 1660 SUPERは今かなり値下がりしているので、従来の一般的なゲーミング性能コスパに限れば非常に優れていますし、予算を抑える選択肢とはありだと思いますが…次世代GPUも控える今に選択すると後に大きなショックを受ける可能性は高そうな気がします。今安くてコスパの良いGPUを今選ぶなら、RX 6600(XT)かRTX 3060が最適だと思います。

以上、ざっとですが回答になります。

返信する
take

丁寧にありがとうございます。BTOメーカーのなので商品名を
一つ目→ GALLERIA XA7C-R36T
二つ目→ GALLERIA RM5C-R36
をそれぞれ電源、ファンなどをカスタマイズしたものです。
やはりBF2042がネックになってきますね…最新ゲームがこれくらいになると考えると一つ目の方がいい気がしますね

返信する
とねりん:管理人

商品名ありがとうございます。
一つ目を仰られていた通りにカスタマイズすると27万円超えますね…。カスタマイズで強化しているとはいえ、RTX 3060 Ti搭載機としては高過ぎると思います。
ドスパラのGALLERIAじゃないと嫌って訳ではないなら正直もっと安くなりますし、今ならRTX 3070を十分狙える予算になりますので、コスパ重視なら他を検討した方が良いかもです。
ドスパラで検討するにしても、ケースは地味になりますがRTX 3070搭載のraytrek XF 32GBモデルの方が圧倒的にコスパは良いと思います。クーラーのカスタマイズの選択肢が少ないのだけ気になりますが…。

返信する
take

ありがとうございます。パーツ関係はともかくpcの設定などに非常に疎いため、ゲーム用の設定まで代行してくれるガレリアのを選んでいました。自分で頑張って設定をやれば万単位で安くなるとなると考えものですね… 。raytrek XF見てみたのですが確かに圧倒的にコスパいいですね、ただおっしゃる通り簡易とは言え水冷が使えないのは冷却が多少不安そうというのが感想です。ケースの風通しが少し悪そうに見えるのですが無限5でなんとかなるレベルなのでしょうか。

返信する
とねりん:管理人

raytrekのタワーケースは標準で14cmファンと3基と12cmファン1基を備えるので、エアフローはかなり良い方ですよ。
正直無限五でCore i7-12700は十分とは言えないレベルだと思いますが、水冷が必須というほどのCPUではないです。ゲームしかやらないレベルならCPUが100%張り付きで稼働するみたいなことはないと思うので、無限五でもケースのエアフローが十分なら一応許容範囲ではあるかなと思います。

もしかして設定の代行って有料のやつですか?でしたら、悪いことは言わないので自分でやった方が良いと思います。

返信する
take

本当に丁寧に説明して頂きありがとうございます。raytrek XF 32GBモデルをcpuファン・グリス・SSDの変更で購入しようと思います。

返信する
ゆすきん

初めてゲーミンクpcに手を出してみようと考えて、いろいろ調べて構成を考えています
相談に載って頂けると幸いです

【購入検討中のpc】
〈CPU〉
intel core i5 12400f
〈GPU〉
palit RTX3070
〈マザーボード〉
ASUS TUF GAMING B660M PLUS D4
〈電源〉
玄人志向 KPPW-BK 650W
〈SSD〉
Western degital 1tb
〈メモリ〉
CFD W4U 3200 16GB
〈ケース〉
Thermal take CA-1J5-00M1WN-01
〈OS〉
Windows 11 home
〈モニター〉
BenQ MOBIUZ EX2510S

【使用用途】
APEXやサイバーパンクなどのゲーム全般
Blenderを使ってCG制作
イラスト制作

【質問】
〇このスペックだとどれくらいの年数使えるのか(3年くらいは使いたい)
〇 cpuとgpuのバランス
〇RTX3060tiと比較してRTX3070にするべきか
〇モニターの性能を引き出せるか
〇電源は650wで足りるのか
〇RTX40シリーズが出るのを待った方が良いのか
〇空冷で考えているが 冷却に追加で購入した方が良いのか

質問が多くなってしまい申し訳ございません、ご回答よろしくお願い致します
m(*_ _)m

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。BTOではあまり見ない構成なので多分自作?でしょうか。とりあえず、質問頂いたことについてざっと回答していきます。

1. どれくらいの年数使えるのか
使用者の「使える」に求めるレベルによります。私の主観で答えるなら、約6年前に発売されたGTX 1070でも高いレベルを求めなければ個人的には十分使えるレベルだと思います。そのため、FHDなら少なくとも3年は十分使えると言えるのではないかと思います。

2. CPUとGPUのバランス,RTX 3070とRTX 3060 Ti
Core i5-12400FとRTX 3070を組み合わせるのは、CPUの性能不足がやや気になるのは確かです。BTOでもあまり見ない組み合わせですね。具体的な検証に基づいた訳ではないですが、自分ならRTX 3070を搭載するなら出来れば最低でもCore i5-12600K以上にしたいと感じます。

3. モニターの性能を引き出せるか
165fps出せるかという意味だと思いますが、プレイするゲームによります。挙げられた中では、APEXではFHDなら平均165fpsに十分到達できると思いますが、サイバーパンクは非常に重いゲームなので厳しいと思います。

4. 電源は650Wで足りるのか
大丈夫だと思います。Core i5-12400FのMTPが117Wで、PalitのRTX 3070もOCじゃないモデルなら220Wで、合わせても337Wです。変換時の損失や他パーツ分を考慮しても許容範囲内だと思います。

5. RTX 40シリーズを待った方が良いのか
具体的な性能や価格がわかりませんし、今は為替の動きの影響もありますから何とも言えないです。ただし、RX 7000シリーズも近い時期に出ると思いますし、結構間が空いた新世代のため性能自体は大きく向上するとは思いますから、待てるなら待った方が電力効率やコスパは良くなる可能性は高いとは思います。

6. 水冷の方が良いのか
Core i5-12400Fなら空冷でも冷やせます。ただし、付属クーラーはおすすめしないのと、空冷クーラーはPCケースのエアフローが重要になる点に注意です。Versa H26は標準だと12cmファンがリアとフロントに1基ずつと最低限なので、出来ればファンをもう1個くらいは追加した方が個人的には安心です。

返信する
ゆすきん

詳しく教えて頂きありがとうございます

やはり、cpuとgpuのバランスに難ありでしたか cpuを考え直したいと思います。

今すぐ欲しいという訳ではないので 管理人様の言うように もう少し時期を待ってみます。

返信する
らい

はじめまして。とても参考になるサイトをありがとうございます。
管理人様の真摯なコメント返しに感動し、私も相談させていただきます。

現在、Core i5 9400F、3070Tiで運用しているのですが、Apexをしていると発熱が半端なく、どう考えてもCPUだろうなと思い、CPUとマザーボード、ケース、クーラーの換装を考えています。コスパ重視(CPUが3万円前後)でCore i5 12400Fを考えていますが、変えてもそこまで変化しないのかな、すぐに発熱ひどくなるのかな、、と考えています。

・クーラーは虎徹で、ケースもですが、GTX760全盛期あたりからCPUとグラボメインでパーツごとに強化し続けてきたって感じで、ずっと使ってます。笑
・メモリは32GBです。
・特にRyzenへの抵抗はありません。
・なにか不足情報ありましたら申し訳ございません。

もし管理人様ならどういった換装を考えますでしょうか?コスパ重視パターンとどうせならここまで頑張るかなパターンを教えていただけますと幸いです。

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。丁寧な言葉ありがとうございます。励みになります。

発熱が多いとのことですが、実際のパーツ毎の温度を確認した訳ではなさそうなのでファンの音が大きいとかでしょうか。
CPUが原因かもということですが、Core i5-9400Fは標準設定であれば文字通りTDP65Wの省電力CPUのはずなので、本来なら虎徹でも十分に静音動作するはずです。ファンの向き間違えやフィルムの剥がし忘れとかない限りはそこまでうるさくはならないと思います。

RTX 3070 Tiの方が発熱量でいえば圧倒的に多いので、安価なモデルの場合はそちらが原因の可能性もあると思います。GPUが問題である場合には、GPUのクロックを下げたり電力制限をすると改善する可能性もあります。GPU温度はタスクマネージャーからも簡単に確認できるので、ゲームプレイ時に確認してみて温度が高いようなら(70度後半とか)試してみると良いと思います。フリーソフトを使うと簡単にできます。MSIのAfterburnerなどが有名です。
性能は多少下がりますが、電力半分でも性能は8割以上維持されたりすることもあり、RTX 3070 Tiは最新世代だと電力効率が悪めのGPUでもあるので、特に問題無くても発熱や消費電力が気になるならやっておいても良いかもしれません。

それと、PCケースのエアフローがしっかりしていないため、温度が下がらずにファンが高回転し続けている可能性もあるかもしれません。軽視されがちですが、空冷クーラーを使うなら良いことが前提の重要な部分です。120mmファンが1個とか2個しかないレベルであれば怪しいです。もし怪しいようならクーラーよりも先にそちらを対応した方が良いかもしれません。

以下対応に関してですが、教えて貰った情報からだと原因と問題箇所が明確には断定できないので、ひとまずという感じですが、ざっと下記に私の考えを載せておきます。

まず、CPUやマザーボードの交換は新世代のCPUの登場が間近なので少し待っても良いかなと思います。次世代のRyzen 7000シリーズが秋ごろに登場予定ですし、近い時期に第13世代Coreも出ると言われています。Ryzen 7000シリーズはメモリがDDR5のみ対応らしいのでコストは増加してしまうとは思いますが…。今でも使える状況なら待ってみても良いのかなと思います。

それを踏まえて今何か対応するとして、まずPCのエアフローに問題がありそうな場合にはPCケースファンの追加やPCケースの変更です。空冷クーラーはPC内部の空気を利用しますから、エアフローが悪いと上手く冷却できません。もし問題がある場合には優先度はクーラーよりも高いです(9400Fなら虎徹でも本来は大丈夫だと思うので)。

次に、エアフローが問題ない状態の場合でCPU(ファン)が原因とするなら、最もコスパ良く温度が下がる可能性があるのは熱伝導率の高い高品質なグリスへの塗り替えだと思います(今が安物のグリスという前提ですが)。少ない量のものでも大体何回か分は使える量がありますし、しっかり密閉して保存すれば多少日が経っても使えるので、後にCPUやクーラーを交換することになったとしても無駄にならないこともあり、リスクも小さいと思います。

最後に、CPUクーラーの換装です。つい昨日(23日)に発表されたことですが、次世代のRyzen 7000シリーズは現行のRyzen 5000シリーズのソケットAM4とクーラーが互換するようです。第13世代Coreも既にソケットは第12世代が同じことが判明しているので、クーラーは今換えても、ソケットAM4とLGA1700に対応したものなら現行でも次世代でもRyzenとCoreどちらでも使い回せます。

まずはすぐ簡単にできるGPUの電力制限を試してみると良いかなと思います。その後が上記の感じで。
コスパ重視と出来るだけパターン毎にならず、しかも読み辛い長文になってしまい申し訳ありませんが、以上になります。よろしくお願いします。

返信する
らい

早速のご返信ありがとうございます。
なんとも親身にお答えいただき、すごく助かります。ありがとうございます。方法としてはCPU換装しかないと考えておりましたが、他の道筋もあることは初めて知りました。
CPU新しいのが近々出るのですね。何か記事をお書きになる予定でしょうか。

Apex時のGPUの温度は70度前後でした。使用率はCPUが常に100%、GPUが50-70%です。
プレイに支障が出るレベルで重くなります。これはCPUの性能の問題ではなく、排熱の問題の可能性が高いということでしょうか?(アフターバーナーで電力制限も試しました。)

確かにケースにファンは一つしかなく、一番安い中華製のものを買った覚えがあります。
そこでおすすめのケース、おすすめのグリス、またそのケースに追加でファンなど取り付けなどあればその点なども含め、教えていただけると幸いです。

返信する
とねりん:管理人

返事遅くなり申し訳ありません。寝てしまっていました。
CPU、新しいものが出るといっても早くても何か月後か(発表では秋ごろ)ではありますが…。出た際には評価記事を出そうと思っています。

本題ですが、GPUは使用率の割には温度が高いですが、温度自体はそこまでなので問題なさそうです。Afterburnerも試されていたんですね。となるとやはり問題はCPUの可能性が高そうですね。
Core i5-9400FとRTX 3070 Tiでは性能のギャップがかなりあり、ボトルネックは高確率で発生しているため、CPU使用率が100%となるのは恐らくおかしくないです。
ただし、そのときにfpsが低下したり多少カクつきが出ることはあっても、普通は正常なプレイが不可能なほど不安定にはなりません。CPUが発熱のせいでクロックが下げられて急激に性能が低下したせいで不安定になっている可能性はあります。

状況を見る限り発熱が原因とは言い切れないものの、ケースファン一つでCPUに加えRTX 3070 Tiを空冷運用するのは特に暑い時期には厳しいと思うので、どちらにせよそこは対応した方が良いかなと思います。以下、質問頂いた点についてざっと触れています。

【グリス】
「熊グリス」と呼ばれる定番のグリス「Thermal Grizzly Kryonaut」をとりあえずおすすめしておきます。また、「ARCTIC MX-4」も定番でよくおすすめされるグリスだと思うので紹介しておきます。

【PCケースとケースファン】
今お使い具体的な製品がわからないので何とも言えないですが、裏面配線に対応していて他も特に不満を感じていないなら、そのままケースファン追加でも良いと思います。
ただ、裏面配線に対応していないとエアフロー的にも良くないので、換えるのもありかなと思います。
下記から一応おすすめケースについて少しだけ書きますが、好みの部分も強いところなので、あくまで参考程度にしてくださいませ。また、エアフローについても同様に参考程度に。

まず、安さとコスパ重視ならやはり「Versa H26」が非常に強力です。4000円台という低価格の割には質が良く、ロングセラーになってきている定番のケースです。側面がアクリルパネルで透明になっており、標準搭載のBlue LEDの前面ファンが美しく、見た目も重視されています。
付属ケースファンは120mmが前面と背面に1個ずつ標準装備なので、発熱の多いハイエンドパーツを採用するならエアフローはやや心許ないです。ケースファンの場所や個数は諸説あるので一概には言えませんが、追加1個なら前面に吸気ファンが一般的かなと思います。また、あまり見ないですが、天面に排気1個もありだと思います。
また、グラフィックボードの最大幅が310mmまでとなっているため、3連ファンかつ大型のモデルだと入らない可能性がある点も一応注意です。

次に、ミドルレンジ以上のものも一つピックアップして紹介すると、「Antec P10 FLUX」は静音性とエアフローどちらも重視されていてコスパの良い製品としておすすめです。
トップを密閉し防音パネルも採用された静音ケースですが、前面に3基の120mmファンと背面120mm1基を標準搭載しており(+電源上にも1基)、エアフローも始めから確保されているのが嬉しいモデルです。ほぼフル装備なので、付属ファンに不満が無い限りは後からの対応を特に考える必要がないです。価格はコメント時で約1万円と安めなので、付属ファンはさすがにそこまで良いものではないと思いますが、コスパは良いケースだと思います。
また、P10 FLUXを見た目重視した「DF700 FLUX / DF800 FLUX」といったモデルもあるので、静音性よりも見た目や天面が開放されているタイプが良い場合にはそちらの方が良いと思います。

といった感じでいくつか紹介してみました。また長くなって申し訳ありませんが、回答です。

返信する
らい

結果をお伝えしたく、お礼、ご連絡が遅くなりました。
結果から述べると、まずはコスパ重視で改善と思い、Versa H26とファン、MX-4を購入したところ大幅に改善しました。まず、PCケース内がほぼ熱くならなくなり、GPU温度も60-70度がマックスといった感じで安定しております。また、CPUのグリスも塗り替え、虎徹の回転数がマックスになることもなくなりました。
Apexの設定もOriginの設定もある程度いじりましたが、CPU使用率も100%常時だったのが、80-90%と少し改善されました。
とても満足の行く結果となりました。
本当にありがとうございました。今後とも管理人様のご活躍をお祈りしております。

返信する
とねりん:管理人

ケース交換は結構手間だと思いますがご苦労さまでした。
良いアドバイスを出来たか不安になったりすることもあるので、このようなご報告嬉しいです。
お役に立てたのなら幸いでした。

返信する
zakkie

はじめまして。
大変参考になる情報をいつもありがとうございます。
エルデンリングをRyzen 5 2600とRTX3070Tiで遊んでいるのですが、1080pで60FPSに張り付かず、CPUのコア1の使用率が常に90%を超えているので、CPUがボトルネックになっているのではないかと考え、買い替えを検討しています。
主にゲーム用途でしか使わないので、シングルコア性能で考えてRyzen 5 5600Xを買い替え対象に検討しているのですが、他にオススメのCPUや注意点などあれば教えてください。
(予算としては2~4万で、できるだけコスパの良いCPUを購入したいです)

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。

恐らくマザーボードをそのまま使うためにRyzenで検討している?ということで良いのでしょうか。
RTX 3070 TiでRyzen 5 2600だと少なからずボトルネックは発生してしまうと思いますし、予算から考えるとRyzen 5 5600Xの選択も妥当だと思います。
ただ、CPUを変えれば他のfps上限が高いゲームでは恩恵を十分感じることが出来るとは思いますが、エルデンリングに限れば上限60fpsですし、高負荷時(戦闘中など)のfps低下は多分スペックに関わらず発生すると思うので、CPUを変えてもそこはあまり改善されないかもしれません。

一応他に候補を挙げるなら、最近追加されたRyzen 5 5600やRyzen 7 5700Xあたりでしょうか。5700Xだと予算を若干超えてはしまいますが…。予算を出来るだけ抑えたいなら5600(無印)でもいいし、マルチスレッド性能も重視したいなら5700Xもありかなって感じになると思います。
また、これは余談になりますが、今(というか最近はほぼ常時ですが)パソコン工房だとPCパーツは税込み33,000円以上だと2,000ポイントが付くキャンペーンがやっており、5600Xは対象外で5700Xは対象です。なので、特に利用ショップを決めていないならそこも考慮してみても良いかもしれません。

最後に、ご存知かもしれませんが300,400シリーズのマザーボードでRyzen 5000シリーズを使用するには基本BIOSの更新が必要となるので注意してください。特に、300シリーズはサポート対象となったのがつい最近で、まだ提供が行われていないものも多いと思うので、すぐ購入して導入したい場合には注意です。事前に確認しておくことをおすすめします。

返信する
将棋ソフト大好きさん

コスパがとても参考になりました
ありがとうございました

返信する
らまぁ

M1ウルトラすげぇな60Wでそのスコア出せるって尋常じゃないw
しかも動画編集する自分からすると、メディアエンジン4つついてるのはえぐい。エンコード、書き出しがこれから早くなっていきそう。(ソフトウェアの対応次第)

返信する
はまち

以下のスペックのPCをフルHDでYouTubeの配信用のPCにしようと検討しているのですが大丈夫でしょうか?
Core i5 9400f GTX970(ocモデル) メモリ16GB
VTuber配信なども興味がありやってみたいのですがその場合でも対応出来るスペックでしょうか?GPUは高騰が収まったら50〜60番台のグラボに買い換えようと思っています

返信する
とねりん:管理人

配信作業のみを行うPCということであれば、対応可能だと思います。
VTuber配信に関しても、正直具体的な負荷については確信できませんし、推奨スペックなどを見ると余裕ではないですが、多分単体ならそんなに重いものではないと思うので、負荷的には余裕がある配信PCなら多少スペックが低くても対応できるのではないかと思います。

また、特にGPUが古い世代のものなので、現行の用途でどれぐらい使えるのかは難しいところだと思います。現状はまだ動画の圧縮方式はH.264方式が主流だと思うのでGTX 970でも対応できますが、それ以降の方式には基本対応できないですし、電力効率的にもよろしくないので、おっしゃるように新しい世代のGPUに換えた方が良いと思います。

返信する
蟻さん

初めまして、こんにちは。
BTOパソコンの部品交換を検討しております。PCについて知識が無いのでご相談させてください。

使用用途は主に、PCゲーム(エーペックスや据え置きソフトの移植版)や動画配信・編集です。
コスパ良く最新ゲームをサクサクプレイできるスペックにアップグレードしたいです。
下記が交換予定の部品です。
その他交換したほうがいい部品や、注意点などはありますでしょうか?
よろしくお願いします。

【PC】
THIRDWAVE・Diginnos (3年前ドスパラで購入)

【CPU】
〇現在→組AMD Ryzen 5 2600 BOX(AM4/3.4/19M/C6/T12/65W)I
〇交換予定→Core i7 12700F ¥43,800

【メモリ】
〇現在→CT2K8G4DFS8266 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] 
〇増設予定→CT2K8G4DFS8266 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組](合計4枚32GB)¥6970

【HDD(内蔵)】
〇現在→組TOSHIBA DT01ACA100(SATA3 1TB 7200 32MB)

【SSD】
〇現在→組PHISON PS5012-E12 256G (M.2 2280NVMe 256G TLC)

【マザーボード】
〇現在→組ASRock AB350 Pro4(B350 AM4 DDR4 ATX)I
〇交換予定→GIGABYTE Z690 UD DDR4 (Z690 1700 ATX) ¥26,950

【グラフィックカード】
●組ASUS PH-GTX1650-4G-BULK (1650 4G GDDR5 1D1H1P)
〇交換予定→DUAL-RX6600XT-O8G [PCIExp 8GB] ¥64,980

【電源S】
〇現在→組SILVERSTONE SST-ST50F-ESB(ATX 500W 80+B)I
〇交換予定→玄人志向 80Plus Bronze 650W ATX電源ユニット KRPW-BR650W/85+ ¥5,942

返信する
とねりん:管理人

はじめまして。

部品交換というより総入れ替えに近い感じですね。
以下がざっとした所感です。

【CPU】
今なら内蔵GPU搭載の「Core i7-12700」もFと価格がほぼ変わらないので、わずかにコスパが良いです(グラボ搭載機では役立つことはほぼないかもしれませんが)。
また、BOX品ならクーラーが一応付属していますが、正直性能があまり良くないです(特に静音性)。必須ではないですが、別途クーラーを用意するのをおすすめします(LGA1700対応のリテンションキットが付属しているもの)。

【マザーボード】
H670やB660の方が少し安いので、コスパ重視なら検討してみても良いかもしれません。Z690の方が良い理由があるなら特に気にしなくて大丈夫です。

【グラボ】
RX 6600 XTは効率重視なら優秀なGPUなので良いと思います。ただし、やはり性能は上位GPUには劣り、200fps以上や1440p以上の解像度、その他レイトレーシングなどでは低いパフォーマンスとなる点には一応注意です。配信中にはエンコードでも使用することになると思うので、更に若干のfps低下が見られる点も留意です。

【電源ユニット】
問題ないと思います。

【メモリ】
製品名は違いますが、同じメーカー(crucial)の同系統の新しめのもので「CT2K8G4DFRA32A(DDR4-3200 8GBx2)」の方が少し安いので、こちらで良いと思います。詳しい仕様を見つけることは出来ませんでしたが、JEDEC準拠のDDR4のSPDプロファイルが一通り収録されていると思うので、多分問題なく使えると思います(恐らく遅い方に合わせられてDDR4-2666で動作します)。

【ケース】
仕様を見てみようと探したのですが、どれなのかよくわかりませんでした。
各種パーツが入るのかをサイズや規格を確認しておくのと、別途CPUクーラーを用意する場合には収まるかの確認も必要です。
また、高性能なGPUを搭載する一般的なゲーミングPCでは大体フロントにケースファンを搭載しているので、今無ければ搭載可能か確認した上で用意するのがおすすめです。

【OSについて】
恐らく今お使いのPCのWindowsのライセンスはOEM版だと思うので、大幅なパーツ変更を行うと認証が通りません。別途ライセンスを用意する必要がある点に注意してください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。